年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

ユーザベースの平均年収

2021年07月21日 17:07

ユーザベースとは

ユーザベースとは、インターネット業を営む東京都の上場企業です。
企業名 ユーザベース
本社所在地 港区六本木7−7−7
売上高 53.2億円
社員数 198人
平均年収 797万円
推定初任給 38万円
年収偏差値 57.8
平均年齢 34.0歳
平均勤続年数 2.7年

有価証券報告書によるとユーザベースの事業内容は次の通りです。

(1) 事業の概要

当社及び当社の関係会社(以下、「当社グループ」という。)は、「経済情報で、世界を変える」をミッションに掲げ、世界中の経済情報を人とテクノロジーの力で整理・分析・創出することで、人々の生産性を高め、創造性を解放し、世界中の意思決定を支えるプラットフォームを作りあげたいと考えています。

当該ミッションを達成するために、当社グループは、B2Bサービスである企業・業界分析を行うビジネスパーソンのためのオンライン情報プラットフォーム「SPEEDA」及びB2Cサービスであるソーシャル経済メディア「NewsPicks」を主要事業として運営しています。

また、当社グループは、当社、子会社15社(国内子会社10社(株式会社ミーミル、株式会社ニューズピックス、株式会社NewsPicks Studios、株式会社アルファドライブ、株式会社INITIAL、株式会社FORCAS、株式会社UB Ventures、UBV Fund-Ⅰ投資事業有限責任組合、他2社)、海外子会社5社(上海優則倍思信息科技有限公司、Uzabase USA, Inc.、他3社))で構成されています。

 

■ SPEEDA事業

「SPEEDA」は、企業・業界分析を行うすべてのビジネスパーソンのための法人向けオンライン情報プラットフォームです。金融機関・コンサルティングファーム・会計ファームの他、事業会社を顧客とし、2020年12月末現在、顧客の所在地は日本国内に加えアジア諸国を中心として世界15ヶ国にわたっています。利用者は、インターネットが接続できる環境であれば、いつでも「SPEEDA」を利用することができ、世界200ヶ国以上をカバーした企業の財務、株価データ、560を超える業界の地域別の分析レポートの他、統計データ、経済ニュース、M&A情報、特許動向など、幅広いビジネス情報にワンストップでアクセスすることができます。自社アナリストによる独自コンテンツ「SPEEDAトレンド」では、テクノロジーの最新動向やビジネスモデルの変革など、最先端の情報がレポート等で閲覧可能です。また、「SPEEDA」は利用者の目線に立った開発を追求しており、利用者は直観的な操作によりサービスを利用することができます。

 

「SPEEDA」のサービスの特徴は以下のとおりです。

 

① 世界の企業・業界情報の統合プラットフォーム

世界200ヶ国以上、700万社の上場・未上場企業データの他、195万件以上のグローバルM&Aデータ、グローバル統計データなどの経済情報にワンストップでアクセスできます。また、当社の専属アナリストによる560を超える業界の地域別分析レポートにより、業界の概要から市場、競争環境を短時間で把握することができます。

② 直観的なインターフェースによる操作性

説明書が必要ない直観的な操作性により、必要とする世界中の企業・産業データを簡単に探すことができます。また、データはそのまま「SPEEDA」上で編集、加工できる他、ワンクリックでExcel、PowerPointやPDF等の必要な形式にダウンロードすることができます。

③ アナリストによる分析・リサーチ支援

専門のコンサルタントや業界のアナリストに、より付加価値の高い分析、リサーチ業務を依頼することができます。テクノロジーと専門家の力を組み合わせることで、お客さまのナレッジワーク(注1)を幅広く支援します。

④ 多様な業界・分野における専門家の知見へのアクセスが可能

日本国内に約8,000名のエキスパート・ネットワークを有するミーミル社のエキスパートリサーチ事業をSPEEDAに統合したことにより、企業、業界、トレンドの定量的な情報の取得に留まらず、それらに専門家の知見を組み合わせることで、より精度の高い、スピーディな意思決定が可能になります。

