年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

ホープの平均年収

2022年04月12日 17:01

ホープとは

ホープとは、広告業を営む福岡県の上場企業です。
企業名 ホープ
本社所在地 福岡市中央区薬院一丁目14番5号 MG薬院ビル
売上高 346億円
社員数 148人
平均年収 434万円
推定初任給 21万円
年収偏差値 48.2
平均年齢 31.7歳
平均勤続年数 3.8年

有価証券報告書によるとホープの事業内容は次の通りです。

 当社グループは「自治体を通じて人々に新たな価値を提供し、会社及び従業員の成長を追求する」を企業理念に掲げ、自治体の財源確保・経費削減に貢献することを目的に、自治体に特化したサービスを展開しております。当社グループは「広告事業」、「エネルギー事業」、「メディア事業」の3区分を報告セグメントとしており、報告セグメントに含まれない一部サービスを「その他」としております。

 

 各セグメントの事業内容は次のとおりであります。

(1)広告事業

 広告事業では、主に次のサービスを行っております。

① SR(SMART RESOURCE)サービス

 SRサービスは、自治体が有するホームページ、広報紙、公務員に配られる給与明細、各種封筒等の配布物等、様々な媒体の広告枠を入札により仕入れ民間企業に販売するサービスであり、自治体の自主財源確保の手段の一つとして、既存の様々なスペースの有効活用を支援するという特徴があります。自治体広告市場は、自治体の財政状況が厳しさを増すなかで、自治体資産に民間事業者の広告を掲載することで新たな財源を確保し、また、情報発信を通じて市民サービスの向上や地域経済の活性化など、二次的な効果を期待して立ち上がったものといわれております。2004年度に横浜市が全国に先駆けて広告事業の専門組織を立ち上げ、全市的に広告事業を展開し、また、2005年に国の「行政効率化推進計画」に、効率化のための取り組みとして「国の広報印刷物への広告掲載」が追加され、これにより自治体の広告事業への取り組みが拡がりました(注)。しかしながら、従前、自治体が自ら広告枠の販売を行っていた際には、自治体は事務作業や事務コスト等を負担しなければならず、また、自治体にノウハウが少ないために広告枠が売れ残り、想定していた財源を確保できない場合もありました。

 同サービスでは、当社が広告枠を一括で仕入れ民間企業への販売を行うため、自治体は事務作業・コスト負担の削減、安定した財源確保が可能となります。また、広告主に対しては、企業ごとのターゲットエリア、ターゲット層にマッチした媒体への広告掲載を提案することで、広告効果という付加価値を提供しております。

 第28期の主な実績は、気象庁ホームページ広告運用事業の受注などがあります。

(注) 「自治体の収入増加に関する調査研究」(2010年3月 財団法人地方自治研究機構)による。

 

② SC(SMART CREATION)サービス

 SCサービスでは主に、当社と自治体との協働発行という形で、自治体が住民へ周知する必要がある各種分野に特化した住民向け情報冊子について、当社が広告主を募集し、制作した当該情報冊子を自治体に寄贈するサービスを行っており、当該情報冊子を「マチレット」と総称しております。自治体が自費制作する場合、費用の関係からページ数や色数等デザインに制限を受けてしまい、また、事務作業や事務コストの負担の関係から発行できない自治体もあります。同サービスでは、当社がデザイン・制作を無償で行うため、自治体は事務作業やコストの大幅な削減が可能となるほか、デザイン性の高い情報冊子の提供が可能となります。また、広告主に対しては、企業のサービス内容、ターゲットエリアやターゲット層にマッチした媒体への広告掲載を提案することで、広告効果という付加価値を提供しております。なお、現在の主な取扱分野は、子育てに関する情報を集約した「子育て情報冊子」、空き家対策に関する情報を集約した「空き家対策冊子」、婚姻届の書き方に関する情報を集約した「婚姻届冊子」、高齢者の終活をサポートする情報を集約した「エンディングノート」、介護に関する情報を集約した「介護保険冊子」、遺族のための手続きなど必要な情報を集約した「お悔やみ冊子」となっております。

