年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

エムアップホールディングスの平均年収

2021年10月18日 23:17

エムアップホールディングスとは

エムアップホールディングスとは、携帯電話・通信業を営む東京都の上場企業です。
企業名 エムアップホールディングス
本社所在地 渋谷区渋谷三丁目12番18号
売上高 14.5億円
社員数 64人
平均年収 451万円
推定初任給 22万円
年収偏差値 49.4
平均年齢 32.9歳
平均勤続年数 5.0年

有価証券報告書によるとエムアップホールディングスの事業内容は次の通りです。

(1)事業の概要

当社グループは、「日本のエンタテインメント市場の活性化」及び「新たなエンタテインメントビジネスの流通・販売形態の創造」を経営理念とし、コンテンツホルダーから利用者に至るまでのエンタテインメントビジネスに関わる全ての方々に対して、最適なコンテンツと、その流通のためのシステムを提供することを経営方針としております。

それらの経営理念、方針を実現するため、当社グループの事業は、スマートフォンやPC向けの有料コンテンツの提供及びスマートフォン向けアプリ配信ならびに、スマートフォンなどの携帯端末並びにPC端末の利用者に対し、インターネットを通じて主にアーティストグッズ及びCD等パッケージ商品の販売を行うECを「コンテンツ事業」、スマートフォン向けに電子チケット及びトレードサービス並びにそれに付随する各種サービスを提供する「電子チケット事業」、及び主に新規事業からなる「その他事業」の3つの事業で構成されております。

 

 当社グループ事業における主な特徴は以下の通りです。

① 企画力主導のコンテンツ及びサイトの運営

 当社グループでは、技術主導でのサイト運営を行うのではなく、レコード会社をはじめとする音楽業界等のコンテンツホルダー出身者が、利用者にとって、より魅力的なコンテンツ、商品を提供することに主眼を置き、サイト運営を行っております。また、これまでのコンテンツ制作に携わってきた経験に基づき、今後の流行の兆しをいち早く察知し、流行前にコンテンツ獲得することにより、様々なコンテンツを取り揃えることに注力し、かつコンテンツ獲得費用の抑制を図っております。

② 幅広いコンテンツ分野での事業展開

 当社グループは、事業を展開するコンテンツ分野を絞り込むのではなく、複数のコンテンツ分野においてサイトやサービスを展開しております。各コンテンツ分野に、様々なサイトやサービスを複合的に展開してきたノウハウを生かし、サイト間での相互リンクやコンテンツ・サービスの相互提供などにより、当社グループのサービス利用者の回遊性を高め、収益機会の増大を図っております。また、複数のコンテンツ分野に対応していることは、コンテンツホルダーよりコンテンツを獲得する際の強みであるとも考えております。

 具体的な例といたしましては、当社グループの運営する着うたサイトにおいて楽曲を取り扱うアーティストについて、当該アーティストのファンクラブサイトも運営することにより、利用者に対してファンクラブサイトを通じたアーティストグッズの購入やコンサートチケットの先行予約等のサービスも提供しております。このようにアーティストとサイト利用者であるファンの距離を縮め、ファンが一つのコンテンツ分野に限定されず、当社グループの運営する各サイト内で複数のコンテンツサービスが利用できる機会を提供しております。その他の事業においても同様に、コンテンツホルダーと利用者の関係性を重視し、両者をより密接に繋げることを事業の展開方針としております。

③ 集客力の高いアーティスト等の獲得

当社グループは、安定的に高い集客が見込まれるアーティスト、タレント等を取り扱うことにより、新規会員の獲得を進めております。また、1つのアーティストを軸として、様々な活動のサポートを行うことを事業方針としていることから、集客力だけではなく、アーティストやタレント等の芸術活動の多様性にも着目し、コンテンツホルダーの獲得活動を行っております。それにより、サービスやシステムの陳腐化に伴う会員数の減少を極力抑え、息の長いサイト運営に注力しております。

④ コンテンツホルダーとのネットワーク

当社グループにはレコード会社等のコンテンツホルダー出身者が多く在籍しており、コンテンツホルダーへの収益還元や、コンテンツホルダーとそのファンとの懸け橋となることで、良好で強固な関係を構築しております。そうした関係が、新規コンテンツ獲得の強みとなっており、またチケット事業のトレードサービスなどの実現にも繋がっております。

 

 また、当社グループの報告別セグメントは次のとおりであります。

(ア)コンテンツ事業

コンテンツ事業は、スマートフォンやPC向けに、有料コンテンツの提供やアプリの配信を行う事業であり、従来からのセグメントでは、携帯コンテンツ配信事業、PCコンテンツ配信事業及びアプリ事業が含まれます。提供するコンテンツやサービスは、その種類に応じて、「音楽」「エンタテインメント」及び「ファンクラブ」、また、それらのコンテンツから顧客を誘導するEC事業の4つに大別されます。

