年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

デジタルホールディングスの平均年収

2022年01月25日 10:43

デジタルホールディングスとは

デジタルホールディングスとは、インターネット業, 玩具・ゲーム業を営む東京都の上場企業です。
企業名 デジタルホールディングス
本社所在地 千代田区四番町6番
売上高 55.5億円
社員数 80人
平均年収 702万円
推定初任給 32万円
年収偏差値 63.6
平均年齢 40.0歳
平均勤続年数 4.9年

有価証券報告書によるとデジタルホールディングスの事業内容は次の通りです。

 当社グループは、当連結会計年度末において、株式会社デジタルホールディングスと連結子会社23社及び持分法適用関連会社2社により構成されており、大手企業向けインターネット広告、デジタルマーケティング及びその関連サービス、地方中小企業向けに各種デジタルマーケティングソリューション等を行う「マーケティング事業」、投資先支援やインターネット関連ベンチャー企業への投資、米国における情報収集、AI及びAIプラットフォーム開発等、企業向けデジタルシフト支援教育サービス等を行う「シナジー投資事業」を行っております。

 これらはセグメントの区分と同一であります。

 

 当社グループの系統図を表すと、以下のとおりとなります。

 

 

(注1)当社は2020年7月1日付で株式会社オプトホールディングから株式会社デジタルホールディングスに商号変更しております。また、連結子会社においては、2020年4月1日付で株式会社デジタルシフトアカデミーから株式会社デジタルシフト、2020年7月1日付で株式会社オプトベンチャーズからBonds Investment Group株式会社、オプトベンチャーズ1号投資事業有限責任組合からBIG1号投資事業有限責任組合、オプトベンチャーズ2号投資事業有限責任組合からBIG2号投資事業有限責任組合に、それぞれ商号変更しております。

(注2)2021年度第1四半期連結会計期間より、上記の「マーケティング事業」「シナジー投資事業」の2セグメントを、「デジタルシフト事業」「広告事業」「金融投資事業」の3セグメントに変更しております。

※画像は省略されています

デジタルホールディングスの平均年収は702万円

デジタルホールディングスの平均年収は702万円です。 去年の全国平均年収430万円より63.3%高いです。 過去のデータを見ると527万円(最低)から702万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、デジタルホールディングスの生涯収入はおよそ2.60億円と推定されます。
平均年収
2013 527万円
2014 572万円
2015 553万円
2016 566万円
2017 603万円
2018 680万円
2019 692万円
2020 702万円

デジタルホールディングスの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではデジタルホールディングスは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではデジタルホールディングスは999位(全4544社)で、年収偏差値は63.6でした。
デジタルホールディングスの年収ヒストグラム

デジタルホールディングスの年齢別年収

デジタルホールディングスの20代の想定平均年収は508万円、30代の想定平均年収は709万円でした。 デジタルホールディングスの初任給はおよそ32万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 418万円 32万円
25-29歳 598万円 46万円
30-34歳 685万円 53万円
35-39歳 734万円 56万円
40-44歳 782万円 60万円
45-49歳 828万円 64万円
50-54歳 875万円 67万円
55-59歳 859万円 66万円
60-64歳 678万円 52万円
デジタルホールディングスの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


デジタルホールディングスの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、デジタルホールディングスの 平均年間賞与額は39万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2013 22万円
2014 47万円
2015 39万円
2016 37万円
2017 35万円
2018 82万円
2019 45万円
2020 39万円


デジタルホールディングスの業種・地域

デジタルホールディングスの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは724位(全2736社)でした。
デジタルホールディングスの年収ヒストグラム(関東地方内)
デジタルホールディングスは、業種カテゴリとしては インターネット業, 玩具・ゲーム業に属します。 インターネット業内での年収ランキングは 16位(全186社) 、 玩具・ゲーム業内での年収ランキングは 19位(全90社) でした。

インターネット業内での年収ランキング
デジタルホールディングスの年収ヒストグラム(インターネット業内)
玩具・ゲーム業内での年収ランキング
デジタルホールディングスの年収ヒストグラム(玩具・ゲーム業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

