年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

日本たばこ産業の平均年収

2021年10月18日 23:17

日本たばこ産業とは

日本たばこ産業とは、食品・飲料業を営む東京都の上場企業です。
企業名 日本たばこ産業
本社所在地 港区虎ノ門四丁目1番1号
売上高 5969億円
社員数 7366人
平均年収 830万円
推定初任給 37万円
年収偏差値 70.9
平均年齢 43.2歳
平均勤続年数 18.1年

有価証券報告書によると日本たばこ産業の事業内容は次の通りです。

当社グループの経営理念は、「4Sモデル」の追求です。これは「お客様を中心として、株主、従業員、社会の4者に対する責任を高い次元でバランスよく果たし、4者の満足度を高めていく」という考え方です。

当社グループは、「4Sモデル」をベースに、「JTならではの多様な価値を提供するグローバル成長企業であり続けること」を目指す企業像(ビジョン)として定めており、また、「自然・社会・人間の多様性に価値を認め、お客様に信頼される『JTならではのブランド』を生み出し、育て、高め続けていくこと」が、当社グループの使命であると考えております。

加えて、当社グループ社員の一人ひとりが徹底すべき行動規範・価値観として「JTグループWAY」を掲げており、「お客様を第一に考え、誠実に行動すること」「あらゆる品質にこだわり、進化し続けること」「JTグループの多様な力を結集すること」という3つのステートメントによって、表現しております。

当社と、連結子会社235社、持分法適用会社13社から構成される当社グループは国内及び海外たばこ事業、医薬事業並びに加工食品事業を展開しているグローバル企業であり、その主な事業内容及び各関係会社等の当該事業に係る位置付けは次のとおりです。

なお、次の4区分は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 6.事業セグメント (1)報告セグメントの概要」に掲げる報告セグメントの区分と同一です。

 

〔国内たばこ事業〕

 当該事業につきましては、たばこ製品の製造、販売等を行っております。当社が製造、販売を行い、TSネットワーク㈱が当社製品の配送及び外国たばこ製品(輸入たばこ製品)の卸売販売等の流通業務を行っております。また、日本フィルター工業㈱等が材料品の製造を行っております。なお、ナチュラル・アメリカン・スピリット製品に係る一部業務については、㈱トゥルースピリットタバコカンパニーが行っております。

 (主な関係会社)

TSネットワーク㈱、ジェイティ物流㈱、日本フィルター工業㈱、富士フレーバー㈱、ジェイティエンジニアリング㈱、㈱トゥルースピリットタバコカンパニー

その他連結子会社7社、持分法適用会社1社

 

〔海外たばこ事業〕

 当該事業につきましては、JT International S.A.を中核として、たばこ製品の製造、販売等を行っております。

 (主な関係会社)

JT International S.A.、LLC JTI Russia、Gallaher Ltd.、LLC Petro、JT International Germany GmbH、

JTI Polska Sp. z o. o.、JTI Tütün Ürünleri Sanayi A.Ş.

その他連結子会社166社、持分法適用会社8社

 

〔医薬事業〕

 当該事業につきましては、医療用医薬品の研究開発、製造、販売及びプロモーションを行っております。主に当社が研究開発を行い、鳥居薬品㈱が製造、販売及びプロモーション業務(当社製品を含む)を担っております。

 (主な関係会社)

鳥居薬品㈱、Akros Pharma Inc.

 

〔加工食品事業〕

 当該事業につきましては、冷凍・常温食品、調味料、パン等の製造、販売をテーブルマーク㈱等が行っております。

 (主な関係会社)

テーブルマーク㈱

その他連結子会社27社、持分法適用会社2社

 

 上記の報告セグメントの他に、不動産賃貸等に係る事業等を営んでおります。なお、報告セグメントに属さない関係会社として、連結子会社19社、持分法適用会社2社があります。

 

以上に述べた事項を事業系統図によって示すと、次のとおりです。

 

また、各事業における研究開発、調達、製造、販売等の分野ごとの概要は以下のとおりです。

 

〔たばこ事業〕

 当社グループのたばこ事業(当社グループのたばこ事業は、国内と海外に分けて事業管理を行っており、報告セグメントにおいては「国内たばこ事業」と「海外たばこ事業」を区分しております)は、販売数量で世界第3位(中国国家煙草総公司を除く)を誇り、70以上の国と地域で事業を展開、また130以上の国と地域で製品を販売しております。当社グループは世界における販売数量シェア上位10ブランドのうち3ブランドを製造・販売しております。

