年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

クラウドワークスの平均年収

2022年01月25日 10:43

クラウドワークスとは

クラウドワークスとは、ソフトウェア業を営む東京都の上場企業です。
企業名 クラウドワークス
本社所在地 渋谷区道玄坂一丁目8番3号
売上高 54.6億円
社員数 162人
平均年収 563万円
推定初任給 27万円
年収偏差値 55.7
平均年齢 32.2歳
平均勤続年数 2.5年

有価証券報告書によるとクラウドワークスの事業内容は次の通りです。

当社グループは「働き方革命~世界でもっともたくさんの人に報酬を届ける会社になる」というビジョンを掲げ、インターネットを活用して個人が報酬を得るための仕組みであるクラウドソーシング事業を推進しております。創業以来、日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」を中心に、働きたい個人と仕事を依頼したい企業をインターネット上で直接マッチングするサービスを展開してまいりましたが、クラウドソーシングサービスの普及とともに、同サービスにおいて提供される業務の品質確保に対する社会的要請が高まったことから、「クラウドテック」「ビズアシスタントオンライン」、株式会社gravieeの運営する「3スタ」をはじめとした当社スタッフが企業と個人のマッチングを仲介・支援する「エージェントマッチング」事業の重要性が増してまいりました。
 また、株式会社電縁、アイ・オーシステムインテグレーション株式会社による「ビジネスソリューション」事業においてはSI市場における大手顧客の拡大を目的として、システム開発の受託事業を展開しております。
 さらには、新規事業であるフィークル、三菱UFJグループとの共同で合弁会社株式会社クラウドマネーを新設し、個人が報酬を得やすい環境作りを進めるべく「フィンテック」事業を展開いたしました。
 上記に伴い、当連結会計年度の事業セグメントは、「ダイレクトマッチング」、「エージェントマッチング」、「ビジネスソリューション」「投資育成」「フィンテック」の5セグメントとしております。
 
当連結会計年度におけるセグメント情報及び事業内容との関連は次のようになっております。

(ダイレクトマッチング事業)

 ダイレクトマッチング事業では、日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス(https://crowdworks.jp)」を運営しております。同サービスに企業が登録した仕事の依頼に対し個人が応募し、スキルや条件が合致すればマッチングが成立する仕組みにより、企業は316.4万人(2019年9月末現在)もの個人の登録ユーザーの中から、必要な時に必要なスキルを持つ人材に仕事を依頼でき、個人は自ら顧客開拓を行う必要なく仕事をする機会を得ることができます。 マッチング後も、原則的にオンラインで成果物の納品・検収、報酬の決済が行われるため、個人にとっては時間や場所にとらわれることのない働き方が実現できます。これにより、子育てや介護を理由にフルタイムで働くことが難しい方や、より自由なライフスタイルを求めるエンジニアやクリエイター、昨今、トレンドが広がっている副業希望者などに新たな活躍の場を提供いたします。

 

(エージェントマッチング事業)  

 エージェントマッチング事業では、「クラウドテック」「ビズアシスタントオンライン」「ブレーンパートナー」「サイタ」「3スタ」「Forge」など専任スタッフが個人と企業のマッチングを仲介・支援するかたちの人材マッチングサービスを運営しております。インターネット上で完結するダイレクトマッチングサービスの取引は単発契約の割合が高い一方、エージェントマッチングにおいては継続契約を前提としています。企業のクラウドソーシング活用ニーズには、社内の不足リソースを継続的に補完するために、受注者との長期契約を求めるケースも少なくありません。このようなニーズに対し、エージェントマッチング事業における各種サービスでは、専任スタッフが発注者に成果物や受注者に対して求める条件を詳細にヒアリングし、当社サービスの登録ユーザーの中から候補者を選んで推薦いたします。その上で、発注者と受注者が面談を行い、条件が合致すれば原則3か月以上の契約を結びます。契約継続中は当社スタッフが発注者、受注者双方をフォローすることで、業務のスムーズな遂行と信頼関係の構築・維持を支援いたします。 エージェントマッチング事業の拡大により、総契約額の拡大に合わせて個人が得る報酬単価の向上に寄与しており、当セグメントの成長は短期・中期における当社グループの業績をけん引するものと考えております。 なお、エージェントマッチング事業の中でも、ITエンジニアやWEBデザイナーなどのクリエイターとのマッチングを中心とするものをSES(システム・エンジニアリング・サービス)事業と呼び、クラウドテック、3スタがこれを運営しております。

 

ダイレクトマッチング事業、エージェントマッチング事業の課金形態は以下の通りであり、それぞれの収入を売上として計上しております。

 


 

 

以上に述べた事項を事業系統図によって示すと以下の通りであります。

 

(注)ダイレクトマッチングではシステム利用料、エージェントマッチングでは業務委託料と手数料の総額を売上として計上しております。

 


 

 

(ビジネスソリューション事業)

 ビジネスソリューション事業は、株式会社電縁とその完全子会社であるアイ・オーシステムインテグレーション株式会社により、大手企業や行政を顧客とした情報システムの受託開発を行うほか、一部デジタルサイネージサービスやプロジェクト管理ツールなどの独自開発商品を提供しております。特に、電縁社は大手企業からの定期的なシステム開発を請け負うとともに、ブロックチェーン技術における国内有数のリーディングカンパニーとして、金融機関や流通関連企業と協働したブロックチェーン導入プロジェクトを多数手掛けております。

