年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

SIGグループの平均年収

2022年08月28日 17:19

SIGグループとは

SIGグループとは、ソフトウェア業を営む東京都の上場企業です。
企業名 SIGグループ
本社所在地 千代田区九段北四丁目2番1号
売上高 26.7億円
社員数 32人
平均年収 662万円
推定初任給 28万円
年収偏差値 60.7
平均年齢 45.7歳
平均勤続年数 9.7年

有価証券報告書によるとSIGグループの事業内容は次の通りです。

当社グループは、当社(株式会社SIGグループ)、連結子会社2社及び持分法適用関連会社1社により構成されております。

当社グループは独立系IT企業として、様々な分野及び業種における情報システムや産業制御システムのシステム開発事業等に取り組んでおります。また、それらを支えるITインフラソリューション及びセキュリティサービスにも積極的に取り組んでおります。

なお、当社グループはシステム開発及びインフラ・セキュリティサービス事業の単一セグメントであるため、事業分野別に記載しております。

 

(1)システム開発事業

当社グループは、官公庁・地方自治体等の公共事業や金融・サービス業向けの各種情報システム、プラント向けの制御・監視システム、製造装置向けの組込みシステム開発等、様々な分野においてシステム開発を展開しております。

情報システムの導入において最適なシステムとなるよう、顧客の業務の内容や目的に応じた企画の提案、ハードウエア、ソフトウエアの選定、システムの開発や構築、運用まで、総合的なサービスを提供しております。

その中でも特に以下の分野において、長年にわたる豊富な開発実績とノウハウを所有しております。

① 共済、国保、国民年金及び人事給与等の公共事業向けシステムの開発

政令指定都市向け人事給与システム(職員の基本情報をもとに採用・退職・異動・各種手当などの情報を一元管理し、様々な給与形態に応じた給与計算を行うシステム)を始めとした、共済・年金システム及び国民健康保険に関するシステムを開発しております。

 

② 電子部品実装装置、半導体製造装置等の産業用ロボット組込みシステムの開発

半導体部品を電子基板に装着する設備の生産ライン制御システム及び最適生産データ構築・生成や生産計画・管理等の生産プロセスに必要なソフトウエアの専用システムの設計・開発・保守を行っております。

また、ウエーハ(注1)に成膜を行う半導体製造装置のシステム開発支援も行っております。

 

③ 携帯電話や自動車等の輸送車両へ移動体通信技術を利用し各種情報提供を行うテレマティクスサービスの開発

通信(テレコミュニケーション)と情報処理(インフォマテックス)を組み合わせた、大手自動車メーカー向けの次世代情報提供サービスにおいて、車載器とデータセンター間の通信システムや、契約者向けWebサービスのシステムを開発しております。

 

④ 文教向けの証明書自動発行機システムの開発

大学における証明書の申込み、発行から各種決済までの機能を有した証明書自動発行機システムの開発を通じて、大学事務システムの効率化を支援しております。また、キャンパスのデジタル化への取組みに対し、マイナンバーカードに対応する証明書自動発行機を開発しております。

 

⑤ 社会インフラ化するエネルギー分野に関するシステム開発の支援

大手SIerが提供するCIS(顧客情報管理システム)の開発支援に長年携わり、2016年4月の電力自由化では、送配電事業者が提供する受付業務に関する託送システム(注2)の開発支援~保守、運用にも携わっております。

その他、公示受付・管理システム、グループ企業が利用する共通基盤の開発支援や、近年では、発電事業者向けのHMI(注3)のPoC(注4)構築を行っております。

 

⑥ 不動産のドキュメント管理に関するシステム開発の支援

不動産業での契約書、重要事項説明書など紙での契約関連書類の効率化を図るドキュメント管理の開発を行っております。

 

⑦ 独立行政法人等向け財務会計システムの開発等

独立行政法人等に対する財務会計システムの開発及びシステム導入に関するコンサルティング業務を行っております。

 

