年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

AppBankの平均年収

2022年08月28日 17:19

AppBankとは

AppBankとは、インターネット業を営む東京都の上場企業です。
企業名 AppBank
本社所在地 千代田区平河町2−5−3
売上高 2.82億円
社員数 30人
平均年収 423万円
推定初任給 20万円
年収偏差値 47.5
平均年齢 30.4歳
平均勤続年数 2.1年

有価証券報告書によるとAppBankの事業内容は次の通りです。

当社グループは、当社及び連結子会社2社により構成されており、『You are my friend!』の経営理念のもと、当社グループのメディアサイト等を訪れるユーザーやサービスを購入いただく顧客との関係を最も大切に考え、事業を運営しております。当社グループはコンテンツ発信企業として、自分たち自身が、新しい物事を知り、又は体験する中で、心から楽しんだり、感動したりした事象をコンテンツ化し、インターネットを通じて発信しております。そのコンテンツに触れたユーザーの共感を獲得し、また、一緒に楽しんでもらうこと、そのつながりを広め、深耕する中で、当社グループも成長していくという考えを大切にしております。

スマートフォンの登場により、インターネット産業はこれまで以上に変化のスピードを速めていますが、非連続的な変化や、はやりすたりが激しい世界だからこそ、当社とユーザー並びに顧客との強い関係性を軸に事業を運営していくことが重要であると考えております。

 

当社グループの事業は、「メディア事業」「ストア事業」の2つのセグメントに分かれております。メディア事業では、「AppBank.net」等のメディアサイトや各種スマートフォンアプリ、並びに「マックスむらいチャンネル」等の動画チャンネルの運営を行っております。「ストア事業」では、「YURINAN-原宿竹下通り友竹庵」をはじめとする自社実店舗並びにEコマースサイトの運営を行っております。メディア事業において、「AppBank.net」等の自社メディア運営を通じて集めたユーザー並びにトラフィックに応じて広告収益等を獲得すると同時に、メディアに集まったユーザーを自社Eコマースサイトやサービスに送客することによって、物販収益の獲得を図る等、収益の拡大と事業多角化に取り組んでおります。

このように、当社グループはメディア事業を起点として、グループ全体における事業同士の親和性に基づくシナジー効果を促進することで、Direct to Consumer(DtoC)型のビジネスモデルを実践している点が当社グループの特徴です。各々の主な内容は以下のとおりです。

 

(1) メディア事業

 

 メディア事業は、主に「BtoB事業」「広告プラットフォーム事業」「アプリ事業」「動画サービス事業」の4つの分野に分かれており、その主な内容は以下のとおりです。

 

① BtoB事業 

BtoB事業は、スマートフォン関連の総合情報サイトである「AppBank.net」の運営を中核とし、「AppBank.net」等の自社運営メディア内に広告を掲載することで、広告収益を獲得しております。

「AppBank.net」では、主にスマートフォンアプリの紹介やゲームの攻略情報を中心として、スマートフォンを使う皆さまのライフスタイルを充実させる情報を配信しております。複数のライターが記事を執筆しており、海外からの情報もいち早くご紹介しております。情報を端的に伝える記事だけでなく、ゲームをライター自身が楽しんでいる様子にフォーカスした日記記事や、ゲームを徹底的にプレイした上でその遊び方を伝える攻略記事、実際にスマートフォン用アクセサリーを使用した体験記事等、読者の共感性を意識したエンターテインメント性のある記事を中心に配信しております。また、当連結会計年度より、最先端のITテクノロジーやガジェットに関する情報、カジュアルフード等の伸びしろが見込まれる既存ジャンルの記事配信に注力すると同時に、YouTuberに関するニュース記事の新たなジャンルの記事も積極的に取り扱っております。

 

② 広告プラットフォーム事業

広告プラットフォーム事業は、主に、アドネットワーク(広告媒体としてのアプリを複数集めてネットワーク化し、それらのアプリ内に広告配信を行うサービス)といわれる仕組みを運営することにより、広告収益を獲得しております。

