年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

アドバンスト・メディアの平均年収

2022年07月19日 22:22

アドバンスト・メディアとは

アドバンスト・メディアとは、ソフトウェア業を営む東京都の上場企業です。
企業名 アドバンスト・メディア
本社所在地 豊島区東池袋三丁目1番1号 サンシャイン60 42階
売上高 43.3億円
社員数 206人
平均年収 603万円
推定初任給 28万円
年収偏差値 57.4
平均年齢 38.0歳
平均勤続年数 7.08年

有価証券報告書によるとアドバンスト・メディアの事業内容は次の通りです。

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社アドバンスト・メディア)と連結子会社2社、非連結子会社1社により構成されており、事業セグメントは、音声事業の単一セグメントであります。

 

音声事業

当社グループは、音声認識技術AmiVoice®を核とした事業を展開しております。その事業内容は、①AmiVoice®を組み込んだ音声認識ソリューションの企画・設計・開発を行う「ソリューション事業」、②AmiVoice®を組み込んだアプリケーション商品をライセンス販売する「プロダクト事業」、③企業内のユーザーや一般消費者へAmiVoice®をサービス利用の形で提供する「サービス事業」の3つを行っています。

 なお、音声事業の単一セグメントは、既存コアビジネスをBSR1(第一の成長エンジン)、新規ビジネスの創生、M&A、海外事業をBSR2(第二の成長エンジン)と定義し、8のプロフィットユニットで構成されております。

 

第一の成長エンジン(既存コアビジネス)

当社のCTI事業部、VoXT事業部、医療事業部、STF事業部の4つのプロフィットユニットで構成をしております。

 

第二の成長エンジン(新規ビジネスの創生、M&A、海外事業)

当社の海外事業部、ビジネス開発センター、および連結子会社のAMIVOICE THAI CO., LTD.(タイ王国)、株式会社速記センターつくばの4つのプロフィットユニットで構成をしております。

注)事業部名称の語源は次のとおりです。
CTI: Computer Telephony Integration,

VoXT: Voice Texting,
STF: Speech Transformation,

 

分野別の導入事例および代表的な製品は次の表のとおりです。

分野

導入事例および代表的な製品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コールセンター

業務効率化・コンプライアンス強化・音声と文字による通話モニタリング・応対品質向上など、音声認識技術を活用した新しいコールセンター向けソリューションを提供。

導入事例

銀行、生命保険会社、メーカー、製薬会社、通信販売会社432社に導入(2022年3月末現在)

株式会社三井住友銀行

株式会社三菱UFJ銀行

大同生命保険株式会社

大樹生命保険株式会社

朝日生命保険相互会社

日本生命保険相互会社

三井住友カード株式会社

株式会社ジャルカード

東邦薬品株式会社

株式会社ジャパネットホールディングス

株式会社スカパー・カスタマーリレーションズ

株式会社日立ハイテクフィールディング

株式会社日立システムズ

株式会社ベルシステム24

製品

音声認識トータルソリューション 「AmiVoice® Communication Suite」

音声認識クラウドリューション   「AmiVoice® Communication Suite Cloud」

通話録音を全文テキスト化       「AmiVoice® MediaScriber」

通話を探す・見る・聞く・活用   「AmiVoice® SpeechVisualizer」

Amazon Connect向け音声認識API  「AmiVoice® TextStream for Amazon Connect」

 

議事録・書き起こし

議事録支援システムを自治体および民間企業に提供。発言内容をリアルタイムにテキスト化し、議事録作成業務・書き起こしの効率化を実現。情報公開のスピード化、業務量の軽減、コスト削減を実現。

導入事例

東京都議会、北海道議会、宮城県議会、広島県議会、大阪府庁、沖縄県庁、神奈川県庁、兵庫県庁、福島県庁、伊勢市議会、笠間市役所、佐賀市議会、沼津市議会、箱根町議会等自治体、湘南信用金庫、大手民間企業、放送局等1,082施設に導入(2022年3月末現在)

製品

文字起こし支援アプリケーション 「AmiVoice® ScribeAssist」

クラウド型文字起こしサービス  「ProVoXT」

クラウド型議事録作成支援ツール 「CyberScribe」

 

