年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

Zホールディングスの平均年収

2021年10月18日 23:17

Zホールディングスとは

Zホールディングスとは、メディア業, インターネット業を営む東京都の上場企業です。
企業名 Zホールディングス
本社所在地 千代田区紀尾井町1番3号
売上高 144億円
社員数 243人
平均年収 1080万円
推定初任給 49万円
年収偏差値 85.2
平均年齢 42.0歳
平均勤続年数 9.8年

有価証券報告書によるとZホールディングスの事業内容は次の通りです。

当社は、1996年1月にインターネット上の情報検索サービスの提供を日本で行うことを目的として設立されました。

当社の親会社であるソフトバンクグループ(株)は、持株会社として傘下に多数の関係会社を擁し、持株会社投資事業、SVF1等SBIAの運営するファンド事業、ソフトバンク事業、アーム事業、その他の事業等、様々な分野・地域で事業活動を行っています。当社グループは、「ソフトバンク事業」に属しています。

なお、当社は特定上場会社等に該当し、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準のうち、上場会社の規模との対比で定められる数値基準については連結ベースの計数に基づいて判断することになります。

 

1. 当社の関係会社および継続的で緊密な事業上の関係がある関連当事者の主な事業内容と報告セグメントとの関係

 

区分

名称

主な事業内容

報告
セグメント

親会社

ソフトバンクグループ㈱

持株会社

ソフトバンクグループジャパン㈱

持株会社

ソフトバンク㈱

移動通信サービスの提供、携帯端末の販売、固定通信サービスの提供、インターネット接続サービスの提供

Aホールディングス㈱

持株会社

主な子会社

ヤフー㈱

イーコマース事業、会員サービス事業、インターネット上の広告事業

コマース事業

メディア事業

LINE㈱(注)1

モバイルメッセンジャー・アプリケーション「LINE」を基盤とした広告サービス、スタンプ販売およびゲームサービス等を含むコア事業並びにFintech、AIおよびコマースサービスを含む戦略事業の展開

その他

㈱ZOZO

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の企画・運営、プライベートブランド「ZOZO」の企画・開発、カスタマーサポート、物流倉庫「ZOZOBASE」の運用

コマース事業

アスクル㈱

オフィス関連商品の販売事業、その他の配送事業

コマース事業

バリューコマース㈱

広告事業(アフィリエイトマーケティング、ストアマッチ、アドネットワーク)、CRM事業(マーケティングオートメーション)

コマース事業

ワイジェイFX㈱

FX(外国為替証拠金取引)事業

コマース事業

ワイジェイカード㈱

クレジット、カードローン、信用保証業務

コマース事業

㈱一休

高級ホテルや旅館、厳選レストラン等のインターネット予約サイト運営事業

コマース事業

㈱ジャパンネット銀行

(現社名:PayPay銀行㈱)

銀行業

コマース事業

㈱イーブックイニシアティブジャパン

コンテンツの電子化および配信サービス、電子コンテンツの企画開発および制作、書籍や雑誌の編集および出版

コマース事業

Zフィナンシャル㈱

グループ会社の経営管理、ならびにそれに付帯する業務

コマース事業

LINE Plus Corporation

海外マーケティングおよびLINE関連の各種海外サービスの開発

その他

LINE Financial㈱

金融関連サービスの提供

その他

LINE Financial Asia Corporation Limited

金融事業戦略

その他

Zホールディングス中間㈱(注)2

持株会社

その他

その他131社

主な関連会社等
 

PayPay㈱

モバイルペイメント等電子決済サービスの開発・提供

コマース事業

その他40社

 

 (注)1 当社は株式交換により、2021年3月1日付で、LINE(株)の株式を取得し子会社化しました。同社は、2019年12月13日付でLINE分割準備(株)の商号で設立され、2021年3月1日付でLINE(株)に商号変更しています。

 2 Zホールディングス中間㈱は、当社子会社である㈱ZOZO、バリューコマース㈱および㈱一休の株式すべてを2021年3月16日付で当社より同社へ移管したため、当連結会計年度より重要な子会社としております。

 

2. セグメントおよび事業内容

 

コマース事業

広告

 ディスプレイ広告(「運用型」、「予約型」)、「ZOZO」

ビジネス(法人向け)

「ASKUL」、「ZOZO」、アフィリエイト関連、予約関連、「ヤフオク!」法人向けシステム利用料、決済関連、銀行業関連、クレジットカード関連等、不動産関連

パーソナル(個人向け)

