年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの平均年収

2022年04月12日 17:01

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムとは

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムとは、広告業を営む東京都の企業です。
企業名 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
本社所在地 渋谷区恵比寿四丁目20番3号
売上高 883億円
社員数 375人
平均年収 603万円
推定初任給 29万円
年収偏差値 57.8
平均年齢 31.7歳
平均勤続年数 3.8年

有価証券報告書によるとデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの事業内容は次の通りです。

当社グループは、当社、連結子会社43社及び持分法適用関連会社28社により構成されており、「インターネット関連事業」、「インベストメント事業」の2つの区分で管理しております。

なお、次の区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。

当社グループの事業の概要並びに事業系統図は以下のとおりです。

 

(1)インターネット関連事業

インターネット関連事業は、以下の3領域を事業ドメインとしております。

①エージェント領域

エージェント領域は、媒体社の代理ないし広告主・広告会社の代理として、インターネット広告のプランニング(企画)やバイイング(購入実施)を中心とした広告サービスを提供する事業分野です。グループ内では、当社、㈱アイレップ、ユナイテッド㈱、㈱プラットフォーム・ワン、㈱アド・プロ、北京迪愛慈広告有限公司等の事業がこの領域に該当します。

②DAS(Diversified Advertising Service)領域

DAS領域は、媒体社や広告主・広告会社等に対して、テクノロジーサービス、クリエイティブサービス、コンサルティングサービスといった広告関連ソリューションを提供する事業分野です。デジタル広告における最新技術の導入支援や広告出稿管理ツールの提供といったテクノロジーサービスや、サイト分析に基づくサイトの最適化やサイト制作等、顧客のニーズに即したソリューションサービスの提供等を行っております。グループ内では当社、㈱博報堂アイ・スタジオ、㈱トーチライト等の事業がこの領域に該当します。

③メディア領域

メディア領域は、媒体社としてのサービス提供・ビジネス関与を行う事業分野です。当社グループにおいては、ユナイテッド㈱等の事業がこの領域に該当します。

なお、上記の3領域には重複する部分があり、グループ各社は複数の領域において事業を展開しております。

 

(2)インベストメント事業

インベストメント事業は、主に創業後間もない時期のインターネットビジネスに携わるベンチャー企業への投資を行う事業分野です。グループ内では、当社、ユナイテッド㈱等の事業がこの事業に該当します。

※画像は省略されています

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの平均年収は603万円

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの平均年収は603万円です。 去年の全国平均年収430万円より40.2%高いです。 過去のデータを見ると539万円(最低)から603万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの生涯収入はおよそ2.23億円と推定されます。
平均年収
2013 539万円
2014 574万円
2015 603万円

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムは2034位(全4596社)で、年収偏差値は57.8でした。
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの年収ヒストグラム

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの年齢別年収

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの20代の想定平均年収は447万円、30代の想定平均年収は609万円でした。 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの初任給はおよそ29万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 374万円 29万円
25-29歳 519万円 40万円
30-34歳 589万円 45万円
35-39歳 628万円 48万円
40-44歳 667万円 51万円
45-49歳 704万円 54万円
50-54歳 742万円 57万円
55-59歳 729万円 56万円
60-64歳 583万円 45万円
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの 平均年間賞与額は80万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2013 45万円
2014 69万円
2015 80万円


デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの業種・地域

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは1402位(全2778社)でした。
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの年収ヒストグラム(関東地方内)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムは、業種カテゴリとしては 広告業に属します。 広告業内での年収ランキングは 18位(全65社) でした。

広告業内での年収ランキング
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの年収ヒストグラム(広告業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの従業員数は375人

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの従業員数は375人でした。
従業員数
2013 271人
2014 291人
2015 375人
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの従業員数

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの売上、純利益

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの最新の売上高は883億円(売上ランキング738位)でした。 従業員一人当たりの売上高は2.36億円(一人当たり売上ランキング317位)です。
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの売上高
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの最新の純利益は11.2億円(純利益ランキング1747位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約299万円(一人当たり純利益ランキング1926位)です。
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの純利益

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムに転職するには?

