年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

Speeeの平均年収

2022年01月25日 10:43

Speeeとは

Speeeとは、広告業を営む東京都の上場企業です。
企業名 Speee
本社所在地 港区六本木四丁目1番4号
売上高 93.1億円
社員数 308人
平均年収 569万円
推定初任給 27万円
年収偏差値 56.0
平均年齢 30.0歳
平均勤続年数 2.8年

有価証券報告書によるとSpeeeの事業内容は次の通りです。

ミッション

当社グループは、「解き尽くす。未来を引きよせる。」というミッションのもと、テクノロジーを活かしながら既存のビジネスを柔軟に組み合わせ、新しいサービスを生み出すことで、新しい価値を提供し続けていくとともに、成果を積み重ねていくことの連鎖でより大きな課題に立ち向かい、未来を引きよせたいと考えております。

このようなミッションのもと、データドリブン※な事業開発の連鎖で多様な産業領域の変革を推進しております。

 

※データドリブン

経営やマーケティングなど企業運営のために必要な意思決定をデータに基づいて判断し実行することを指します。

 

事業の概要

当社グループは、当社及び連結子会社(PT.SPEEE RECRUITMENT NUSANTARA、株式会社Datachain、株式会社Velocity、株式会社ThinQ Healthcare)の計5社によって構成されております。

なお、当社グループの事業セグメントにつきましては、「MarTech(マーテック)事業」「X-Tech(クロステック)事業」「Data Platform(データプラットフォーム)事業」「その他」に区分しております。

 

(1)MarTech事業

人々の消費活動の複雑化に伴い、マーケティング活動は高難易度化してきており、それに即した形で多種多様なデータや解法が存在する一方、それらの活用難易度も高い状態になっております。当社グループは、自社で蓄積したデータと世の中に散在するデータや解法を収集・整理し、活用方法を紡ぎ出すことで顧客企業の成果最大化を目指しており、当セグメントでは、データ分析を元にしたマーケティングソリューションサービスを提供するほか、データを活用したマーケティング施策のオペレーション代行等を行っております。

具体的には、以下のサービスを提供しております。

 

(コンサルティングサービス)

本サービスでは、顧客の事業に本質的に貢献できるようなサービスを目指して、「Webアナリティクス」、「トレーディングデスク※1」、2018年10月より事業開始した「PAAM」を主要なサービス内容としており、首都圏を中心に293社の顧客に利用されております(2020年5月末現在)。

「Webアナリティクス」においては、Google等の検索エンジンを通じてユーザーの来訪数や購入数等を向上させるために顧客のWebサイトの掲載内容や構造を改良することを目的としたコンサルティングを提供し、顧客ごとに毎月一定額の報酬を得ております。

「Webアナリティクス」では「Webサイトの流入数やコンバージョン数※2の最大化による顧客の事業上の成果に貢献するための要素」ととらえ、Webサイトに流入するユーザーの分析やプロジェクトマネジメントなどの機能を通じて、より上流の工程から顧客をサポートしております。

 

「トレーディングデスク」においては、運用型広告※3を中心とするプロモーション手法を通じ、顧客のWebサイトへの集客を適切に行うための課題抽出、戦略立案から広告の運用までを一貫して実施しており、広告の出稿量に比例した報酬を得ております。

「トレーディングデスク」では、顧客のマーケティング戦略に応じて複数種類の広告手法・プラットフォームを柔軟に組み合せ、プロモーションを設計・運用しております。

 

「PAAM」においては、散在している顧客の社内外のデータを収集・統合・可視化するとともに、広告の費用対効果の最適化を始めとするマーケティングへの利活用の方法を提案しております。

「PAAM」では、データの統合及び予測分析の技術を活用し、マーケティングの戦略策定から実行までを一貫してデータに基づいて実施できる環境の構築を支援しております。

 