 第28期には新媒体として、高齢者等の円滑な住宅確保に役立つ情報を集約した「居住支援冊子」、マイナンバーカード作成に関する情報を集約した「マイナンバーカード冊子」などの取り組みがスタートしております。このように、時流・社会的課題や行政施策を背景に分野を特定し、自治体との協働発行に繋げております。

 

 

(2)エネルギー事業

 エネルギー事業は、「電気もジェネリック」という新たな価値の提案により、自治体の経費削減を支援していきたいという思いのもと、電力小売サービスであるGENEWAT(ジェネワット)を行っております。

 当社は、2018年3月に小売電気事業者登録を行い、電力販売事業に本格参入いたしました。GENEWATにおいては、自治体等の電力需要家に対して電力切替の提案を行い、従前の電気料金よりも低い価格で同品質の電気を供給することを指針としております。また、電力小売事業の機動的な運営を目的として、2020年10月に当社の100%子会社である株式会社ホープエナジー(以下、「ホープエナジー」といいます。)を設立いたしました。

 しかしながら、2020年12月中旬から2021年1月下旬にわたり、日本卸電力取引所(以下「JEPX」)での電力取引価格の高騰が続き、当社グループ業績の中心を担う本事業に多大なる影響を与えました。これを踏まえ、当社グループは当事業の方針見直しを行い、事業規模を縮小させることでリスクボリュームの極小化と、リスクヘッジの方策を引き続き検討しております。

 

(3)メディア事業

 メディア事業では、官民連携の促進を目指し、主に当社が今まで広告事業で培った自治体とのリレーションを活用し、次のサービスを行っております。

① BtoGマーケティング

 BtoGマーケティングは、自治体と民間企業のニーズを繋ぐサービスです。民間企業における自治体をターゲットにした商品やサービスについて、当社の持つ自治体ネットワークや取引ノウハウを活用し、販売促進に向けたニーズ調査やマーケティング支援を行い、これらを通じて自治体の各種課題解消に繋げております。第28期の主な実績として、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種における自治体の医師採用支援について、BtoGマーケティングを活用いたしました。

 

② 行政マガジン『ジチタイワークス』

 『ジチタイワークス』は、当社が全国の市町村及び47都道府県の自治体に対して無償で発行している行政マガジンであり、自治体業務の現場で活用できる事例や、地域をあげて取り組んだ事業まで、様々な事例におけるノウハウを提供することで自治体運営における業務改善に繋げることを目的としております。また、自治体向けに事業を展開したい民間企業に対しては、誌面への広告掲載によって、ターゲットを限定することでリーチ力の高い広告宣伝活動をサポートしております。2020年6月のリニューアルを経てさらなるブランド力の強化や認知度向上に取り組んでおり、2021年3月には「公務員特別号」の発行を行い、公務員個人に向けた情報発信も開始しました。

 

③ ジチタイワークス HA×SH(ハッシュ)

 ジチタイワークス HA×SH(ハッシュ)は、自治体と民間企業の情報流通プラットフォームであり、インターネットによる横断的な情報流通の場の構築・提供、さらには活用促進を目的として、第27期よりサービスを開始いたしました。自治体は抱えている課題に合わせ民間企業の有益なサービスを検索・閲覧することで、能動的かつ効率的な情報収集が可能となり、自治体職員の生産性が向上することで行政サービスの推進に繋がります。また、民間企業は自社が提供する自治体向けサービスの情報を掲載することで、物理的な訪問の困難さや提案の非効率性にとらわれることなく、より多くの自治体へ周知することが可能となります。第28期は情報掲載数の向上を目的として期間限定の掲載料無料キャンペーンを実施するなど、さらなる内容の充実に取り組みました。

 