 

<研究開発>

研究開発力を長期に亘る競争力の源泉とすべく、特に葉たばこの育種、原材料及びその加工、たばこの香喫味、製造技術並びにRRP(注)関連技術の分野に注力し、製品価値の向上とコストの低減を目指しております。基礎研究及び応用研究開発領域については、日本国内の研究所がグローバル機能を有しており、製品開発領域については、各国・各地域の異なるニーズ・嗜好に対応すべく、ローカルベースでの開発も行っております。

(注)RRPは、E-Vapor製品及び加熱式たばこ等、喫煙に伴う健康リスクを低減させる可能性のある製品(Reduced-

Risk Products, RRP)を指しております。

 

<原料葉たばこの調達>

たばこの原料である葉たばこは、農作物であるため、その調達状況は天候に左右され、また、近年、エネルギー資源や他の作物の価格高騰等により、葉たばこ供給の不安定化や価格の高止まり傾向が見られます。このような状況下において、当社グループは買収による垂直統合及びサプライヤーとの連携強化により、原料の安定的な調達と調達コストの低減を目指しております。

 

・外国産葉たばこの調達

当社グループは、主要葉たばこ産地(米国、ブラジル、マラウイ等)における自社調達基盤の活用、及び主に大手3社の国際葉たばこサプライヤーからの購買により、外国産葉たばこを調達しております。

自社調達基盤は、2009年にブラジル及びアフリカにおける葉たばこサプライヤーの買収、並びに米国におけるジョイントベンチャー設立によって獲得したものです。自社調達基盤の獲得以降、原料調達の安定化、葉たばこ耕作段階からの関与を深めることによる品質管理の強化、葉たばこ調達に精通した優秀な人財の育成による葉たばこ調達部門の強化に取組んでおります。

 

・国内産葉たばこの調達

国内産葉たばこの調達については、たばこ事業法等により、当社が国内の葉たばこ耕作農家と毎年売買契約を締結し、たばこ製造に適した葉たばこを全量購買することが定められております。また、翌年の耕作面積及び買入価格については、「葉たばこ審議会(注)」の答申を尊重し決定しております。

(注)当社の代表者の諮問に応じ、原料用国内産葉たばこの生産及び買入れに関する重要事項につき調査審議するための審議会です。委員は11人以内で、耕作者を代表する者及び学識経験のある者のうちから財務大臣の認可を受けて当社の代表者が委嘱します。

 

<製造>

 お客様に信頼される高品質なたばこづくりを目指し、グローバルな製造体制を構築しております。日本国内では4つのたばこ製造工場及び2つのその他たばこ関連工場が、日本を除く28か国では35のたばこ製造工場(その他たばこ関連工場含む)が稼動しております。また、当社グループブランドの製造委託及び2社間でのクロスライセンスによる製造も一部行っております。

 

<マーケティング>

 ブランドロイヤリティを高めるために、様々な規制を遵守しつつ、積極的かつ効果的なマーケティング活動を展開しております。

 グローバルには、グローバル・フラッグシップ・ブランド(以下「GFB」という)(注)を中心に、一部のローカルブランドによる補完を行いながらマーケティング活動を行っております。

(注)当社グループのブランドポートフォリオの中核を担う「ウィンストン」「キャメル」「メビウス」「LD」の4ブランドをGFBとしております。

 

<小売価格>

 たばこの小売価格設定にあたっては、ブランドのポジショニング、製品価値との見合い、競合製品の価格、利益確保といった観点に加え、定価制や課税方式(従量税・従価税)等、国ごとに異なる特有の制度面からも検討を行います。小売価格変更の契機として最も代表的なものは増税です。近年、国内外問わず財政及び公衆衛生の観点からたばこ税の増税が行われております。

 

<販売(流通)>

 お客様に当社グループの商品を確実にお届けするために、当社グループは各市場の法的制約、慣行等に合わせて、自社流通や現地代理店及び流通業者の利用等、最適な流通販売ルートの確保を行っております。

 また、販売チャネルに関しても、コンビニエンスストア、ガソリンスタンド、スーパーマーケットといったチェーン企業をはじめ、個人商店、自動販売機等があり、その販売構成比は国ごとに異なります。当社グループは、販売チャネル状況、お客様動向及び競合動向を加味した営業体制を構築しております。

