年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

マツキヨココカラ&カンパニーの平均年収

2022年04月12日 17:01

マツキヨココカラ&カンパニーとは

マツキヨココカラ&カンパニーとは、小売業, 医療・製薬業を営む千葉県の上場企業です。
企業名 マツキヨココカラ&カンパニー
本社所在地 松戸市新松戸東9番地1
売上高 3723億円
社員数 526人
平均年収 712万円
推定初任給 31万円
年収偏差値 64.0
平均年齢 45.8歳
平均勤続年数 14.3年

有価証券報告書によるとマツキヨココカラ&カンパニーの事業内容は次の通りです。

 当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社12社、非連結子会社3社及び関連会社2社の計18社により構成されております。ドラッグストア・保険調剤薬局のチェーン店経営を行う小売事業を核に、卸売事業、管理サポート事業を行っております。

当社グループの事業における当社及び関係会社の位置付け及びセグメントの関連は、次のとおりであります。また、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。

なお、当社は特定上場会社等に該当し、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準のうち、上場会社の規模との対比で定められる数値基準については連結ベースの計数に基づいて判断することとなります。

 

事業区分

主要な事業内容

小 売 事 業

・ドラッグストア・保険調剤薬局のチェーン店経営

・保険調剤薬局の開局・運営、薬剤師の派遣等

卸 売 事 業

・小売事業を営む当社グループ会社及び業務提携先が取扱う商品の仕入・販売
・フランチャイズ事業展開及びフランチャイジーへの商品供給

管理サポート事業

・当社グループ会社の経営管理・統轄及び間接業務の受託
・プライベートブランド商品の企画開発
・その他、資産の管理・運用、店舗の建設・営繕、生命保険・損害保険の販売代理業

 

 

以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。


※ 上記のほか、連結子会社1社、非連結子会社3社及び関連会社2社があります。

※画像は省略されています

マツキヨココカラ&カンパニーの平均年収は712万円

マツキヨココカラ&カンパニーの平均年収は712万円です。 去年の全国平均年収430万円より65.6%高いです。 過去のデータを見ると704万円(最低)から779万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、マツキヨココカラ&カンパニーの生涯収入はおよそ2.63億円と推定されます。
平均年収
2013 779万円
2014 765万円
2015 733万円
2016 735万円
2017 743万円
2018 719万円
2019 704万円
2020 712万円

マツキヨココカラ&カンパニーの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではマツキヨココカラ&カンパニーは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではマツキヨココカラ&カンパニーは959位(全4596社)で、年収偏差値は64.0でした。
マツキヨココカラ&カンパニーの年収ヒストグラム

マツキヨココカラ&カンパニーの年齢別年収

マツキヨココカラ&カンパニーの20代の想定平均年収は497万円、30代の想定平均年収は720万円でした。 マツキヨココカラ&カンパニーの初任給はおよそ31万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 398万円 31万円
25-29歳 596万円 46万円
30-34歳 693万円 53万円
35-39歳 747万円 57万円
40-44歳 801万円 62万円
45-49歳 851万円 65万円
50-54歳 903万円 69万円
55-59歳 886万円 68万円
60-64歳 685万円 53万円
マツキヨココカラ&カンパニーの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


マツキヨココカラ&カンパニーの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、マツキヨココカラ&カンパニーの 平均年間賞与額は95万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2013 5128円
2014 102万円
2015 98万円
2016 98万円
2017 99万円
2018 96万円
2019 94万円
2020 95万円


マツキヨココカラ&カンパニーの業種・地域

マツキヨココカラ&カンパニーの本社所在地は千葉県です。千葉県を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは695位(全2778社)でした。
マツキヨココカラ&カンパニーの年収ヒストグラム(関東地方内)
マツキヨココカラ&カンパニーは、業種カテゴリとしては 小売業, 医療・製薬業に属します。 小売業内での年収ランキングは 25位(全242社) 、 医療・製薬業内での年収ランキングは 62位(全167社) でした。

小売業内での年収ランキング
マツキヨココカラ&カンパニーの年収ヒストグラム(小売業内)
医療・製薬業内での年収ランキング
マツキヨココカラ&カンパニーの年収ヒストグラム(医療・製薬業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

マツキヨココカラ&カンパニーの従業員数は526人

マツキヨココカラ&カンパニーの従業員数は526人でした。
従業員数
2013 195人
2014 255人
2015 291人
2016 323人
2017 404人
2018 426人
2019 498人
2020 526人
マツキヨココカラ&カンパニーの従業員数

マツキヨココカラ&カンパニーの売上、純利益

マツキヨココカラ&カンパニーの最新の売上高は3723億円(売上ランキング211位)でした。 従業員一人当たりの売上高は7.08億円(一人当たり売上ランキング51位)です。
マツキヨココカラ&カンパニーの売上高
マツキヨココカラ&カンパニーの最新の純利益は116億円(純利益ランキング411位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約2202万円(一人当たり純利益ランキング436位)です。
マツキヨココカラ&カンパニーの純利益

マツキヨココカラ&カンパニーに転職するには?

