年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

バリューコマースの平均年収

2022年04月12日 17:01

バリューコマースとは

バリューコマースとは、広告業を営む東京都の上場企業です。
企業名 バリューコマース
本社所在地 千代田区紀尾井町1番3号
売上高 322億円
社員数 272人
平均年収 597万円
推定初任給 29万円
年収偏差値 57.5
平均年齢 36.0歳
平均勤続年数 6.1年

有価証券報告書によるとバリューコマースの事業内容は次の通りです。

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は本書提出日現在、親会社6社、当社(バリューコマース株式会社)、子会社1社により構成されており、顧客であるコマース事業者のパフォーマンス(流通総額)を最大化するため集客から顧客維持までの効果的なマーケティングソリューションを提供する事業を展開しております。

次の2事業は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)セグメント情報」に掲げるセグメントの区分と同一であります。

 

(1) マーケティングソリューションズ事業

マーケティングソリューションズ事業は、コマース事業者のECサイトへの「集客」を軸とするソリューションを提供する事業です。主要なサービスは、成果報酬型広告「アフィリエイト」です。

 

成果報酬型広告「アフィリエイト」

「アフィリエイト」は、ウェブサイト上で商品やサービスを販売しているコマース事業者の広告を、メディア運営者のブログ・比較サイト・ポイントサイトなどの広告掲載メディアに掲載し、消費者を広告主のサイトへ誘導することで、広告掲載の成果(商品購入等の実績)に応じて報酬を得る成果報酬型広告です。

「アフィリエイト」により、広告主は、実際の広告掲載の成果に対してのみ広告費が発生し、同時に、広告掲載の成果を実数で把握し分析できることから、費用対効果に優れたマーケティング活動を行うことが可能です。

当社は、「アフィリエイト」の基幹となる独自のトラッキングシステムであるバリューコマースアフィリエイトプログラムを通して、広告主とメディア運営者が提携ネットワークを構築し、メディア運営者が成果報酬を得るまでの場を提供しております。また、バリューコマースアフィリエイトプログラムは、オンライン取引において何が、いつ、いくらで販売されたか、メディア運営者に対していくら報酬を支払うか等の「アフィリエイト」における一連の情報を管理しております。

なお、当社と同一の親会社をもつヤフー株式会社は広告主です。

 

(2) ECソリューションズ事業

ECソリューションズ事業は、コマース事業者のECサイト上での「販売促進」を軸とするソリューションを提供する事業です。主要なサービスは、オンラインモールのストア向けCRMツール「STORE's R∞(ストアーズ・アールエイト)」及びクリック課金型広告「ストアマッチ」です。そのほか、ECサイト運営支援「B-Space」及び連結子会社であるダイナテック株式会社(宿泊施設向けに情報システムを開発・提供)を含みます。

なお、当社の連結子会社であった株式会社デジミホは、2021年3月8日付で解散し、同年6月14日付で清算結了しております。

 

(A) CRMツール「STORE's R∞(ストアーズ・アールエイト)」

「STORE's R∞」は、オンラインモールのストア向けに提供しているCRMツールです。オンラインモールに訪れる顧客(消費者)に対し、顧客属性に応じた最適なクーポン等を表示して、商品購入を促すことができます。ストアは、自ストアの顧客状況、例えば新規顧客やリピーターの状況を一目で確認でき、誰にどのようなキャンペーンを実施するかを選んで配信することができます。また、一度選ぶと自動で繰り返し配信する機能もあります。このサービスを活用することで、ストアは、新規顧客の獲得から、優良顧客の育成、売上アップまでを目指すことができます。

なお、当社と同一の親会社をもつヤフー株式会社の委託に基づき、当該サービスを提供しております。

 

(B) クリック課金型広告「ストアマッチ」

「ストアマッチ」(アイテムマッチ)は、オンラインモールのストア向け及びストアが販売している商品のメーカー向けに提供しているクリック課金型広告です。オンラインモールに訪れる顧客(消費者)に対し、検索結果ページ等の専用枠に広告を表示することで、ストアサイトへの集客力を高めることができます。このサービスを活用することで、ストアは、アクセス数を増やして、さらなる売上アップを目指すことができます。また、メーカーは、ストアを横断して自社商品を探す顧客(消費者)に効率的にアプローチすることができるため、効果的に広告を運用することができます。

なお、当社と同一の親会社をもつヤフー株式会社はオンラインモール「Yahoo!ショッピング」及び「PayPayモール」の運営者です。

 

以上述べた事項を事業系統図によって示すと、次のとおりとなります。

 

成果報酬型広告「アフィリエイト」

(注)

 

CRMツール「STORE's R∞(ストアーズ・アールエイト)」

(注)

 

クリック課金型広告「ストアマッチ」

(注)

 