アドネットワークを提供する事業者は、複数のアプリを束ねてネットワーク化することで、「多種多様なアプリに配信できる」、「配信ボリュームを多く獲得することができる」等といったメリットを広告主へ提供できるようになります。また、アドネットワークに参加するアプリ開発者は、自分たちで広告主を獲得する必要がなく、広告配信を受けることが可能となります。

当社グループが提供する「AppBank Network」は、当社独自のアドネットワークであり、アプリ開発者は「AppBank Network」へ参加し、その仕組みを自身が開発したアプリに組み込むことで、アプリ内に株式会社ファンコミュニケーションズが提供するアドネットワーク「nend」に参加する広告主の広告を表示させることができるようになっております。

※「AppBank Network」は、株式会社ファンコミュニケーションズが提供している「nend」システムを利用したアドネットワークです。

 

③ アプリ事業

アプリ事業では、ゲームの「面白さ」や「楽しみ方」をユーザーに提供するアプリ(ゲーム攻略アプリ等)を当社グループにおいて開発・運用しております。ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社が提供している「パズル&ドラゴンズ」の攻略アプリ「パズドラ究極攻略データベース」や、株式会社ミクシィが提供している「モンスターストライク」の攻略アプリ「モンスト攻略アプリ」等のスマートフォンゲームの攻略情報アプリを中核として、目的を共有するユーザーの集合体(コミュニティ)を形成し、アクセス数やPV数を創出することによって、ディスプレイ広告やタイアップ広告等の広告収益を獲得しております。

 

④ 動画サービス事業

動画サービス事業では、Google LLCが運営する「YouTube」及び株式会社ドワンゴが運営する「ニコニコ動画」等の動画プラットフォームを対象に、自社制作による動画コンテンツの提供を行っております。「パズル&ドラゴンズ」のゲームプレイ動画や一問一答形式のショート動画等、様々な動画コンテンツを独自に制作し、提供・配信することによって、視聴者となるユーザーを集積しております。YouTubeで運営する「マックスむらいチャンネル」からは主に動画の視聴回数や時間を増加させることにより広告収入を獲得し、また、ニコニコ動画からは「マックスむらい部」チャンネルの有料会員収入に係る収益を獲得しております。

「マックスむらい」に代表される演者(動画コンテンツ等に出演する者)やクリエイターをネットワーク化し、更に、YouTube及びニコニコ動画をはじめとした動画プラットフォーム事業者と最適な関係構築を図ることで、事業スキームの構築と、「マックスむらい」をはじめとする当社グループのコンテンツや版権の使用等に関するライツマネジメント、広告ビジネス等を複合的に収益化することに注力しております。また、動画サービス事業で培ったノウハウを活用し、自社制作によるタイアップ動画広告やイベント出演のキャスティング等の商品販売を企業向けに展開しております。

 

(2) ストア事業

ストア事業におきましては、連結子会社のテーマ株式会社を運営母体として、「メイドインジャパン」、「地域密着型」をコンセプトとした物販事業を行っております。 当連結会計年度において、新ブランド「YURINAN-原宿竹下通り友竹庵-」を立ち上げ、実店舗とEコマースサイトの運営を行っております。2021年9月に正式オープンした原宿竹下通り沿いの旗艦店舗とEコマースサイトに来店する顧客に、竹炭いちご大福やチーズケーキをはじめとするスイーツや竹炭珈琲等の提供を行うことで、商品販売収益を獲得しております。また、ブランドと外部IPとのコラボレーションを通じた顧客獲得にも取り組んでおります。

※画像は省略されています

AppBankの平均年収は423万円

AppBankの平均年収は423万円です。 去年の全国平均年収430万円より-1.7%低いです。 過去のデータを見ると340万円(最低)から428万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、AppBankの生涯収入はおよそ1.56億円と推定されます。
平均年収
2014 344万円
2015 340万円
2016 380万円
2017 389万円
2018 384万円
2019 385万円
2020 428万円
2021 423万円

