年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

NTT都市開発の平均年収

2022年12月09日 13:57

NTT都市開発とは

NTT都市開発とは、不動産業を営む東京都の企業です。
企業名 NTT都市開発
本社所在地 千代田区外神田四丁目14番1号
売上高 1403億円
社員数 400人
平均年収 925万円
推定初任給 42万円
年収偏差値 75.1
平均年齢 43.1歳
平均勤続年数 16.4年

有価証券報告書によるとNTT都市開発の事業内容は次の通りです。

当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社、連結子会社31社および持分法適用会社24社により構成され、オフィス・商業事業および住宅事業を主な内容としており、それ以外にその他の事業としてオフィスビルの建物管理等の事業を営んでおります。

当社は、親会社であるNTTを中心として、地域通信事業、長距離・国際通信事業、移動通信事業およびデータ通信事業を主に営む企業グループの中で、不動産事業を全国規模で行う企業であります。

各事業の主な内容、当該各事業における当社と主要関係会社の位置づけは以下のとおりであります。

 

(1)オフィス・商業事業

当社グループは、開発・保有するオフィスビルや商業施設、ホテル等の不動産賃貸事業を行っております。

主な事業領域は次のとおりであります。

イ.オフィスビル

東京、名古屋、大阪、広島、福岡、札幌等の大都市圏に保有するオフィスビルの賃貸事業を行っております。

ロ.商業施設・ホテル

東京、名古屋、京都、大阪、広島、福岡等の大都市圏に保有する商業施設やホテルの賃貸事業を行っております。
 

ユーディーエックス特定目的会社は、保有している秋葉原UDXの不動産賃貸事業を行っております。
 

UD EUROPE LIMITEDは、英国における不動産への投資および運営を行っております。

UD AUSTRALIA PTY LIMITEDは、豪州における不動産への投資および運営を行っております。

UD USA Inc.は、米国における不動産への投資および運営を行っております。

 

(2)住宅事業

当社グループは、住宅分譲事業を中心に、賃貸住宅事業やサービス付き高齢者向け住宅事業等を行っております。

主な事業領域は次のとおりであります。

イ.住宅分譲

当社のマンションブランドであるウエリスシリーズを始めとする事業展開を行っております。なお、宅地分譲等についても、取得した土地の立地等に応じて適宜実施しております。

 

UD AUSTRALIA PTY LIMITEDは、豪州における不動産への投資および運営を行っております。

 

(3)その他の事業

当社グループは、その他の事業として、建築物等の設計、施工および工事監理、オフィスビルの建物管理や冷暖房供給、オフィスビルのサービス付帯設備として飲食施設の運営等の事業を行っております。

エヌ・ティ・ティ都市開発ビルサービス㈱は、テナントの要望による賃貸ビルの工事を一元的に行っております。また、建物管理・運営等のPM業務も実施しております。

㈱大手町ファーストスクエアは、当社が保有する大手町ファーストスクエアの建物およびその敷地の管理を行っております。

品川シーズンテラスビルマネジメント㈱は、当社が保有する品川シーズンテラスの建物およびその敷地の管理を行っております。

基町パーキングアクセス㈱は、広島市基町地区地下道の維持管理を行っております。

プレミア・リート・アドバイザーズ㈱およびNTT都市開発投資顧問㈱は、金融商品取引法に基づく投資運用業を行っております。

その他、飲食施設の運営等については、デイ・ナイト㈱および㈱ノックストゥエンティワンが行っております。

※画像は省略されています

NTT都市開発の平均年収は925万円

NTT都市開発の平均年収は925万円です。 去年の全国平均年収430万円より115.1%高いです。 過去のデータを見ると850万円(最低)から925万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、NTT都市開発の生涯収入はおよそ3.42億円と推定されます。
平均年収
2013 863万円
2014 860万円
2015 867万円
2016 857万円
2017 850万円
2018 925万円

NTT都市開発の平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではNTT都市開発は赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではNTT都市開発は207位(全4661社)で、年収偏差値は75.1でした。
NTT都市開発の年収ヒストグラム

NTT都市開発の年齢別年収

NTT都市開発の20代の想定平均年収は663万円、30代の想定平均年収は934万円でした。 NTT都市開発の初任給はおよそ42万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 542万円 42万円
25-29歳 784万円 60万円
30-34歳 901万円 69万円
35-39歳 967万円 74万円
40-44歳 1033万円 79万円
45-49歳 1094万円 84万円
50-54歳 1157万円 89万円
55-59歳 1136万円 87万円
60-64歳 892万円 69万円
NTT都市開発の年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


NTT都市開発の賞与・ボーナス

NTT都市開発の年間賞与額は123万円程度と推定されます。 なお、NTT都市開発社は有価証券報告書に賞与引当金の記載が無いため、 類似企業や年収マスターが保持しているデータから推測した値となります。
平均賞与額
2013 115万円
2014 115万円
2015 116万円
2016 114万円
2017 113万円
2018 123万円


NTT都市開発の業種・地域

NTT都市開発の本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは166位(全2825社)でした。
NTT都市開発の年収ヒストグラム(関東地方内)
NTT都市開発は、業種カテゴリとしては 不動産業に属します。 不動産業内での年収ランキングは 22位(全241社) でした。