「LOHACO」、「ZOZO」、「Yahoo!プレミアム」、「ヤフオク!」個人向けシステム利用料、「PayPayフリマ」販売手数料、クレジットカード関連、ペット用品関連、通信キャリア関連、銀行業関連、FX関連、決済関連

その他

銀行業関連

メディア事業

広告

検索広告、ディスプレイ広告(「運用型」、「予約型」)

ビジネス(法人向け)

メディア関連、CRM関連等

パーソナル(個人向け)

動画関連、電子書籍関連等

その他

広告

LINEディスプレイ広告、アカウント広告等

ビジネス(法人向け)

LINE FRIENDS、O2O、コマース、AI関連、公金決済関連等

パーソナル(個人向け)

LINEコミュニケーション、コンテンツ、金融サービス関連、「Yahoo!メール」、公金決済関連等

 

上記の区分はセグメント情報の区分と同一です。

なお、当連結会計年度より、一部のサービスおよび子会社をセグメント間で移管しています。詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 連結財務諸表注記 6. セグメント情報」をご参照ください。

※画像は省略されています

Zホールディングスの平均年収は1080万円

Zホールディングスの平均年収は1080万円です。 去年の全国平均年収430万円より151.1%高いです。 過去のデータを見ると652万円(最低)から1105万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、Zホールディングスの生涯収入はおよそ3.99億円と推定されます。
平均年収
2013 677万円
2014 652万円
2015 714万円
2016 682万円
2017 767万円
2018 765万円
2019 1105万円
2020 1080万円

Zホールディングスの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではZホールディングスは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではZホールディングスは78位(全4536社)で、年収偏差値は85.2でした。
Zホールディングスの年収ヒストグラム

Zホールディングスの年齢別年収

Zホールディングスの20代の想定平均年収は781万円、30代の想定平均年収は1090万円でした。 Zホールディングスの初任給はおよそ49万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 643万円 49万円
25-29歳 919万円 71万円
30-34歳 1053万円 81万円
35-39歳 1128万円 87万円
40-44歳 1203万円 93万円
45-49歳 1272万円 98万円
50-54歳 1345万円 103万円
55-59歳 1321万円 102万円
60-64歳 1042万円 80万円
Zホールディングスの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


Zホールディングスの賞与・ボーナス

Zホールディングスの年間賞与額は144万円程度と推定されます。 なお、Zホールディングス社は有価証券報告書に賞与引当金の記載が無いため、 類似企業や年収マスターが保持しているデータから推測した値となります。
平均賞与額
2013 90万円
2014 87万円
2015 95万円
2016 91万円
2017 102万円
2018 102万円
2019 147万円
2020 144万円


Zホールディングスの業種・地域

Zホールディングスの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは62位(全2729社)でした。
Zホールディングスの年収ヒストグラム(関東地方内)
Zホールディングスは、業種カテゴリとしては メディア業, インターネット業に属します。 メディア業内での年収ランキングは 15位(全73社) 、 インターネット業内での年収ランキングは 1位(全184社) でした。

メディア業内での年収ランキング
Zホールディングスの年収ヒストグラム(メディア業内)
インターネット業内での年収ランキング
Zホールディングスの年収ヒストグラム(インターネット業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

Zホールディングスの従業員数は243人

Zホールディングスの従業員数は243人でした。
従業員数
2013 4607人
2014 5439人
2015 5547人
2016 5826人
2017 6330人
2018 6515人
2019 63人
2020 243人
Zホールディングスの従業員数

Zホールディングスの売上、純利益

Zホールディングスの最新の売上高は144億円(売上ランキング2216位)でした。 従業員一人当たりの売上高は5944万円(一人当たり売上ランキング1776位)です。
Zホールディングスの売上高
Zホールディングスの最新の純利益は39.1億円(純利益ランキング856位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約1609万円(一人当たり純利益ランキング513位)です。
Zホールディングスの純利益

Zホールディングスに転職するには?