〔医薬事業〕

当社グループは、1987年より医薬事業に進出し、「国際的に通用する特色ある研究開発主導型事業の構築」「オリジナル新薬の開発を通じての存在感の確保」をミッションとし、現在は医療用医薬品の研究開発、製造、販売及びプロモーションを行っております。

1998年12月には鳥居薬品㈱(以下「鳥居薬品」という)の発行済株式総数の過半数を取得し、その後、製造、販売及びプロモーション機能を鳥居薬品に、研究開発機能を当社に統合しました。

また、2000年4月には、米国ニュージャージー州にあるグループ会社Akros Pharma Inc.に臨床開発機能を追加し、海外での臨床開発拠点を設立しました。

 当社グループは、安定的な利益貢献に向け、各製品の価値最大化、研究開発パイプラインの強化並びに、戦略的な導出入機会の探索及び提携先との連携強化に取組んでおります。

 

<研究開発>

研究開発は医薬事業の基盤であり、医薬事業の長期的成長と収益性にとって重要なものです。研究開発活動は主に「糖・脂質代謝」「免疫・炎症」「ウイルス」の領域にフォーカスしており、当年度は252億円を投資しました。

 

・研究開発プロセス

 「探索研究、創薬研究、前臨床試験」を医薬総合研究所が、その後の「臨床試験、承認申請・承認取得」を臨床開発部門等とグループ会社であるAkros Pharma Inc.が、それぞれ担っております。また、開発途中段階にて海外における開発権及び商業化権を導出した化合物については、導出先企業が以後のプロセスを担います。

 

<製造>

当社グループ製品の製造に関しては、2020年に当社グループ工場での製造を中止したため、医薬品製造の全工程を外部に委託しております。

 

<販売及びプロモーション>

・海外における販売及びプロモーション

現在、海外において自社の販売組織を保有しておらず、化合物ごとに、開発途中段階で海外における開発及び商業化権を他社に導出し、導出先から販売実績に応じたロイヤリティを受領しております。

 

・日本における販売及びプロモーション

日本国内での当社グループ製品の医薬品卸売業者への販売及び医療施設へのプロモーションについては、主に鳥居薬品によって行われております。なお、プロモーションについては、同社の全国7か所の営業支社に在籍する335名の医薬情報担当者(MR)によって行われております。

主要製品としては、「コレクチム軟膏(アトピー性皮膚炎治療薬)」、「リオナ錠(高リン血症治療剤)」、「レミッチ(透析患者における経口そう痒症改善剤)」があります。

 

〔加工食品事業〕

 当社グループは、1998年より加工食品事業に参入し、それ以来、自律的な成長に加えて、M&Aや資本提携等によって事業を拡大させてきました。

 2008年には日本の大手冷凍食品メーカーであった㈱加ト吉の株式を公開買付により取得してグループ会社とし、同年に当社グループの加工食品事業を㈱加ト吉に移管し、事業統合を実施するとともに、2010年に㈱加ト吉はテーブルマーク㈱と名称を変更する等、統合シナジーの追求及び一体感の更なる醸成を図りました。

 当年度末現在、テーブルマーク㈱、富士食品工業㈱、㈱サンジェルマン及びその他グループ各社が事業を担っております。テーブルマーク㈱は、日本を中心に、冷凍うどん、パックごはん、冷凍お好み焼を中心とした冷食・常温事業を展開しております。富士食品工業㈱は、酵母エキス調味料、昆布・カツオ等の抽出エキス調味料、組立型調味料、オイスターソース等の調味料を主力とした調味料事業を、㈱サンジェルマンは、首都圏を中心に店舗を構え、ベーカリー事業を展開しております。

 なお、当社グループの主要な製品には、冷凍麺の「冷凍さぬきうどん」、パックごはん「たきたてご飯」、酵母エキス調味料「バーテックス」等があります。

 

<研究開発>
 消費者のニーズや嗜好にあった革新的な製品の開発に注力しており、多様化するお客様ニーズに対応するため、当社グループが保有する独自技術を活かした、付加価値ある製品の開発に取組んでおります。

 具体的には、当社グループ独自の発酵・製パン・冷凍技術を活かして、焼きたての味と食感を維持・再現した、家庭で手軽に焼きたての味が楽しめる焼成冷凍パンを開発しました。また、冷凍麺ではうどんの新製法「丹念仕込み『綾・熟成法』」を開発し、これにより、うどんの高品位・高付加価値化を実現することが可能となりました。

