年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

ワークマンの平均年収

2022年08月28日 17:19

ワークマンとは

ワークマンとは、アパレル業を営む群馬県の上場企業です。
企業名 ワークマン
本社所在地 伊勢崎市柴町1732番地
売上高 1163億円
社員数 349人
平均年収 710万円
推定初任給 34万円
年収偏差値 63.3
平均年齢 36.9歳
平均勤続年数 11.4年

有価証券報告書によるとワークマンの事業内容は次の通りです。

当社は、主として個人とフランチャイズ契約を締結し、共存共栄を図るとともに、地域消費者生活に貢献することを基本方針として、フランチャイズ・ストア(加盟店A契約店舖)に対する情報とノウハウの供与及び資金面の応援等を行い、「加盟店からの収入」(ワークマン・チャージ収入)を得ております。また、フランチャイズ・ストアと同様に直営店(加盟店B契約店舖、トレーニング・ストア及びショッピングセンター店舗)においても、ワーキングウエア、カジュアルウエア、ファミリー衣料、履物、作業用品等の小売業を営んでおります。

当社は、フランチャイズシステムにより作業服、作業関連用品及びアウトドア・スポーツウエアの小売事業を営む単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。店舗は、「第2 事業の状況」の「3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ③当事業年度末現在の店舗数の状況」のとおり47都道府県に設置し、消費者の地域性に合わせた商品構成によって、販売高の増加を図っております。

主な取扱い商品は、商品部門別に以下の6つに分かれております。

a.ファミリー衣料 :肌着、靴下、軍足、帽子、タオル、エプロン

b.カジュアルウエア:ポロシャツ、Tシャツ、ハイネックシャツ、ブルゾン、スポーツウエア

c.ワーキングウエア:作業ジャンパー、作業ズボン、つなぎ服、鳶衣料、アウトドアウエア

d.ユニフォーム  :白衣、オフィスユニフォーム、不織布用品、女性衣料

e.履物      :安全靴、セーフティシューズ、地下足袋、長靴、布靴

f.作業用品    :軍手、革手袋、加工手袋、レインウエア、ヘルメット、ベルト、キャンプギア

一方、取引先に代って商品小分け作業や供給等の流通業務受託等も行っております。

当社は親会社及び子会社を有しておりません。

なお、当社は、株式会社ベイシア、株式会社カインズなど合計41社で形成する「ベイシアグループ」に所属しております。

「ベイシアグループ」の事業は、ショッピング・センター(S.C.)、ホーム・センター(H.C.)を核とした小売事業を主力事業とし、サービス事業、デベロッパー事業等の拡充に努め、事業の多角化を図っております。

当社は「ベイシアグループ」の中核企業として、小売事業部門の専門店事業部門に属しております。

事業の概略系統図は次のとおりであります。

(注)1.主に電算処理業務を委託しております。

2.その他の関係会社

3.ベイシアグループ各社との取引は、「第5 経理の状況」の「1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項 関連当事者情報」のとおりであります。

4.○当社の主要株主及びその近親者が議決権の過半数を自己の計算において所有している会社等並びに当該会社等の子会社

※画像は省略されています

ワークマンの平均年収は710万円

ワークマンの平均年収は710万円です。 去年の全国平均年収430万円より65.1%高いです。 過去のデータを見ると597万円(最低)から710万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、ワークマンの生涯収入はおよそ2.63億円と推定されます。
平均年収
2013 597万円
2014 604万円
2015 611万円
2016 622万円
2017 621万円
2018 654万円
2019 695万円
2020 692万円
2021 710万円

ワークマンの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではワークマンは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではワークマンは1057位(全4662社)で、年収偏差値は63.3でした。
ワークマンの年収ヒストグラム

