年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

フィードフォースグループの平均年収

2022年07月19日 22:22

フィードフォースグループとは

フィードフォースグループとは、広告業, インターネット業を営む東京都の上場企業です。
企業名 フィードフォースグループ
本社所在地 文京区湯島三丁目19番11号
売上高 10.8億円
社員数 85人
平均年収 584万円
推定初任給 28万円
年収偏差値 56.4
平均年齢 32.4歳
平均勤続年数 4.1年

有価証券報告書によるとフィードフォースグループの事業内容は次の通りです。

 当社は「『働く』を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~」というミッションを掲げ、企業の生産性を向上させるサービス・プロダクトづくりを通じて豊かな働き方を実現するべく事業活動を行っております。当社グループでは、特にデジタルマーケティング領域において、運用型広告代行事業に加え、データフィード、構造化データ(注1)、ID連携(注2)をはじめとしたテクノロジーを駆使し、「企業の持つ情報を適切な形でユーザーに届ける」ことで、企業の抱える課題の解決や生産性の向上を支援しております。

 

 データフィードとは、インターネット上のデータを送受信する仕組みのことです。データの形式や通信方法を決めておくことでデータ間のやり取りをスムーズに行い、更新情報を素早く同期することができます。

 データフィードを活用する最大のメリットは「簡単に様々な場所に散らばった情報を最新の情報に保てること」です。たとえば、EC 事業者が、商品情報を最新のものにしたいと考えたとき、更新した商品のリストにあわせてEC サイト、比較サイト、ショッピングモール、ソーシャルメディア、リスティング広告、ディスプレイ広告、アフィリエイトなど、様々な場所に散らばっている古い情報を新しい情報に書き換える必要があります。これをすばやく確実に行えるのがデータフィードです。

 データフィードを活用した広告の代表例としては、Googleにて商品やこれに関連するワードを検索したユーザーに対して商品の画像や価格、ショップ名等を表示する「Google ショッピング広告」、FacebookやInstagram等のタイムラインに表示される「インフィード広告」、CriteoやGoogle等がサイト内の商品閲覧履歴などの行動データに基づき最適な広告を配信する動的なターゲティング広告が挙げられます。

 

 現在、スマートフォン、タブレット端末、ウェアラブルコンピューター等の普及により、かつてパーソナルコンピューターに限られていたインターネットへのアクセスは、様々なデバイスを通じて可能となっております。また、一般的なWebサイトに加え、Googleの提供する検索エンジン、Facebook/ Instagram、Twitter等のソーシャルメディアやLINE等のメッセンジャーアプリ(注3)などのプラットフォームの登場により、ユーザーが情報を得るメディアも多種多様になっております。あらゆるデバイスやメディアが分散化(以下「フラグメンテーション(注4)」)されたことで、一律に同じ情報を受動的に入手するのではなく、それぞれのユーザーが嗜好にあった情報を能動的に入手する時代へと変化を遂げております。

 このような消費者行動の変化は、インターネットを利用した企業のマーケティング活動にも大きな影響を与えております。例えば、企業がユーザーの趣味嗜好に合わせたインターネット広告を出す際、複数のデバイスへの対応と複数メディアへ出稿することは、ユーザーとの接触機会を減少させないためにこれまで以上に重要性が増します。一方で、企業にとってはフラグメンテーションによりメディアごとのフォーマットに合わせたデータフィードの構築が必要となり、また広告内容や配信先媒体の追加、変更又は更新の度にデータフィードの改修が必要となるため、膨大な人的及び物的負荷並びに費用が掛かる状況にあります。

 これらの課題の対処方法として、欧米先進国ではデータフィードを活用したマーケティングが定着しており、昨今、国内においても注目を集めております。当社グループは、創業以来長年にわたりデータフィード及び構造化データに特化して取り組んできており、国内におけるデータフィードを活用したマーケティング市場を創造、牽引してきたと自負しております。その結果、データフィード構築のためにこれまでに蓄積した膨大な商品・案件等データとその変換・更新ノウハウをもとに、企業が有する情報を最適な形に加工し、ニーズのあるユーザーに対して適切な情報を適切なタイミングで適切なデバイスに提供することを実現してまいりました。

 

 

 また、各デジタルプラットフォーマーと良好なパートナーシップを構築している点も当社グループの強みと認識しております。各プラットフォームへの広告掲載にあたっては、必要な情報や掲載内容についてそれぞれ独自の制約があります。当社グループは、過去より技術的なパートナーになるなど各プラットフォーマーとのリレーションを構築し、それぞれの技術的要件について熟知しているため、円滑な広告出稿が可能となっております。また、各プラットフォームとのリレーションを活かし、複数のサービスをAPI(注5)を通じて連携させることで、企業の顧客開拓支援に止まらず、その後の継続的な関係強化を支援する包括的なサービス提供を行っております。