また、情報システムの分野においては、スマートフォンやタブレット端末等の、従来のコンピュータの枠にとらわれない可搬性のある情報機器であるスマートデバイス向けのアプリケーション開発を長年にわたり数多く手がけ、企業の基幹システムと連動したシステム構築等のサービスを展開しており、近年ではお客様のDX化への取組みに向けて注力しております。

⑧ インターネットサービス事業者向け開発支援

インターネットサービス事業者が提供する法人、個人向けの各種サービスに伴うシステム開発~保守、運用を担当しております。

近年、仮想移動体通信事業における5G対応の次世代ブランド向けサービスの開発支援や、テレワーク需要の増加に伴うクラウドサービスのセキュリティ強化対策に関連するアプリケーションの開発も行っております。

 

⑨ IT企業が金融分野においてサービスを展開するFinTech(注5)に関するシステム開発の支援

生命保険販売支援システムの開発支援を行っており、コロナ禍においては、非対面での保険販売を目的としたシステム開発支援を行っております。

 

(2)インフラ・セキュリティサービス事業

① ITインフラソリューション

当社グループは、情報を管理する各種サーバやストレージ等の機器構成に留まらず、ネットワーク、データベース、バックアップ等の設計・構築から導入支援、運用管理まで、ITインフラソリューションでは長年の実績とノウハウに基づく信頼性・拡張性を重視したサービスを提供しております。また、クラウドサービスに必要な最新技術や専門技術の認定や両技術に精通した有資格者を揃え、設計から構築、導入支援、運用管理まで数多くの導入実績があります。

 

② セキュリティサービス

セキュリティサービスでは、米国SecuGen社の製品を始め、セキュリティホール探索や実際に侵入や攻撃を試みるペネトレーションテスト等に用いる脆弱性対策ツール等、セキュリティ商材の販売と、その設計・構築・保守・運用までの一元的なサービスを提供しております。

 

当社グループは、これらの事業を単一セグメントとして機能的に管理・運用し、様々な事業分野において顧客の求める情報システムの開発に対し、企画・提案から開発・運用支援までワンストップで対応できる体制と人材を揃え、サービスを提供しております。

 

(注)1.ウエーハ

半導体材料を薄く円盤状に加工した薄い板のことで、半導体基板の材料として用いられております。

2.託送システム

電力会社が有する送配電網を、発電事業者や他の電力小売り事業者が利用することを託送と称しております。この託送料金の計算や、新電力会社の発電量が需要量を下回った際に、一般電気事業者が新電力会社に代わって電力を供給することに対し、新電力会社が一般電気事業者に支払うインバランス料金の計算など、内包する機能が多岐にわたるシステムの事を意味しております。

3.HMI

Human Machine Interface(ヒューマン・マシン・インターフェイス)の略。人間と機械が情報をやり取りするための手段や、そのための装置やソフトウエアなどの総称を意味しております。

4.PoC

Proof of concept(概念実証)の略。新しいプロジェクトが本当に実現可能かどうか、効果や効用、技術的な観点から検証する行程を意味しております。

5.FinTech(フィンテック)

Finance(ファイナンス)とTechnology(テクノロジー)の造語。日本では金融ITや金融テクノロジーとも称され、金融企業ではなくIT企業が金融分野においてサービスを展開することを意味しております。

※画像は省略されています

SIGグループの平均年収は662万円

SIGグループの平均年収は662万円です。 去年の全国平均年収430万円より54.0%高いです。 過去のデータを見ると406万円(最低)から662万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、SIGグループの生涯収入はおよそ2.45億円と推定されます。
平均年収
2016 406万円
2017 445万円
2018 522万円
2019 519万円
2020 516万円
2021 662万円

SIGグループの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではSIGグループは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではSIGグループは1474位(全4662社)で、年収偏差値は60.7でした。
SIGグループの年収ヒストグラム