 

<調達>
 安全な食品づくりは、安全で高品質な原料の調達から始まります。当社グループでは、原料の選定にあたり、サプライヤーから提出される品質規格保証書の内容確認だけではなく、主要な原料については、残留農薬等のモニタリング検査や原料工場の定期的な監査を食品衛生法等関連法規の適法性はもとより、当社グループ独自で定めている基準により実施しております。

 更に、海外から調達する原材料において、原料農場の土壌や水質の検査、栽培状況の確認、農薬の管理状態のチェック、飼育場や養殖場の点検等、原材料の生産現場から安全性を確認する体制を構築しております。

 

<製造>
 当社グループでは、日本で23の工場、海外で9つの工場を運営しており、また、国内外の委託工場に当社グループの加工食品の製造を外部委託しております。2020年度より稼働した1工場(注)を除き、国内外の自社グループ工場と生産委託を行っているすべての冷凍食品工場においては、ISO22000又はFSSC22000を取得しております。ISO22000及びFSSC22000では、HACCPの考え方による科学的な裏付けをもった衛生管理や重要管理点をコントロールするためのルールを定め、その管理手法に基づいた継続的な改善を行います。

(注)当該工場についても、現在ISO22000及びFSSC22000の取得を進めております。

 

<マーケティング>

 お客様視点での市場分析と当社グループが保有する技術を組み合わせることにより、新たな付加価値を持った製品提案を行い、市場の拡大を目指しております。また、効果的な販売促進施策によるお客様の製品認知度の向上に努めております。

 

<販売及び流通>

 収益力強化に向けて、営業部門組織体制の最適化に取組むとともに、量販店、コンビニエンスストア等への積極的なアプローチによる取扱い品目の拡大や優位な陳列場所の確保に取組んでおります。

 

<食の安全>

 お客様に安全な製品を、安心して召し上がっていただくために、東京及び中国(青島)に品質管理センターを設置しており、製品の企画・開発段階からの使用原材料の検査・監査を実施するとともに、工場での生産時・出荷前の検査並びに製品づくり全体の安全管理を行っております。また、「食の安全に関するアドバイザー」である外部専門家の方々より、評価・助言をいただき、多様な知見・視点を積極的に取り入れ、事業活動に反映しております。これらの取組みは、上記<調達>及び<製造>に記載した内容を含め、ウェブサイト等で公開しております。

※画像は省略されています

日本たばこ産業の平均年収は830万円

日本たばこ産業の平均年収は830万円です。 去年の全国平均年収430万円より92.9%高いです。 過去のデータを見ると822万円(最低)から899万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、日本たばこ産業の生涯収入はおよそ3.07億円と推定されます。
平均年収
2013 894万円
2014 876万円
2015 891万円
2016 899万円
2017 858万円
2018 822万円
2019 856万円
2020 830万円

日本たばこ産業の平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上では日本たばこ産業は赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングでは日本たばこ産業は377位(全4536社)で、年収偏差値は70.9でした。
日本たばこ産業の年収ヒストグラム

日本たばこ産業の年齢別年収

日本たばこ産業の20代の想定平均年収は592万円、30代の想定平均年収は838万円でした。 日本たばこ産業の初任給はおよそ37万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 483万円 37万円
25-29歳 702万円 54万円
30-34歳 808万円 62万円
35-39歳 868万円 67万円
40-44歳 928万円 71万円
45-49歳 983万円 76万円
50-54歳 1040万円 80万円
55-59歳 1021万円 79万円
60-64歳 800万円 62万円
日本たばこ産業の年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


日本たばこ産業の賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、日本たばこ産業の 平均年間賞与額は86万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2013 131万円
2014 61万円
2015 70万円
2016 77万円
2017 63万円
2018 76万円
2019 63万円
2020 86万円


日本たばこ産業の業種・地域

日本たばこ産業の本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは283位(全2729社)でした。
日本たばこ産業の年収ヒストグラム(関東地方内)
日本たばこ産業は、業種カテゴリとしては 食品・飲料業に属します。 食品・飲料業内での年収ランキングは 15位(全175社) でした。

食品・飲料業内での年収ランキング
日本たばこ産業の年収ヒストグラム(食品・飲料業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

