年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

ほぼ日の平均年収

2021年07月21日 17:07

ほぼ日とは

ほぼ日とは、インターネット業を営む東京都の上場企業です。
企業名 ほぼ日
本社所在地 千代田区神田錦町三丁目18番地
売上高 53.1億円
社員数 105人
平均年収 647万円
推定初任給 29万円
年収偏差値 57.8
平均年齢 39.6歳
平均勤続年数 6.0年

有価証券報告書によるとほぼ日の事業内容は次の通りです。

当社グループは、当社(株式会社ほぼ日)及び関連会社1社(株式会社エイプ)(注)により構成されています。当社は、「やさしく、つよく、おもしろく。」を行動指針とし、「場」をつくり、「いい時間」を提供するコンテンツを企画、編集、制作、販売しています。

「場」では、コンテンツの作り手と受け取り手が出会います。当社が目指す「場」では、作り手だけでなく、コンテンツの受け取り手も前向きな姿勢で参加します。また、「場」に参加する者の役割は必ずしも固定されていません。作る者が、場にある別のコンテンツを楽しむ者にもなる。買い手が、次の機会には作るほうに回ることもある。作り手と受け取り手の、互いの関係がフラットで、役割が固定されすぎず、互いにリスペクトしあう能動的な当事者である。そのような「場」をつくる会社であろうとしています。

 

<当社がつくる様々な場>
 

場の紹介

ほぼ日刊イトイ新聞

1998年から1日も休まずに続いているウェブサイト。有名無名を問わず、あらゆる人の興味をコンテンツにして共有し合う場です。

ほぼ日手帳

ほぼ日がプロデュースし、世界にファンが広がっている手帳です。つかう人のLIFEが刻まれ、世界に1冊しかない小さな物語が生まれる場です。

ほぼ日ストア

ほぼ日がつくるさまざまな商品を販売しています。ほしいものが形になる場であり、ものを通じてひとびとの価値観が混ざり合う場です。

ほぼ日のアースボール

軽くて持ち運べてスマホをかざせばさまざまな情報にアクセスできる新しい地球儀です。言語を超えて、直感的に地球のことが理解できる場です。

TOBICHI

ほぼ日の運営するリアル店舗です。ウェブサイトや商品を通じて共感し合った人が、現実の場で、実際に、見て、触って、出合う場です。

ドコノコ

犬や猫とのつながりを深めるSNSです。思い出の記録であり、機能的なサービスであり、犬と猫を主役にしたコミュニケーションの場です。

ほぼ日カルチャん

展覧会、映画、演劇、音楽など東京でひらかれる催しものの中から、いまのおすすめをご紹介する「文化の案内所」です。

ほぼ日曜日

展覧会やライブ、買い物と、さまざまなことが起こっていくイベントスペースです。

生活のたのしみ展

大量生産品ともアートとも違う、よいものを集めて販売するイベント・フェスです。つくった人と買う人がお買い物を中心に、つながる場です。

ほぼ日の学校

シェイクスピアや万葉集といった古典に、新しい感性で向き合い、学び直す場です。既成概念にとらわれない、魅力的な講師たちが集います。

 

 

(注)株式会社エイプは、関連会社で、ゲーム等のコンテンツに係る知的財産権の管理を主な業務としています。「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)第10条第2項に照らし判断した結果、重要性が乏しいと判断したため、株式会社エイプは持分法非適用の関連会社としています。

 

 

<コンテンツを生み出すプロセス>

 

 


 

 

円環の内側

[集合]

[動機]

[実行]

当社発信のコンテンツに顧客が集まります。

社内で、顧客の反応等から、生活者が暗黙のうちに感じている「あったらいいな」という気持ちを考察し、共有します。企画担当者は、自らが「作りたい」と発する動機と、「集合」から得た考察を対照させながら企画を掘り下げます。

企画を編集・制作するプロセスです。「集合」の様子や「動機」の掘り下げと常に同期しながら、臨機応変に進みます。

 

円環の外側

[社会]「集合」「動機」「実行」が「社会」に対して開いているのは、独りよがりな内輪受けにならず、社会を意識し、社会に対してオープンでありたいからです。

 

 

当社では、当社の独自性を生むカギとなるプロセスを模式化し、「クリエイティビティの3つの輪」と呼んでいます。「社会」が円環で示され、その内側が当社の活動です。

「クリエイティビティの3つの輪」で示したプロセスでコンテンツを企画、制作してきた結果として、生活者の気持ちに関する考察が蓄積され、当社の独自性を形作っていると考えます。

