年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

エル・ティー・エスの平均年収

2022年06月17日 15:18

エル・ティー・エスとは

エル・ティー・エスとは、ソフトウェア業を営む東京都の上場企業です。
企業名 エル・ティー・エス
本社所在地 新宿区新宿2丁目8‐6 KDX新宿286ビル 2F・3F
売上高 49.1億円
社員数 282人
平均年収 577万円
推定初任給 28万円
年収偏差値 56.3
平均年齢 34.4歳
平均勤続年数 4.0年

有価証券報告書によるとエル・ティー・エスの事業内容は次の通りです。

当社グループは、サービスの基本原則として「お客様の成長に貢献する」を掲げ、企業の成長に不可欠な「変革の実行」を支援するために基幹となる方法論である「ビジネスプロセスマネジメント」の能力・実績を通じて、顧客企業のビジネスを変革・成長させるサービスを展開しております。

当社グループは、当社と連結子会社5社及び持分法適用関連会社1社で構成されており、「プロフェッショナルサービス事業」、「プラットフォーム事業」を展開しております。各事業の特徴は以下の通りであります。

 

<プロフェッショナルサービス事業>

当事業は、当社、連結子会社である株式会社ワクト、株式会社イオトイジャパン、株式会社ソフテック及びLTS ASIA Co., Ltd.が行っております。

当事業は、企業現場において意識と行動の変化を促すために教育やコミュニケーション推進施策などを実施することにより、顧客の大規模ITシステム導入等に伴う業務変革を現場に定着させるサービスを出発点として2002年3月に開始し、「企業は継続的な変革によってのみ発展を永続できる」との認識から、ITコンサルティング会社及びERPパッケージベンダー各社との協業体制を強化し、定着支援サービスの提供実績を拡大させました。

その後、顧客の現場での定着支援のエッセンスを当社グループのナレッジとして蓄積し、ナレッジを活用しながら多くの業界・顧客にサービス提供をし続けて知見を深めたことで、顧客サイドでプロジェクトマネジメントを実行するスタイルを確立し、サービスの提供領域を「戦略・ビジネスモデルを含めた成長戦略の構築」「IT導入プロジェクトにおける基本構想策定やシステム企画・選定など上流フェーズ支援」「ビジネスプロセスの可視化・改善」「改善後のビジネスプロセスの実行支援」等を含めるまでに拡大しております。

また、昨今のテクノロジーの進化やデジタルトランスフォーメーション(注1)の流れの中で、企業においてデジタルテクノロジーの活用・導入が必要となるシーンが増えてきているため、当社グループは顧客の業務に合わせたリサーチ及びテクノロジー活用手法の策定、IoTやマーケティングデータ等の分析によるバリューチェーンの改善、AI・RPA(注2、注3)等の業務ロボット導入による効率化・自動化等、顧客の業務に適した新たな手段を提供し、顧客の「働き方改革」や「デジタルシフトの実行」を支援しております。

当事業は、提供しているサービスを分類すると、「ビジネスプロセスマネジメント」、「コンサルティング」、「デジタル活用サービス」の3つに区分されます。当事業は、当社グループが幅広い業種の企業変革を顧客の現場に入り込み、顧客の課題や当社グループが支援する顧客の変革テーマに応じて、各サービスの支援内容を組み合わせてワンストップで提供しており、サービス提供を完了した時点で対価として報酬を受け取っております。

 

■ビジネスプロセスマネジメント

顧客の事業構造をビジネスプロセスとして可視化し、プロセス改善に必要な手法を立案、改善の実行支援及びビジネスプロセスの定常的な管理に必要な組織・人材を育成する一連の取り組みを支援しており、これにより当社グループは顧客との間で長期的な関係を構築し、安定的な案件機会の獲得や長期支援を通じた顧客の変革サイクルをグリップ(顧客の課題選定、予算化等)するとともに、コンサルティングやデジタル活用サービスへのサービス展開が可能となっております。