 

「SPEEDA」の契約単位はIDであり、「SPEEDA」の主な収益源は、利用者から受領する「SPEEDA」の契約ID数に応じた月額の定額利用料金です。この他、オプション機能の契約によって追加で発生する月額のオプション利用料金、他社の提供する企業のクレジットレポート(注2)・業界レポートの購入に応じて課金されるレポート料金も「SPEEDA」の収益源となっています。

 

(注)1 ナレッジワークとは、知識により付加価値を生み出す業務のことを指します。
2 クレジットレポートとは、企業の信用情報に関するレポートを指します。

 

「SPEEDA」の事業のMRRの推移は、以下のとおりです。

 

MRR(単位:百万円)

(注1)

2015年3月末

109

2015年6月末

122

2015年9月末

134

2015年12月末

145

2016年3月末

155

2016年6月末

174

2016年9月末

186

2016年12月末

199

2017年3月末

213

2017年6月末

228

2017年9月末

242

2017年12月末

259

2018年3月末

273

2018年6月末

303

2018年9月末

319

2018年12月末

336

2019年3月末

347

2019年6月末

373

2019年9月末

389

2019年12月末

409

2020年3月末

421

2020年6月末

435

2020年9月末

448

2020年12月末

463

 

(注) MRRとはMonthly Recurring Revenueの略称で、継続課金による月次収益であり、初期費用等の一時的な売上は含みません。またMRRは国内と海外の合算です。

 

「SPEEDA」において、主に以下の情報の取得及び機能の利用が可能です。

① 業界情報

各業界のオリジナル業界レポートを閲覧することができます。560を超える業界のオリジナル業界レポートが格納されており、地域は、日本のみならず、中国、マレーシア、インドネシア、タイ、シンガポールなどアジア諸国を中心に世界各国をカバーしています。オリジナル業界レポートは、当社グループに在籍するアナリストによって執筆され、「SPEEDA」のみで提供されるオリジナルコンテンツです。業界レポートは、各業界の特徴などの定性情報、市場の伸びなどの定量情報、業界プレイヤー等について短時間で把握可能な内容になっています。また、当該オリジナル業界レポートに加え、当社提携先の作成する業界レポートを無料又は有料で取得することができます。

② 企業情報

世界約200ヶ国以上の企業に関するデータを閲覧することができます。上場企業については、世界中の上場企業の内、99%以上の情報を格納しており、企業概要、財務データ、セグメント情報、役員情報、株主情報、株価データ、開示資料等が格納されています。また、未上場企業については、国内企業約140万社の会社概要、主要財務データ(一部レンジ表記)等を格納、海外企業は、アジアを中心に約890万社以上の企業概要、主要財務データ、役員情報、株主情報等を格納しています。なお、「SPEEDA」に格納されている各種データは、当社グループ独自で作成したものに加え、外部のデータサプライヤーから有償提供されたものが含まれています。

③ M&A情報

2000年以降の、世界のM&Aデータ195万件以上を格納しています。M&Aデータには案件概要、案件の金額規模、当該案件にかかるアドバイザー、資金供給者等が含まれます。

 

④ ニュース情報

日本語200媒体以上、英語2,300媒体以上のニュース情報を提供しています。キーワードや企業を設定し、該当するニュースをメール通知する機能もあります。

⑤ 分析・検索機能

企業の財務比較分析、株価分析、ヒストリカルマルチプル(注3)分析といった比較・時系列分析、有価証券報告書、その他の開示資料の全文検索、ニュース検索、レポート検索、企業のIRデータ、各国の統計情報の検索などが可能です。

⑥ トレンド情報

ビジネスシフトを促す変化とその影響を「トレンド」と位置づけ、テクノロジーの最新動向やビジネスモデルの変革など、最先端の情報が自社アナリストによる独自コンテンツレポート等で閲覧可能です。

