年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

gooddaysホールディングスの平均年収

2022年08月28日 17:19

gooddaysホールディングスとは

gooddaysホールディングスとは、不動産業, インターネット業を営む東京都の上場企業です。
企業名 gooddaysホールディングス
本社所在地 千代田区有楽町二丁目10番1号
売上高 4.37億円
社員数 23人
平均年収 700万円
推定初任給 31万円
年収偏差値 62.8
平均年齢 42.5歳
平均勤続年数 7.8年

有価証券報告書によるとgooddaysホールディングスの事業内容は次の通りです。

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、当社の連結子会社2社の計3社で構成されております。当社は特定上場会社等に該当し、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準のうち、上場会社の規模との対比で定められる数値基準については連結ベースの計数に基づいて判断することとなります。

当社のビジネスは、「ITセグメント」と「暮らしTech(注)セグメント」の2つのセグメントに分類され、ITセグメントではシステム開発等のITソリューションの提供、暮らしTechセグメントでは不動産のリノベーション・入居者のための不動産仲介サイトの運営・シェアオフィスやサービスアパートメントのオペレーション、ホテルに定額で住めるサブスクリプションサービスなど暮らしや不動産に係る事業等を営んでおります。

当社グループのミッションは、「どこにもないふつう」です。

不動産とIT、どちらも暮らしの基本をつくる大切な要素と考え、オープンリソース株式会社、グッドルーム株式会社2社の強みを融合し、相乗効果を生み出すことで「どこにもないふつう」の実現を目指しています。

(注)暮らしTech:Living(暮らし)とTechnology(テクノロジー)の造語。

 

当社グループの事業における当社及び当社の関係会社の位置付け及びセグメントとの関係は、次のとおりであります。

 

セグメント名称

主な事業内容

会社名

IT

システム開発等のITソリューション提供

オープンリソース㈱

暮らしTech

・賃貸に特化した不動産のリノベーション、仲介、及び(運営)オペレーション

・賃貸不動産仲介サイト「goodroom」の運営

・ホテル暮らしのプラットフォームhotelpassの運営

・暮らし情報サイト「goodroomジャーナル」の運営

グッドルーム㈱

全社(共通)

グループ会社の経営管理、事務受託等

gooddaysホールディングス㈱

 

 

各セグメントの詳細は、次のとおりであります。

 

(1) ITセグメント

① 外部顧客向けサービスとしては、主にオープンリソース株式会社と直接契約をしたエンドユーザー向け(主に流通小売業界と金融業界)とシステム・インテグレータ(注)1(System Integrator。以下「SIer」と言います)を仲介したエンドユーザー向けのシステム開発事業を行っております。現時点におけるITセグメントは、ビジネスカテゴリーをSEサービス(注)2ビジネス、請負ビジネス、物販ビジネスに分類しております。

(注)1.システム・インテグレータ:情報システムの企画、構築、運用などの業務をシステムのオーナーとなる顧客から一括して請け負う情報通信企業のこと。

2.SEサービス:システム・エンジニアリング・サービスの略。

 

・ SEサービスビジネスは、システム・エンジニアを顧客に常駐させ、システムの要件を顧客と協議しながら顧客内で開発及び維持まで実現するサービスで、時間をベースとした契約形態となります。特定の顧客とは開発・維持の範囲及び達成条件を事前に顧客との間で決めた上でサービスを提供しております。なお、受託した業務内容等により外部リソースを使用することがあります。

・ 請負ビジネスは、業務の範囲と要件を顧客と決定した上で、開発の請負金額を合意し、実施するサービスです。対象はエンドユーザー向けとSIer向けがあり、エンドユーザー向けについてはソフトウェアの保守・運用までをその範囲としており、通常、開発終了後に顧客と年間保守契約を結んでおります。本ビジネスにおいても、受託した業務内容等により外部リソースを使用することがあります。

・ 物販ビジネスは、請負ビジネス時に付随するハードウェア(H/W)・ソフトウェア(S/W)の販売及びサーバー等の環境設定・端末の設定等を行っております。

 

 

請負ビジネス(エンドユーザー向け)に使う主なソリューションは以下のとおりです。

具体的な商品又はサービス

内容

テナントPOSシステムのテンプレート

テナントとして入居している小売店舗の売上情報及び発注・棚卸し等店舗内マーチャンダイジング(注)1システム。

スマートデバイス(注)2を利用した店舗システム(従来のハンディ端末の置き換え)

