年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

日鉄日新製鋼の平均年収

2022年08月28日 17:19

日鉄日新製鋼とは

日鉄日新製鋼とは、鉄鋼業を営む東京都の企業です。
企業名 日鉄日新製鋼
本社所在地 千代田区丸の内三丁目4番1号
売上高 4634億円
社員数 3867人
平均年収 582万円
推定初任給 27万円
年収偏差値 56.3
平均年齢 38.8歳
平均勤続年数 17.7年

有価証券報告書によると日鉄日新製鋼の事業内容は次の通りです。

 当社グループ(当社及び当社の関係会社、会社数67社)は、親会社である新日鐵住金㈱と共通の事業方針の下、主として鉄鋼製品の製造・加工・販売及びこれらに附帯する事業を営んでおり、当社と主要な関係会社の当該事業における位置付けは次のとおりである。

(1)当社が鉄鋼製品の全般について製造・販売を行っている。

(2)日新製鋼建材㈱、日新鋼管㈱及び三晃金属工業㈱が当社より材料の供給を受けて鉄鋼製品の一部を製造・加工・販売している。また、日新製鋼ステンレス鋼管㈱、月星アート工業㈱及び大阪ステンレスセンター㈱が当社ステンレス製品の一部を製造・加工・販売している。

(3)日新ステンレス商事㈱が当社のステンレス製品の一部を販売している。また、月星商事㈱、日本鐵板㈱及び㈱カノークスが当社製品の一部を加工・販売している。

(4)新和企業㈱、月星海運㈱及び日新工機㈱が鉄鋼製品の製造・加工・販売に附帯する事業を行っている。

(5)持株会社Nisshin Holding, Inc.が米国において当社の米国子会社株式を保有している。

(6)Wheeling-Nisshin, Inc.が米国において表面処理製品の製造・販売を行っている。また、Nisshin Automotive

Tubing LLCが米国において当社より材料の供給を受けてステンレス鋼管製品の製造・販売を行っている。

(7)Nisshin Steel USA, LLCが米国において情報収集等を行っている。

(8)NISSHIN FRANCE S.A.はフランス領ニューカレドニアにおいてステンレス原料生産会社に出資している。

(9)NSA Metals Proprietary Limitedは南アフリカ共和国のステンレス原料生産会社に出資するとともに当社向けにステンレス原料を仕入れ、販売している。

(10)台湾日新結進精密不銹鋼股份有限公司が台湾において当社より材料の供給をうけてステンレス製品の製造・販売を行っている。

(11)浙江日新華新頓精密特殊鋼有限公司が中国において当社より材料の供給を受けて特殊鋼の製造・販売を行っている。

(12)寧波宝新不銹鋼有限公司が中国において当社より材料の供給を受けてステンレス製品の製造・販売を行っている。

(13)Acerinox, S.A.は、スペインのステンレス鋼の製造・販売の一貫メーカーであり、ステンレス製品の製造・販売を行っている。同社グループは、スペインに加え米国、南アフリカ共和国等にステンレス鋼の製造拠点を構えている。

また、親会社の新日鐵住金㈱は、当社へ鋼片の供給等を行っている。

※画像は省略されています

日鉄日新製鋼の平均年収は582万円

日鉄日新製鋼の平均年収は582万円です。 去年の全国平均年収430万円より35.4%高いです。 過去のデータを見ると567万円(最低)から590万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、日鉄日新製鋼の生涯収入はおよそ2.15億円と推定されます。
平均年収
2014 567万円
2015 590万円
2016 575万円
2017 582万円

日鉄日新製鋼の平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上では日鉄日新製鋼は赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングでは日鉄日新製鋼は2465位(全4662社)で、年収偏差値は56.3でした。
日鉄日新製鋼の年収ヒストグラム

日鉄日新製鋼の年齢別年収

日鉄日新製鋼の20代の想定平均年収は423万円、30代の想定平均年収は588万円でした。 日鉄日新製鋼の初任給はおよそ27万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 349万円 27万円
25-29歳 496万円 38万円
30-34歳 568万円 44万円
35-39歳 608万円 47万円
40-44歳 648万円 50万円
45-49歳 685万円 53万円
50-54歳 724万円 56万円
55-59歳 711万円 55万円
60-64歳 562万円 43万円
日鉄日新製鋼の年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


日鉄日新製鋼の賞与・ボーナス

日鉄日新製鋼の年間賞与額は78万円程度と推定されます。 なお、日鉄日新製鋼社は有価証券報告書に賞与引当金の記載が無いため、 類似企業や年収マスターが保持しているデータから推測した値となります。
平均賞与額
2014 76万円
2015 79万円
2016 77万円
2017 78万円


日鉄日新製鋼の業種・地域

日鉄日新製鋼の本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは1692位(全2826社)でした。
日鉄日新製鋼の年収ヒストグラム(関東地方内)
日鉄日新製鋼は、業種カテゴリとしては 鉄鋼業に属します。 鉄鋼業内での年収ランキングは 33位(全59社) でした。

鉄鋼業内での年収ランキング
日鉄日新製鋼の年収ヒストグラム(鉄鋼業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

日鉄日新製鋼の従業員数は3867人

日鉄日新製鋼の従業員数は3867人でした。
従業員数
2014 4128人
2015 4042人
2016 3843人
2017 3867人
日鉄日新製鋼の従業員数

日鉄日新製鋼の売上、純利益

日鉄日新製鋼の最新の売上高は4634億円(売上ランキング174位)でした。 従業員一人当たりの売上高は1.20億円(一人当たり売上ランキング787位)です。
日鉄日新製鋼の売上高
日鉄日新製鋼の最新の純利益は16.3億円(純利益ランキング1604位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約42万円(一人当たり純利益ランキング3666位)です。
日鉄日新製鋼の純利益

日鉄日新製鋼に転職するには?