※1.トレーディングデスク

主にインターネット上の広告について、キャンペーン設計から運用までを一貫して担う機能を指します。

※2.コンバージョン数

Webサイト上で、サイト運営者にとって事業上の成果につながる事象(商品の購入完了、連絡先情報の入力完了など)の発生件数を指します。

※3.運用型広告

広告の出稿方法(広告配信の対象ユーザー・クリエイティブ(広告に用いる画像・動画など)や入札金額)が、広告の表示のたびに変動する広告を指します。予算とともに広告の出稿期間や回数が固定される広告(純広告、タイアップ広告など)と対比されます。

(プロダクト)

マーケティングの自動化支援のための主力プロダクトとして、当社グループではネイティブアド配信プラットフォーム「UZOU(ウゾウ)」を提供しております。「UZOU」はネイティブ広告※1を扱うアドネットワーク※2であり、198社の広告主・642の媒体に利用いただいております(2020年5月末現在)。媒体に掲載された記事の内容や来訪ユーザーの属性を考慮して顧客の広告を表示し、それらの対価として広告主から広告出稿量に比例した収入を得ております。

 

「UZOU」の特徴は次のとおりであります。

 

① 人工知能を活用したユーザー・媒体・広告のマッチング

広告の表示に当たって、人工知能(機械学習)の技術を活用し、次のような機能を持ったアルゴリズム※3を自社で利用しております。

a. ユーザーが来訪するページの文章等から記事の意味内容やテーマを推定する

b. ユーザーの属性情報(年齢層、性別、居住地域など)から媒体への来訪意図(どのような情報を求めて媒体を訪れたか)を推定する

c. a.とb.の組み合わせに対し、最も相性の良い広告を選択・表示する

ユーザー・媒体・広告の三者の相性を最大限に高めるべく、これらの機能の改善活動を随時行っております。

 

② 媒体のデザインを損ねない広告フォーマット

本サービスでは、掲載する広告が導入先の媒体と親和性の高いものになるよう、デザイナーを交えて開発を行い、さまざまな広告のレイアウトへの対応を行っております。例えば、広告内の文字のサイズ・配色や文字数、画像のサイズや位置などを媒体に近づけ、広告がより自然な形で閲覧されるようにすることができます。

 

※1.ネイティブ広告

デザイン、内容、フォーマットが、媒体社が編集する記事・コンテンツの形式や提供するサービスの機能と同様でそれらと一体化しており、ユーザーの情報利用体験を妨げない広告を指します。(出典:一般社団法人日本インタラクティブ広告協会(以下「JIAA」といいます。))

※2.アドネットワーク

複数の媒体社サイト(ページ)を広告配信対象としてネットワークを組み、広告の受注を請け負うサービスを指します。(出典:JIAA「インターネット広告の基本実務(インターネット広告基礎用語集)2019年度版」)

※3.アルゴリズム

プログラムを作るときに用いる、問題を解決するための手順及び計算方法を指します。

 

またUZOUのほかに、上述のコンサルティングサービスの顧客向けに、集客データの分析・マーケティング施策の統合管理を可能にする「Markeship」を提供しているほか、広告配信データの運用管理ツール「Voyager」を開発し、データ分析やレポーティングの効率・質を高めるためのツールの自社開発にも力を入れております。

 

(2)X-Tech事業

価値交換を行うための情報伝達経路が潜在したまま分断され、消費者と事業者双方の売買経験が蓄積されないことと相まってバリューチェーンの非効率が取り残されやすい状態になっている、産業としての歴史が長い領域に対して、当セグメントは、バリューチェーン※の生産性に影響を及ぼしている課題を特定した上で、テクノロジーを活用した新たなソリューションを実装しております。

主力サービスは中古不動産売却におけるマッチングサービス「イエウール」、外壁リフォームにおけるマッチングサービス「ヌリカエ」であり、いずれの市場においても、集客支援メディアとして参入後、ツールの提供等を通じて価値提供の幅を拡大する方針を採っております。

 

※バリューチェーン

原材料の調達から製品・サービスが顧客に届くまでの企業活動を、一連の価値(Value)の連鎖(Chain)として捉える考え方を指します。

(イエウール)