⑦ その他オプション機能

上記の標準データ・標準機能に加え、オプション申込みによって利用できるデータ・機能があります。主なオプション契約には、変化も激しく注目度が高い技術分野を中心に、各企業の特許出願数や被引用回数等での序列、その経年変化を把握できる「特許動向検索」や、Excelに「SPEEDA」のデータを直接ダウンロードすることのできる「Excel Plug-in」機能があります。

⑧ サポートデスク

「SPEEDA」のサービス利用者は、当社のコンサルタントやアナリストによるサポートデスクを原則として契約料金の範囲内で利用することができます。当該サポートデスクは、利用方法の案内を行うのみならず、利用者からの依頼により、データ作成、リサーチ業務のサポートも行っています。

⑨ 「今、専門家に聞く」機能、FLASH Opinion

SPEEDA上から専門家に質問し、24時間以内に5人以上からテキスト回答が得ることができます。またSPEEDAのアナリストがトレンドや業界の「今」に関して定期的に専門家に質問し、その回答をSPEEDAユーザーが閲覧可能なコンテンツとして掲載しています。なお、専門家の回答を深堀りしたい場合における専門家インタビュー、個別リサーチ等もSPEEDA上で「SPEEDA EXPERT RESEARCH」として提供しております。

 

上記に加え、ワンクリックで業界データや企業情報をWord・Excel・PowerPoint・PDF形式等でダウンロードできる他、簡単な操作により、企業概要、財務諸表、業績推移のグラフ等の資料冊子を30秒程度で自動生成することができます。

(注)3 ヒストリカルマルチプルとは企業の株価倍率(財務数値と株価の倍率)の過去推移のことを指します。

 

事業系統図(SPEEDA事業)


 

■ NewsPicks事業

「NewsPicks」はソーシャル機能も兼ね備えた、経済ニュースメディアです。100以上の国内外のメディアが配信する経済ニュースをワンストップで読めることに加え、「NewsPicks」独自の編集部が取材・編集した記事や動画等によるオリジナルコンテンツを提供しています。「NewsPicks」は、ニュースを配信するプラットフォーム及びオリジナルコンテンツを提供するメディアとしての性格に加えて、ユーザー同士やユーザーと企業とのコミュニケーションの場を提供するコミュニティとしての性格も備えており、ソーシャル経済メディアとして独自のポジショニングを確立しています。「NewsPicks」は、iPhoneやAndroidに対応しているアプリ版とPCからご利用いただけるWeb版を展開しています。

 

「NewsPicks」のサービスの特徴は以下のとおりです。

 

① スマートフォンに特化した経済ニュースのワンストッププラットフォーム

100以上の国内外のメディア、専門メディアの配信ニュースを「NewsPicks」上においてワンストップで読むことができます。

② ビジネスパーソンをつなぐソーシャル経済メディア

「NewsPicks」を通じて、ユーザー同士のコミュニティが形成されています。ユーザーはニュースにコメントを投稿することができ(コメントを投稿するユーザーは「ピッカー」と呼ばれます)、気になるピッカーをフォローし、「探す」ページよりフォローしているピッカーのコメントを閲覧することが可能です。また、NewsPicksアカデミアにおいて第一線の実践者によるMOOC(オンライン講義)、オンラインイベント、書籍、記事などを通じて、最先端の実学を提供しています。

③ 編集部によるオリジナルコンテンツの提供

独自の編集部が取材・編集し、社会性の高いテーマやビジネスに示唆を与えるストーリーを深堀し、記事や動画によるオリジナルコンテンツを作成、提供しています。

 

「NewsPicks」には主に以下の機能があります。

 