また、当社グループのビジネスプロセスマネジメントサービスの提供により、顧客は、業務変革を計画立案し、企業の変革・成長に必要なデジタルテクノロジー及び外部リソース活用領域の選定や最適なテクノロジーの選定が可能となり、市場の変化に適切かつ迅速に対応できる企業体制の構築が実現しております。

・ビジネスプロセス可視化・改善

・BPO/SSの活用(注4、注5)                     

・高度ビジネスプロセス実行

・ビジネスプロセス運用支援・IT運用支援

・ビジネスアナリスト育成

 

 

■コンサルティング

顧客の経営から事業の最前線まで、変革を実行するための現場に入り込み、成長戦略構築や事業開発、業務改革や組織改革を支援します。顧客サイドの立ち位置で、企画・構想フェーズからIT基盤構築や新業務導入後の運用支援、及び顧客企業に必要な人材育成までを支援しております。

・ビジネスコンサルティング(成長戦略構築、事業開発、M&A検討、PMI(注6)、経営管理基盤構築)

・ITコンサルティング(IT基本構想策定、システム企画・選定、顧客側ITシステム導入・定着化・運用)

・人組織コンサルティング(働き方改革、リソース・コストマネジメント、組織改革、人材育成)

 

■デジタル活用サービス

経営のデジタルトランスフォーメーションを実現するために必要となる、顧客の業務に合わせたリサーチ及びテクノロジー活用手法の策定、IoTやマーケティングデータ等の分析によるバリューチェーンの改善、AI・RPA等の業務ロボット導入による効率化・自動化等、顧客の業務に適した新たな手段を提供しております。

・テクノロジーリサーチ

・デジタル事業構想策定

・データアナリティクス・AI活用

・RPA(Robotic Process Automation)

・クラウドインテグレーション

・カスタマーチャネル変革

・デジタルマーケティング

・テクノロジー活用人材育成

 

 


<プラットフォーム事業>

当事業は、当社及び連結子会社である株式会社アサインナビが行っております。

当社グループは、プロフェッショナルサービス事業を展開する中で、デジタルトランスフォーメーション等により市場の変化が加速度的に進み、企業各社が自前のリソースだけでは変革を実現できない状況が存在するとの問題意識を持ちました。そこで、当社グループは、「課題を抱える顧客企業と解決手段を持つテクノロジー企業が出会えていない」、「顧客企業の旺盛なIT投資に応えるIT人材の不足」、「自社のIT人材を十分に活用するプロジェクト機会がない」といった課題を解決することを目的として、2014年7月よりプラットフォームサービスとして、「アサインナビ」の提供を開始しております。

「アサインナビ」では、IT人材とITプロジェクトに取り組む顧客企業が直接つながるプロフェッショナルクラウドソーシングの場を提供することで、IT業界の多重下請け構造の改善及び高単価案件の提供を実現し、会員数は継続的に拡大しており、2021年12月31日時点で、法人・個人を合わせ、11,436会員にご登録いただいております。また、フリーコンサルタントのマッチングに特化した「コンサルタントジョブ」では、大手事業会社やIT・コンサルティング会社との強固なネットワークを活用し、案件紹介や管理業務のサポートなど、フリーコンサルタントの成長をトータルで支援しております。

「アサインナビ」及び「コンサルタントジョブ」では、顧客より主に以下の料金を受領しています。

① 会費

IT人材やITプロジェクトの検索ができるプロフェッショナルクラウドソーシングの利用(データベース利用と商談打診)、交流会など各種イベント参加、研修プログラムへの参加など、各種利用形態に応じたメニューを用意しており、それらについて一定の会費を受領しています。

② 成約手数料

案件・人材のマッチングを行い、成約に応じて手数料を受領しています。

③ イベント/研修(参加費)

「アサインナビ」が主催し、会員間の交流会イベントや勉強会、研修サービスを提供しており、対価として参加費を受領しています。

 

