年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

ニッセンホールディングスの平均年収

2022年08月28日 17:19

ニッセンホールディングスとは

ニッセンホールディングスとは、消費者金融・リース業, インターネット業を営む京都府の企業です。
企業名 ニッセンホールディングス
本社所在地 京都市南区西九条院町26番地
売上高 57.1億円
社員数 55人
平均年収 603万円
推定初任給 26万円
年収偏差値 57.4
平均年齢 44.1歳
平均勤続年数 15.7年

有価証券報告書によるとニッセンホールディングスの事業内容は次の通りです。

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、親会社2社、当社子会社20社及び関連会社1社で構成されており、コマース事業、ファイナンス事業、その他事業を行っております。

 事業の内容と当社及び関係会社の当該事業における位置付けは次のとおりであります。

 なお、これらの事業は連結財務諸表の注記事項に記載のセグメント情報の区分と同一であります。

 

コマース事業

当事業においては、カタログ媒体やオンラインショップを通じ、主に衣料品・生活関連用品の通信販売事業及び店舗や各種メディア(カタログ、インターネット、モバイル等)を組み合わせた「有店舗メディアミックス型ビジネスモデル」によるギフト用品の販売、卸売等を行っております。

(主な関係会社)

株式会社ニッセン、シャディ株式会社、株式会社エニシル、スリーハート・コーポレーション株式会社、株式会社暮らしのデザイン、株式会社nビューティサイエンス

 

ファイナンス事業

当事業においては、生命保険の募集に関する業務及び損害保険代理業、クレジットカード事業及び金銭貸付事業等を行っております。

(主な関係会社)

株式会社ニッセンライフ、ニッセン・ジー・イー・クレジット株式会社

 

その他事業

当事業においては、店舗販売を中心とした対面販売による現物販売事業等を行っております。

(主な関係会社)

株式会社オリエンタルダイヤモンド、株式会社トレセンテ

 

なお、当社は特定上場会社等であります。特定上場会社等に該当することにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断することになります。

 

事業系統図は、次のとおりであります。

 


 

(注) 上記のほか、非連結子会社かつ持分法非適用会社11社があります。

※画像は省略されています

ニッセンホールディングスの平均年収は603万円

ニッセンホールディングスの平均年収は603万円です。 去年の全国平均年収430万円より40.2%高いです。 過去のデータを見ると565万円(最低)から603万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、ニッセンホールディングスの生涯収入はおよそ2.23億円と推定されます。
平均年収
2013 565万円
2014 603万円

ニッセンホールディングスの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではニッセンホールディングスは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではニッセンホールディングスは2185位(全4662社)で、年収偏差値は57.4でした。
ニッセンホールディングスの年収ヒストグラム

ニッセンホールディングスの年齢別年収

ニッセンホールディングスの20代の想定平均年収は421万円、30代の想定平均年収は609万円でした。 ニッセンホールディングスの初任給はおよそ26万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 338万円 26万円
25-29歳 505万円 39万円
30-34歳 587万円 45万円
35-39歳 632万円 49万円
40-44歳 678万円 52万円
45-49歳 720万円 55万円
50-54歳 764万円 59万円
55-59歳 749万円 58万円
60-64歳 580万円 45万円
ニッセンホールディングスの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


ニッセンホールディングスの賞与・ボーナス

ニッセンホールディングスの年間賞与額は80万円程度と推定されます。 なお、ニッセンホールディングス社は有価証券報告書に賞与引当金の記載が無いため、 類似企業や年収マスターが保持しているデータから推測した値となります。
平均賞与額
2013 75万円
2014 80万円


ニッセンホールディングスの業種・地域

ニッセンホールディングスの本社所在地は京都府です。京都府を含む近畿地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 近畿地方内での年収ランキングは353位(全760社)でした。
※こちらは、実際の企業数とは大きく異なる点に注意してください。多くの企業が本社所在地を東京にしているため、それ以外の地域では企業数が少なくなります。
ニッセンホールディングスの年収ヒストグラム(近畿地方内)
ニッセンホールディングスは、業種カテゴリとしては 消費者金融・リース業, インターネット業に属します。 消費者金融・リース業内での年収ランキングは 21位(全35社) 、 インターネット業内での年収ランキングは 72位(全206社) でした。

消費者金融・リース業内での年収ランキング
ニッセンホールディングスの年収ヒストグラム(消費者金融・リース業内)
インターネット業内での年収ランキング
ニッセンホールディングスの年収ヒストグラム(インターネット業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

ニッセンホールディングスの従業員数は55人

ニッセンホールディングスの従業員数は55人でした。
従業員数
2013 80人
2014 55人
ニッセンホールディングスの従業員数

ニッセンホールディングスの売上、純利益

ニッセンホールディングスの最新の売上高は57.1億円(売上ランキング3155位)でした。 従業員一人当たりの売上高は1.04億円(一人当たり売上ランキング966位)です。
ニッセンホールディングスの売上高
ニッセンホールディングスの最新の純利益は-133億円(純利益ランキング4628位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約-2.41億円(一人当たり純利益ランキング4646位)です。
ニッセンホールディングスの純利益

ニッセンホールディングスに転職するには?