① 「Pick(ピック)」・コメント機能

ユーザーは、「NewsPicks」上のニュースを「Pick」することができます。「Pick」したニュースは、ユーザーごとに蓄積され、ユーザーは過去に「Pick」したニュースを「NewsPicks」上でいつでも見ることができます。また、ユーザーは「Pick」したニュースにコメントを投稿することができ、投稿されたコメントは「NewsPicks」上に公開されます。ユーザーは、「NewsPicks」上のニュースについて、ニュースの内容のみならず、当該ニュースに寄せられた専門家、著名人等のコメントを合わせて読むことでより多角的にニュースを読み解いたり、アイデア発想に役立てたりすることができます。

② ユーザーのフォロー機能

ユーザーは、「NewsPicks」を利用する他のユーザーをフォローすることができます。「NewsPicks」内の「探す」というページ内の「フォロー中」タブには、自分がフォローした他のユーザーが「Pick」したニュースが配信されます。これにより、「フォロー中」タブは、ユーザーのフォローする専門家、著名人、友人・知人等の「Pick」するニュースで構成されることとなり、ユーザーは好みのニュースを自分に配信させることが可能となります。

③ 記事投稿機能

ユーザーは、「NewsPicks」に自らニュース記事を投稿することができます。インターネット上に公開されているニュースのURLを「NewsPicks」上の投稿ページに入力することにより、「NewsPicks」上で他のユーザーにニュースを共有することができます。

④ 検索機能

ユーザーは、「NewsPicks」内のニュース記事、ユーザーコメント、ユーザー名を検索することができます。これにより、過去のニュース検索や、コメントからのキーワード検索、他のユーザーの検索をすることが可能となっています。また、Web版では、「SPEEDA」との連携により、「SPEEDA」に格納されている財務データや統計情報などの経済データもワンストップで検索することができます。

 

 

「NewsPicks」の主な収益源は、有料課金ユーザーから受領する月額利用料、「NewsPicks」上に掲載する広告に関して広告主から得る広告収入、「NewsPicks」上に掲載する採用情報に関して募集企業から得る採用記事に関する報酬、「NewsPicks」を活用した組織活性化・人材育成といった課題解決ソリューションの提供(NewsPicks Enterprise)によりクライアントから得る報酬等です。

 

「NewsPicks」の主な収益源における各サービスの内容は以下のとおりです。

 

(有料課金ユーザー向けサービス)

有料課金ユーザー向けサービスは、プレミアム会員向け及びアカデミア会員向けがあります。プレミアム会員は「NewsPicks」オリジナルコンテンツや海外の有料媒体の記事等が閲覧でき、アカデミア会員はプレミアム会員のサービス内容に加え、各界著名人によるオンラインイベント、「NewsPicks Publishing」や「NewsPicks Select」の書籍(毎月1冊)を電子書籍として提供、オンラインでの動画講義(MOOC)等を受けることができます。なお、プレミアム会員は月額1,500円(年割プランは月額1,250円、学割プランは月額500円)、アカデミア会員は月額5,000円(半年割の場合は月額4,000円)です。

※2019年11月以降、Apple Store / Google Play経由でプレミアムプランを新規にお申込みされた方は、月額1,600円となります。

 

(法人向けブランド広告サービス)

ブランド広告の種類

内容

ブランドストーリー

広告主の課題を基に当社が企画制作した記事を、「NewsPicks」において配信するサービスです。

ブランドシリーズ

ブランドストーリーを3本以上連載にて実施いただく際に、特集仕様にてリッチに訴求できるサービスです。

ブランドパネル

「NewsPicks」内のニュースフィード内広告枠となり、広告主の自社コンテンツへの誘導や実施いただいたブランドストーリーへの追加誘導としてご活用いただけるサービスです。

ブランドアカウント

広告主が、「NewsPicks」内に企業の公式アカウントを開設することができ、ユーザーが当該アカウントをフォローすれば、広告主は当該ユーザーに、Web上で発信する自社コンテンツを配信することができるサービスです。

 

 

(リクルーティング広告サービス)