マツキヨココカラ&カンパニーに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

マツキヨココカラ&カンパニーの歴史

マツキヨココカラ&カンパニーの歴史について年表形式でご紹介します。
2007年10月当社設立 東京証券取引所市場一部に上場
2012年4月調剤事業の更なる拡大、より高い専門性をもとに医療機関と連携した様々な医療分野への進出を図るため、株式会社マツモトキヨシファーマシーズを設立
2012年10月株式会社マツモトキヨシの中四国地域の薬粧に係る販売事業を新設分割により、株式会社マツモトキヨシ中四国販売へ承継し、同社の発行済株式総数の100%を株式取得により子会社化。これと同時に株式会社マツモトキヨシ中四国販売が、株式会社ラブドラッグスの発行済株式総数の100%を株式取得
2013年4月エリアドミナント戦略に向けた各地域における卸売事業の機動的な対応と経営資源の一元化による経営基盤の強化・効率化を図るため、中間持株会社として株式会社マツモトキヨシホールセールを設立
2014年10月株式会社茂木薬品商会が営む一般用医薬品関連商品の卸売事業を、新設分割によりアルフレッサ ヘルスケア株式会社へ譲渡し、株式会社茂木薬品商会の社名を株式会社マツモトキヨシアセットマネジメントへ変更
2015年8月Central Food Retail Company Ltd.と当社との間で、タイ王国におけるドラッグストア事業を開発・運営するための合弁会社Central&Matsumotokiyoshi Ltd.を設立
2019年7月中華人民共和国香港特別行政区におけるドラッグストア事業展開を目的とした現地法人マツモトキヨシ香港株式会社を開設
2019年11月ロータス・フード・グループ株式会社と当社との間で、ベトナム社会主義共和国におけるドラッグストアを開発・運営するための合弁会社設立に関する合弁事業契約を締結

マツキヨココカラ&カンパニーの子会社

マツキヨココカラ&カンパニーの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
㈱マツモトキヨシ 小売事業
卸売事業
㈱マツモトキヨシ東日本販売 小売事業
㈱ぱぱす 小売事業
㈱マツモトキヨシ甲信越販売 小売事業
卸売事業
㈱マツモトキヨシ中四国販売 小売事業
㈱マツモトキヨシ九州販売 小売事業
㈱マツモトキヨシファーマシーズ 小売事業
㈱マツモトキヨシホールセール 管理サポート
事業
㈱マツモトキヨシアセットマネジメント 管理サポート
事業
㈱エムケイプランニング 管理サポート
事業
㈱マツモトキヨシ保険サービス 管理サポート
事業
MKCF分割準備㈱ 管理サポート事業
(持分法適用関連会社) ㈱ココカラファイン 小売事業

マツキヨココカラ&カンパニーの類似企業

マツキヨココカラ&カンパニーを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
キリン堂HD 734万円 7人
クスリのアオキHD 538万円 21人
アインHD 655万円 156人
日本調剤 537万円 4034人
ソフィアHD 532万円 10人
ほくやく・竹山HD 553万円 62人
ファルコHD 714万円 2人
東邦HD 588万円 227人
クリエイトSDHD 1155万円 7人
ココカラファイングループ 614万円 268人

マツキヨココカラ&カンパニーと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
アールテック・ウエノ 673万円
ナノキャリア 667万円
マニー 630万円
ゼリア新薬工業 710万円
ファルコHD 714万円
ミスターマックス・HD 637万円
持田製薬 796万円
日本新薬 796万円
小林製薬 701万円
キングジム 634万円

マツキヨココカラ&カンパニーと売上高が近い企業

企業名 売上高
イオン北海道 3199億円
長瀬産業 4172億円
サントリー食品インターナショナル 3558億円
IHI 4058億円
ブラザー工業 3453億円
ビックカメラ 4403億円
TDK 3293億円
ティーガイア 4272億円
昭和電工マテリアルズ 3168億円
マルハニチロ 4383億円