年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

ボルテージの平均年収

2021年10月18日 23:17

ボルテージとは

ボルテージとは、玩具・ゲーム業を営む東京都の上場企業です。
企業名 ボルテージ
本社所在地 渋谷区恵比寿四丁目20番3号恵比寿ガーデンプレイスタワー
売上高 63.6億円
社員数 211人
平均年収 508万円
推定初任給 24万円
年収偏差値 52.6
平均年齢 31.5歳
平均勤続年数 6.0年

有価証券報告書によるとボルテージの事業内容は次の通りです。

当社及び当社子会社(以下「当社グループ」)の事業内容は、モバイルコンテンツの企画・制作・開発・運営を行う「モバイルコンテンツ事業」であり、スマートフォン等のインターネットに接続可能なモバイル端末の利用者を対象としております。

 

当社グループの基本理念は以下の通りです。

 

(1)「アート&ビジネス」の確立で、社会に貢献する

ボルテージの企業理念「アート&ビジネス」の“アート”とは、感動コンテンツを自らの力で産み出していく、という意志を指しており、少しでも多くのユーザーに楽しんで頂けるものを志向しております。その結果「ビジネス」としても成功し、利益を得て、それを次の作品作りにつぎ込むという社会とのダイナミックなやり取りを通じて、成長の循環を作っていきたいと考えております。「連続的にヒットを産み出す」ために、斬新なアイデアが絶え間なく湧き、アイデアを現実化できるような「仕組み」をつくり、また、コンテンツの「独自スタイル」を磨き上げてまいります。

 

(2)「恋愛と戦いのドラマ」の独自スタイルを、世界へ広める

 創業者である代表取締役社長の津谷は、UCLA映画学部への留学中、作り手は、自分の弱みを見据えるべきであり、主人公が求めるものは究極的には「恋愛と戦い」である、という結論に至りました。
 ここで言う「恋愛」とは、男女間の恋愛にとどまらず、人と人が認め合い支え合うことを含んでおり、「戦い」とは、ライバル同士の競い合い、自分の弱さの克服、社会の古い因習への挑戦などを指しております。ユーザーは物語を読み進める中で、主人公に共感し応援したいと感じ、悩んでいるのは自分一人ではないと励まされ、癒されます。
 当社グループでは、そのような物語を作り、ユーザーに体験してもらうことで社会に貢献していきたいと考えております。また、ネット時代にふさわしい内容・形態で、新しいスタイルを作り上げ、世界に広めたいと考えております。

 

(3)「自律成長」する個人、組織になる

 当社グループ及び当社グループの従業員が自律成長するために、まず自らの能力と環境を見極め、ぎりぎり手が届くような範囲でゴールを設定し、そのゴールを達成するための戦略と大まかな計画を立て、躊躇なく実行いたします。その過程で多くの人々と競い合い、協力し合い、仲間となっていくことを、間断なく続けてまいります。

 

 当社グループが運営するモバイルコンテンツの課金モデルは、主に基本プレイが無料でアイテムの利用量に応じ

た従量課金制もしくはストーリー単位の個別課金制であります。

※画像は省略されています

ボルテージの平均年収は508万円

ボルテージの平均年収は508万円です。 去年の全国平均年収430万円より18.1%高いです。 過去のデータを見ると417万円(最低)から508万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、ボルテージの生涯収入はおよそ1.88億円と推定されます。
平均年収
2013 486万円
2014 477万円
2015 469万円
2016 417万円
2017 424万円
2018 438万円
2019 478万円
2020 508万円

ボルテージの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではボルテージは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではボルテージは3198位(全4536社)で、年収偏差値は52.6でした。
ボルテージの年収ヒストグラム

ボルテージの年齢別年収

ボルテージの20代の想定平均年収は376万円、30代の想定平均年収は513万円でした。 ボルテージの初任給はおよそ24万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 315万円 24万円
25-29歳 437万円 34万円
30-34歳 496万円 38万円
35-39歳 529万円 41万円
40-44歳 562万円 43万円
45-49歳 593万円 46万円
50-54歳 625万円 48万円
55-59歳 614万円 47万円
60-64歳 491万円 38万円
ボルテージの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