 

分野

導入事例および代表的な製品

医療

 

医療専門用語を標準搭載した音声入力システムを提供。話すだけで手軽に電子カルテや読影レポート、調剤薬歴などを入力でき、忙しい医療現場での業務効率化を実現。

導入事例

病院、診療所、放射線科、調剤薬局など全国15,911施設に導入(2022年3月末現在)

(日本調剤株式会社、クラフト株式会社、北海道大学病院、大阪大学医学部附属病院、聖路加国際病院、熊本赤十字病院、松下記念病院、順天堂大学練馬病院、東京女子医科大学病院、東京医科大学病院、株式会社大阪先端画像センター、東京慈恵会医科大学附属病院、東海大学医学部付属病院、旭川医科大学付属病院、防衛医科大学付属病院、国立病院機構新潟病院、昭和大学藤が丘病院、国立病院機構相模原病院)

製品

診療所/病院電子カルテ向け 「AmiVoice® Ex7Clinic/Hospital」

放射線読影診断レポート向け 「AmiVoice® Ex7 Rad」

調剤電子薬歴向け       「AmiVoice® Ex7 Pharmacy」

病理レポート        「AmiVoice® Ex7 Path」

内視鏡レポート作成向け     「AmiVoice® EX7 Endoscope」

整形外科電子カルテ向け    「AmiVoice® Ex7 Orthopaedic」

医療メール・論文作成用   「AmiVoice® Ex7 MedMail」

医療・調剤・介護向け クラウド型音声入力サービス

              「AmiVoice® CLx」

医療向け AI音声認識ワークシェアリングサービス

              「AmiVoice iNote®/iNote Lite®

法医学用音声入力システム  「AmiVoice® Forensic Medicine」

対面診療・オンライン診療向けクラウド型音声入力操作支援システム

              「AmiVoice® OAM」

医療・薬局向け対面コミュニケーションアプリ

              「AmiVoice® Com-Support」

医療従事者と患者の会話を音声録音・文字化

              「AmiVoice® IC-Support」

医療カンファレンス向け 音声認識 議事録作成支援ソフトウエア

              「AmiVoice® Medical Conference」

 

製造・物流・流通

ハンズフリー・アイズフリーで現場作業の負担を軽減。入出庫管理・在庫管理・棚卸し・ピッキング・製品検査・検品・各種伝票作成・製造工程管理等に活用可能。

導入事例

車両監査業務で音声認識を使ったキーボード入力(岐阜車体工業株式会社)

物流現場で音声認識を使用した仕分けシステム(株式会社銀座コージーコーナー)

音声認識を活用した声によるFAXなどの受注伝票入力システム(和光堂株式会社)

製品

音声認識キーボード入力システム      「AmiVoice® Keyboard」

点検・検査記録向け対話型ハンズフリー音声入力システム「AmiVoice® CSE」

ボイスピッキングシステム                 「AmiVoice® iPicking」

 

商談記録・報告業務

日報や業務報告書をいつでもどこでもスマート端末でリアルタイムに作成。記載量の増加と音声入力により負担の軽減を実現。

導入事例

「MR活動報告アプリケーション」(第一三共株式会社)

営業報告アプリケーション(三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社)

製品

会話解析ソリューション      「AmiVoice® SF-CMS」

iOS向け音声入力キーボードアプリ  「AmiVoice® SBx」

Windows向け音声入力ソフト         「AmiVoice® Ex7 Business」

建設・不動産

ゼネコンや不動産業界向けの音声認識プラットフォームサービス。検査や議事録作成などの業務効率化と品質向上を実現。建設・不動産会社399社に導入(2022年3月末現在)

導入事例

大成建設株式会社

鉄建建設株式会社

飛島建設株式会社

日本国土開発株式会社

株式会社長谷工コーポレーション

三井住友建設株式会社

製品

建築工程管理のプラットフォームサービス

      「AmiVoice® スーパーインスペクションプラットフォーム(SIP)」

音声認識議事録作成プラットフォームサービス

      「AmiVoice® スーパーミーティングメモ」

 