Zホールディングスに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

Zホールディングスの歴史

Zホールディングスの歴史について年表形式でご紹介します。
1996年1月インターネット上の情報検索サービスの提供を行うことを目的として、東京都中央区日本橋浜町三丁目42番3号にヤフー㈱を設立
1996年4月日本語での情報検索サービス(サービス名:「Yahoo! JAPAN」)を開始
1998年7月「Yahoo!ゲーム」等の登録サービスを開始
1999年9月「Yahoo!オークション」(現「ヤフオク!」)、「Yahoo!ショッピング」を開始
2001年5月「Yahoo!オークション」(現「ヤフオク!」)において、サービスの安全性確保を目的に、本人確認と補償制度提供を骨子とした有料化を開始
2001年9月ブロードバンド関連の総合サービス「Yahoo! BB」の商用サービスを開始
2002年4月「Yahoo!オークション」(現「ヤフオク!」)において、出品システム利用料の課金を開始「Yahoo! BB」のビジネスモデルにおいて、モデム販売から、加入者獲得インセンティブ等のモデルに変更
2003年1月国内初の個人間クレジットカード支払いサービス「Yahoo!ペイメント」(現「Yahoo!かんたん決済」)を開始
2003年7月有料会員制サービス「Yahoo!プレミアム」を開始
2003年10月東京証券取引所市場第一部へ上場
2003年11月保険関連サービスへの展開を図るため、ワイズ・インシュアランス㈱(現 PayPay保険サービス株式会社)を設立(現 連結子会社)
2007年4月インターネットの健全で豊かな発展への寄与を目指してYahoo! JAPAN研究所を設立
2010年10月ソーシャルゲームプラットフォーム「Yahoo!モバゲー」を開始
2011年11月電子書籍サービス「Yahoo!ブックストア」を開始
2012年8月YJキャピタル㈱を設立(現 連結子会社)
2013年4月電子クーポン・チケット販売プラットフォーム「PassMarket」を開始
2013年10月eコマース事業における新戦略を開始
2014年7月「Yahoo!カーナビ」アプリの提供を開始
2014年8月ワイモバイル㈱(現 ソフトバンク㈱)とスマートフォンにおける各種サービスの提供を開始
2015年1月YJキャピタル㈱が設立するYJ2号投資事業組合に出資し、子会社とする
2015年4月「Yahoo! JAPANカード」の提供を開始
2016年5月「Yahoo!チケット」のサービス強化を図るため、パスレボ㈱を設立
2017年6月ソフトバンク㈱と連携し、ソフトバンク会員に「Yahoo!プレミアム」を提供開始
2018年6月㈱三井住友フィナンシャルグループとの合弁会社ブレインセル㈱を設立
2018年8月「ヤフオク!」がヤマト運輸と連携し、匿名配送を提供開始
2018年10月バーコードを使った新たなスマホ決済サービス「PayPay」を提供開始
2018年11月「ヤフオク!」が月額費無料で利用可能なオークション出品を開始
2019年11月広告による告知から店頭販促までを一気通貫した新サービス「Yahoo!セールスプロモーション」を提供開始
2019年12月㈱ビズリーチとの合弁事業会社㈱スタンバイの設立を発表(現 連結子会社)
2020年12月「Yahoo!トラベル ヤフーパック」で 「旅行キャンセル保険」と業界初となる飛行機の遅延・欠航を対象とした「フライト遅延保険」を提供開始

Zホールディングスの子会社

Zホールディングスの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
ソフトバンクグループ㈱ 持株会社
ソフトバンクグループジャパン㈱ 持株会社
ソフトバンク㈱ 通信業
Aホールディングス㈱ 持株会社
ヤフー㈱ コマース事業メディア事業
LINE㈱ その他
㈱ZOZO コマース事業
アスクル㈱ コマース事業
バリューコマース㈱ コマース事業
ワイジェイFX㈱ コマース事業
ワイジェイカード㈱ コマース事業
㈱一休 コマース事業
㈱ジャパンネット銀行(現社名:PayPay銀行㈱) コマース事業
㈱イーブックイニシアティブジャパン コマース事業
Zフィナンシャル㈱ コマース事業
LINE Plus Corporation その他
LINE Financial㈱ その他
LINE Financial Asia Corporation Limited その他
Zホールディングス中間㈱ その他
PayPay㈱ コマース事業

Zホールディングスの類似企業

Zホールディングスを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
INCLUSIVE 474万円 54人
ドリコム 681万円 257人
ソフトバンクグループ 1405万円 241人
ASJ 528万円 58人
アエリア 700万円 12人
ハイパー 493万円 212人
アイモバイル 556万円 215人
くふう中間持株会社 590万円 36人
アクセルマーク 520万円 48人
GMOメディア 552万円 106人

Zホールディングスと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
南海放送 872万円
デジタルHD 702万円
札幌テレビ放送 1046万円
西日本新聞社 858万円
楽天グループ 745万円
フェリシモ 683万円
アビックス 678万円
大塚商会 843万円
テレビ東京HD 1290万円
RSKHD 892万円

Zホールディングスと売上高が近い企業