(ⅰ)コンテンツ事業に係るファンクラブ・ファンサイト事業

有料コンテンツは、主に株式会社NTTドコモ(提供する携帯電話端末向けサービスの総称:NTT docomo、以下、各社同様)、KDDI株式会社(au)及びソフトバンクモバイル株式会社(SoftBank)などのキャリア各社の公式サイトやサービスやスマートフォン向けアプリを通じて、利用者に提供され、その利用料の一部が当社の収益となります。

システム開発を伴うサイトやアプリを提供する場合には、多額のシステム開発費用が発生する場合がありますが、当社グループではサイトやアプリの提供開始以後に発生する収益を、あらかじめ定めた料率で分配する方式を採用することによって、サービス開発時点におけるシステム業者に対する開発費を抑制しております。これは、サービス開発に伴うリスクを最小限に抑えるとともに、その時々に最適なシステムを提供しているシステム業者を、利用者の視点をもって選択し、利用者に対して最適なシステムを提供しサイト収益の最大化を図ることや、日進月歩の技術に対して機動的に対応することを目的としております。また、サイトやアプリからの収益をシステム業者に対して分配することにより、システム業者の最大限の技術を受けられると考えております。

 なお、当事業においては、当社グループが保有・管理するコンテンツの同業他社への有償提供なども行っております。

  (ⅱ)コンテンツ事業にかかるEC事業

EC事業は、スマートフォン及びPC端末の利用者に対し、インターネットを通じてCD/DVD等のパッケージ商品やアーティストグッズ等の販売を行う事業であります。

当事業の特徴といたしましては、当社グループが運営するファンクラブサイトの会員であるコアなファン層をターゲットとしたパッケージ商品及びグッズの販売を行っている点や、大手アーティストからインディーズ流通のアーティストまで対応し、パッケージ商品をeコマースによってファンへ直接販売するという新たな流通経路を開拓している点であります。また、アーティストグッズ等も取り扱うことから、パッケージ商品の販売に際しては、オリジナル特典を付与することができ、販売の促進を図れる点も当事業の特徴であると考えております。

加えて、アーティスト等のファンクラブでしか入手できないオリジナルグッズに対するファン層からの需要や、パッケージ商品の発売日に商品を入手したいというファン心理、収益の多様化を図るべく物販の強化に注力するプロダクション等のニーズがあると考え、そのそれぞれを汲み取りアーティストのeコマースサイトを開設しており、ファンクラブサイトを通じたコンテンツ配信だけではなく、パッケージ商品やグッズの販売までを行っている点が当事業における当社グループの強みであると考えております。

EC事業では、アーティスト関連商品のほか、人気アニメーションの公式eコマースサイトの運営管理も行っております。

販売の形態は、アーティストの事務所等からの委託による販売が中心です。委託による販売は当社グループの受け取る手数料のみが売上高として計上されます。

(イ)電子チケット事業

電子チケット事業は、アーティストのライブやコンサート、プロ野球やフィギュアスケートといったスポーツイベント、レジャー施設等で使用するチケットを、スマートフォンを利用した電子チケットの形式で提供する事業であり、電子チケットのサービス利用料が当社の収益となります。また、当事業では電子チケットの提供だけではなく、権利者に許諾を受けたチケットのトレード機能も提供していることが大きな特徴であり強みでもあります。

加えて、例えばプロ野球選手のカードコレクションアプリなど、電子チケットに付随するサービスも提供し、収益を計上しております。

(ウ)その他事業

その他事業には、上記3つのセグメントに含まれない事業によって構成され、主に新規事業がこれに該当いたします。

※画像は省略されています

エムアップホールディングスの平均年収は451万円

エムアップホールディングスの平均年収は451万円です。 去年の全国平均年収430万円より5.0%高いです。 過去のデータを見ると403万円(最低)から458万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、エムアップホールディングスの生涯収入はおよそ1.67億円と推定されます。
平均年収
2013 419万円
2014 413万円
2015 403万円
2016 424万円
2017 457万円
2018 458万円
2019 451万円

エムアップホールディングスの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではエムアップホールディングスは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではエムアップホールディングスは3817位(全4536社)で、年収偏差値は49.4でした。
エムアップホールディングスの年収ヒストグラム

エムアップホールディングスの年齢別年収

エムアップホールディングスの20代の想定平均年収は334万円、30代の想定平均年収は456万円でした。 エムアップホールディングスの初任給はおよそ22万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 280万円 22万円
25-29歳 388万円 30万円
30-34歳 441万円 34万円
35-39歳 470万円 36万円
40-44歳 500万円 38万円
45-49歳 527万円 41万円
50-54歳 555万円 43万円
55-59歳 546万円 42万円
60-64歳 437万円 34万円
エムアップホールディングスの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