分野

導入事例および代表的な製品

AI対話

ヒトの代わりにAIが24時間自動応答。キャラクター対話、チャットボット、IVRなど、AI技術を活用した次世代の音声対話システム。

導入事例

AIコンシェルジュ(株式会社TACT)

AI音声対話アプリ「バーチャルアシスタント」(株式会社三菱 UFJ 銀行)

バーチャルデスク(株式会社レオパレス21)

製品

バーチャルオペレーターソリューション  「AmiAgent®

開発キット・API

音声文字化や音声対話、音声制御、音声翻訳等、アプリケーション、Webサイト等の各種サービスにAmiVoice®が利用可能。

導入事例

文字起こしエディタ「もじこ」(株式会社TBSテレビ)

AI音声翻訳機「Langogo」(Langogo Technology Co.,LTD.)

AI音声認識文字起こしアプリ「Notta」(Langogo Technology Co.,LTD.)

通話録音システム「YouWire」(株式会社ギークフィード)

コンタクトセンターのコミュニケーター教育「AIセルフトレーニング」(株式会社東京システムリサーチ)

会議記録サービス「toruno」(株式会社リコー)

オンライン営業システム「bellFace」(ベルフェイス株式会社)

製品

音声認識API開発プラットフォーム 「AmiVoice® Cloud Platform」

音声認識開発キット       「AmiVoice® SDK」

マイクデバイス

音声認識・音声対話に特化したマイクデバイス。

過酷な騒音環境下でも利用でき、高い認識率を実現。

製品

バッジ型ウェアラブルマイクデバイス    「AmiVoice® Front WT01」

オリジナルハンドマイク         「AmiVoice® Front SP01」

超指向性小型スタンドマイク       「AmiVoice® Front ST01」

2ch出力機能搭載マイク集約デバイス    「AmiVoice® Front HUB01」

超小型2ch録音対応マイクデバイス     「AmiVoice® Front FF01」

※画像は省略されています

アドバンスト・メディアの平均年収は603万円

アドバンスト・メディアの平均年収は603万円です。 去年の全国平均年収430万円より40.2%高いです。 過去のデータを見ると577万円(最低)から622万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、アドバンスト・メディアの生涯収入はおよそ2.23億円と推定されます。
平均年収
2013 608万円
2014 598万円
2015 577万円
2016 590万円
2017 594万円
2018 622万円
2019 606万円
2020 606万円
2021 603万円

アドバンスト・メディアの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではアドバンスト・メディアは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではアドバンスト・メディアは2185位(全4662社)で、年収偏差値は57.4でした。
アドバンスト・メディアの年収ヒストグラム

アドバンスト・メディアの年齢別年収

アドバンスト・メディアの20代の想定平均年収は440万円、30代の想定平均年収は609万円でした。 アドバンスト・メディアの初任給はおよそ28万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 365万円 28万円
25-29歳 515万円 40万円
30-34歳 588万円 45万円
35-39歳 629万円 48万円
40-44歳 670万円 52万円
45-49歳 708万円 54万円
50-54歳 747万円 57万円
55-59歳 734万円 56万円
60-64歳 582万円 45万円
アドバンスト・メディアの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


アドバンスト・メディアの賞与・ボーナス

アドバンスト・メディアの年間賞与額は80万円程度と推定されます。 なお、アドバンスト・メディア社は有価証券報告書に賞与引当金の記載が無いため、 類似企業や年収マスターが保持しているデータから推測した値となります。
平均賞与額
2013 81万円
2014 80万円
2015 77万円
2016 79万円
2017 79万円
2018 83万円
2019 81万円
2020 81万円
2021 80万円


アドバンスト・メディアの業種・地域

アドバンスト・メディアの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは1514位(全2826社)でした。
アドバンスト・メディアの年収ヒストグラム(関東地方内)
アドバンスト・メディアは、業種カテゴリとしては ソフトウェア業に属します。 ソフトウェア業内での年収ランキングは 134位(全261社) でした。