 

 ビジネスソリューション事業の事業系統図は以下の通りです。

 


 

(投資育成事業)

 投資育成事業では、有価証券の売却による利益獲得を目的として国内外のベンチャー企業への出資を行っております。投資の対象となる事業は、クラウドソーシングをはじめとしたシェアリングエコノミー関連サービスの他、個人の報酬獲得に寄与する周辺サービスを中心としております。

 

(フィンテック事業)

 フィンテック事業は、個人が獲得した報酬の決済、使用、運用等を行うための金融サービスの提供を目的とした事業セグメントです。フリーランスの報酬取得を保証するサービス「フィークル」におけるサービス利用手数料を売上とし、「フィークル」及び株式会社クラウドマネーのサービス開発費用を販売管理費として計上しております。

※画像は省略されています

クラウドワークスの平均年収は563万円

クラウドワークスの平均年収は563万円です。 去年の全国平均年収430万円より31.0%高いです。 過去のデータを見ると513万円(最低)から563万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、クラウドワークスの生涯収入はおよそ2.08億円と推定されます。
平均年収
2013 540万円
2014 548万円
2015 538万円
2016 522万円
2017 513万円
2018 520万円
2019 563万円

クラウドワークスの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではクラウドワークスは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではクラウドワークスは2512位(全4544社)で、年収偏差値は55.7でした。
クラウドワークスの年収ヒストグラム

クラウドワークスの年齢別年収

クラウドワークスの20代の想定平均年収は417万円、30代の想定平均年収は568万円でした。 クラウドワークスの初任給はおよそ27万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 350万円 27万円
25-29歳 485万円 37万円
30-34歳 550万円 42万円
35-39歳 587万円 45万円
40-44歳 623万円 48万円
45-49歳 657万円 51万円
50-54歳 693万円 53万円
55-59歳 681万円 52万円
60-64歳 545万円 42万円
クラウドワークスの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


クラウドワークスの賞与・ボーナス

クラウドワークスの年間賞与額は75万円程度と推定されます。 なお、クラウドワークス社は有価証券報告書に賞与引当金の記載が無いため、 類似企業や年収マスターが保持しているデータから推測した値となります。
平均賞与額
2013 72万円
2014 73万円
2015 72万円
2016 70万円
2017 68万円
2018 69万円
2019 75万円


クラウドワークスの業種・地域

クラウドワークスの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは1699位(全2736社)でした。
クラウドワークスの年収ヒストグラム(関東地方内)
クラウドワークスは、業種カテゴリとしては ソフトウェア業に属します。 ソフトウェア業内での年収ランキングは 152位(全246社) でした。

ソフトウェア業内での年収ランキング
クラウドワークスの年収ヒストグラム(ソフトウェア業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

クラウドワークスの従業員数は162人

クラウドワークスの従業員数は162人でした。
従業員数
2013 24人
2014 98人
2015 137人
2016 125人
2017 115人
2018 161人
2019 162人
クラウドワークスの従業員数

クラウドワークスの売上、純利益

クラウドワークスの最新の売上高は54.6億円(売上ランキング3111位)でした。 従業員一人当たりの売上高は3369万円(一人当たり売上ランキング2888位)です。
クラウドワークスの売上高
クラウドワークスの最新の純利益は-1.05億円(純利益ランキング3711位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約-65万円(一人当たり純利益ランキング3687位)です。
クラウドワークスの純利益

クラウドワークスに転職するには?

クラウドワークスに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

クラウドワークスの子会社

クラウドワークスの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
株式会社電縁 システム開発受託事業SES事業
アイ・オーシステムインテグレーション株式会社 システム開発受託事業
株式会社ブレーンパートナー 顧問のマッチング事業
株式会社ビズアシ オンラインアシスタントのマッチング事業
株式会社クラウドマネー ウォレットアプリの開発
株式会社graviee SES事業

クラウドワークスの類似企業

クラウドワークスを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
CRGHD 559万円 35人
ランサーズ 465万円 153人
みらいワークス 636万円 61人
リアルワールド 415万円 16人
ダブルスタンダード 565万円 52人
うるる 563万円 115人
エル・ティー・エス 558万円 234人
ライク 477万円 35人
ギグワークス 568万円 49人
アルファグループ 493万円 45人

クラウドワークスと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
オプティム 564万円
WACUL 541万円
アクモス 509万円
システムソフト 516万円
サイボウズ 600万円
クレオ 564万円
ソフトクリエイトHD 574万円
SKIYAKI 529万円
TDSE 563万円
ユーザーローカル 556万円

クラウドワークスと売上高が近い企業

企業名 売上高
ジオマテック 54.8億円
神田通信機 51.5億円
福山コンサルタント 57.5億円
プロシップ 52.1億円
トーセ 56.5億円
シンポ 53.5億円
弁護士ドットコム 53.2億円
シミックHD 55.4億円
南国交通 56.9億円
カルラ 52.8億円