ワークマンの年齢別年収

ワークマンの20代の想定平均年収は523万円、30代の想定平均年収は717万円でした。 ワークマンの初任給はおよそ34万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 437万円 34万円
25-29歳 609万円 47万円
30-34歳 693万円 53万円
35-39歳 740万円 57万円
40-44歳 787万円 61万円
45-49歳 831万円 64万円
50-54歳 876万円 67万円
55-59歳 861万円 66万円
60-64歳 686万円 53万円
ワークマンの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


ワークマンの賞与・ボーナス

ワークマンの年間賞与額は95万円程度と推定されます。 なお、ワークマン社は有価証券報告書に賞与引当金の記載が無いため、 類似企業や年収マスターが保持しているデータから推測した値となります。
平均賞与額
2013 80万円
2014 81万円
2015 81万円
2016 83万円
2017 83万円
2018 87万円
2019 93万円
2020 92万円
2021 95万円


ワークマンの業種・地域

ワークマンの本社所在地は群馬県です。群馬県を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは768位(全2826社)でした。
ワークマンの年収ヒストグラム(関東地方内)
ワークマンは、業種カテゴリとしては アパレル業に属します。 アパレル業内での年収ランキングは 4位(全123社) でした。

アパレル業内での年収ランキング
ワークマンの年収ヒストグラム(アパレル業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

ワークマンの従業員数は349人

ワークマンの従業員数は349人でした。
従業員数
2013 229人
2014 230人
2015 227人
2016 243人
2017 258人
2018 266人
2019 305人
2020 332人
2021 349人
ワークマンの従業員数

ワークマンの売上、純利益

ワークマンの最新の売上高は1163億円(売上ランキング605位)でした。 従業員一人当たりの売上高は3.33億円(一人当たり売上ランキング197位)です。
ワークマンの売上高
ワークマンの最新の純利益は183億円(純利益ランキング356位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約5244万円(一人当たり純利益ランキング250位)です。
ワークマンの純利益

ワークマンに転職するには?

ワークマンに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

ワークマンの歴史

ワークマンの歴史について年表形式でご紹介します。
1979年11月 株式会社蘭豆設立
1982年8月 作業服及び作業用品の専門小売業を行うことを目的として、株式会社ワークマン設立
1986年10月 本部楝竣工、本部を移転 群馬地区本部及び埼玉地区本部を設置
1988年1月 ワークマン東京本部を開設
1989年9月 南東北地区本部を設置
1995年6月 千葉地区本部を設置
1996年6月 岐阜地区本部を設置
2003年4月 北東北地区本部を設置
2004年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
2009年6月 広島地区本部を設置
2010年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQに上場 神奈川地区本部を設置
2011年5月 福岡地区本部を設置
2021年4月 9月 12月 北海道地区本部を設置 伊勢崎流通センターを増改築 東京都板橋区にワークマンプロ1号店を開店
2022年4月 東京証券取引所の市場区分の見直しにより、東京証券取引所のJASDAQからスタンダード市場へ移行

ワークマンの子会社

ワークマンの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
株式会社カインズ ホームセンターチェーンの経営

ワークマンの類似企業

ワークマンを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
イオン北海道 474万円 2992人
スーパーバリュー 520万円 413人
マックスバリュ北海道 466万円 1110人
鳥貴族HD 572万円 48人
ジェーソン 427万円 200人
プレナス 599万円 1178人
セキチュー 412万円 312人
Olympicグループ 538万円 29人
センチュリー21・ジャパン 708万円 96人
ナフコ 577万円 1388人

ワークマンと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
ナガイレーベン 656万円
しまむら 646万円
はせがわ 484万円
セイファート 502万円
MRKHD 474万円
アツギ 525万円
AOKIHD 634万円
サックスバーHD 562万円
モリト 684万円
ダイドーリミテッド 593万円

ワークマンと売上高が近い企業

企業名 売上高
日鉄鉱業 1199億円
東鉄工業 1068億円
八十二銀行 1119億円
ミツバ 1307億円
モルガン・スタンレーMUFG証券 1068億円
日本電子 1177億円
福田組 1131億円
ニチハ 1079億円
東京産業 1108億円
大豊建設 1185億円