「NewsPicks」を利用するユーザーに対して、広告主である企業が採用活動を行うことが可能となるサービスです。具体的には、企業が「NewsPicks」上に採用したい職種に関連する記事や採用情報を掲載し、記事又は採用情報を閲覧したユーザーが、興味を持った採用情報に対して年収等の詳細情報を登録することで、企業からスカウトメールを受け取ることができる仕組みを提供しています。

 

(法人向けソリューションサービス)

人材育成・組織風土活性化・新規事業開発に課題を持つ企業に対して、「NewsPicks」を活用した企業向けソリューション(NewsPicks Enterprise)を提供しています。具体的には、社内コミュニケーションの活性化やインナーブランディング等を容易にする社内メディアの提供、現在日本経済で注目されているトピックスやテーマについて、従業員の意識レベル・知識レベルの向上を図るクローズドな研修プログラムの提供、また、社内起業家の育成と事業創出をサポートするサービスを提供しています。

 

 

事業系統図(NewsPicks事業)


 

サービス開始以後の「NewsPicks」のMRRの推移は以下のとおりです。

 

MRR(単位:百万円)

(注)

2016年3月末

19

2016年6月末

24

2016年9月末

32

2016年12月末

39

2017年3月末

47

2017年6月末

61

2017年9月末

66

2017年12月末

82

2018年3月末

98

2018年6月末

109

2018年9月末

120

2018年12月末

137

2019年3月末

148

2019年6月末

150

2019年9月末

160

2019年12月末

176

2020年3月末

184

2020年6月末

229

2020年9月末

234

2020年12月末

243

 

(注) MRRとはMonthly Recurring Revenueの略称で、継続課金による月次収益であり、初期費用等の一時的な売上は含みません。

 

 

■ その他事業

その他事業には、「INITIAL」(イニシャル)及び「FORCAS」(フォーカス)の2つのサービスが含まれています。

 

「INITIAL」について

「INITIAL」(イニシャル)は、日本国内のスタートアップ企業に関する、資金調達情報、関連ニュース、類似企業の検索などができるオンライン情報サービスです。「SPEEDA」同様、金融機関・コンサルティングファーム・会計ファームの他、ベンチャーキャピタルや事業会社を顧客とする法人向けサービスです。国内16,100社以上のスタートアップ企業に関する様々な公開情報を情報源にしており、各種ニュースの他、スタートアップ企業やVC(ベンチャーキャピタル)などの公式ウェブサイト・プレスリリース、登記簿、官報などから、当社グループにおいてデータの収集・蓄積を行っています。月額の定額利用料でサービスを提供しています。

 

「INITIAL」におけるサービスの特徴は以下のとおりです。

 

① スタートアップ関連情報の網羅性

国内16,100社以上のスタートアップ企業の情報データを保有しており、事業概要や資金調達、提携先、関連ニュースに加え、14,000社以上の投資家、99,000件以上の投資ラウンド、2,500本以上のファンドの情報も網羅しています。スタートアップに関する情報をワンストップで取得することが可能です。

② 「INITIAL」独自の定義による検索軸

業種や技術、シリーズ情報など、スタートアップを検索・分析するためのさまざまな情報を付与しています。「INITIAL」に蓄積された豊富な資金調達データをもとに、スタートアップ企業の成長フェーズを『INITIALシリーズ』として「INITIAL」独自で定義しています。また、独自スコアリングにより、類似するスタートアップをリストアップし、比較が可能です。

③ オリジナルコンテンツの提供

独自取材・データを活用した資金調達・IPO分析記事やレポートや、起業家・投資家へのインタビュー記事をオリジナルコンテンツとして作成しており、データだけにとどまらない、スタートアップのリアルな情報及び投資実務における情報を提供します。

 