 

 当社グループの事業は、企業のデジタルマーケティング支援をビジネスの主軸に、事業特性や顧客属性に応じたサービスの提供方法により、プロフェッショナルサービス事業、SaaS(注6)事業及びDX事業の3つの事業セグメントで構成されております。プロフェッショナルサービス事業では、主としてエンタープライズ(注7)を中心とした顧客に対して、個々のニーズに応じたデータフィードの構築やプラットフォームへの広告配信受託を行っております。一方で、SaaS事業においては、SMB(注8)と言われるような中小規模事業者もターゲットとして含め、SaaS型でのデータフィード統合管理ツールや自動広告出稿ツール等を提供しております。

 プロフェッショナルサービス事業にて大手企業を中心とした先進的な顧客のニーズにテイラーメイドで対応することで当社グループとしてのノウハウを蓄積し、当該知見をSaaS事業の各サービスの機能に適宜組み込んでいくことで幅広い顧客に対して高品質なサービスの提供が可能となっている一方で、プロフェッショナルサービス事業におけるサービス提供にあたりSaaS事業のサービスや機能を一部利用するなど、両事業セグメントは相互補完関係にあると考えております。DX事業では、主にEC事業者を対象としてShopifyによるサイト構築の支援に加え、Shopifyアプリなどの開発・提供を行っており、SaaS事業で提供するサービスとの親和性も高いものとなっております。

 各事業セグメントにおける提供サービスの内容、特徴は以下のとおりです。

 なお、これら事業セグメントは「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。

 

(1)プロフェッショナルサービス事業

 プロフェッショナルサービス事業では、エンタープライズを中心にデータフィードマーケティングの支援を行っております。具体的なサービスは以下のとおりです。

① Anagrams

 「Anagrams」は、当社の連結子会社であるアナグラム㈱におけるインターネットでの検索連動型テキスト広告(リスティング広告)やディスプレイ広告等の運用型広告を専門に取り扱うマーケティング支援サービスです。リスティング広告等運用型広告のみならずWebマーケティング全般に関連する最新の動向を常に発信しており、これらのトレンドを反映したアカウント運用を行っております。

 

② Feedmatic

 「Feedmatic」は、これまで各種インターネットテクノロジーサービスを開発してきた技術的な強みを活かし、広告媒体の機械学習による効果最大化を前提としたコンサルティング型広告運用サービスであり、データフィード広告(注10)を中心としたコンサルティング型の広告運用代理業務及び企業内でのインハウス広告運用支援を行っております。特に、大量の商品・案件データを保有・更新する必要があるEC(注11)、人材、不動産、旅行業界といった業種において高い成果実績を有しております。

 

③ DF PLUS

 「DF PLUS」は、データフィード管理のアウトソーシング・サービスです。Criteo、Google(「ショッピング広告」及び「動的リマーケティング広告」)、Facebook / Instagram、Yahoo! JAPAN、Indeed など多数の広告媒体をはじめ、DMP(注9)、価格比較サイト、Instagram ショッピング機能まで、50社以上のインターネット媒体に対応しております。大手広告代理店でも多数採用されているなど豊富な導入実績があり、出稿までに必要な準備作業をスムーズにサポートします。

 

④ Contents Feeder

 「Contents Feeder」は、ロングテール(注12)キーワードに適合したサテライトサイト(注13)を生成・自動運用するSEO支援サービスです。ただキーワードを詰め込んだ機械的なページを生成するのではなく、RSS(注14)フィードやメタデータ(注15)の活用支援をする中で培ってきたノウハウを活かし、ユーザーにとって価値のあるページの生成や自動運用を実現します。

 

(2)SaaS事業

 SaaS事業では、エンタープライズ企業からSMBまで幅広い企業に対し、セルフサービスで高度なマーケティングが実施できるシステムとして、データフィードマーケティングの管理システムやソーシャルログインシステム(注16)等をSaaSにより提供しております。具体的なサービスは以下のとおりです。

① EC Booster

 「EC Booster」は、事業者が運営するECサイトの商品情報を自動的に取得及び最適化し、検索結果として商品画像が表示されることが特徴である「Google ショッピング広告」に自動配信するサービスです。ECサイト運営者は小規模組織が圧倒的に多数を占めていることから、マーケティングや広告にかけられる予算も少なく、人的リソースも限られているのが実情です。このような実情を踏まえ、少額の広告予算でも広告成果を上げることができ、一旦Webサイト上から簡単な初期登録及び設定を行った後は、必要に応じて広告成果の確認と広告予算変更を行う程度で継続的な自動広告配信ができるように配慮し開発したツールです。

