年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

ブティックスの平均年収

2021年08月26日 12:14

ブティックスとは

ブティックスとは、サービス業を営む東京都の上場企業です。
企業名 ブティックス
本社所在地 港区三田1−4−28
売上高 12.8億円
社員数 66人
平均年収 591万円
推定初任給 28万円
年収偏差値 57.3
平均年齢 35.4歳
平均勤続年数 2.6年

有価証券報告書によるとブティックスの事業内容は次の通りです。

当社は、介護業界において新規参入や業容拡大を図る各種サプライヤー(※)と、高齢者施設等の新設・修繕等を検討する介護事業者とを一堂に集めて商談を促進する場を提供する商談型展示会の開催や、介護業界における事業承継ニーズに応えるM&A仲介サービス、配食・介護食等のサプライヤーと介護事業者をマッチングするサービスを営んでおります。

なお、当事業年度より、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第5 経理の状況 1 財務諸表等 注記事項(セグメント情報等) セグメント情報」の「1.報告セグメントの概要 (3) 報告セグメントの変更等に関する事項」をご参照下さい。

当社は、商談型展示会事業、M&A仲介事業、その他の事業セグメントにて事業を運営しており、報告セグメントと事業セグメントは同一の区分で管理しております。

(※) 介護用品メーカー、機械浴槽や建材等の設備備品メーカー及び介護ソフトや配食等の施設向けサービス事業者等

 

1.商談型展示会事業の概要

当社の提供する商談型展示会事業における各サービスの内容は以下のとおりであります。

名称

内容等

商談型展示会

「CareTEX」

「CareTEX One」

「CareTEX」は、介護事業者と介護用品・高齢者施設向け設備・備品等を取り扱う企業が一堂に会する介護業界のBtoB商談型展示会。決裁権限者の参加割合が高く、効率的に商談を行えることが特徴で、2015年3月の東京展を皮切りに、大阪、福岡、名古屋、仙台に開催都市を拡大。

「CareTEXOne」は、「CareTEX」の中で特にニーズの強い分野に絞った展示商談会で、2017年10月の横浜展を皮切りに、大宮、名古屋(2019年より総合展CareTEXとして開催)、仙台(2020年より総合展CareTEXとして開催)にて開催。

商談型オンライン展示会

「CareTEX365 オンライン」

「からだケアEXPO オンライン」

「CareTEX365 オンライン」は、24時間365日オンライン上で開催される介護業界の商談型オンライン展示会。2020年7月より開催し、2021年2月には自社開発のオンライン展示会プラットフォーム『ExpON』を完成させリニューアルオープン。

「からだケアEXPO オンライン」は、接骨院、鍼灸院、整体院等の施術所と施術関連サプライヤーとの商談機会を提供する健康施術業界の商談型オンライン展示会。2021年3月より開催。

 

商談型展示会である「CareTEX」の開催により、出展料金等を支払って出展する各種サプライヤーと、無料で招待する介護事業者とのマッチングを図っております。

介護事業者や各種サプライヤーには、事業規模が小さく情報収集力や情報発信力に課題を抱えている企業が多く、情報不足を解決するビジネスマッチングの場が求められております。このため当社は、一般個人の来場者も多く含まれる通常のPR型展示会と異なり、介護事業者と各種サプライヤーとを一堂に集めて商談を促進する、プロ同士の商談型展示会を開催しております。

当社は展示会に出展して販路拡大・販売促進を期待する各種サプライヤーと、介護事業者の商品購入・選定の権限者(以下「アクティブバイヤー」)の商談成果の向上を図るために、事前に要望を確認した上で展示会会期中における商談のセッティングを代行する「営業アポイント取得代行サービス」や、業界の経営者同士の交流を促進する「VIP交流パーティーの開催」等の各種サービスを提供することにより、マッチングの満足度を最大化する仕組みを構築しております。また、通常の展示会と異なり商品ジャンルを「介護食」等の単一ジャンルに限定し、集客エリアを都道府県レベルまで絞り込んだ業種特化型展示商談会「CareTEXOne」を開催し、より目的や営業対象エリアに合致した、商談機会を提供しております。