「FORCAS」について

「FORCAS」(フォーカス)は、B2B領域でサービス展開する企業のAccount Based Marketing(ABM)の実行を支援する、マーケティングプラットフォームです。ユーザーが保有する顧客データ及び当社グループが「SPEEDA」事業において蓄積してきた企業属性情報(所属業界、従業員規模等の企業の定性・定量的特徴)を組み合わせ、(ユーザーの)既存顧客の特徴を自動的に分析します。そして、ユーザーにとっての営業成約確度の高い潜在顧客を具体的にリストアップし、データ分析ドリブンなマーケティング戦略策定を支援します。月額の定額利用料でサービスを提供しています。

 

 

「FORCAS」におけるサービスの特徴は以下のとおりです。

 

① 成約確度の高い見込み顧客を予測

ユーザーが保有する既存顧客のデータを「FORCAS」に取り込むことで、業界、シナリオ、地域、売上、従業員数などを自動的に分析し、成約確度が高いと予測される見込み顧客を特定して、当社が保有する144万社以上の企業データの中から、独自のスコアを付与したターゲットリストを自動作成します。作成したリストは、Excel形式データでダウンロードが可能です。

② 様々な切り口でターゲット企業を特定

企業の業種、活動状況や課題、導入している外部サービスなど多様な切り口から、企業リストを作成することが可能です。外部サービスは、各企業のWebサイトに設置されているウェブサービスタグの情報を収集することにより、マーケティングオートメーション、eコマース系ツール、ウェブ広告など、1,100種類以上の利用サービスデータを取得しています。さまざまな仮説を立てて、ターゲット企業を特定することができます。

③ 膨大な顧客データを統合

顧客管理システムや営業ターゲットリスト、請求情報、名刺データなど、社内に点在する顧客情報と「FORCAS」が持つ豊富な企業情報、そして強力な名寄せエンジンによって、精度の高い顧客データ統合を実現し、顧客データの名寄せ業務の負担を大きく軽減します。

 

事業系統図(その他事業)


 

「FORCAS」の事業指標の推移は以下のとおりです。

 

MRR(単位:百万円)

(注)

2019年3月末

40

2019年6月末

50

2019年9月末

60

2019年12月末

75

2020年3月末

80

2020年6月末

83

2020年9月末

91

2020年12月末

100

 

(注)MRRとはMonthly Recurring Revenueの略称で、継続課金による月次収益であり、初期費用等の一時的な売上は含みません。またMRRは国内と海外の合算です。

※画像は省略されています

ユーザベースの平均年収は797万円

ユーザベースの平均年収は797万円です。 去年の全国平均年収436万円より82.8%高いです。 過去のデータを見ると591万円(最低)から797万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、ユーザベースの生涯収入はおよそ2.95億円と推定されます。
平均年収
2015 591万円
2016 609万円
2017 672万円
2018 670万円
2019 694万円
2020 797万円

ユーザベースの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではユーザベースは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではユーザベースは475位(全4524社)で、年収偏差値は57.8でした。
ユーザベースの年収ヒストグラム

ユーザベースの年齢別年収

ユーザベースの20代の想定平均年収は582万円、30代の想定平均年収は793万円でした。 ユーザベースの初任給はおよそ38万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 488万円 38万円
25-29歳 676万円 52万円
30-34歳 768万円 59万円
35-39歳 819万円 63万円
40-44歳 870万円 67万円
45-49歳 918万円 71万円
50-54歳 967万円 74万円
55-59歳 951万円 73万円
60-64歳 761万円 59万円
ユーザベースの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


ユーザベースの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、ユーザベースの 平均年間賞与額は106万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2015 79万円
2016 81万円
2017 90万円
2018 89万円
2019 85万円
2020 106万円


ユーザベースの業種・地域

ユーザベースの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは349位(全2723社)でした。
ユーザベースの年収ヒストグラム(関東地方内)
ユーザベースは、業種カテゴリとしては インターネット業に属します。 インターネット業内での年収ランキングは 7位(全183社) でした。