消費者向け機器のため業務用機器と比べて安価なハードウェアでの店員教育負担の軽減を目的としたシステム。

(小型端末iPodTouchを利用した店舗内発注・在庫照会、棚卸し、各種検索システム)

Redx

これまでのような業務毎にシステム環境や個別のハードウェアなどが密結合され、DX(デジタルトランスフォーメーション)への対応、realとnetの融合に多大な時間と労力がかかるという問題を解消するため、2021年12月末にAPI共通のプラットフォームをベースとしたRedxクラウドPOSの販売を開始した。これによりシステム環境やハードウェアに依存しない疎結合を実現することで、コストを抑えつつスピード感をもったDXの取入れやマーケティング対応を可能とするソリューションを展開する。

マルチ決済システム

クレジットカード、IVR(電話による決済処理)、コンビニ決済、プリペイドカード決済等マルチ決済用のシステム。

 

(注)1.消費者の欲求に適合するような商品を、適正な数量・価格で、適切な時期・場所に供給する業務。

   2.スマートデバイス:Apple社のiPodTouch、iPad等、Google社のOSを使った消費者向け機器等。

 

② グループ内企業向けサービスとしては、2015年より賃貸に特化した不動産仲介サイトである「goodroom」における、物件データベースの運用維持及びアプリの改善開発をグッドルーム株式会社と共同で実施している他、新型コロナウイルス感染症問題(以下「新型コロナ問題」)で喚起された住居を固定しない「新しい暮らし方」の模索の流れに応えホテル業界の空室対策の一助ともなるhotelpass(2020年6月サービス開始)を開発提供し暮らしTechセグメントのサービスの技術基盤を支えております。

 

(2) 暮らしTechセグメント

暮らしTechセグメントは、グッドルーム株式会社が行っております。内容としては、リノベーションビジネス、不動産仲介ビジネス、オペレーションビジネス、メディアビジネスの4つに大別されます。

 

それぞれの事業の内容は以下のとおりとなっております。

① リノベーションビジネス

 グッドルーム株式会社では賃貸物件に特化し、賃貸住宅向けに設計・施工をパッケージ化したリノベーション「TOMOS」(注)1の提供を行っており、2022年3月31日現在で施工技術者14名(社員)、多能工大工11名(社員)を擁しております。

 2022年3月期の実績として全国で791件のリノベーション実施実績をあげています。内容といたしましてはそれまでの賃貸住宅、小規模オフィス向けのリノベーションパッケージ(注)2の実績を活かしマンションや社宅、寮など一棟まるごと施工する大型案件の受注が伸びております。主な大型の施工例では2022年3月に神奈川県横浜市の社員寮及び神奈川県川崎市の城南信用金庫の社員寮をそれぞれ一棟丸ごとシェアスペース付きの賃貸マンションにリノベーションを実施しました。

(注)1.「TOMOS」は賃貸住宅では珍しい無垢床を用い、白・アースカラーを基調としたナチュラルデザインを特徴とするリノベーションパッケージ。(商標登録番号5648934号)

   2.賃貸住宅向けリノベーションパッケージ及び小規模オフィス向けリノベーションパッケージは、いずれも「TOMOS」をベースとしており、同様の特徴があります。

 

② 不動産仲介ビジネス

 東京、名古屋、大阪、福岡に拠点を持ち、賃貸住宅の不動産仲介サイト「goodroom」を使い、TOMOSブランドを中心として入居者受付から内覧の案内、契約までの賃貸サービス業務を提供し、入居者からは仲介手数料を、オーナーからは広告料を受領しています。仲介サービス提供エリア(goodroomサイト展開エリア)については、日本の主要都市を網羅し、関東、名古屋、関西、広島、福岡をカバーしております。

 不動産仲介ビジネスでは、掲載物件の紹介、ネットに問い合わせのあったお客様に対する物件の案内、契約前の重要事項説明、契約行為及びそれに付随するサービスの紹介などを行っております。また仲介を行う対象物件はグッドルーム株式会社が施工したTOMOSブランドの物件以外も含みます。
 