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの歴史

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの歴史について年表形式でご紹介します。
平成8年12月 ㈱博報堂、㈱アサツー ディ・ケイ(旧㈱旭通信社、旧第一企画㈱)、㈱読売広告社、㈱アイアンドエス・ビービーディオー(旧㈱アイアンドエス)、㈱デジタルガレージ、㈱徳間書店の共同出資により資本金1億2,000万円でインターネット広告代理店、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム㈱を設立、営業を開始した。本店は東京都渋谷区上原。
平成12年12月 大阪市に関西支社を開設。
平成13年7月 ㈱大阪証券取引所ナスダック・ジャパンに上場。 資本金を32億4,535万円に増資。
平成13年10月 ニューヨーク事務所開設。
平成16年12月 ㈱アド・プロを設立。
平成17年10月 共同出資により北京迪愛慈商務諮詢有限公司を設立。
平成19年1月 福岡市に九州支社を開設。
平成20年6月 名古屋市に中部支社を開設。
平成23年2月 ㈱プラットフォーム・ワンを設立。
平成23年3月 ㈱プラットフォーム・ワンが共同出資にて㈱アイピーオンウェブジャパンを設立。
平成24年5月 シンガポールにDAC ASIA PTE. LTD.を設立。
平成24年6月 マレーシア証券取引所に上場するInnity Corporation Berhadと資本業務提携。
平成24年7月 シンガポールにDACアジアとInnityの合弁でI-DAC PTE. LTD.を設立。
平成26年9月 ㈱アイレップが東京証券取引所市場第二部へ市場変更。

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの子会社

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
㈱プラットフォーム・ワン オンライン広告取引のプラットフォームサービスの提供
㈱アド・プロ 広告掲載に関する送稿他の管理進行業務
㈱トーチライト ソーシャルグラフマーケティングの総合支援サービス
㈱博報堂アイ・スタジオ 各種サイト・コンテンツの企画、制作事業、システム開発事業、CRM事業
㈱アイレップ リスティング広告、SEO、Web解析などのSEM関連サービス事業
ユナイテッド㈱ スマートフォンメディア事業を柱としたメディア事業と広告プラットフォーム事業を柱としたRTB広告事業
北京迪愛慈広告有限公司 中国におけるインターネット広告事業
DAC ASIA PTE.LTD. 東南アジア地域におけるインターネット広告の調査及び戦略立案
ベビカム㈱ 日本最大級の妊娠・子育てサイト「ベビカム」や関連動画サイト「Babytube」の企画・運営
㈱スパイスボックス デジタル・コミュニケーション・デザインにおけるマーケティングおよびコンサルティング
㈱メンバーズ Webサイト構築・運用、ソーシャルメディア活用支援などを通じたデジタルマーケティング事業
Innity Corporation Berhad 東南アジア地域におけるオンライン広告取引のプラットフォームおよびアドネットワークの運営
アドイノベーション㈱ スマートフォン向けマーケティング事業、広告効果測定ツール事業、メディアコンサルティング事業
livepass㈱ 動画を用いた新しいパーソナルマーケティングプラットフォームの提供
㈱グライダーアソシエイツ キュレーションマガジン 「antenna*」の企画、運営
㈱博報堂DYホールディングス 持株会社

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの類似企業

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
サイネックス 431万円 707人
GMOアドパートナーズ 522万円 53人
シー・ヴイ・エス・ベイエリア 396万円 61人
アサツーディ・ケイ 757万円 1871人
バリューコマース 597万円 272人
サイバーエージェント 771万円 1702人
セプテーニ・HD 627万円 79人
レイ 525万円 354人
電通グループ 1295万円 181人
メンバーズ 461万円 1476人

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
AOI TYO Holdings 623万円
アライドアーキテクツ 554万円
バリューコマース 597万円
識学 688万円
GMOアドパートナーズ 522万円
ソウルドアウト 505万円
サニーサイドアップ 584万円
表示灯 471万円
アキナジスタ 542万円
セーラー広告 500万円

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと売上高が近い企業

企業名 売上高
新日本空調 921億円
薬王堂 917億円
三益半導体工業 851億円
サムティ 842億円
日本板硝子 873億円
ラクト・ジャパン 921億円
マルキョウ 842億円
ディー・エヌ・エー 912億円
大紀アルミニウム工業所 887億円
カプコン 836億円