AppBankの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではAppBankは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではAppBankは4184位(全4662社)で、年収偏差値は47.5でした。
AppBankの年収ヒストグラム

AppBankの年齢別年収

AppBankの20代の想定平均年収は313万円、30代の想定平均年収は427万円でした。 AppBankの初任給はおよそ20万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 263万円 20万円
25-29歳 364万円 28万円
30-34歳 413万円 32万円
35-39歳 441万円 34万円
40-44歳 468万円 36万円
45-49歳 494万円 38万円
50-54歳 520万円 40万円
55-59歳 511万円 39万円
60-64歳 409万円 31万円
AppBankの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


AppBankの賞与・ボーナス

AppBankの年間賞与額は56万円程度と推定されます。 なお、AppBank社は有価証券報告書に賞与引当金の記載が無いため、 類似企業や年収マスターが保持しているデータから推測した値となります。
平均賞与額
2014 46万円
2015 45万円
2016 51万円
2017 52万円
2018 51万円
2019 51万円
2020 57万円
2021 56万円


AppBankの業種・地域

AppBankの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは2613位(全2826社)でした。
AppBankの年収ヒストグラム(関東地方内)
AppBankは、業種カテゴリとしては インターネット業に属します。 インターネット業内での年収ランキングは 190位(全206社) でした。

インターネット業内での年収ランキング
AppBankの年収ヒストグラム(インターネット業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

AppBankの従業員数は30人

AppBankの従業員数は30人でした。
従業員数
2014 36人
2015 34人
2016 49人
2017 63人
2018 45人
2019 26人
2020 25人
2021 30人
AppBankの従業員数

AppBankの売上、純利益

AppBankの最新の売上高は2.82億円(売上ランキング4520位)でした。 従業員一人当たりの売上高は941万円(一人当たり売上ランキング4505位)です。
AppBankの売上高
AppBankの最新の純利益は-1.63億円(純利益ランキング4123位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約-542万円(一人当たり純利益ランキング4352位)です。
AppBankの純利益

AppBankに転職するには?

AppBankに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

AppBankの歴史

AppBankの歴史について年表形式でご紹介します。
2012年1月神奈川県鎌倉市にAppBank株式会社を設立
2013年10月東京都新宿区にAppBank Store株式会社を新設分割により設立
2014年8月東京都新宿区にスタジオむらい株式会社を新設分割により設立
2015年2月東京都新宿区にapprime株式会社を新設分割により設立
2015年10月東京証券取引所マザーズに上場
2020年5月東京都千代田区にテーマ株式会社を設立

AppBankの子会社

AppBankの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
3bitter株式会社 アプリと場所をつなぐサービス『SWAMP』の提供、ビーコンの製造及び販売、リアル連動型アプリ・マーケティング施策のコンサルティング
テーマ株式会社 ブランド開発・マーケティング支援

AppBankの類似企業

AppBankを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
Orchestra Holdings 632万円 12人
アドウェイズ 609万円 611人
ログリー 515万円 63人
Gunosy 600万円 149人
Jストリーム 531万円 361人
INCLUSIVE 497万円 58人
GameWith 612万円 150人
GMOメディア 608万円 114人
AOI TYO Holdings 623万円 159人
アイモバイル 586万円 197人

AppBankと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
ぐるなび 507万円
ナカヨ 473万円
アドベンチャー 448万円
BuySell Technologies 434万円
関通 348万円
イー・ロジット 445万円
INEST 446万円
じげん 483万円
夢みつけ隊 267万円
東名 456万円

AppBankと売上高が近い企業

企業名 売上高
極楽湯HD 2.43億円
有馬冨士開発 3.65億円
松永カントリークラブ 3.37億円
芦の湖カントリークラブ 3.46億円
フライトHD 2.32億円
サイエンスアーツ 3.66億円
DeltaーFly Pharma 3.00億円
大室温泉 2.73億円
WDI 1.83億円
窪田製薬HD 1.73億円