年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

ライフネット生命保険の平均年収

2022年08月28日 17:19

ライフネット生命保険とは

ライフネット生命保険とは、保険・保証業を営む東京都の上場企業です。
企業名 ライフネット生命保険
本社所在地 千代田区麹町二丁目14番地2麹町NKビル
売上高 262億円
社員数 174人
平均年収 743万円
推定初任給 34万円
年収偏差値 65.1
平均年齢 40.2歳
平均勤続年数 5.3年

有価証券報告書によるとライフネット生命保険の事業内容は次の通りです。

(1) 主な事業内容

 当社は、2006年10月23日に設立され、保険業法に基づく免許・認可を得て2008年5月18日より営業を開始した、インターネットを主な販売チャネルとする生命保険会社です。相互扶助という生命保険の原点を忘れず、「正直に経営し、わかりやすく、安くて便利な商品・サービスを提供することで、お客さま一人ひとりの生き方を応援する」という経営理念のもと、生命保険事業を営んでおります。主な事業内容は以下のとおりです。なお、当社は生命保険事業の単一セグメントとなっております。

 

 ①保険引受業務

 生命保険業免許に基づき、人の生存又は死亡に関して一定額の保険金等を支払うことを約し保険料を収受する保険の引受業務を営んでおります。

 ②資産運用業務

 保険業法、同法施行規則に定めるところにより、生命保険の保険料として収受した金銭その他の資産の運用業務を営んでおります。

 ③業務の代理・事務の代行業務

 他の保険会社等の業務の代理又は事務の代行を行っております。

 

 また、当社子会社のライフネットみらい株式会社は、保険選びサイト「betterChoice(ベターチョイス)」の運営を通じたオンライン保険代理店事業等を行っています。

 

 

(2) マニフェストを基軸とした経営

 当社は、「正直に経営し、わかりやすく、安くて便利な商品・サービスを提供することで、お客さま一人ひとりの生き方を応援する」という経営理念を「ライフネットの生命保険マニフェスト」として、経営の柱と位置付けております。デジタルテクノロジーを活用しながら、保険相談、お申し込みから保険金等のお支払いまで、一貫してお客さまの視点に立った商品・サービスの提供を実現するとともに、オンライン生保市場の拡大を力強く牽引するリーディングカンパニーを目指します。

ライフネットの生命保険マニフェスト

「正直に わかりやすく、安くて、便利に。」

第1章 私たちの行動指針

(1) 私たちは、生命保険の未来をつくる。生命保険は生活者の「ころばぬ先の杖がほしい」という希望から生まれてきたという原点を忘れずに。

(2) 私たちは、お客さまの声に耳を傾け、お客さまに何が必要かを常に考え行動する。

(3) 私たちは、自分たちの友人や家族に自信をもってすすめられる商品・サービスだけを届ける。

(4) 顔の見える会社にする。私たちは、経営のこと、商品のこと、社員のこと、どんな会社なのか、正直に伝える。

(5) 私たちは、多様性を尊重し、協力しあうことで、変化に対応しつづける。100年後もお客さまに安心を届けられる会社であるために。

(6) 私たちは、常に誠実に行動する。コンプライアンスを遵守し、倫理を大切にする。

第2章 生命保険を、もっと、わかりやすく

(1) 私たちは、「生命保険がわかる」情報を提供する。お客さまが自分にあった保障を納得して、選べるように。

(2) 私たちは、誰もが読んで理解できる「約款」(保険契約書)をつくる。

(3) 私たちは、お申し込みだけでなく、保険金・給付金を請求するときにこそ、わかりやすいと思ってもらえる商品やサービスを届ける。

第3章 生命保険料を、安くする

(1) 私たちは、保障内容を過剰にしない。必要な備えを、適正な生命保険料で提案する。

(2) 私たちは、よい商品を安く提供するための工夫を怠らない。

(3) 私たちは、生命保険料を抑え、その分をお客さまの人生の楽しみに使ってほしいと考える。

第4章 生命保険を、もっと、便利に

(1) 私たちは、ご契約の検討から保険金・給付金の受け取りまで、あらゆる場面でお客さまの便利を追求する。

(2) 私たちは、私たちの考えに共鳴してくれたパートナーと協力して、お客さまに商品やサービスを届ける手段を増やす。

(3) 私たちは、生命保険の枠を超えて、「生きていく」ことを支える情報とサービスに触れる機会を増やす。

(4) 私たちは、お客さまの期待の先にある「便利な生命保険」を通して、次の時代の当たり前をつくる。

お客さま一人ひとりの生き方を応援する企業でありたい。

そのために、これからも挑戦を続けます。

 

(3) 商品構成

 当社の商品は、インターネットを通じてお客さまに「比較し、理解し、納得して」ご契約いただきたいという考えのもと、いずれの商品も複雑な特約や配当のない、シンプルでわかりやすい保障内容となっております。また、ホワイトレーベル商品として、2016年4月からKDDI株式会社を通じて販売している「auの生命ほけん」、2020年4月から株式会社セブン・フィナンシャルサービスを通じて販売している「セブン・フィナンシャルサービスの生命ほけん」、2021年7月から株式会社マネーフォワードを通じて販売している「マネーフォワードの生命保険」があります。商品はいずれも、個人向け保障性商品のみであり、個人年金保険・団体保険・団体年金保険等の取扱いはありません。