③ オペレーションビジネス

 シェアオフィス、マンスリーマンションの運営を行っております。

 シェアオフィスはオフィス向けのリノベーションパッケージにて施工した物件をオーナーより一括で借り受け、リーシングするビジネスです。2021年4月1日には登録有形文化財である新橋「堀ビル」をリノベーションし、新しいワークスタイルやオープンイノベーションの拠点を想定したgoodoffice新橋(東京)を新たに開設いたしました。2022年3月31日時点で有楽町、日比谷、六本木、渋谷、品川(東京)、薬院(福岡)、呉服町(福岡)、本町(大阪)の8拠点でシェアオフィスをgoodofficeとして提供しております。

 マンスリーマンションはオーナーとの間でTOMOSリノベーションを実施した賃貸物件に限定して一括で借り上げるとともに家具などを設置して付加価値をつけた上で仲介サイト「goodroom」を通じて入居者の募集を行い入居者より賃料収入を得るリーシングのビジネスです。2022年3月31日時点で恵比寿、白金台、要町(東京)、大里(名古屋)、宮前平(神奈川)の4拠点及び他6件が稼働しております。また、2020年6月にはリモートワークなど新しい暮らし方、働き方への対応と、ホテルの稼働率向上への貢献を目指し定額でホテルに住める「hotelpass」サービスを開始しております。

 

④ メディアビジネス

 メディアビジネスでは、自社が提供するリノベーションパッケージ「TOMOS」を主要物件として取り扱う他、グッドルーム株式会社が独自に定めた掲載基準に基づき選択した物件を取り扱う賃貸住宅不動産仲介サイト「goodroom」を運営しております。当該不動産仲介サイトは、ユーザーには無料で提供し、管理会社からは管理物件を掲載してもらい、送客することで手数料として反響課金(注)を得ております。

(注)反響課金:goodroomサイトを通じて契約済み管理会社の物件に対して内覧申込みがあった時、1件当たりの決定された金額を請求する課金方式。ほかに、賃貸契約が成立した時に課金する成約課金があります。

 

現状のサービスと特徴は次の通りです。

サービス

特 徴

goodroom仲介サイト

・管理会社のシステムと直接連動させることでリアルタイムの募集状況の提示を可能とした即時内覧可能なサービス

・専属のライターによる物件の取材やVR撮影を活用した物件コンテンツ

hotelpassサービス

・複数のホテルを月額一定料金で利用し住むことができるサブスクリプション型サービス

・専用サイトからはホテルだけでなく掲載されたTOMOSマンスリーからも選択することが可能、トランクサービスなど他のサブスクリプションサービスとの連携も実現

・オペレーションビジネスが担当

 

 

 

 

[事業系統図]

以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

図中では、略称(gooddaysホールディングス㈱:G/D/H、オープンリソース㈱:ORC、グッドルーム㈱:goodroom)を使い記載をしております。

 

<G/D/H>

 


 

<ITセグメント> 


 

 

<暮らしTechセグメント>  

・ リノベーションビジネス

 


 

 

・ 不動産仲介ビジネス

・ メディアビジネス

 


 

 

・ オペレーションビジネス

※画像は省略されています

gooddaysホールディングスの平均年収は700万円

gooddaysホールディングスの平均年収は700万円です。 去年の全国平均年収430万円より62.9%高いです。 過去のデータを見ると496万円(最低)から700万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、gooddaysホールディングスの生涯収入はおよそ2.59億円と推定されます。
平均年収
2017 503万円
2018 496万円
2019 578万円
2020 619万円
2021 700万円

gooddaysホールディングスの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではgooddaysホールディングスは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではgooddaysホールディングスは1138位(全4662社)で、年収偏差値は62.8でした。
gooddaysホールディングスの年収ヒストグラム

gooddaysホールディングスの年齢別年収

gooddaysホールディングスの20代の想定平均年収は499万円、30代の想定平均年収は708万円でした。 gooddaysホールディングスの初任給はおよそ31万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 406万円 31万円
25-29歳 592万円 46万円
30-34歳 682万円 52万円
35-39歳 733万円 56万円
40-44歳 784万円 60万円
45-49歳 831万円 64万円
50-54歳 880万円 68万円
55-59歳 863万円 66万円
60-64歳 675万円 52万円
gooddaysホールディングスの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


gooddaysホールディングスの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、gooddaysホールディングスの 平均年間賞与額は18万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2017 67万円
2018 27万円
2019 40万円
2020 24万円
2021 18万円


gooddaysホールディングスの業種・地域

gooddaysホールディングスの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは821位(全2826社)でした。
gooddaysホールディングスの年収ヒストグラム(関東地方内)
gooddaysホールディングスは、業種カテゴリとしては 不動産業, インターネット業に属します。 不動産業内での年収ランキングは 77位(全241社) 、 インターネット業内での年収ランキングは 23位(全206社) でした。