エムアップホールディングスの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、エムアップホールディングスの 平均年間賞与額は31万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2013 32万円
2014 50万円
2015 51万円
2016 22万円
2017 22万円
2018 22万円
2019 31万円


エムアップホールディングスの業種・地域

エムアップホールディングスの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは2395位(全2729社)でした。
エムアップホールディングスの年収ヒストグラム(関東地方内)
エムアップホールディングスは、業種カテゴリとしては 携帯電話・通信業に属します。 携帯電話・通信業内での年収ランキングは 28位(全31社) でした。

携帯電話・通信業内での年収ランキング
エムアップホールディングスの年収ヒストグラム(携帯電話・通信業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

エムアップホールディングスの従業員数は64人

エムアップホールディングスの従業員数は64人でした。
従業員数
2013 80人
2014 78人
2015 61人
2016 64人
2017 64人
2018 64人
2019 64人
エムアップホールディングスの従業員数

エムアップホールディングスの売上、純利益

エムアップホールディングスの最新の売上高は14.5億円(売上ランキング3960位)でした。 従業員一人当たりの売上高は2261万円(一人当たり売上ランキング3598位)です。
エムアップホールディングスの売上高
エムアップホールディングスの最新の純利益は6.73億円(純利益ランキング2085位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約1051万円(一人当たり純利益ランキング693位)です。
エムアップホールディングスの純利益

エムアップホールディングスに転職するには?

エムアップホールディングスに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

エムアップホールディングスの歴史

エムアップホールディングスの歴史について年表形式でご紹介します。
2004年12月 携帯電話端末及びPC端末向けの有料コンテンツの提供及び通信販売を主事業とする目的で、東京都渋谷区神宮前に株式会社エムアップを設立
2005年10月 eコマース事業において、アパレル商品のセレクトショップである「ROYAL Roc」を開設
2006年10月 携帯コンテンツ配信事業において、自社がコンテンツプロバイダーとなる携帯電話キャリア公式サイトとして、メロディコールを提供する「アーティスト公式コール」を開設
2007年2月 「ROYAL Roc」の携帯電話キャリア公式サイトを開設し、携帯電話端末を通じたeコマース事業を開始
2007年7月 「アーティスト公式デコメ」をキャリア公式サイトとして開設し、音楽以外のコンテンツ分野へ進出
2008年9月 「GLAY MOBILE」をキャリア公式サイトとして開設。携帯コンテンツ事業において、ファンクラブサイトの運営を開始
2011年8月 eコマース事業において、GLAYオフィシャルストアG-DIRECTを開設し、CD、DVD及びブルーレイといった音楽映像商品の直販事業を本格的に開始
2012年3月 東京証券取引所マザーズ市場へ上場

エムアップホールディングスの子会社

エムアップホールディングスの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
㈱THE STAR JAPAN 韓流ファンクラブサイトの運営
㈱FREE ファンクラブサイトの運営
㈱Roen Japan 越境ECによるメーカーとの仲介業務及び企画、営業、制作
㈱WEARE WEBデザイン・イラスト制作、スマートフォン向けゲーム配信、 アプリ制作および運営、VR・AR製作事業
㈱VRMODE VR企画・制作、営業
㈱KAKUZO WEBデザイン・イラスト制作
㈱Fanplus スマートフォン・携帯向けアーティストファンサイトの企画・開発・運営 ファンクラブの企画・開発・運営
㈱Tixplus 電子チケット、チケットトレード及びその付随サービス
㈱Creative Plus スマートフォンなどの携帯端末及びPC端末向けの有料コンテンツの提供を行うコンテンツ事業

エムアップホールディングスの類似企業

エムアップホールディングスを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
アエリア 700万円 12人
ボルテージ 508万円 211人
フェイス 613万円 104人
アイフリークモバイル 296万円 370人
ストリームメディアコーポレーション 489万円 97人
スペースシャワーネットワーク 624万円 170人
アミューズ 783万円 334人
エムティーアイ 606万円 734人
メディア工房 436万円 92人
SKIYAKI 529万円 86人

エムアップホールディングスと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
日本通信 707万円
沖縄セルラー電話 715万円
ベルパーク 460万円
ベネフィットジャパン 423万円
ケイブ 490万円
コネクシオ 466万円
NTTドコモ 870万円
クロップス 394万円
インターネットイニシアティブ(IIJ) 719万円
シイエム・シイ 589万円

エムアップホールディングスと売上高が近い企業

企業名 売上高
ケイブ 13.7億円
アルメディオ 14.5億円
JTC 15.1億円
MRT 12.8億円
テクノホライゾン 12.7億円
トーシンHD 14.9億円
互助会保証 14.3億円
橋本総業HD 13.6億円
イグニス 12.7億円
ENECHANGE 15.1億円