 なお、第29期よりメディア事業は「ジチタイワークス事業」へ名称変更となります。

※画像は省略されています

ホープの平均年収は434万円

ホープの平均年収は434万円です。 去年の全国平均年収430万円より0.9%高いです。 過去のデータを見ると310万円(最低)から436万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、ホープの生涯収入はおよそ1.60億円と推定されます。
平均年収
2014 310万円
2015 332万円
2016 342万円
2017 345万円
2018 374万円
2019 436万円
2020 434万円

ホープの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではホープは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではホープは4036位(全4596社)で、年収偏差値は48.2でした。
ホープの年収ヒストグラム

ホープの年齢別年収

ホープの20代の想定平均年収は321万円、30代の想定平均年収は438万円でした。 ホープの初任給はおよそ21万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 269万円 21万円
25-29歳 373万円 29万円
30-34歳 424万円 33万円
35-39歳 452万円 35万円
40-44歳 480万円 37万円
45-49歳 506万円 39万円
50-54歳 534万円 41万円
55-59歳 524万円 40万円
60-64歳 420万円 32万円
ホープの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


ホープの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、ホープの 平均年間賞与額は58万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2014 12万円
2015 3万円
2016 46万円
2017 12万円
2018 12万円
2019 11万円
2020 58万円


ホープの業種・地域

ホープの本社所在地は福岡県です。福岡県を含む九州地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 九州地方内での年収ランキングは139位(全186社)でした。
※こちらは、実際の企業数とは大きく異なる点に注意してください。多くの企業が本社所在地を東京にしているため、それ以外の地域では企業数が少なくなります。
ホープの年収ヒストグラム(九州地方内)
ホープは、業種カテゴリとしては 広告業に属します。 広告業内での年収ランキングは 60位(全65社) でした。

広告業内での年収ランキング
ホープの年収ヒストグラム(広告業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

ホープの従業員数は148人

ホープの従業員数は148人でした。
従業員数
2014 82人
2015 79人
2016 116人
2017 169人
2018 162人
2019 146人
2020 148人
ホープの従業員数

ホープの売上、純利益

ホープの最新の売上高は346億円(売上ランキング1400位)でした。 従業員一人当たりの売上高は2.34億円(一人当たり売上ランキング323位)です。
ホープの売上高
ホープの最新の純利益は-69.7億円(純利益ランキング4493位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約-4708万円(一人当たり純利益ランキング4511位)です。
ホープの純利益

ホープに転職するには?

ホープに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

ホープの歴史

ホープの歴史について年表形式でご紹介します。
2005年2月 福岡県朝倉郡夜須町にて有限会社ホープ・キャピタルとして事業を開始
2006年6月 自治体が保有する遊休資産・未利用スペースの広告事業化を行う「SRサービス」を開始
2013年9月 自治体情報誌の制作無償請負を行う「マチレット」を開始
2014年8月 自治体向け営業活動の支援・代行等を行う「BPO支援サービス」を開始

ホープの子会社

ホープの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
(連結子会社) 株式会社ホープエナジー 電気、ガス等のエネルギーの売買に関する業務 上記に関するAI技術の研究等

ホープの類似企業

ホープを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
ジャパンシステム 552万円 545人
INCLUSIVE 474万円 54人
セーラー広告 500万円 112人
アイモバイル 586万円 197人
スマートバリュー 417万円 194人
GMOメディア 608万円 114人
アドウェイズ 609万円 611人
サイネックス 431万円 707人
イーエムネットジャパン 521万円 115人
JPHD 484万円 106人

ホープと平均年収が近い企業

ホープと売上高が近い企業

企業名 売上高
徳倉建設 342億円
ファースト住建 362億円
アートネイチャー 346億円
スタジオアリス 346億円
プレミアアンチエイジング 328億円
ケア21 336億円
レナウン 354億円
ピジョン 348億円
アイネス 359億円
オイレス工業 333億円