本サービスは、不動産一括見積もりサイト「イエウール」の運営を通じて、不動産の売却を検討するユーザー(個人)を、複数の不動産業者に紹介するものであります。

具体的には、オンライン広告等のプロモーション手段によって、当社グループの運営するWebサイト「イエウール」に、不動産売却に関心を持つユーザーを集客します。サイトではユーザーから居住地域や物件に関する情報を受け取り、条件に適合する不動産業者にユーザーを紹介しております。

その後、不動産業者がユーザーに連絡を取り、売却見積価格の提示・売却の提案等を行うこととなります。

物件などの条件に適合する複数の不動産業者の見積価格を一度に比較できることが、ユーザーにとってのメリットであります。また不動産業者にとっては、売却を検討しているユーザーの情報を入手できることがメリットであります。当社グループは「ユーザーの紹介」1件ごとにその対価として不動産業者から報酬を得ております。

 

本サービスの特徴は次のとおりであります。

 

① 顧客基盤の充実と集客数の多さ

本サービスでは、顧客となる不動産業者の開拓に注力しており、幅広い地域のユーザーからの見積依頼に対応できることが強みであります。北海道から沖縄県まで日本全国の不動産業者と契約を結んでおります。

 

② サービスを成長させるための体制

社内にWebサイトの機能追加や改善に常時取り組む開発チーム、広告出稿等のプロモーション活動を行うプロモーションチーム、そして集客・紹介の状況を継続的に確認・分析し、改善活動の検討を行うグロースハック※1のチームを置いております。

これらのチームを緊密に連携させ、Webサイトへの集客数や見積依頼数の改善を継続的に実施することで、サービスを絶えず成長させるよう努めております。例えば、「広告の配信方法を変更する」「A/Bテスト※2等を通じて、サイト上のUI/UX※3を改善する」といった取り組みはこうした活動の一環であります。

 

③ 成約率向上への注力

本サービスでは、架空のユーザー情報を登録することにより、一定のフィルタリング要件(イタズラ等防止の為)のもと、事前に成約の見込みが極めて低いと判断したユーザーを除外した上で不動産業者に紹介しております。これは、成約につながりやすいユーザーを厳選して紹介することが、不動産業者に選ばれ続ける上で重要であると考えているためであります。除外に当たっては、紹介したユーザーに関する過去の成約の実績データ(実際に成約に至ったか否か)を蓄積し、利用しております。

 

※1.グロースハック

業績につながる指標(集客数、集客の費用対効果など)の傾向や変化を継続的に確認・分析し、指標を改善するための施策を検討する活動を指します。

※2.A/Bテスト

複数種類の文章や画像のデータを用意し、サイトを訪れるユーザー毎に異なるデータを出し分けることによって、どちらのデータを利用することが優れている(見積もり依頼や成約につながりやすい)かを判断する実験手法であります。

※3.UI/UX

UIは「ユーザーインタフェース」、UXは「ユーザーエクスペリエンス」の略であり、Webサイト上でユーザーが閲覧・操作する要素(入力フォーム、ボタンなど)、及びそれらのデザインや使い勝手からユーザーが得る体験を総称した用語であります。

 

(ヌリカエ)

本サービスは、外壁塗装一括見積サイト「ヌリカエ」の運営を通じて、住宅の外壁塗装工事を検討するユーザー(個人)を、複数の外壁塗装業者に紹介するものであります。

具体的には、オンライン広告等のプロモーション手段によって、当社グループの運営するWebサイト「ヌリカエ」に、外壁塗装に関心を持つユーザーを集客します。サイトではユーザーから居住地域や物件に関する情報を受け取り、さらに電話で希望条件等を詳しく聞いた上で、条件に適合する外壁塗装業者にユーザーを紹介しております。

その後、外壁塗装業者がユーザーに連絡を取り、見積価格の提示・提案等を行うこととなります。

「イエウール」と同様に、複数の業者の見積価格を一度に比較できることが、ユーザーにとってのメリットであります。また外壁塗装業者にとっては、外壁塗装を検討しているユーザーの情報を入手できることがメリットであります。当社グループは紹介の対価として、「ユーザーの紹介」及び「紹介したユーザーの成約」ごとに報酬を外壁塗装業者から得ております。