インターネット業内での年収ランキング
ユーザベースの年収ヒストグラム(インターネット業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

ユーザベースの従業員数は198人

ユーザベースの従業員数は198人でした。
従業員数
2015 101人
2016 105人
2017 113人
2018 130人
2019 181人
2020 198人
ユーザベースの従業員数

ユーザベースの売上、純利益

ユーザベースの最新の売上高は53.2億円(売上ランキング3135位)でした。 従業員一人当たりの売上高は2686万円(一人当たり売上ランキング3307位)です。
ユーザベースの売上高
ユーザベースの最新の純利益は-90.5億円(純利益ランキング4430位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約-4571万円(一人当たり純利益ランキング4423位)です。
ユーザベースの純利益

ユーザベースに転職するには?

ユーザベースに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

ユーザベースの歴史

ユーザベースの歴史について年表形式でご紹介します。
2008年4月東京都港区港南において株式会社ユーザベースを設立
2013年1月上海に駐在事務所を設立
2013年7月Uzabase Asia Pacific Pte. Ltd.及びUzabase Hong Kong Limitedを設立「NewsPicks」 リリース
2015年3月上海駐在事務所を法人化し、上海優則倍思信息科技有限公司を設立「SPEEDA」東京商工リサーチの未上場企業データの提供開始
2015年4月会社分割により株式会社ニューズピックスを設立
2016年1月「SPEEDA」事業におけるグローバルリサーチ拠点としてスリランカ駐在事務所を設立
2016年10月東京証券取引所マザーズに株式を上場
2017年5月ニューズピックス社とDow Jones & Company, Inc.との合弁で米国にNewsPicks USA, LLCを設立、当社グループの持分法適用関連会社となる
2017年8月会社分割により株式会社FORCASを設立
2018年2月株式会社UB Venturesを設立
2018年6月ニューズピックス社と株式会社電通との合弁で株式会社NewsPicks Studiosを設立

ユーザベースの子会社

ユーザベースの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
上海優則倍思信息科技有限公司 「SPEEDA」の海外市場開拓及び販売代理、業界レポート等の執筆
株式会社ミーミル 法人向けサービス「SPEEDA EXPERT RESEARCH」、エキスパートデータベース「NewsPicks Expert」の開発・運営等
株式会社ニューズピックス 「NewsPicks」の開発・運営
株式会社NewsPicksStudios 動画コンテンツの制作・販売
株式会社アルファドライブ 企業の新規事業開発支援を主とした経営コンサルティングサービスの提供
株式会社INITIAL スタートアップデータベース「INITIAL(イニシャル)」の開発・運営
株式会社FORCAS B2Bマーケティングエンジン「FORCAS(フォーカス)」、セールスリサーチプラットフォーム「FORCAS Sales(フォーカスセールス)」の開発・運営
株式会社UB Ventures ファンド事業の運営
UBV Fund-Ⅰ投資事業有限責任組合 UB Venturesの運営するファンド
Uzabase USA, Inc. 北米市場に特化した成長産業分析プラットフォーム「SPEEDA EDGE」の開発・運営、北米地域における統括会社

ユーザベースの類似企業

ユーザベースを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
はてな 573万円 161人
INCLUSIVE 474万円 54人
マークラインズ 588万円 85人
ロコガイド 627万円 94人
Gunosy 600万円 188人
オークファン 530万円 96人
フィードフォース 587万円 81人
ZUU 578万円 98人
ミンカブ・ジ・インフォノイド 587万円 95人
Orchestra Holdings 603万円 14人

ユーザベースと平均年収が近い企業

ユーザベースと売上高が近い企業

企業名 売上高
ヨシタケ 53.8億円
トーセ 53.5億円
マクセルHD 50.6億円
ナガオカ 52.4億円
ネクソン 54.1億円
エックスネット 50.4億円
ニーズウェル 53.6億円
植松商会 50.9億円
ジオマテック 54.8億円
オーエス 55.2億円