 

② dfplus.io

 「dfplus.io」は、データフィードの作成、管理、最適化を広告担当者自身で行うことができるデータフィード統合管理ツールです。ユーザービリティの高いUI/UX(注17)の実装により、広告担当者は、柔軟で強力なルール設定が可能となり、企業の保有する商材データをGoogle ショッピング広告やCriteo、Facebookなどのデータフィード広告を含む多様な媒体に最適化することができます。

 

③ ソーシャルPLUS

 「ソーシャルPLUS」は、LINE、Apple、Yahoo! JAPAN、Facebook、Googleなどのアカウント情報を活用し、自社サイトへの会員登録やログインの簡素化をAPIを経由して実現するID連携サービスです。サイトの会員登録数・購買のコンバージョン率の最大化を支援し、顧客接点の拡大から売上向上まで一気通貫で実現するマーケティング基盤を提供し、導入企業にとっては各プラットフォームのIDを起点にマーケティングを実現する事が可能となります。

 また、あわせてLINEログインオプションを導入することにより、自社のWebサービスとLINEアカウントを連携させ、日常的にメールを使わないユーザーに対しても個別にLINEメッセージの配信ができるなど、LINE公式アカウント活用による顧客体験向上の施策を実施する事が可能となります。

 

(3)DX事業

 DX事業では、主にEC事業者を対象としてShopifyによるサイト構築の支援に加え、Shopifyアプリなどの開発・提供を行っております。具体的なサービスは以下のとおりです。

① Rewire

 「Rewire」は、2020年10月に当社の連結子会社として新規設立した㈱リワイアにおける企業のWebサイト・システム構築支援を行うサービスです。主にEC企業を対象として、Shopifyの活用を中心とした企業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)支援を行っております。

 

② App Unity

 「App Unity」は、国内環境に適合したShopifyアプリを提供する企業アライアンスを運営しており、Shopifyアプリの開発・提供に加え、アプリの各種サポートや情報提供を行っております。

 

(注) 1.構造化データとは、一定のルールに従って記述され、何らかの意味が付加されたデータのこと。例えば衣料ECサイトでは、カテゴリー、ブランド、サイズ、金額などを分類するための標準化されたデータ形式により、ページコンテンツに関する情報を提供できる。

2.ID連携とは、様々なWebサイトや企業によって管理されているアカウントIDを認証を経て結び付けること。

3.メッセンジャーアプリとは、リアルタイムでのメッセージ送受信や、無料IP電話などの機能を提供するアプリケーションの総称。

4.フラグメンテーションとは、生活者の利用するデバイスやメディアが分散化すること。

5.APIとは、Application Programming Interfaceの省略表記で、アプリケーションの機能やデータ等を他のアプリケーションから呼び出して利用するための接続仕様・仕組みのこと。

6.SaaSとは、Software as a Serviceの省略表記で、従来のパッケージソフトウェアの機能をウェブブラウザなどインターネットを通じて提供するクラウドサービスのこと。

7.エンタープライズとは、大規模企業のこと。

8.SMBとは、Small to Medium Businessの省略表記。

9.DMPとは、Data Management Platformの省略表記で、インターネット上に蓄積されたビッグデータなどの情報データを一元管理するためのプラットフォームのこと。

10.データフィード広告とは、ユーザー一人一人の興味関心に合わせて表示される広告のこと。

11.ECとは、Electronic Commerceの省略表記で、インターネット上で物品やサービスを売買する商取引のこと。

12.ロングテールとは、販売機会の少ない商品でもアイテム数を幅広く取り揃えたり、対象となる顧客の総数を増やすことで、総体としての売上を増加させる概念や手法のこと。

13.サテライトサイトとは、メインサイトのターゲット層拡大のために、インターネットでの幅広いキーワード検索に対応したメインサイトとは別に立ち上げたWebサイトのこと。

14.RSSとは、Really Simple Syndicationの省略表記で、ニュースやブログなどのWebサイトの更新情報を配信する文書フォーマットのこと。

15.メタデータとは、あるデータに付随するそのデータ自身についての付加的なデータのこと。

16.ソーシャルログインシステムとは、SNSアカウントを使用してWebサイトにログインできる機能のこと。会員登録やサイトへのログインが容易になる。

17.UI/UXとは、User Interface/User Experienceの省略表記で、UIとはデザイン、フォントや外観などユーザーの視覚に触れるすべての情報のことであり、UXとはユーザーがこれらのUIを実装したサービスを通じて得られる体験のこと。