 

本サービスは、「イエウール」と多くの共通点を持っており、「Webサービス開発とプロモーションの体制」「成約率向上への注力」が特徴であります。

またそれらに加え、「ヌリカエ」独自の特徴として「カスタマーサポートの体制」が挙げられます。

外壁塗装は、物件の種別のみならず、塗装箇所の大きさや劣化状態、塗料の材質などによっても大きく価格が変動することが特徴であります。そこで本サービスでは「カスタマーサポート」のチームを設け、Webサイトでユーザーから情報を集めた後、直接ユーザーに電話でも問合せを行い、詳しい情報を収集しております。これにより、紹介すべき適切な業者を判断し、成約率を向上させることができます。

 

本サービスの運営によって得たノウハウや顧客基盤を生かして、外壁塗装以外のリフォーム関連領域においてユーザーを業者に紹介するサービス「ナコウド」を2018年11月より展開しております。

これは、解体、太陽光及びエクステリアに関するサービスを提供するリフォーム業者とユーザーをインターネット上でマッチングするものであります。

 

(3)Data Platform事業

ビッグデータやAIといった潮流がある中で、世界にはデータが溢れているイメージがあるものの、重要なデータは共有されず、データを活用しきれていない課題があります。「Datachain」では、重要なデータに関して、全ての取引履歴について第三者による検証が可能であり、意図しない相手へのデータ流出を防ぎつつ、中央管理者を介さずに当事者間でデータ流通が完結する取引形態を実現することで、ブロックチェーン技術とトークンエコノミーによってデータ流通を革新することを目指しております。

 

(4)その他

上記のほか、当社グループでは将来の企業成長の柱となる事業の立ち上げを目指し、次に挙げるような様々な領域へ参入を行っております。なお、PT.SPEEE RECRUITMENT NUSANTARA、株式会社ThinQ Healthcareの2社によって当該事業を行っております。

 

① インドネシア共和国におけるHR(人材)関連サービス「Job-Like」

インドネシア共和国において、企業の求人広告を制作・掲載し、それを求職者である一般ユーザーへ情報提供を行うWebサービス「Job-Like」を運営しております。

 

② ThinQ Healthcare事業について

従業員のヘルスケア領域に対して、テクノロジーを活用したサービスの運営を行っております。

 

[事業系統図]

当社グループの事業系統図は次のとおりであります。

 

 

(注)その他に区分している、PT.SPEEE RECRUITMENT NUSANTARA 、株式会社ThinQ Healthcareについては、連結業績に与える影響は僅少であるため、事業系統図への記載を省略しております。

※画像は省略されています

Speeeの平均年収は569万円

Speeeの平均年収は569万円です。 去年の全国平均年収430万円より32.3%高いです。 過去のデータを見ると569万円(最低)から584万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、Speeeの生涯収入はおよそ2.10億円と推定されます。
平均年収
2018 584万円
2019 569万円

Speeeの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではSpeeeは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではSpeeeは2446位(全4544社)で、年収偏差値は56.0でした。
Speeeの年収ヒストグラム

Speeeの年齢別年収

Speeeの20代の想定平均年収は421万円、30代の想定平均年収は574万円でした。 Speeeの初任給はおよそ27万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 353万円 27万円
25-29歳 489万円 38万円
30-34歳 556万円 43万円
35-39歳 593万円 46万円
40-44歳 630万円 48万円
45-49歳 664万円 51万円
50-54歳 700万円 54万円
55-59歳 688万円 53万円
60-64歳 550万円 42万円
Speeeの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


Speeeの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、Speeeの 平均年間賞与額は47万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2018 78万円
2019 47万円


Speeeの業種・地域

Speeeの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは1656位(全2736社)でした。
Speeeの年収ヒストグラム(関東地方内)
Speeeは、業種カテゴリとしては 広告業に属します。 広告業内での年収ランキングは 32位(全63社) でした。