なお、当社は、「アサインナビ」の会員であり、「プロフェッショナルサービス事業」の顧客へのサービス提供に際して、「アサインナビ」プラットフォーム上の会員企業のリソースや、「コンサルタントジョブ」サービスを活用することで、より多くの顧客課題の解決に取り組むことが可能となっております。また、当社は、顧客のデジタルテクノロジー活用に必須であるものの、絶対数が不足しているデータサイエンティストの育成プログラムを「アサインナビ」プラットフォーム上の会員企業向けに提供する等の施策を進めることによって、「プロフェッショナルサービス」推進に必要となるリソースの拡大にも取り組んでおります。

労働人口の減少が進行し、働き方改革が叫ばれる昨今、企業が継続的に成長するために、外部のリソース活用及びデジタルトランスフォーメーションによる事業構造の進化、テクノロジー活用による生産性向上の重要性が増してきております。そうした中、当社グループは、「プロフェッショナルサービス事業」及び「プラットフォーム事業」を通じて顧客企業に最適な課題解決手段を提供すべく、事業を推進しております。

 

(注1) デジタルトランスフォーメーション:2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱した概念で、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させること」。IoT、AI(人工知能)、ビッグデータ、アナリティクスなど、デジタル技術を活用することで、新しい製品やサービス、新しいビジネスモデルを通じて価値を創出し、競争上の優位性を確立すること。

(注2) Artificial Intelligence:人工知能。人工的にコンピュータなどで人間と同様の知能を実現させようという試み、あるいはそのための一連の基礎技術を指す。

(注3) Robotic Process Automation:ロボットによる業務自動化の取り組みを表す言葉。主にバックオフィス業務におけるホワイトカラー業務の代行を担う。 

(注4) BPO:Business Process Outsourcing(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の略で、自社の業務プロセスの一部を外部企業に委託すること。

(注5) SS:Shared Service(シェアードサービス)の略で、各企業(または各部門)で共通する業務を他の一企業(または一部門)に集約し、効率化を図る経営手法。

(注6) PMI:Post Merger Integration(ポスト・マージャー・インテグレーション)の略で、M&A(企業の合併・買収)成立後の統合プロセスのこと。

※画像は省略されています

エル・ティー・エスの平均年収は577万円

エル・ティー・エスの平均年収は577万円です。 去年の全国平均年収430万円より34.3%高いです。 過去のデータを見ると558万円(最低)から592万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、エル・ティー・エスの生涯収入はおよそ2.14億円と推定されます。
平均年収
2016 570万円
2017 571万円
2018 580万円
2019 592万円
2020 558万円
2021 577万円

エル・ティー・エスの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではエル・ティー・エスは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではエル・ティー・エスは2409位(全4608社)で、年収偏差値は56.3でした。
エル・ティー・エスの年収ヒストグラム

エル・ティー・エスの年齢別年収

エル・ティー・エスの20代の想定平均年収は428万円、30代の想定平均年収は583万円でした。 エル・ティー・エスの初任給はおよそ28万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 359万円 28万円
25-29歳 497万円 38万円
30-34歳 564万円 43万円
35-39歳 602万円 46万円
40-44歳 639万円 49万円
45-49歳 674万円 52万円
50-54歳 710万円 55万円
55-59歳 698万円 54万円
60-64歳 559万円 43万円
エル・ティー・エスの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


エル・ティー・エスの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、エル・ティー・エスの 平均年間賞与額は44万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2016 76万円
2017 35万円
2018 33万円
2019 42万円
2020 35万円
2021 44万円


エル・ティー・エスの業種・地域

エル・ティー・エスの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは1641位(全2790社)でした。
エル・ティー・エスの年収ヒストグラム(関東地方内)
エル・ティー・エスは、業種カテゴリとしては ソフトウェア業に属します。 ソフトウェア業内での年収ランキングは 147位(全254社) でした。

ソフトウェア業内での年収ランキング
エル・ティー・エスの年収ヒストグラム(ソフトウェア業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