ニッセンホールディングスに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

ニッセンホールディングスの歴史

ニッセンホールディングスの歴史について年表形式でご紹介します。
昭和45年4月株式会社日本捺染の商事部を分離し、株式会社日本染芸を資本金200万円で設立。本社及び秋田営業所でカタログによる呉服の販売を開始。
昭和55年12月株式会社日本捺染の資産・負債を継承するため同社を吸収合併。同日付で同社の事業を継続するため、新たに100%出資子会社の株式会社日本捺染を設立。また、当社では事業部制を導入。カタログによる販売部門を通販事業部として48カタログセンターに、現物による販売部門を現販事業部として67現販店に分離して運営。
昭和63年10月大阪証券取引所市場第二部に株式上場。
平成12年10月当社とGEキャピタル)が50%ずつの出資比率でニッセン・ジー・イー・クレジット株式会社を設立し、当社のクレジットサービス部門を営業譲渡。
平成14年12月大阪証券取引所市場第一部に株式上場。
平成15年7月東京証券取引所市場第一部に株式上場。
平成15年10月中国上海市に提携先企業への商品の供給を目的とする100%出資子会社、日泉国際貿易有限公司を設立。
平成16年5月中国天津市に現地生産商品の検品を目的とする100%出資子会社、天津日泉国際貿易有限公司を設立。
平成16年7月中国上海市に現地生産商品の検品を目的とする100%出資子会社、上海日泉服飾検整有限公司を設立。
平成19年12月生命保険の募集業務及び損害保険代理業を行うnインシュアランスサービス株式会社を設立。
平成20年3月障害者雇用と支援のための株式会社u&nを設立。
平成20年3月中国広東省東莞市に現地生産商品の検品を目的とする100%出資子会社、東莞日専服飾検整有限公司を設立。
平成20年6月株式会社ニッセンより会社分割し、現販事業部門を主体とした株式会社ニッセンプレミアムを設立。
平成23年11月中国香港に海外グループ会社の管理・海外通販事業の企画運営及びマーケティング業務を目的とする100%出資子会社、香港日泉有限公司を設立。

ニッセンホールディングスの子会社

ニッセンホールディングスの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
株式会社セブン&アイ・ホールディングス 純粋持株会社
株式会社セブン&アイ・ネットメディア IT関連事業
株式会社ニッセン コマース事業
シャディ株式会社 コマース事業
株式会社エニシル コマース事業
スリーハート・コーポレーション株式会社 コマース事業
株式会社暮らしのデザイン コマース事業
株式会社nビューティサイエンス コマース事業
株式会社ニッセンライフ ファイナンス事業
株式会社オリエンタルダイヤモンド その他事業
株式会社トレセンテ その他事業
ニッセン・ジー・イー・クレジット株式会社 ファイナンス事業

ニッセンホールディングスの類似企業

ニッセンホールディングスを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
日貿信 553万円 10人
アコム 630万円 2111人
MAGねっとHD 550万円 1人
ジャックス 606万円 2747人
アイフル 560万円 1010人
クレディセゾン 519万円 4084人
ホンダファイナンス 737万円 456人
日産フィナンシャルサービス 657万円 716人
三菱UFJニコス 704万円 3331人
アプラスフィナンシャル 542万円 3人

ニッセンホールディングスと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
ポケットカード 587万円
シルバーエッグ・テクノロジー 679万円
アイドマ・HD 555万円
UCS 656万円
ジャックス 606万円
アララ 618万円
セレス 606万円
マクロミル 547万円
ALiNKインターネット 544万円
オリエントコーポレーション 595万円

ニッセンホールディングスと売上高が近い企業

企業名 売上高
ほぼ日 56.4億円
FRONTEO 56.7億円
杉村倉庫 59.5億円
プラスアルファ・コンサルティング 61.2億円
岡野バルブ製造 58.1億円
サンマルクHD 58.8億円
GMOメディア 60.9億円
四国放送 57.2億円
ピープル 54.8億円
JKHD 59.4億円