広告業内での年収ランキング
Speeeの年収ヒストグラム(広告業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

Speeeの従業員数は308人

Speeeの従業員数は308人でした。
従業員数
2018 303人
2019 308人
Speeeの従業員数

Speeeの売上、純利益

Speeeの最新の売上高は93.1億円(売上ランキング2647位)でした。 従業員一人当たりの売上高は3023万円(一人当たり売上ランキング3102位)です。
Speeeの売上高
Speeeの最新の純利益は3.96億円(純利益ランキング2481位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約129万円(一人当たり純利益ランキング2668位)です。
Speeeの純利益

Speeeに転職するには?

Speeeに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

Speeeの歴史

Speeeの歴史について年表形式でご紹介します。
2007年11月 モバイルSEO事業の運営を目的として、東京都渋谷区道玄坂に株式会社Speeeを設立
2012年5月 ポイントメディア事業を行う国内子会社株式会社LikeItを設立
2013年10月 DSP※1を中心としたデジタル広告のトレーディングデスク事業を開始
2014年1月 中古不動産売却におけるマッチングサービス「イエウール」を開始
2014年4月 エンタメ系メディア事業を行う国内子会社株式会社Laughyを設立 ヘルスケア事業を行う国内子会社ザイエンス株式会社を設立
2014年11月 美容系メディア事業を行う国内子会社BPM株式会社を設立
2015年10月 ネイティブアド事業を開始 デジタルマーケティングの総合支援プラットフォーム「Markeship」をリリース 美容系メディア事業を行う国内子会社株式会社Jennyを設立
2015年12月 外装リフォームにおけるマッチングサービス「ヌリカエ」を開始
2016年12月 美容系SNS事業を行う国内子会社株式会社Vicolleを設立
2017年1月 インドネシア共和国に現地求職メディア運営事業を行う海外子会社PT.SPEEE RECRUITMENT NUSANTARAを設立
2018年3月 ブロックチェーン※3技術を基盤としたデータプラットフォーム事業を行う国内子会社株式会社Datachainを設立 BPM株式会社が株式会社Jenny及び株式会社Vicolleを吸収合併
2018年10月 データインテグレート手法と予測分析技術を活用したマーケティング支援サービス「PAAM※4」を開始
2018年11月 中古不動産売却に関するメディア事業を行う株式会社Velocityを子会社化 リフォーム関連領域におけるマッチングサービス「ナコウド」を開始
2019年8月 スマートヘルスケア事業を行う国内子会社株式会社ThinQ Healthcareを設立

Speeeの子会社

Speeeの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
ザイエンス株式会社 その他
PT.SPEEE RECRUITMENT NUSANTARA その他
株式会社Datachain Data Platform事業
株式会社Velocity X-Tech事業
株式会社ThinQ Healthcare その他

Speeeの類似企業

Speeeを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
アサツーディ・ケイ 757万円 1871人
サイネックス 431万円 707人
サイバーエージェント 771万円 1702人
電通グループ 1342万円 164人
GMOアドパートナーズ 523万円 53人
セプテーニ・HD 597万円 82人
シー・ヴイ・エス・ベイエリア 396万円 61人
バリューコマース 576万円 277人
メンバーズ 461万円 1476人
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム 603万円 375人

Speeeと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
CARTA HOLDINGS 900万円
ログリー 481万円
ジーニー 625万円
Unipos 576万円
共同ピーアール 574万円
インティメート・マージャー 633万円
ホープ 434万円
日宣 538万円
ソウルドアウト 509万円
表示灯 471万円

Speeeと売上高が近い企業

企業名 売上高
東洋精糖 98.2億円
ケミプロ化成 95.5億円
帝国通信工業 91.7億円
マルタイ 93.3億円
森尾電機 94.8億円
要興業 91.4億円
日本ユピカ 89.7億円
阿波製紙 97.6億円
わかもと製薬 89.0億円
バルニバービ 89.7億円