エル・ティー・エスの従業員数は282人

エル・ティー・エスの従業員数は282人でした。
従業員数
2016 148人
2017 149人
2018 172人
2019 205人
2020 234人
2021 282人
エル・ティー・エスの従業員数

エル・ティー・エスの売上、純利益

エル・ティー・エスの最新の売上高は49.1億円(売上ランキング3218位)でした。 従業員一人当たりの売上高は1741万円(一人当たり売上ランキング4028位)です。
エル・ティー・エスの売上高
エル・ティー・エスの最新の純利益は3.20億円(純利益ランキング2750位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約114万円(一人当たり純利益ランキング2915位)です。
エル・ティー・エスの純利益

エル・ティー・エスに転職するには?

エル・ティー・エスに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

エル・ティー・エスの歴史

エル・ティー・エスの歴史について年表形式でご紹介します。
2002年3月東京都渋谷区南平台に株式会社エル・ティー・ソリューションズ(現 当社)を設立
2008年3月新設分割により、企業変革プロジェクトを推進するコア人財を紹介・提供する連結子会社として、キープライド株式会社(現 株式会社アサインナビ)を設立
2011年1月海外事業推進室を設置し、海外プロジェクトへの対応力拡大に加え、中国・アジア地域への事業進出準備を開始
2013年3月中華人民共和国香港特別行政区に連結子会社であるLTS ASIA Co., Ltd.を設立
2013年4月データアナリティクス支援を開始
2014年7月連結子会社である株式会社アサインナビが、IT業界の企業・個人が低コストでスピーディーに出会えるプラットフォーム「アサインナビ」のサービス提供開始
2016年1月株式会社アサインナビにて、コンサルタント向け案件紹介サービスを開始
2016年5月株式会社アサインナビにて、IT業界特化のM&A支援サービスを開始
2016年7月「アサインナビ」会員向けデータアナリスト育成支援開始
2016年11月RPA・AIのサービス提供を開始
2017年12月東京証券取引所マザーズに株式を上場
2018年8月株式会社アサインナビにて、フリーコンサルタント向け案件紹介・相談サービスを開始
2018年8月テクノロジースタートアップ企業との資本・業務提携「デジタルシフトアクセラレータープログラム」を開始
2019年7月FPTコンサルティングジャパン株式会社を共同で設立し、持分法適用関連会社化
2020年7月東京証券取引所市場第一部に市場変更

エル・ティー・エスの子会社

エル・ティー・エスの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
株式会社アサインナビ プラットフォーム事業
LTS ASIA Co., Ltd. プロフェッショナルサービス事業
株式会社ワクト プロフェッショナルサービス事業
株式会社イオトイジャパン プロフェッショナルサービス事業
株式会社ソフテック プロフェッショナルサービス事業
FPTコンサルティングジャパン株式会社 プロフェッショナルサービス事業

エル・ティー・エスの類似企業

エル・ティー・エスを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
ベイカレント・コンサルティング 1107万円 2638人
ビジネスエンジニアリング 805万円 489人
みらいワークス 627万円 67人
ダブルスタンダード 565万円 52人
三菱総合研究所 1111万円 1021人
シグマクシス・HD 1170万円 548人
SCSK 753万円 8357人
日鉄ソリューションズ 855万円 3259人
ネットイヤーグループ 613万円 186人
ランドコンピュータ 537万円 503人

エル・ティー・エスと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
ソレキア 610万円
クレスコ 622万円
勤次郎 562万円
GMOグローバルサイン・HD 576万円
テスク 601万円
ミロク情報サービス 614万円
イーソル 562万円
トラース・オン・プロダクト 620万円
エイトレッド 543万円
エフ・コード 566万円

エル・ティー・エスと売上高が近い企業

企業名 売上高
日本金銭機械 50.3億円
日本ライトン 52.1億円
新東 50.1億円
高砂鐵工 46.4億円
北日本放送 51.7億円
リベルタ 49.8億円
パラマウントベッドHD 49.0億円
川上塗料 52.4億円
南国交通 50.9億円
アズーム 48.4億円