※画像は省略されています

ほぼ日の平均年収は647万円

ほぼ日の平均年収は647万円です。 去年の全国平均年収436万円より48.4%高いです。 過去のデータを見ると647万円(最低)から712万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、ほぼ日の生涯収入はおよそ2.39億円と推定されます。
平均年収
2015 680万円
2016 658万円
2017 688万円
2018 712万円
2019 647万円

ほぼ日の平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではほぼ日は赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではほぼ日は1499位(全4524社)で、年収偏差値は57.8でした。
ほぼ日の年収ヒストグラム

ほぼ日の年齢別年収

ほぼ日の20代の想定平均年収は461万円、30代の想定平均年収は644万円でした。 ほぼ日の初任給はおよそ29万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 379万円 29万円
25-29歳 543万円 42万円
30-34歳 622万円 48万円
35-39歳 666万円 51万円
40-44歳 710万円 55万円
45-49歳 752万円 58万円
50-54歳 794万円 61万円
55-59歳 780万円 60万円
60-64歳 615万円 47万円
ほぼ日の年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


ほぼ日の賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、ほぼ日の 平均年間賞与額は83万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2015 24万円
2016 86万円
2017 92万円
2018 95万円
2019 83万円


ほぼ日の業種・地域

ほぼ日の本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは1061位(全2723社)でした。
ほぼ日の年収ヒストグラム(関東地方内)
ほぼ日は、業種カテゴリとしては インターネット業に属します。 インターネット業内での年収ランキングは 33位(全183社) でした。

インターネット業内での年収ランキング
ほぼ日の年収ヒストグラム(インターネット業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

ほぼ日の従業員数は105人

ほぼ日の従業員数は105人でした。
従業員数
2015 66人
2016 74人
2017 75人
2018 85人
2019 105人
ほぼ日の従業員数

ほぼ日の売上、純利益

ほぼ日の最新の売上高は53.1億円(売上ランキング3136位)でした。 従業員一人当たりの売上高は5056万円(一人当たり売上ランキング2083位)です。
ほぼ日の売上高
ほぼ日の最新の純利益は1.52億円(純利益ランキング3011位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約145万円(一人当たり純利益ランキング2546位)です。
ほぼ日の純利益

ほぼ日に転職するには?

ほぼ日に転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

ほぼ日の歴史

ほぼ日の歴史について年表形式でご紹介します。
1979年12月糸井重里の個人事務所として、有限会社東京糸井重里事務所 設立
1998年6月ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」開設
1999年11月インターネット通販開始
2001年10月『ほぼ日手帳』販売開始
2003年10月卸販売開始
2003年12月出版事業開始
2004年9月株式会社ロフトにて『ほぼ日手帳』を販売開始
2011年11月「気仙沼のほぼ日」開設
2013年6月「株式会社気仙沼ニッティング」会社設立
2014年8月店舗兼イベントスペース「TOBICHI」開設
2015年2月店舗兼イベントスペース「TOBICHI②」開設
2016年6月犬や猫の写真SNSアプリ「ドコノコ」配信開始
2017年3月東京証券取引所JASDAQ市場に株式を上場
2017年6月店舗兼イベントスペース「TOBICHI京都」開設
2019年11月渋谷PARCO内に「ほぼ日カルチャん」「ほぼ日曜日」開設

ほぼ日の類似企業

ほぼ日を見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
ボルテージ 478万円 207人
日本テレビHD 1385万円 198人
INCLUSIVE 474万円 54人
メディア工房 436万円 92人
エムアップHD 451万円 64人
アイフリークモバイル 296万円 370人
テレビ朝日HD 1280万円 79人
インプレスHD 897万円 14人
アエリア 700万円 12人
フェイス 613万円 104人

ほぼ日と平均年収が近い企業

企業名 平均年収
イード 570万円
ウェザーニューズ 583万円
電気興業 575万円
Gunosy 600万円
ミンカブ・ジ・インフォノイド 587万円
カヤック 578万円
ストリーム 620万円
gooddaysHD 619万円
ホットリンク 626万円
LIFULL 611万円

ほぼ日と売上高が近い企業

企業名 売上高
ヨシタケ 53.8億円
イーサポートリンク 51.6億円
日本ライトン 52.1億円
フューチャー 53.9億円
ニーズウェル 53.6億円
トラスト 50.2億円
ジャパンエレベーターサービスHD 53.7億円
サニーサイドアップ 55.3億円
ベルグアース 51.5億円
研創 51.2億円