 

(主要商品の概要)

 定期死亡保険「かぞくへの保険」は、低廉な保険料で大きな保障が得られる「定期型」で、死亡や所定の高度障害状態となった場合に、保険金を受け取ることができる保険です。

 終身医療保険「じぶんへの保険3」「じぶんへの保険3レディース」は、入院や手術に備える保険です。加入時の保険料が変わらず、一生涯保障が続く「終身型」で、保障内容に応じて、「エコノミーコース」、「おすすめコース」を設けております。また、「じぶんへの保険3レディース」は女性特有の病気で入院した場合に備えて手厚い保障が受けられる保険です。

 就業不能保険「働く人への保険3」は、2021年6月に販売を開始しました。病気やケガで働けなくなった時の生活費から、就業復帰後も生じる治療費の負担や収入減少もサポートする、新しいコンセプトの商品です。

 がん保険「ダブルエール」は、治療費に備える「治療サポート給付金」と、がん治療に伴う休職や時短勤務等による収入の減少に備える「がん収入サポート給付金」のダブルの保障を受けられる保険です。

 なお、「auの生命ほけん」「セブン・フィナンシャルサービスの生命ほけん」「マネーフォワードの生命保険」は、上記の保険商品と保障内容は同一です。

 

(4) 販売チャネル

 当社は、インターネットを主な販売チャネルとする生命保険会社です。インターネットを活用することにより、営業職員の人件費や店舗の維持等に係る経費(販売経費)を抑えられることから、営業職員を主体とする従来の生命保険会社と比べ、相対的に低廉な保険料での商品提供が可能となります。

 当社の店舗であるウェブサイト及びコンタクトセンターを活用して、お客さまの保険選びをサポートしております。ウェブサイトでは、商品内容の説明に加え、お客さまに適した保障を選んでいただくためのコンテンツを工夫するなど、初めて訪れるお客さまにもわかりやすい説明を心がけるとともに、申し込み過程でお客さまの意向確認を行っております。コンタクトセンターでは、申し込みや見直しでお悩みのお客さまには、保険相談窓口を用意して、電話、メールやチャットによって、経験豊富な保険プランナーが保険選びをサポートしております。

 また、当社は、ホワイトレーベルチャネルを通じた販売を強化しております。これにより、さらに幅広いお客さまに当社の商品・サービスをお届けすることが可能となりました。将来的には、お客さまのニーズを把握しながら、それぞれのチャネルに適合する独自性のある商品・サービスの開発を検討してまいります。なお、当社の保険募集代理店であるKDDI株式会社は、当社のその他の関係会社です。

 これらに加えて、保険料の内訳(付加保険料)や代理店手数料率の開示など、情報開示を積極的に行うとともに、コンタクトセンターは、平日に加え、土曜日・日曜日・祝日営業(平日20時、土日祝18時まで営業)も行うなど、利便性向上に努めております。また、ふれあいフェア(ご契約者さまとの集い)の開催、ソーシャルメディアを活用したお客さまとの対話など、顧客接点の充実に取り組んでおります。

 

 

[主な販売チャネル別アクセス経路]

 

*1. ホワイトレーベルチャネルにおける協業パートナー企業は、KDDI株式会社(その他の関係会社)、株式会社セブン・フィナンシャルサービス、株式会社マネーフォワードです。

※画像は省略されています

ライフネット生命保険の平均年収は743万円

ライフネット生命保険の平均年収は743万円です。 去年の全国平均年収430万円より72.8%高いです。 過去のデータを見ると636万円(最低)から767万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、ライフネット生命保険の生涯収入はおよそ2.75億円と推定されます。
平均年収
2013 767万円
2014 726万円
2015 636万円
2016 665万円
2017 659万円
2018 666万円
2019 733万円
2020 740万円
2021 743万円

ライフネット生命保険の平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではライフネット生命保険は赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではライフネット生命保険は801位(全4662社)で、年収偏差値は65.1でした。
ライフネット生命保険の年収ヒストグラム

ライフネット生命保険の年齢別年収

ライフネット生命保険の20代の想定平均年収は537万円、30代の想定平均年収は750万円でした。 ライフネット生命保険の初任給はおよそ34万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 442万円 34万円
25-29歳 632万円 49万円
30-34歳 725万円 56万円
35-39歳 776万円 60万円
40-44歳 828万円 64万円
45-49歳 876万円 67万円
50-54歳 926万円 71万円
55-59歳 909万円 70万円
60-64歳 717万円 55万円
ライフネット生命保険の年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