当社では、アクティブバイヤーの来場割合が7割を占める当社運営の商談型展示会を、マッチング・プラットフォームと捉え、介護事業者の開業準備から運営に至るまでの様々なニーズに応えることのできる各種サプライヤーとのマッチングを図ることで、介護事業者の事業拡大・事業運営効率化を支援できるものと考えております。

また、新型コロナウイルス感染症の影響により、商談機会が著しく不足している状況を解消すべく、効率的且つ安全に配慮した新たな商談・マッチング機会の提供として、介護業界の商談型オンライン展示会である「CareTEX365 オンライン」及び健康施術業界の商談型オンライン展示会である「からだケアEXPO オンライン」を開催しており、商談型展示会と同様、出展料金等を支払って出展する各種サプライヤーと、無料で閲覧可能な来場者とのマッチングを図っております。会期及び開催地が限定される従来の商談型展示会とは異なり、365日24時間、全国どこでもマッチングが可能となったことから、より多くの介護事業者の事業拡大・事業運営効率化を支援できるものと考えております。

商談型オンライン展示会は、関連サプライヤーの新製品情報が一堂に集うオンライン出展ブースである「ウェブース」、オンライン商談設定サービスである「コネクト」、業界の最新情報を発信するオンラインセミナー「ウェビナー」の3つのサービスから構成されております。

 

2.M&A仲介事業の概要

当社の提供するM&A仲介事業における各サービスの内容は以下のとおりであります。

名称

内容等

M&A仲介事業

「介護M&A支援センター」

「医療M&A支援センター」

「障害福祉M&A支援センター」

小規模案件が多い介護業界の事情を踏まえ、最低手数料を100万円と設定した業界最安水準の価格体系が特徴。商談型展示会に来場する経営者のリスト等を効率的に活用し、5,800社以上の買い手がニーズを登録。

 

当社のM&A仲介事業は、商談型展示会の来場者の中で、M&Aによる事業承継ニーズを有する介護事業者に対し、M&A仲介サービスを提供しており、譲渡契約締結による成功報酬型での仲介手数料をいただいております。

当社が保有する5,800社以上の介護事業譲受希望者リストの事業者に対して、事業形態・エリア・規模等の譲受希望条件が合致する売却希望案件を紹介することで、買い手候補者の探索や成約期間の短縮を図っております。このため、1案件当たりに要する人件費等の営業活動費を低く抑えることができ、業界最安水準の手数料にて仲介を行っております。

 

3.その他の概要

配食・介護食マッチング事業

「CareTEX365フード」は、CareTEXの開催を通じて寄せられたニーズをもとに開始したサービスで、時期とエリアが限られる展示会の特徴を補完する形で、展示会以外の場所でもウェブや電話接客等を通じて、介護事業者と配食・介護食のサプライヤーをマッチングする事業です。また、「きざみ食」や「やわらか食」等の介護食を販売する、高齢者施設向けのBtoB通販サイトを立ち上げ、調理スタッフの高齢化や確保難等で人手不足に悩む介護事業者の課題解決を図っております。

※画像は省略されています

ブティックスの平均年収は591万円

ブティックスの平均年収は591万円です。 去年の全国平均年収436万円より35.6%高いです。 過去のデータを見ると535万円(最低)から591万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、ブティックスの生涯収入はおよそ2.19億円と推定されます。
平均年収
2016 538万円
2017 547万円
2018 546万円
2019 535万円
2020 591万円

ブティックスの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではブティックスは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではブティックスは2135位(全4524社)で、年収偏差値は57.3でした。
ブティックスの年収ヒストグラム

ブティックスの年齢別年収

ブティックスの20代の想定平均年収は432万円、30代の想定平均年収は588万円でした。 ブティックスの初任給はおよそ28万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 362万円 28万円
25-29歳 502万円 39万円
30-34歳 569万円 44万円
35-39歳 607万円 47万円
40-44歳 645万円 50万円
45-49歳 680万円 52万円
50-54歳 717万円 55万円
55-59歳 705万円 54万円
60-64歳 564万円 43万円
ブティックスの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