デジタルホールディングスの従業員数は80人

デジタルホールディングスの従業員数は80人でした。
従業員数
2013 686人
2014 714人
2015 98人
2016 71人
2017 78人
2018 80人
2019 99人
2020 80人
デジタルホールディングスの従業員数

デジタルホールディングスの売上、純利益

デジタルホールディングスの最新の売上高は55.5億円(売上ランキング3096位)でした。 従業員一人当たりの売上高は6932万円(一人当たり売上ランキング1490位)です。
デジタルホールディングスの売上高
デジタルホールディングスの最新の純利益は41.3億円(純利益ランキング836位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約5158万円(一人当たり純利益ランキング197位)です。
デジタルホールディングスの純利益

デジタルホールディングスに転職するには?

デジタルホールディングスに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

デジタルホールディングスの歴史

デジタルホールディングスの歴史について年表形式でご紹介します。
1994年3月 東京都港区元麻布に「有限会社デカレッグス」として設立。 ファックスを用いたダイレクトメール等のマーケティング事業を開始。
2002年12月 不動産情報サイト事業を分社化し、共同出資により、「株式会社イースマイ」を設立」が吸収合併)。
2004年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
2005年5月 インターネット上でクラシファイド広告を取り扱う「株式会社クラシファイド」を設立。
2006年6月 共同出資により、SEOサービスを提供する「クロスフィニティ株式会社」を設立。
2009年12月 中堅・中小企業向けインターネットマーケティングソリューションの提供を目的に「ソウルドアウト株式会社」を設立。
2010年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場に上場。
2011年7月 データプラットフォーム事業の推進を目的に「株式会社Platform ID」を設立。
2013年10月 東京証券取引所 JASDAQから同市場第一部に上場。
2014年3月 オムニチャネルソリューション事業の推進を目的に「株式会社コネクトム」を設立。
2015年2月 ベンチャーキャピタル事業の展開を目的に「株式会社オプトベンチャーズ」を設立。
2018年4月 AI事業を運営する「株式会社SIGNATE」を設立。
2019年4月 中国事業の新会社「株式会社オプトチャイナ」設立。
2020年4月 SaaS事業加速に向け、連結子会社「株式会社オプト」の子会社として「株式会社オプトデジタル」を設立。
2020年10月 調剤薬局産業のデジタルシフト支援に向け、「株式会社メディカルシステムネットワーク」と合弁会社「株式会社ファーマシフト」を設立。同時に調剤薬局向けプロダクト開発の連結子会社「株式会社RePharmacy」を設立。

デジタルホールディングスの子会社

デジタルホールディングスの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
株式会社オプト マーケティング事業
ソウルドアウト株式会社 マーケティング事業
株式会社デジタルシフト シナジー投資事業
Bonds Investment Group株式会社 シナジー投資事業
株式会社オプトチャイナ シナジー投資事業
OPT America, Inc. シナジー投資事業
OPT SEA Pte.,Ltd. シナジー投資事業
株式会社ジェネレイト マーケティング事業
株式会社ファーマシフト シナジー投資事業

デジタルホールディングスの類似企業

デジタルホールディングスを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
エル・ティー・エス 558万円 234人
セーラー広告 500万円 112人
東京ソワール 471万円 258人
図書印刷 607万円 1201人
エレコム 588万円 672人
メンバーズ 461万円 1476人
アライドアーキテクツ 503万円 129人
りらいあコミュニケーションズ 565万円 1240人
イオン 830万円 455人
リヴァンプ 740万円 224人

デジタルホールディングスと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
弁護士ドットコム 625万円
エヌジェイHD 620万円
楽天グループ 745万円
メドピア 615万円
コナミHD 684万円
ほぼ日 678万円
サンリオ 720万円
ZHD 1080万円
アララ 618万円
ピジョン 808万円

デジタルホールディングスと売上高が近い企業

企業名 売上高
全研本社 53.5億円
ゲンダイエージェンシー 56.0億円
ロイヤルHD 53.6億円
白鳩 56.9億円
新潟放送 56.7億円
アスカネット 57.7億円
あさくま 54.9億円
福山コンサルタント 57.5億円
G‐7HD 57.6億円
アクアライン 58.6億円