SIGグループの年齢別年収

SIGグループの20代の想定平均年収は461万円、30代の想定平均年収は670万円でした。 SIGグループの初任給はおよそ28万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 367万円 28万円
25-29歳 554万円 43万円
30-34歳 644万円 50万円
35-39歳 695万円 53万円
40-44歳 746万円 57万円
45-49歳 793万円 61万円
50-54歳 841万円 65万円
55-59歳 825万円 63万円
60-64歳 637万円 49万円
SIGグループの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


SIGグループの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、SIGグループの 平均年間賞与額は32万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2016 9万円
2017 31万円
2018 31万円
2019 29万円
2020 30万円
2021 32万円


SIGグループの業種・地域

SIGグループの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは1041位(全2826社)でした。
SIGグループの年収ヒストグラム(関東地方内)
SIGグループは、業種カテゴリとしては ソフトウェア業に属します。 ソフトウェア業内での年収ランキングは 79位(全261社) でした。

ソフトウェア業内での年収ランキング
SIGグループの年収ヒストグラム(ソフトウェア業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

SIGグループの従業員数は32人

SIGグループの従業員数は32人でした。
従業員数
2016 370人
2017 335人
2018 358人
2019 384人
2020 411人
2021 32人
SIGグループの従業員数

SIGグループの売上、純利益

SIGグループの最新の売上高は26.7億円(売上ランキング3706位)でした。 従業員一人当たりの売上高は8359万円(一人当たり売上ランキング1256位)です。
SIGグループの売上高
SIGグループの最新の純利益は1.08億円(純利益ランキング3519位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約336万円(一人当たり純利益ランキング1993位)です。
SIGグループの純利益

SIGグループに転職するには?

SIGグループに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

SIGグループの歴史

SIGグループの歴史について年表形式でご紹介します。
1991年12月 東京都品川区東五反田に資本金5,000万円で「株式会社エスアイインフォジェニック」設立 住友金属工業株式会社グループ2社50%と他の出資者50%の同比率出資
1992年9月 九州事業所開設
1996年4月 関西事業所開設
2000年3月 関係会社「アディ株式会社」設立
2006年6月 総合研究所開設
2008年1月 名古屋オフィス開設
2011年7月 甲府事業所開設
2013年8月 仙台オフィス開設
2014年4月 完全子会社「株式会社RMA」設立
2017年1月 横浜分室開設
2018年6月 東京証券取引所JASDAQ市場に上場
2019年6月 東京証券取引所市場第二部に市場変更
2019年10月 クラウドビジネスセンター開設
2021年4月 株式会社SIG分割準備会社設立
2022年4月 東京証券取引所の市場区分の見直しにより、東京証券取引所の市場第二部からスタンダード市場に移行

SIGグループの子会社

SIGグループの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
株式会社SIG システム開発及びインフラ・セキュリティサービス
株式会社Y.C.O. システム開発
株式会社アクロホールディングス システム開発及びインフラ・セキュリティサービス

SIGグループの類似企業

SIGグループを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
サイバーリンクス 510万円 506人
ニーズウェル 492万円 552人
ランドコンピュータ 531万円 498人
SCSK 752万円 8462人
トレードワークス 553万円 105人
セラク 380万円 2563人
日鉄ソリューションズ 845万円 3350人
JFEシステムズ 742万円 1518人
ラック 644万円 1638人
電算 691万円 668人

SIGグループと平均年収が近い企業

SIGグループと売上高が近い企業

企業名 売上高
ニフティライフスタイル 27.2億円
ライクキッズ 25.8億円
ジー・スリーHD 26.0億円
東京貿易HD 25.6億円
ワイ・イー・データ 26.4億円
ビーアンドピー 25.5億円
地域新聞社 27.9億円
豆蔵HD 26.8億円
ログリー 25.5億円
ジョルダン 26.3億円