不動産業内での年収ランキング
gooddaysホールディングスの年収ヒストグラム(不動産業内)
インターネット業内での年収ランキング
gooddaysホールディングスの年収ヒストグラム(インターネット業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

gooddaysホールディングスの従業員数は23人

gooddaysホールディングスの従業員数は23人でした。
従業員数
2017 17人
2018 17人
2019 22人
2020 17人
2021 23人
gooddaysホールディングスの従業員数

gooddaysホールディングスの売上、純利益

gooddaysホールディングスの最新の売上高は4.37億円(売上ランキング4441位)でした。 従業員一人当たりの売上高は1899万円(一人当たり売上ランキング3992位)です。
gooddaysホールディングスの売上高
gooddaysホールディングスの最新の純利益は2610万円(純利益ランキング3776位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約113万円(一人当たり純利益ランキング3128位)です。
gooddaysホールディングスの純利益

gooddaysホールディングスに転職するには?

gooddaysホールディングスに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

gooddaysホールディングスの歴史

gooddaysホールディングスの歴史について年表形式でご紹介します。
2016年3月オープンリソース㈱、オープンワークス㈱、ハプティック㈱及びグッドルーム㈱を子会社とする純粋持株会社gooddaysホールディングス㈱を新設しグループとして統合
2019年3月東京証券取引所マザーズに上場
2022年4月東京証券取引所のマザーズ市場からグロース市場に移行
1987年3月企業向け情報通信の教育、コンサルティングを目的として、小倉博が㈱教学社(現 オープンリソース㈱)を設立
2002年10月小売業向けの請負開発を目的として、小倉博がオープンワークス㈱を設立
2016年3月オープンリソース㈱、オープンワークス㈱、ハプティック㈱及びグッドルーム㈱を子会社とする純粋持株会社gooddaysホールディングス㈱を新設しグループとして統合
2021年12月オープンリソース㈱が「Redx(リデックス)クラウドPOS」を販売開始
2009年12月暮らしの質向上と空き家問題の改善を行うため小倉弘之がハプティック㈱を設立しTOMOSブランドの下、賃貸に特化したリノベーションを展開
2013年3月こだわり物件のお部屋探しサイト「goodroom」の運営会社として小倉弘之がグッドルーム㈱を設立
2015年12月グッドルーム㈱が不動産情報だけでなく暮らしの提案を行う地域情報サイトの運営開始ハプティック㈱が名古屋に支店を開設
2016年3月オープンリソース㈱、オープンワークス㈱、ハプティック㈱及びグッドルーム㈱を子会社とする純粋持株会社gooddaysホールディングス㈱を新設しグループとして統合

gooddaysホールディングスの子会社

gooddaysホールディングスの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
オープンリソース㈱ ITセグメント
グッドルーム㈱ 暮らしTechセグメント

gooddaysホールディングスの類似企業

gooddaysホールディングスを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
アンビションDXHD 447万円 101人
ジェイ・エス・ビー 479万円 232人
ツクルバ 548万円 164人
GA technologies 680万円 558人
ハウスコム 462万円 1042人
アールエイジ 436万円 21人
日鉄ソリューションズ 845万円 3350人
日本情報クリエイト 462万円 242人
大東建託 828万円 8203人
日住サービス 464万円 252人

gooddaysホールディングスと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
チェンジ 749万円
ニフティライフスタイル 710万円
近鉄グループHD 640万円
センチュリー21・ジャパン 708万円
アグレ都市デザイン 694万円
ほぼ日 678万円
コスモスイニシア 709万円
SREHD 712万円
サンウッド 727万円
テーオーシー 680万円

gooddaysホールディングスと売上高が近い企業

企業名 売上高
南国産業開発 3.68億円
高滝リンクス倶楽部 4.06億円
ジーネクスト 4.94億円
ウェーブロックHD 5.25億円
道後観光ゴルフ 3.56億円
平山HD 4.56億円
VALUENEX 4.27億円
ヨシムラ・フード・HD 5.58億円
テンポスHD 5.13億円
エム・エイチ・グループ 5.21億円