ボルテージの賞与・ボーナス

ボルテージの年間賞与額は68万円程度と推定されます。 なお、ボルテージ社は有価証券報告書に賞与引当金の記載が無いため、 類似企業や年収マスターが保持しているデータから推測した値となります。
平均賞与額
2013 65万円
2014 64万円
2015 63万円
2016 56万円
2017 57万円
2018 58万円
2019 64万円
2020 68万円


ボルテージの業種・地域

ボルテージの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは2085位(全2729社)でした。
ボルテージの年収ヒストグラム(関東地方内)
ボルテージは、業種カテゴリとしては 玩具・ゲーム業に属します。 玩具・ゲーム業内での年収ランキングは 61位(全89社) でした。

玩具・ゲーム業内での年収ランキング
ボルテージの年収ヒストグラム(玩具・ゲーム業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

ボルテージの従業員数は211人

ボルテージの従業員数は211人でした。
従業員数
2013 300人
2014 361人
2015 363人
2016 364人
2017 301人
2018 227人
2019 207人
2020 211人
ボルテージの従業員数

ボルテージの売上、純利益

ボルテージの最新の売上高は63.6億円(売上ランキング2989位)でした。 従業員一人当たりの売上高は3016万円(一人当たり売上ランキング3100位)です。
ボルテージの売上高
ボルテージの最新の純利益は2.40億円(純利益ランキング2805位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約114万円(一人当たり純利益ランキング2759位)です。
ボルテージの純利益

ボルテージに転職するには?

ボルテージに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

ボルテージの歴史

ボルテージの歴史について年表形式でご紹介します。
1999年9月 神奈川県川崎市高津区に、映画製作・webコンテンツ配信・メディアプランニングツール販売等を目的として、有限会社ボルテージを設立。資本金300万円。
1999年10月 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ「mopera」向けに「Side-K」の配信を開始。
2000年3月 携帯公式サイト事業を開始。
2000年9月 メディアプランニングシステム事業を開始。
2005年5月 モバイル広告事業を開始。
2005年11月 モバイルコマース事業を開始。
2006年12月 携帯公式サイト事業の「恋人ゲーム」シリーズを開始。
2008年3月 パッケージ事業を本格的に開始。
2011年7月 英語版スマートフォンアプリを配信開始。
2012年5月 米国に、子会社「Voltage Entertainment USA, Inc.」を設立。
2013年5月 「サスペンスアプリ」を開始。

ボルテージの子会社

ボルテージの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
(連結子会社) Voltage Entertainment USA, Inc. モバイル コンテンツ事業
(連結子会社) 株式会社ボルテージVR VR・AR・AI技術を用いた モバイル コンテンツ事業
(連結子会社) 株式会社ボルピクチャーズ 映像コンテンツの企画・製作・販売

ボルテージの類似企業

ボルテージを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
メディア工房 436万円 92人
イマジニア 760万円 98人
アエリア 700万円 12人
アイフリークモバイル 296万円 370人
コムシード 479万円 64人
エムアップHD 451万円 64人
テレビ朝日HD 1280万円 79人
ドリコム 681万円 257人
エムティーアイ 606万円 734人
フェイス 613万円 104人

ボルテージと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
デジタルハーツHD 640万円
ファルコHD 714万円
イノベーション 554万円
enish 625万円
セガサミーHD 744万円
SHIFT 568万円
ギークス 481万円
コーエーテクモHD 634万円
coly 430万円
日本一ソフトウェア 414万円

ボルテージと売上高が近い企業

企業名 売上高
小田原エンジニアリング 65.5億円
西日本フィナンシャルHD 62.8億円
旭精工 64.6億円
東北放送 65.1億円
セック 65.3億円
キャリアデザインセンター 64.9億円
NexTone 60.3億円
イサム塗料 65.6億円
大谷工業 60.6億円
岡野バルブ製造 63.0億円