年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

ビーイングの平均年収

2021年08月26日 12:14

ビーイングとは

ビーイングとは、ソフトウェア業を営む三重県の上場企業です。
企業名 ビーイング
本社所在地 津市桜橋1丁目312番地
売上高 44.1億円
社員数 278人
平均年収 660万円
推定初任給 29万円
年収偏差値 61.3
平均年齢 41.1歳
平均勤続年数 11.89年

有価証券報告書によるとビーイングの事業内容は次の通りです。

3 【事業の内容】

当社グループは、当社、連結子会社4社(株式会社プラスバイプラス、Being(Myanmar)Co.,Ltd.、株式会社ビーイングコンサルティング及び株式会社ラグザイア)、非連結子会社1社(株式会社ビーイングDC)及び関連会社1社(Progressive Labs Ltd.)の7社で構成されており、主に業務用パッケージソフトウェアの企画・開発、それに伴うコンサルティング・サービス及びネットワーク関連サービスの提供を行っております。

当社及び当社の関係会社の位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりであります。なお、セグメントと同一の区分であります。

なお、当連結会計年度より、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」をご参照ください。

 

 

建設関連事業
 当事業においては、土木工事積算システム『Gaia(ガイア)』を中心とした建設業向けアプリケーションと、プロジェクト・ポートフォリオ・マネジメント・システムを中心としたTOC関連アプリケーションを開発・販売しております。

(主な関係会社)当社、Being(Myanmar)Co.,Ltd.、株式会社ラグザイア、株式会社ビーイングDC、

       Progressive Labs Ltd.

 

設備関連事業
 当事業においては、設備業者向けCADソフトウェアである『PlusCAD(プラスキャド)』を販売しております。

(主な関係会社)株式会社プラスバイプラス

 

生産性向上コンサルティング事業

当事業においては、製造業をはじめとする多様な業種向けに、TOC(制約理論)に基づく、生産性向上のためのコンサルティング・サービスを提供しております。

 (主な関係会社)株式会社ビーイングコンサルティング

※画像は省略されています

ビーイングの平均年収は660万円

ビーイングの平均年収は660万円です。 去年の全国平均年収436万円より51.4%高いです。 過去のデータを見ると596万円(最低)から660万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、ビーイングの生涯収入はおよそ2.44億円と推定されます。
平均年収
2013 596万円
2014 610万円
2015 612万円
2016 614万円
2017 611万円
2018 659万円
2019 660万円

ビーイングの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではビーイングは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではビーイングは1363位(全4524社)で、年収偏差値は61.3でした。
ビーイングの年収ヒストグラム

ビーイングの年齢別年収

ビーイングの20代の想定平均年収は465万円、30代の想定平均年収は657万円でした。 ビーイングの初任給はおよそ29万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 380万円 29万円
25-29歳 551万円 42万円
30-34歳 633万円 49万円
35-39歳 680万円 52万円
40-44歳 726万円 56万円
45-49歳 769万円 59万円
50-54歳 814万円 63万円
55-59歳 799万円 61万円
60-64歳 627万円 48万円
ビーイングの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


ビーイングの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、ビーイングの 平均年間賞与額は82万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2013 79万円
2014 70万円
2015 75万円
2016 73万円
2017 71万円
2018 98万円
2019 82万円


ビーイングの業種・地域

ビーイングの本社所在地は三重県です。三重県を含む近畿地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 近畿地方内での年収ランキングは222位(全744社)でした。
※こちらは、実際の企業数とは大きく異なる点に注意してください。多くの企業が本社所在地を東京にしているため、それ以外の地域では企業数が少なくなります。
ビーイングの年収ヒストグラム(近畿地方内)
ビーイングは、業種カテゴリとしては ソフトウェア業に属します。 ソフトウェア業内での年収ランキングは 72位(全241社) でした。

ソフトウェア業内での年収ランキング
ビーイングの年収ヒストグラム(ソフトウェア業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

ビーイングの従業員数は278人

ビーイングの従業員数は278人でした。
従業員数
2013 233人
2014 235人
2015 239人
2016 245人
2017 247人
2018 252人
2019 278人
ビーイングの従業員数

ビーイングの売上、純利益

ビーイングの最新の売上高は44.1億円(売上ランキング3273位)でした。 従業員一人当たりの売上高は1585万円(一人当たり売上ランキング4055位)です。
ビーイングの売上高
ビーイングの最新の純利益は3.29億円(純利益ランキング2570位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約118万円(一人当たり純利益ランキング2713位)です。
ビーイングの純利益

ビーイングに転職するには?