日鉄日新製鋼に転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

日鉄日新製鋼の歴史

日鉄日新製鋼の歴史について年表形式でご紹介します。
昭和3年2月 徳山鐵板株式会社として大阪鐵板製造株式会社から分離設立。
昭和7年6月 日本金属工業株式会社設立。
昭和14年12月 大鉄商事株式会社<現月星商事株式会社>設立。
昭和24年5月 徳山鐵板株式会社、東京証券取引所及び大阪証券取引所に上場、福岡、名古屋の各証券取引所に上場)。 日本金属工業株式会社、東京証券取引所に上場。
昭和24年9月 太陽運輸株式会社<現月星海運株式会社>設立。
昭和25年5月 東洋鋼管株式会社設立。
昭和31年6月 日本金属工業株式会社、大阪証券取引所に上場。
昭和38年10月 日新製鋼株式会社、東京工場を分離独立し新星鉄板株式会社設立(平成9年に月星工業株式会社と合併し日新総合建材株式会社設立)。
昭和39年5月 新日本企業株式会社<現新和企業株式会社>設立。
昭和39年11月 呉工機株式会社<現日新工機株式会社>設立。
昭和58年2月 日新鋼管株式会社設立。
昭和59年6月 日新製鋼株式会社、Wheeling-Nisshin, Inc.設立。
昭和61年12月 日新製鋼株式会社、米国事務所を現地法人化し、Nisshin USA, Inc.<現Nisshin Steel USA, LLC>設立。
平成3年10月 日新製鋼株式会社、NISSHIN FRANCE S.A.設立。
平成8年7月 日新製鋼株式会社、NSA Metals Proprietary Limited設立。
平成9年4月 月星工業株式会社と新星鋼業株式会社の合併及び日新製鋼株式会社建材事業推進本部の販売・開発機能の移管により、日新総合建材株式会社<現日新製鋼建材株式会社>設立。
平成9年9月 日新製鋼株式会社、Nisshin Holding, Inc.設立。
平成15年11月 日新製鋼株式会社、Nisshin Automotive Tubing LLC設立。
平成20年2月 日本金属工業株式会社、大阪証券取引所にて上場廃止。
平成24年9月 日新製鋼株式会社及び日本金属工業株式会社、各証券取引所にて上場廃止。
平成24年10月 日新製鋼株式会社及び日本金属工業株式会社、共同株式移転の方法により当社設立。

日鉄日新製鋼の子会社

日鉄日新製鋼の子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
新日鐵住金㈱ 鉄鋼製品の製造・販売等
日新製鋼建材㈱ 各種鋼材・建材・軽量形鋼の製造、販売及び鋼材加工
日新鋼管㈱ 各種鋼管の製造、加工及び販売
新和企業㈱ 商事、サービス業、ゴルフ場経営及び厚生施設の維持管理
月星海運㈱ 鉄鋼製品の海上・陸上輸送及び倉庫管理
日新製鋼ステンレス鋼管㈱ 各種ステンレス鋼管の 製造、加工及び販売
日新ステンレス 商事㈱ ステンレス鋼その他金属製品及び原材料の販売
日新工機㈱ 設備・プラントの設計、製作、据付及び修理
月星アート工業㈱ ステンレスの意匠鋼板の製造、加工及び販売
大阪ステンレス センター㈱ ステンレス鋼を主体とする鋼板類の剪断、裁断加工及び販売
月星商事㈱ 鉄鋼製品の加工及び販売
Nisshin Holding, Inc. 米国における事業会社の株式保有
Nisshin Steel USA, LLC 米国における情報収集等
Wheeling-Nisshin, Inc. 米国における表面処理鋼板の製造及び販売
Nisshin Automotive Tubing LLC 米国における自動車用ステンレスパイプの製造及び販売
NISSHIN FRANCE S.A. ステンレス原料会社の株式保有
NSA Metals Proprietary Limited ステンレス原料会社の株式保有及び原料の販売
浙江日新華新頓精密 特殊鋼有限公司 中国における特殊鋼の製造及び販売
台湾日新結進精密 不銹鋼股份有限公司 台湾におけるステンレス製品の製造及び販売
日本鐵板㈱ 鉄鋼製品、金属類、建材などの販売及び加工
三晃金属工業㈱ 各種鋼材の加工販売、設備施工請負
㈱カノークス 鉄鋼、鉄鋼加工品、化学製品、機械の販売及び鋼材加工
寧波宝新不銹鋼 有限公司 ステンレス冷延製品の製造及び販売
Acerinox, S.A. ステンレス製品の製造及び販売

日鉄日新製鋼の類似企業

日鉄日新製鋼を見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
三菱製鋼 574万円 689人
日本製鋼所 659万円 1767人
トピー工業 606万円 1783人
中山製鋼所 646万円 532人
愛知製鋼 671万円 2735人
前澤化成工業 606万円 510人
神戸製鋼所 547万円 11296人
太平化学製品 491万円 169人
日本製鉄 536万円 28708人
ニッタ 678万円 1073人

日鉄日新製鋼と平均年収が近い企業

企業名 平均年収
中山製鋼所 646万円
日本精線 673万円
栗本鐵工所 705万円
知多鋼業 483万円
日本金属 581万円
日本鋳造 569万円
パウダーテック 642万円
新報国マテリアル 765万円
東北特殊鋼 582万円
久世 464万円

日鉄日新製鋼と売上高が近い企業

企業名 売上高
住友林業 4702億円
東京センチュリー 4276億円
シャープ 5630億円
ユニ・チャーム 3822億円
岩谷産業 4635億円
山善 4440億円
伊藤ハム 4516億円
オリックス 5883億円
山九 3925億円
オリンパス 3786億円