不動産業内での年収ランキング
NTT都市開発の年収ヒストグラム(不動産業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

NTT都市開発の従業員数は400人

NTT都市開発の従業員数は400人でした。
従業員数
2013 443人
2014 407人
2015 402人
2016 403人
2017 408人
2018 400人
NTT都市開発の従業員数

NTT都市開発の売上、純利益

NTT都市開発の最新の売上高は1403億円(売上ランキング527位)でした。 従業員一人当たりの売上高は3.51億円(一人当たり売上ランキング179位)です。
NTT都市開発の売上高
NTT都市開発の最新の純利益は179億円(純利益ランキング364位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約4463万円(一人当たり純利益ランキング275位)です。
NTT都市開発の純利益

NTT都市開発に転職するには?

NTT都市開発に転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

NTT都市開発の歴史

NTT都市開発の歴史について年表形式でご紹介します。
1986年1月 NTTの保有している不動産の有効活用を目的としたNTTの100%子会社として、エヌ・ティ・ティ都市開発㈱設立
1988年9月 グランパークビル・タワー棟への熱供給事業を目的として、㈱ディ・エイチ・シー・東京を設立
1991年6月 大手町ファーストスクエアビルのビル管理事業を目的として、㈱大手町ファーストスクエアを設立
1995年10月 東京オペラシティビルのビル管理事業を目的として、東京オペラシティビル㈱を設立
2000年6月 当社の不動産に係わる建築物・建築設備の設計・施工・工事監理および管理運営事業を目的として、エヌ・ティ・ティ都市開発ビルサービス㈱を設立
2009年10月 英国における不動産への投資および運営を目的として、UD EUROPE LIMITEDを設立
2011年9月 豪州における不動産への投資および運営を目的として、UD AUSTRALIA PTY LIMITEDを設立
2013年10月 米国における不動産への投資および運営を目的として、UD USA Inc.を設立
2014年10月 品川シーズンテラスのビル管理事業を目的として、品川シーズンテラスビルマネジメント㈱を設立
2015年1月 金融商品取引法に基づく投資運用業を目的として、NTT都市開発投資顧問㈱を設立
2019年1月 NTTおよびNTT-SHの完全子会社となり、上場廃止

NTT都市開発の子会社

NTT都市開発の子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
日本電信電話㈱ 基盤的研究開発 グループ経営運営
NTT-SH㈱ 株式の所有
エヌ・ティ・ティ都市開発ビルサービス㈱ その他
㈱大手町ファーストスクエア その他
デイ・ナイト㈱ その他
㈱ノックストゥエンティワン その他
基町パーキングアクセス㈱ その他
ユーディーエックス特定目的会社 オフィス・商業
プレミア・リート・ アドバイザーズ㈱ その他
品川シーズンテラスビルマネジメント㈱ その他
NTT都市開発投資顧問㈱ その他
UDX投資事業有限 責任組合 その他
UDホスピタリティマネジメント㈱ その他
UD EUROPE LIMITED オフィス・商業
UD AUSTRALIA PTY LIMITED オフィス・商業 住宅
UD USA Inc. オフィス・商業
Downtown Properties Owner, LLC オフィス・商業
NS Boston Holdings LLC オフィス・商業
NS Boston Holdings Ⅱ LLC オフィス・商業
NS Two Oliver LLC オフィス・商業
Stuart Street Holdings LLC オフィス・商業
Maribynong Riverside Development Unit Trust 住宅
121 MCS Unit Trust オフィス・商業
UD USA Inc.傘下の 連結子会社8社 オフィス・商業
UD AUSTRALIA PTY LIMITED傘下の 連結子会社2社 オフィス・商業 住宅
東京オペラシティビル㈱ その他
㈱ディ・エイチ・シー・東京 その他
東京オペラシティ熱供給㈱ その他
㈱晴海四丁目まちづくり企画 その他
㈱オーエンス その他
335 GRICES ROAD PTY LTD 住宅
Annadale Development Partners Pty Limited 住宅

NTT都市開発の類似企業

NTT都市開発を見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
トーセイ 773万円 215人
三菱地所 1265万円 1053人
エスポア 864万円 5人
日鉄興和不動産 994万円 546人
積水ハウス 800万円 15017人
野村不動産HD 1018万円 283人
サンフロンティア不動産 716万円 357人
サムティ 743万円 141人
NTTファイナンス 466万円 3456人
ランドビジネス 1158万円 24人

NTT都市開発と平均年収が近い企業

企業名 平均年収
セントラル総合開発 768万円
トーセイ 773万円
東急 745万円
ミサワホーム 710万円
シノケングループ 790万円
フォーライフ 750万円
和田興産 709万円
三井不動産 1274万円
レーサム 954万円
アスコット 899万円

NTT都市開発と売上高が近い企業

企業名 売上高
エア・ウォーター 1418億円
ハローズ 1634億円
大紀アルミニウム工業所 1446億円
小田急電鉄 1314億円
中電工 1530億円
住友大阪セメント 1463億円
SBI証券 1385億円
ヒロセ電機 1295億円
住友理工 1622億円
タカタ 1375億円