ビーイングに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

ビーイングの歴史

ビーイングの歴史について年表形式でご紹介します。
1984年9月三重県津市に、イリイ三重株式会社(資本金400万円)を設立。
1987年7月土木工事積算システム「ガイア」の販売を開始。
1992年6月土木工事積算システム「ガイアⅡ」の販売を開始。
1994年12月新潟県長岡市に長岡営業所を開設。土木工事積算システム「ガイアEX」の販売を開始。
1996年2月インターネット接続サービス「アレスネット」を開始。
1996年8月出来形品質管理システムの販売を開始。
1997年1月土木工事積算システム「Gaia」Windows版の販売を開始。
1998年6月実行予算・原価管理システム「CHARITES」の販売を開始。
1999年10月日本証券業協会に店頭登録。(ジャスダック上場に伴い2004年12月に登録抹消。)
2001年11月現場情報化支援ツール「現場DEネット」をASP形式にて提供開始。
2001年12月工程管理システム「BeingProject」の販売を開始。
2002年4月土木工事積算システム「Gaia21」の販売を開始。
2003年6月実行予算・原価管理システム「Charites21」の販売を開始。
2003年12月性能設計支援システム「Avoid」の販売を開始。
2004年5月土木工事積算システム「GaiaMX」の販売を開始。
2004年12月株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場。
2005年12月クリティカルチェーン・プロジェクトマネジメントシステム「BeingProject-CCPM」の販売を開始。
2006年11月マネジメント改革ソリューション「BeingManagement-CCPM」の販売を開始。
2008年1月土木工事積算システム「GaiaRX」の販売を開始。鹿児島県鹿児島市に鹿児島営業所を開設。
2008年7月建設業界向け工程管理システム「BeingManagement-CCPM建設版」の販売を開始。
2008年8月入札マネジメントシステム「BeingBid」の販売を開始。
2008年9月見積・実行予算システム「BeingBudget」の販売を開始。
2009年4月土木工事積算システム「GaiaRX Ultimate」の販売を開始。
2009年10月クリティカルチェーン・プロジェクトマネジメントシステム「BeingManagement2」の販売を開始。
2010年2月生産スケジューリングソフト「Insync」の販売を開始。
2010年4月ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所に上場。
2010年10月大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQに株式を上場。
2011年6月CCPMソフトウェア「BeingManagement3」の販売を開始。
2012年1月工事成績評定点シミュレーション「評点PLUS」の販売を開始。
2012年9月土木工事積算システム「Gaia9」の販売を開始。
2013年7月東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQに上場。
2013年10月ミャンマー連邦共和国に子会社 Being (Myanmar) Co.,Ltd. を設立。
2014年1月プロジェクト管理ソフトウェア「BeingManagementクラウドサービス」の販売を開始。
2016年9月工程管理機能付きASP型工事情報共有システム「BeingCollaboration PM」のサービスを開始
2017年6月長崎県五島市に子会社・株式会社ビーイングDCを設立。
2017年10月土木工事積算システム「Gaia10」の販売を開始。
2019年1月東京都新宿区に子会社・株式会社ビーイングコンサルティングを設立。

ビーイングの子会社

ビーイングの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
株式会社プラスバイプラス 設備関連事業
Being (Myanmar) Co.,Ltd 建設関連事業
株式会社ビーイングコンサルティング 生産性向上コンサルティング事業
株式会社ラグザイア 建設関連事業
有限会社トゥルース 有価証券の保有・運用及び人材育成・研修業務

ビーイングの類似企業

ビーイングを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
山田コンサルティンググループ 804万円 725人
フューチャー 807万円 312人
プロレド・パートナーズ 661万円 142人
サインポスト 600万円 135人
エクスモーション 708万円 64人
ビジネスブレイン太田昭和 692万円 603人
タナベ経営 691万円 379人
船井総研HD 662万円 107人
電通国際情報サービス 1047万円 1633人
ジェクシード 564万円 39人

ビーイングと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
スターティアHD 728万円
PCIHD 668万円
GMOペイメントゲートウェイ 686万円
フリー 688万円
アイ・エス・ビー 599万円
ロコガイド 627万円
GA technologies 730万円
ODKソリューションズ 674万円
ビジネスブレイン太田昭和 692万円
コア 592万円

ビーイングと売上高が近い企業

企業名 売上高
シダックス 41.9億円
ニッコウトラベル 41.9億円
イチネンHD 44.6億円
AI inside 46.0億円
JMACS 43.6億円
ケーユーHD 42.2億円
菊池製作所 46.9億円
玉井商船 44.7億円
ディ・アイ・システム 41.8億円
ミズホメディー 42.1億円