年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

GMOメディアの平均年収

2022年01月25日 10:43

GMOメディアとは

GMOメディアとは、インターネット業, メディア業を営む東京都の上場企業です。
企業名 GMOメディア
本社所在地 渋谷区桜丘町26番1号
売上高 38.0億円
社員数 106人
平均年収 552万円
推定初任給 26万円
年収偏差値 55.1
平均年齢 34.55歳
平均勤続年数 7.58年

有価証券報告書によるとGMOメディアの事業内容は次の通りです。

1 当社の事業

 当社グループは「For your Smile, with Internet.」を企業理念に掲げ、創業以来インターネットのサービスインフラとしてのメディア事業を展開しています。

 一般個人のユーザーに対して、情報を収集したり発信したりするメディアを無料で提供する広告事業モデル型のメディアだけでなく、サービスの利用やコンテンツを有料で提供する課金型のメディアも運営しております。サービスのカテゴリとしても、お得なEC体験に関するポイントメディア、ゲームプラットフォームに加えて、新たに立ち上げ投資中のものとして、プログラミング教育に関するヴァーティカルメディアやチャット型小説サービスなどがあります。2020年3月には、お得なEC体験に関するクーポンサービス「くまポン」と美容クリニックに関するヴァーティカルメディア「キレイパス」を運営するGMOくまポン株式会社を新たにグループ化して、運営ノウハウやユーザーシナジーの強化を図っております。

 メディア事業においては、無料サービスによる広告事業を主力ビジネスとしてきましたが、そのユーザー接点を活用した課金事業も展開しており、収益構造の多様化を進めてきました。また、ポイントメディア、ゲームプラットフォームにおいては、自社メディアへの集客を行うとともに、ユーザーのリピート利用を促す機能を外部提供する事で、提携パートナーを増やし収益の拡大を目指してきました。

 

当社グループが運営するサービスの内容は、それぞれ以下の通りになります。

 

ポイントタウン


ECに関するお得な情報の収集や情報交換ができ、会員が商品の購入やサービス申し込み、資料請求等の一定のアクションを行うと、ポイントが貯まります。貯まったポイントは、現金やビットコイン、ギフト券等の様々なメニューから選んで交換できます。

ゲソてん


自社サービスを集客基盤にしたブラウザ向けゲームポータルサイト。ポイントタウンで貯まったポイントを交換したり、クレジットカード決済やキャリア決済、ビットコイン決済等でアイテムを購入することができます。

aima


PCブラウザ向けゲームポータルサイト。2010年にポータルサイトやネットカフェ、PCショップなどを運営する国内10社が集まって設立しました。

壁紙.com


PC、スマートフォン及びタブレット等様々なデバイスに向けた壁紙を提供しています。

teacup.


インターネットコミュニティサービス黎明期の1997年に運営を開始し、当時からのユーザーであるシニア世代を中心にご利用頂いている掲示板サービスです。

プリキャン


10代女性を中心に、かわいいイラストや画像を中心に、お互いの興味関心に関する発信と共感を交換する場としてご利用頂いているコミュニティサービスになります。

プリ小説


新感覚の会話で楽しむスタイルのチャット型小説サービスです。恋愛、ファンタジー、ミステリーなど様々なジャンルの小説/夢小説が読めます。

コエテコ


小学生向けのプログラミングスクールの掲載数業界No.1のポータルサイト。近くのプログラミングスクールの検索から、プログラミング教育に役立つ情報までを掲載しています。

くまポン


「ビューティー」「健康・医療」など幅広いカテゴリに関してお得なクーポンを取り扱うクーポンサイトになります。

キレイパス


美容医療のチケット購入サイト。分かりやすい検索機能により、豊富な美容医療の情報から自分にぴったりな施術を見つけて、安心でスムーズな美容医療を体験できます。

 

 

 

2 事業の内容

(1) メディア事業

ア ECメディア

当社はクライアントとユーザーの間に位置し、広告クライアントからASP(※1)経由でサービスに掲載された広告に対して、登録会員が申込みや購入等の一定の行動を取ることによって発生した広告収益等と、その広告収益の一部を登録会員にポイント還元した費用との差分が、当社の主な収入となります。

 


(※1) ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)

アフィリエイト広告(「掲載」に対する費用ではなく、商品購入や資料請求等の「最終成果」の発生件数に応じて費用を発生させる広告)において、広告出稿を希望する広告主と広告掲載を希望する媒体との間で発生するデータや報酬のやりとりを仲介する事業者

 

 

イ ソーシャルメディア

運営する掲示板、小説や画像共有などのコミュニティサービスに掲載されたアドネットワーク広告(※2)に対して、閲覧者が表示やクリック等を行うことで広告収益を得ております。

 


 

(※2) アドネットワーク広告

広告媒体のWebサイトを多数集めて「広告配信ネットワーク」を形成し、その多数のWebサイト上で広告を配信するタイプの広告配信手法であり、様々なWebサイトやソーシャルメディアを「ひとつの媒体」とした広告出稿が可能になるため、広告主にとってより多くの広告閲覧数が見込めるようになります。

 

 