ブティックスの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、ブティックスの 平均年間賞与額は87万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2016 36万円
2017 74万円
2018 72万円
2019 120万円
2020 87万円


ブティックスの業種・地域

ブティックスの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは1460位(全2723社)でした。
ブティックスの年収ヒストグラム(関東地方内)
ブティックスは、業種カテゴリとしては サービス業に属します。 サービス業内での年収ランキングは 28位(全107社) でした。

サービス業内での年収ランキング
ブティックスの年収ヒストグラム(サービス業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

ブティックスの従業員数は66人

ブティックスの従業員数は66人でした。
従業員数
2016 40人
2017 39人
2018 52人
2019 51人
2020 66人
ブティックスの従業員数

ブティックスの売上、純利益

ブティックスの最新の売上高は12.8億円(売上ランキング3998位)でした。 従業員一人当たりの売上高は1936万円(一人当たり売上ランキング3831位)です。
ブティックスの売上高
ブティックスの最新の純利益は1.99億円(純利益ランキング2875位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約301万円(一人当たり純利益ランキング1811位)です。
ブティックスの純利益

ブティックスに転職するには?

ブティックスに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

ブティックスの歴史

ブティックスの歴史について年表形式でご紹介します。
2006年11月 ケアシティ・ホールディングス株式会社を、資本金3,500万円にて東京都大田区に設立。
2007年6月 ケアセレクトが、介護用品のインターネット通販事業を開始。
2007年10月 専門店型通販ショップの1号店として「カイゴ急便」を開始。
2009年10月 健康器具のインターネット通販事業を開始。
2013年3月 介護用品・健康用品総合通販ショップ「けあ太朗」を開始。
2015年3月 東京で「CareTEX」の定期開催を開始。
2015年4月 介護施設・介護事業者向けのM&A仲介サービスを開始。
2016年12月 大阪で「CareTEX関西」の定期開催を開始。
2017年5月 医療施設に特化したM&A仲介サービスである「医療M&A支援センター」を開始。
2018年3月 東京ケアウィークの定期開催を開始。
2018年4月 東京証券取引所マザーズに株式を上場。
2018年7月 福岡で「CareTEX福岡」の定期開催を開始。
2018年11月 中国杭州市に合弁会社「杭州方布健康科技有限公司」を設立。
2018年12月 配食・介護食のマッチング・サービスである「CareTEX365」を開始。
2019年8月 名古屋で「CareTEX名古屋」の定期開催を開始。
2020年7月 介護業界初の商談型オンライン展示会「CareTEX365 オンライン」を開始。
2020年9月 仙台で「CareTEX仙台」の定期開催を開始。
2021年3月 健康施術業界初の商談型オンライン展示会「からだケアEXPO オンライン」を開始。

ブティックスの類似企業

ブティックスを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
クラウドワークス 563万円 162人
ケア21 411万円 4308人
ツクイHD 410万円 5130人
エス・エム・エス 530万円 1949人
ケアサービス 410万円 974人
ツクイスタッフ 447万円 215人
ウチヤマHD 423万円 32人
ロングライフホールディング 413万円 30人
リビングプラットフォーム 466万円 47人
カナミックネットワーク 490万円 63人

ブティックスと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
セコム上信越 558万円
プロトコーポレーション 608万円
セコム 592万円
セントラル警備保障 474万円
ポピンズHD 635万円
日本ホスピスHD 784万円
レイ 525万円
フォトクリエイト 462万円
学研HD 906万円
CSSHD 722万円

ブティックスと売上高が近い企業

企業名 売上高
JBイレブン 14.0億円
熊本ホテルキャッスル 11.7億円
大利根カントリー倶楽部 11.5億円
こころネット 12.1億円
ワイエスフード 13.0億円
シンメンテHD 10.9億円
キャンディル 12.5億円
エムアップHD 14.5億円
コムシード 14.3億円
オープンドア 11.2億円