日本たばこ産業の従業員数は7366人

日本たばこ産業の従業員数は7366人でした。
従業員数
2013 8774人
2014 8915人
2015 7549人
2016 7298人
2017 7336人
2018 7457人
2019 7464人
2020 7366人
日本たばこ産業の従業員数

日本たばこ産業の売上、純利益

日本たばこ産業の最新の売上高は5969億円(売上ランキング124位)でした。 従業員一人当たりの売上高は8103万円(一人当たり売上ランキング1242位)です。
日本たばこ産業の売上高
日本たばこ産業の最新の純利益は2418億円(純利益ランキング18位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約3282万円(一人当たり純利益ランキング302位)です。
日本たばこ産業の純利益

日本たばこ産業に転職するには?

日本たばこ産業に転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

Foods Labo

Foods Labo」は飲食・食品業界に特化した転職サイトです。 業界特化型であるため、エージェントもこの業界に特化した知識を有するスタッフが対応してくれます。


また、飲食業界の企業も信頼の置けるFoods Laboにしか求人を出していないケースがあり、 飲食業界の中でも高給高待遇な企業はFoods Laboに求人が集まっています。 飲食業界で転職先を探している方は登録必須と言えるサイトだと思います。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

日本たばこ産業の歴史

日本たばこ産業の歴史について年表形式でご紹介します。
1985年4月 日本たばこ産業株式会社設立
1985年4月 新規事業の積極的展開を図るため事業開発本部を設置 その後、1990年7月までの間に各事業の推進体制強化のため、同本部を改組し、医薬、食品等の事業部を設置
1986年3月 たばこ製造の近代化、効率化のため福岡・鳥栖両工場を廃止し、北九州工場を設置 その後、1996年6月までの間にたばこ製造体制の合理化のため9たばこ工場を廃止
1993年9月 医薬事業研究開発体制の充実・強化を図るため、医薬総合研究所を設置
1994年10月 政府保有株式の第一次売出し 東京、大阪、名古屋の各証券取引所市場第一部に株式を上場
1994年11月 京都、広島、福岡、新潟、札幌の各証券取引所に株式を上場

日本たばこ産業の子会社

日本たばこ産業の子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
TSネットワーク㈱ 国内 たばこ
ジェイティ物流㈱ 国内 たばこ
日本フィルター工業㈱ 国内 たばこ
富士フレーバー㈱ 国内 たばこ
ジェイティエンジニアリング㈱ 国内 たばこ
㈱トゥルースピリットタバコカンパニー 国内 たばこ
JT International Group Holding B.V. 海外 たばこ
JT International Holding B.V. 海外 たばこ
JT International S.A. 海外 たばこ
LLC JTI Russia 海外 たばこ
Gallaher Ltd. 海外 たばこ
JTI Polska Sp. z o. o. 海外 たばこ
LLC Petro 海外 たばこ
JT International Germany GmbH 海外 たばこ
JTI Tütün Ürünleri Sanayi A.Ş. 海外 たばこ
鳥居薬品㈱ 医薬
Akros Pharma Inc. 医薬
テーブルマーク㈱ 加工 食品
Megapolis Distribution B.V. 海外 たばこ

日本たばこ産業の類似企業

日本たばこ産業を見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
日本ケミファ 665万円 352人
不二ラテックス 495万円 279人
アライドテレシスHD 667万円 35人
アバント 855万円 45人
オーウイル 591万円 71人
昭和化学工業 527万円 165人
三菱マテリアル 657万円 6153人
トライアイズ 608万円 3人
旭化成 751万円 8524人
キッセイ薬品工業 749万円 1442人

日本たばこ産業と平均年収が近い企業

企業名 平均年収
ミツウロコグループHD 893万円
ヨシムラ・フード・HD 764万円
理研ビタミン 721万円
マルハニチロ 698万円
日本食品化工 680万円
寿スピリッツ 655万円
江崎グリコ 812万円
日清食品HD 800万円
長谷川香料 706万円
伊藤ハム米久HD 722万円

日本たばこ産業と売上高が近い企業

企業名 売上高
ダイキン工業 5632億円
セイコーエプソン 7148億円
関電工 4863億円
三菱HCキャピタル 4451億円
第一三共 7010億円
伊藤忠テクノソリューションズ 4233億円
日本ハム 7723億円
日立ハイテク 4756億円
オーケー 5090億円
ブリヂストン 6917億円