(2) その他メディア支援事業

アフィリエイト広告を自社媒体に掲載する事によって蓄積させてきた、マネタイズのノウハウや広告主とのネットワーク、広告管理システムを活用して、社外メディアの収益化をお手伝いしております。

※画像は省略されています

GMOメディアの平均年収は552万円

GMOメディアの平均年収は552万円です。 去年の全国平均年収430万円より28.3%高いです。 過去のデータを見ると495万円(最低)から552万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、GMOメディアの生涯収入はおよそ2.04億円と推定されます。
平均年収
2014 499万円
2015 495万円
2016 499万円
2017 510万円
2018 530万円
2019 534万円
2020 552万円

GMOメディアの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではGMOメディアは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではGMOメディアは2672位(全4544社)で、年収偏差値は55.1でした。
GMOメディアの年収ヒストグラム

GMOメディアの年齢別年収

GMOメディアの20代の想定平均年収は409万円、30代の想定平均年収は557万円でした。 GMOメディアの初任給はおよそ26万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 343万円 26万円
25-29歳 475万円 37万円
30-34歳 539万円 41万円
35-39歳 575万円 44万円
40-44歳 611万円 47万円
45-49歳 644万円 50万円
50-54歳 679万円 52万円
55-59歳 667万円 51万円
60-64歳 534万円 41万円
GMOメディアの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


GMOメディアの賞与・ボーナス

GMOメディアの年間賞与額は74万円程度と推定されます。 なお、GMOメディア社は有価証券報告書に賞与引当金の記載が無いため、 類似企業や年収マスターが保持しているデータから推測した値となります。
平均賞与額
2014 67万円
2015 66万円
2016 67万円
2017 68万円
2018 71万円
2019 71万円
2020 74万円


GMOメディアの業種・地域

GMOメディアの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは1792位(全2736社)でした。
GMOメディアの年収ヒストグラム(関東地方内)
GMOメディアは、業種カテゴリとしては インターネット業, メディア業に属します。 インターネット業内での年収ランキングは 92位(全186社) 、 メディア業内での年収ランキングは 54位(全73社) でした。

インターネット業内での年収ランキング
GMOメディアの年収ヒストグラム(インターネット業内)
メディア業内での年収ランキング
GMOメディアの年収ヒストグラム(メディア業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

GMOメディアの従業員数は106人

GMOメディアの従業員数は106人でした。
従業員数
2014 121人
2015 120人
2016 128人
2017 114人
2018 113人
2019 109人
2020 106人
GMOメディアの従業員数

GMOメディアの売上、純利益

GMOメディアの最新の売上高は38.0億円(売上ランキング3404位)でした。 従業員一人当たりの売上高は3589万円(一人当たり売上ランキング2764位)です。
GMOメディアの売上高
GMOメディアの最新の純利益は-4.40億円(純利益ランキング3957位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約-415万円(一人当たり純利益ランキング4060位)です。
GMOメディアの純利益

GMOメディアに転職するには?

GMOメディアに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

GMOメディアの歴史

GMOメディアの歴史について年表形式でご紹介します。
2000年10月イスラエルで開発されたPC画面に広告を配信する技術を利用した広告ネットワークを世界に展開するiWeb.com Ltd.(米国 ニューヨーク州)が、同事業を日本で展開するために、アイウェブ・テクノロジー・ジャパン株式会社(現当社)を設立
2006年6月女子大学生向け日記サービス「プリキャン革命」(現「プリキャン」)を開始
2012年7月HTML5ゲームプラットフォーム「ゲソてん」を開始
2015年10月東京証券取引所マザーズ市場に上場
2016年7月カジュアルゲームプラットフォーム「かんたんゲームボックス」を開始
2017年10月チャット型小説サービス「プリ小説」を開始
2017年11月プログラミング教育ポータルサービス「コエテコ」を開始

GMOメディアの子会社

GMOメディアの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
GMOインターネット株式会社 インターネット
総合事業
GMOくまポン株式会社 インターネット
関連事業

GMOメディアの類似企業

GMOメディアを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
アドウェイズ 590万円 558人
Gunosy 600万円 149人
イーエムネットジャパン 456万円 96人
アイモバイル 556万円 215人
ファンコミュニケーションズ 452万円 400人
Orchestra Holdings 603万円 14人
INCLUSIVE 474万円 54人
ログリー 481万円 59人
ZUU 578万円 98人
ジーニー 625万円 224人

GMOメディアと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
ディーエムエス 569万円
博展 558万円
USEN−NEXT HOLDINGS 604万円
メディアドゥ 601万円
スクロール 530万円
ビーグリー 555万円
エキサイト 584万円
ストライダーズ 533万円
サン・ライフホールディング 498万円
アートスパークHD 506万円

GMOメディアと売上高が近い企業

企業名 売上高
ポエック 38.2億円
ログリー 39.6億円
クリエイト・レストランツ・HD 35.3億円
カービュー 38.4億円
バリュエンスHD 36.7億円
日本和装HD 39.4億円
インテージHD 37.8億円
フレアス 35.1億円
マリオン 37.7億円
ウォンテッドリー 35.7億円