(注)当社と同一の親会社をもつヤフー株式会社と当社との間に取引があります。

※画像は省略されています

バリューコマースの平均年収は597万円

バリューコマースの平均年収は597万円です。 去年の全国平均年収430万円より38.8%高いです。 過去のデータを見ると539万円(最低)から617万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、バリューコマースの生涯収入はおよそ2.21億円と推定されます。
平均年収
2013 593万円
2014 577万円
2015 584万円
2016 579万円
2017 617万円
2018 539万円
2019 600万円
2020 576万円
2021 597万円

バリューコマースの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではバリューコマースは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではバリューコマースは2124位(全4596社)で、年収偏差値は57.5でした。
バリューコマースの年収ヒストグラム

バリューコマースの年齢別年収

バリューコマースの20代の想定平均年収は442万円、30代の想定平均年収は602万円でした。 バリューコマースの初任給はおよそ29万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 371万円 29万円
25-29歳 514万円 40万円
30-34歳 583万円 45万円
35-39歳 622万円 48万円
40-44歳 661万円 51万円
45-49歳 697万円 54万円
50-54歳 734万円 56万円
55-59歳 722万円 56万円
60-64歳 577万円 44万円
バリューコマースの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


バリューコマースの賞与・ボーナス

バリューコマースの年間賞与額は80万円程度と推定されます。 なお、バリューコマース社は有価証券報告書に賞与引当金の記載が無いため、 類似企業や年収マスターが保持しているデータから推測した値となります。
平均賞与額
2013 79万円
2014 77万円
2015 78万円
2016 77万円
2017 82万円
2018 72万円
2019 80万円
2020 77万円
2021 80万円


バリューコマースの業種・地域

バリューコマースの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは1462位(全2778社)でした。
バリューコマースの年収ヒストグラム(関東地方内)
バリューコマースは、業種カテゴリとしては 広告業に属します。 広告業内での年収ランキングは 22位(全65社) でした。

広告業内での年収ランキング
バリューコマースの年収ヒストグラム(広告業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

バリューコマースの従業員数は272人

バリューコマースの従業員数は272人でした。
従業員数
2013 199人
2014 199人
2015 212人
2016 233人
2017 217人
2018 233人
2019 253人
2020 277人
2021 272人
バリューコマースの従業員数

バリューコマースの売上、純利益

バリューコマースの最新の売上高は322億円(売上ランキング1471位)でした。 従業員一人当たりの売上高は1.18億円(一人当たり売上ランキング773位)です。
バリューコマースの売上高
バリューコマースの最新の純利益は31.7億円(純利益ランキング992位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約1167万円(一人当たり純利益ランキング681位)です。
バリューコマースの純利益

バリューコマースに転職するには?

バリューコマースに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

バリューコマースの歴史

バリューコマースの歴史について年表形式でご紹介します。
1996年3月 トランズパシフィック有限会社を設立 レンタルサーバ・ホスティングサービス、ドメイン取得代行サービスを開始
1999年11月 バリューコマース株式会社に商号変更 eコマースに対応したマーケティングプログラムを自社開発し、インターネットを利用した成果報酬型広告「アフィリエイト」の提供開始
2005年7月 「アフィリエイト」を「Yahoo!ショッピング」へ提供開始
2006年11月 クリック課金型広告「ストアマッチ」を「Yahoo!ショッピング」のストア向けに提供開始
2012年11月 東京証券取引所マザーズから同市場第一部へ市場変更
2016年3月 監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移行
2016年9月 CRMツール「STORE's R∞」を「Yahoo!ショッピング」のストア向けに提供開始

バリューコマースの子会社

バリューコマースの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
(親会社) ソフトバンクグループ株式会社 持株会社
(親会社) ソフトバンクグループジャパン株式会社 持株会社
(親会社) ソフトバンク株式会社 移動通信サービスの提供、携帯端末の販売、ブロードバンドなど固定通信サービスの提供
(親会社) Aホールディングス株式会社 持株会社
(親会社) Zホールディングス株式会社 持株会社
Zホールディングス中間株式会社 持株会社
ダイナテック株式会社 宿泊施設向け情報システムの開発・提供

バリューコマースの類似企業

バリューコマースを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
GMOメディア 608万円 114人
アイモバイル 586万円 197人
インタースペース 572万円 310人
アドウェイズ 609万円 611人
フルスピード 486万円 176人
ネットマーケティング 536万円 130人
ファンコミュニケーションズ 500万円 422人
イーエムネットジャパン 521万円 115人
ジーニー 625万円 224人
レントラックス 432万円 52人

バリューコマースと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
識学 688万円
ネオマーケティング 471万円
ホープ 434万円
イルグルム 633万円
AOI TYO Holdings 623万円
表示灯 471万円
アライドアーキテクツ 554万円
手間いらず 508万円
レイ 525万円
ランサーズ 465万円

バリューコマースと売上高が近い企業

企業名 売上高
ヤシマキザイ 313億円
トリニティ工業 316億円
松竹 311億円
AVANTIA 328億円
マツオカコーポレーション 329億円
東和銀行 327億円
平和 332億円
三晃金属工業 322億円
エラン 316億円
東北新社 314億円