※画像は省略されています

フィードフォースグループの平均年収は584万円

フィードフォースグループの平均年収は584万円です。 去年の全国平均年収430万円より35.8%高いです。 過去のデータを見ると546万円(最低)から587万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、フィードフォースグループの生涯収入はおよそ2.16億円と推定されます。
平均年収
2017 568万円
2018 546万円
2019 587万円
2020 584万円

フィードフォースグループの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではフィードフォースグループは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではフィードフォースグループは2447位(全4662社)で、年収偏差値は56.4でした。
フィードフォースグループの年収ヒストグラム

フィードフォースグループの年齢別年収

フィードフォースグループの20代の想定平均年収は432万円、30代の想定平均年収は589万円でした。 フィードフォースグループの初任給はおよそ28万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 363万円 28万円
25-29歳 502万円 39万円
30-34歳 570万円 44万円
35-39歳 608万円 47万円
40-44歳 646万円 50万円
45-49歳 682万円 52万円
50-54歳 718万円 55万円
55-59歳 706万円 54万円
60-64歳 565万円 43万円
フィードフォースグループの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


フィードフォースグループの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、フィードフォースグループの 平均年間賞与額は48万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2017 17万円
2018 36万円
2019 42万円
2020 48万円


フィードフォースグループの業種・地域

フィードフォースグループの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは1681位(全2826社)でした。
フィードフォースグループの年収ヒストグラム(関東地方内)
フィードフォースグループは、業種カテゴリとしては 広告業, インターネット業に属します。 広告業内での年収ランキングは 31位(全67社) 、 インターネット業内での年収ランキングは 88位(全206社) でした。

広告業内での年収ランキング
フィードフォースグループの年収ヒストグラム(広告業内)
インターネット業内での年収ランキング
フィードフォースグループの年収ヒストグラム(インターネット業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

フィードフォースグループの従業員数は85人

フィードフォースグループの従業員数は85人でした。
従業員数
2017 69人
2018 73人
2019 81人
2020 85人
フィードフォースグループの従業員数

フィードフォースグループの売上、純利益

フィードフォースグループの最新の売上高は10.8億円(売上ランキング4175位)でした。 従業員一人当たりの売上高は1275万円(一人当たり売上ランキング4380位)です。
フィードフォースグループの売上高
フィードフォースグループの最新の純利益は2.74億円(純利益ランキング3046位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約322万円(一人当たり純利益ランキング2061位)です。
フィードフォースグループの純利益

フィードフォースグループに転職するには?

フィードフォースグループに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

フィードフォースグループの歴史

フィードフォースグループの歴史について年表形式でご紹介します。
2006年3月 東京都千代田区麹町において株式会社フィードフォースを資本金10,000千円で設立。

フィードフォースグループの子会社

フィードフォースグループの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
(連結子会社) アナグラム株式会社 コンサルティング事業、広告運用代理事業、マーケティング支援事業
(連結子会社) 株式会社リワイア システム企画・開発事業、コンサルティング事業、情報処理事業、ソフトウェア開発・販売事業、マーケティング支援事業
(持分法適用関連会社) 株式会社アンノウン コンサルティング業務、広告代理事業、インターネットを活用したマーケティング及び各種情報提供サービス事業

フィードフォースグループの類似企業

フィードフォースグループを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
ブレインパッド 721万円 427人
ログリー 515万円 63人
GMOメディア 608万円 114人
ユーザーローカル 556万円 76人
ジーニー 657万円 235人
イーエムネットジャパン 521万円 115人
ブランディングテクノロジー 474万円 145人
アライドアーキテクツ 554万円 124人
Orchestra Holdings 632万円 12人
INCLUSIVE 497万円 58人

フィードフォースグループと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
Unipos 606万円
インタースペース 572万円
ティー・ワイ・オー 574万円
ユミルリンク 572万円
セレス 606万円
ユナイトアンドグロウ 586万円
カヤック 596万円
セカンドサイトアナリティカ 610万円
エキサイト 584万円
一休 574万円

フィードフォースグループと売上高が近い企業

企業名 売上高
BCC 11.2億円
ライフアンドデザイン・グループ 11.3億円
ディー・ディー・エス 11.4億円
rakumo 9.64億円
サインド 10.9億円
旅工房 9.94億円
ツナググループ・HD 11.3億円
ハウテレビジョン 11.4億円
ゴンゾ 9.41億円
Nexus Bank 10.0億円