ソフトウェア業内での年収ランキング
アドバンスト・メディアの年収ヒストグラム(ソフトウェア業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

アドバンスト・メディアの従業員数は206人

アドバンスト・メディアの従業員数は206人でした。
従業員数
2013 98人
2014 119人
2015 129人
2016 137人
2017 143人
2018 153人
2019 180人
2020 200人
2021 206人
アドバンスト・メディアの従業員数

アドバンスト・メディアの売上、純利益

アドバンスト・メディアの最新の売上高は43.3億円(売上ランキング3357位)でした。 従業員一人当たりの売上高は2102万円(一人当たり売上ランキング3854位)です。
アドバンスト・メディアの売上高
アドバンスト・メディアの最新の純利益は5.20億円(純利益ランキング2585位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約252万円(一人当たり純利益ランキング2354位)です。
アドバンスト・メディアの純利益

アドバンスト・メディアに転職するには?

アドバンスト・メディアに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

アドバンスト・メディアの歴史

アドバンスト・メディアの歴史について年表形式でご紹介します。
1997年12月 株式会社アドバンスト・メディアを東京都中央区日本橋蛎殻町一丁目32番6号に設立。
1998年1月 Interactive Systems, Inc.社と日本語音声認識システムAmiVoice®の共同開発を開始し、同時にAmiVoice®をベースとした音声認識市場の構築事業に着手。
1999年3月 AmiVoice®の評価・改良のために「音声認識ソフトウエアの研究コンソーシアム」を結成し、開発支援ツールキットAmiVoice® SDKをリリース開始。
2000年7月 本社を東京都豊島区東池袋三丁目1番1号に移転。 開発支援ツールキットAmiVoice® SDKをリリースし、ソリューションサポート事業を開始。
2000年11月 ホームページ音声認識アプリケーションAmiVoice® Webをリリースし、企業向けのライセンス事業を開始。
2001年11月 開発委託先である関連会社Multimodal Technologies, Inc.社設立。 Interactive Systems, Inc.社をMBOによりMultimodal Technologies, Inc.社に吸収。当社より、取締役2名を派遣。
2003年8月 議事録作成支援アプリケーションAmiVoice® Rewriter、コールセンター向け通話録音のテキスト化アプリケーションAmiVoice® CallScriber等をリリースし、高付加価値のライセンス事業を開始。
2005年6月 株式会社東京証券取引所マザーズに株式を上場。
2008年9月 タイにおける音声認識ソリューションの開発、提供を目的としてAMIVOICE THAI CO.,LTD.を設立。
2013年12月 大阪に既存ビジネスの拡大および新機軸サービス事業の取り組みを加速させるために「ビジネス開発センター」を設立。
2020年7月 音声認識APIを提供する開発プラットフォーム「AmiVoice® Cloud Platform」で領域特化型エンジンの提供を開始。
2021年3月 音声認識専用 対面用小型2chマイク「AmiVoice® Front FF01」をリリース。 株式会社FRONTEOと認知症診断支援領域の医療AIソフトウエア開発に向け、共同研究を開始。

アドバンスト・メディアの子会社

アドバンスト・メディアの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
AMIVOICE THAI CO.,LTD. 音声事業(音声認識ソリューションの開発及び提供)
株式会社速記センターつくば 音声事業(文字起こし、会議録作成)

アドバンスト・メディアの類似企業

アドバンスト・メディアを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
データセクション 547万円 33人
ソフトウェア・サービス 492万円 1534人
エーアイ 472万円 51人
ファインデックス 541万円 274人
フュートレック 624万円 74人
SBテクノロジー 728万円 890人
テクマトリックス 783万円 511人
ネクストジェン 744万円 101人
コラボス 463万円 93人
コア 601万円 1039人

アドバンスト・メディアと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
サイボウズ 611万円
ユナイトアンドグロウ 586万円
デジタルプラス 579万円
ソレキア 615万円
GMOグローバルサイン・HD 576万円
WACUL 554万円
池上通信機 591万円
網屋 621万円
フーバーブレイン 603万円
システム・ロケーション 597万円

アドバンスト・メディアと売上高が近い企業