ライフネット生命保険の賞与・ボーナス

ライフネット生命保険の年間賞与額は99万円程度と推定されます。 なお、ライフネット生命保険社は有価証券報告書に賞与引当金の記載が無いため、 類似企業や年収マスターが保持しているデータから推測した値となります。
平均賞与額
2013 102万円
2014 97万円
2015 85万円
2016 89万円
2017 88万円
2018 89万円
2019 98万円
2020 99万円
2021 99万円


ライフネット生命保険の業種・地域

ライフネット生命保険の本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは596位(全2826社)でした。
ライフネット生命保険の年収ヒストグラム(関東地方内)
ライフネット生命保険は、業種カテゴリとしては 保険・保証業に属します。 保険・保証業内での年収ランキングは 26位(全81社) でした。

保険・保証業内での年収ランキング
ライフネット生命保険の年収ヒストグラム(保険・保証業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

ライフネット生命保険の従業員数は174人

ライフネット生命保険の従業員数は174人でした。
従業員数
2013 88人
2014 90人
2015 121人
2016 144人
2017 151人
2018 146人
2019 160人
2020 165人
2021 174人
ライフネット生命保険の従業員数

ライフネット生命保険の売上、純利益

ライフネット生命保険の最新の売上高は262億円(売上ランキング1697位)でした。 従業員一人当たりの売上高は1.50億円(一人当たり売上ランキング584位)です。
ライフネット生命保険の売上高
ライフネット生命保険の最新の純利益は-33.2億円(純利益ランキング4552位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約-1907万円(一人当たり純利益ランキング4505位)です。
ライフネット生命保険の純利益

ライフネット生命保険に転職するには?

ライフネット生命保険に転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

ライフネット生命保険の歴史

ライフネット生命保険の歴史について年表形式でご紹介します。
2006年10月 東京都港区赤坂に生命保険準備会社として「ネットライフ企画株式会社」を設立
2008年5月 営業開始定期死亡保険『かぞくへの保険』、終身医療保険『じぶんへの保険』の販売を開始
2008年10月 オンライン生命保険募集代理店を通じた販売を開始
2009年6月 モバイルサイトでの生命保険申し込み受付サービスを開始
2010年2月 就業不能保険『働く人への保険』の販売を開始
2012年3月 東京証券取引所マザーズに株式を上場
2012年6月 スマートフォンでの生命保険申し込み受付サービスを開始
2012年10月 定期療養保険『じぶんへの保険プラス』の販売を開始 医療保険の給付金請求における診断書提出を原則不要とし、簡易な請求プロセスを実現
2014年5月 改定した定期死亡保険『かぞくへの保険』、終身医療保険『新じぶんへの保険』及び『新じぶんへの保険レディース』の販売を開始
2015年11月 同性のパートナーを死亡保険金受取人として指定可能とする取扱いを開始
2016年4月 KDDI株式会社を通じて、『auの生命ほけん』の販売を開始
2016年6月 就業不能保険『働く人への保険2』の販売を開始
2016年7月 生命保険会社で初めて「LINEビジネスコネクト」を活用した保険相談サービスを開始
2016年12月 保険料還付金付き『auの生命ほけん』の販売を開始
2017年8月 がん保険『ダブルエール』の販売を開始
2018年4月 保険料を値下げするなどの改定をした定期死亡保険『かぞくへの保険』の販売を開始
2019年12月 終身医療保険『じぶんへの保険3』、『じぶんへの保険3レディース』の販売を開始
2020年4月 『セブン・フィナンシャルサービスの生命ほけん』の販売を開始
2021年5月 保険代理業等を行う合弁会社として「ライフネットみらい株式会社」を、株式会社MILIZEと設立
2021年6月 就業不能保険『働く人への保険3』の販売を開始
2021年7月 『マネーフォワードの生命保険』の販売を開始
2021年7月 ライフネットみらい株式会社が、オンライン保険代理店事業等を開始、保険選びサイト「betterChoice」の運営を開始
2022年4月 東京証券取引所の市場区分の見直しにより、東京証券取引所マザーズからグロース市場に移行

ライフネット生命保険の子会社

ライフネット生命保険の子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
KDDI株式会社 電気通信事業
auフィナンシャル ホールディングス株式会社 銀行持株会社 保険持株会社

ライフネット生命保険の類似企業

ライフネット生命保険を見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
キャピタル・アセット・プランニング 580万円 294人
SBIインシュアランスグループ 800万円 22人
第一生命HD 979万円 801人
T&DHD 1058万円 117人
MS&ADインシュアランスグループHD 1098万円 401人
ソニーフィナンシャルグループ 1124万円 114人
アイリックコーポレーション 483万円 293人
日本郵政 798万円 1994人
かんぽ生命保険 651万円 7545人
極東証券 887万円 237人

ライフネット生命保険と平均年収が近い企業

ライフネット生命保険と売上高が近い企業

企業名 売上高
山崎金属産業 260億円
I−ne 270億円
日本伸銅 261億円
巴コーポレーション 253億円
日本証券金融 266億円
日華化学 253億円
ソラシドエア 261億円
エスペック 263億円
保土谷化学工業 258億円
トップカルチャー 257億円