年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

はてなの平均年収

2022年07月19日 22:22

はてなとは

はてなとは、ソフトウェア業を営む東京都の上場企業です。
企業名 はてな
本社所在地 港区南青山6−5−55 青山サンライトビル4階
売上高 26.2億円
社員数 167人
平均年収 600万円
推定初任給 29万円
年収偏差値 57.3
平均年齢 34.3歳
平均勤続年数 4.2年

有価証券報告書によるとはてなの事業内容は次の通りです。

当社は『「知る」「つながる」「表現する」で新しい体験を提供し、人の生活を豊かにする』をミッションに掲げ、「技術で支えられているサービスを提供する会社」として技術を磨き、インターネット領域において様々なサービス提供を行っております。

21世紀に入り、インターネットによって人々の生活や企業の行動は大きく変化してまいりました。そしてこの進化はますますそのスピードを上げ、社会に大きな影響を与え続けるものと考えられます。当社はこうした変化を積極的に捉え、提供サービスの創造・進化を通じて、生活者の利便性や豊かさの向上、企業の付加価値創造活動の支援に貢献していくことを目指しております。

当社は利用者同士で質問・回答を寄せ合うウェブサイト「人力検索サイトはてな」を皮切りに、「はてなブログ」や「はてなブックマーク」といったUGC(User Generated Content)サービス(注1)を自社開発し運営しております。

当社の事業の中核となるUGCサービス「はてな」は、当社の運営するインターネットサービス上で会員登録を行ったユーザーとなる個人(以下「登録ユーザー」といいます)が投稿した文章や画像、映像などのコンテンツを登録ユーザー以外のユーザーも閲覧することができるサービス群です。興味・関心を共にするユーザーが集まるコミュニティを形成することで、他のSNS(注2)との差別化が図られております。

主要なUGCサービス一覧は下記のとおりであります。

サービス名称

サービス機能

機能の概要

はてなブックマーク

総務省「情報通信白書」で代表例に挙げられた、ソーシャルブックマークサービス

任意のウェブページを登録できるオンラインブックマークサービス。他の登録ユーザーとブックマークを共有することで有益な情報源とすることができる。

はてなブログ

無料で開設可能、有料で広告を非表示にできるブログサービス

ブラウザやスマートフォンアプリから投稿・編集ができるブログサービス。2003年に提供開始した国産ブログサービス「はてなダイアリー」の後継。

はてなフォトライフ

写真・動画共有サービス

一定容量まで無料で利用可能な写真・動画共有サービス。はてなブログの記事に利用する画像のストックとしてもスムーズに連携して使用できる。

人力検索はてな

利用者同士で質問・回答を寄せ合うQ&Aサービス

登録ユーザーが投稿した質問に対して他の登録ユーザーが回答を投稿できるサービス。回答は全てのユーザーが閲覧できる。

 

当社は投稿や閲覧のための便利な機能の提供や、登録ユーザー間で交流が促進するようなコミュニティ機能の提供等により、サイトの活性化、登録ユーザー数及びユニークブラウザ数(注3)の増加を図っております。

直近3年間の、UGCサービスの登録ユーザー数並びに主要サービスの月間ユニークブラウザ数推移は下記のとおりです。

年月

2019年7月

2020年7月

2021年7月

登録ユーザー数  [万人]

875

1,040

1,150

月間ユニークブラウザ数  [万]

19,600

14,005

12,600

 

当社の事業は「UGCサービス事業」の単一セグメントでありますが、狭義のUGCである「コンテンツプラットフォームサービス」の他に、企業向けに「コンテンツマーケティングサービス」及び「テクノロジーソリューションサービス」を展開しています。当社はコンテンツプラットフォームサービスのシステムや利用ユーザー、保有技術や10年以上に渡る運営ノウハウなどを他のサービスに活用することで、シナジー効果を得ています。

各サービスの内容は以下のとおりであります。

 

(1)コンテンツマーケティングサービス

コンテンツマーケティングとは、顧客の新規獲得や関係性維持のために、メディアやコンテンツを作成したり共有したりするマーケティング手法のことです。インターネット上におけるコンテンツマーケティングは主に、動画・画像・テキストなどのコンテンツを提供したり活用したりするマーケティング手法のことを指します。インターネット及びソーシャルメディア(注4)の普及によって、テレビCMや新聞・雑誌広告を通じて情報を得る時代から、ソーシャルメディアやUGCサービスでの話題に注目したり、気になったモノを検索したりして情報を得ることも並行して行われる時代に変化しています。広告主にとっては「見つけて貰う」ためのマーケティング活動が非常に重要になってきております。具体的には、顧客との関係を構築するために企業が自らウェブサイトを所有し(「オウンドメディア」と呼ばれます)、コンテンツを発信し、検索で発見されたりソーシャルメディアで拡散されたりするための活動です。

当社は、UGCサービス開発・運用及びユーザー行動に関する深い知見を活かし、コンテンツマーケティングサービスとして、クライアント企業がオウンドメディアを構築・運用する際に、コンテンツを管理するシステムの提供やコンテンツ自体の企画・制作、読者の誘導を支援しております。サービス内容としては、下記のとおりであります。

 

a. 「はてなブログMedia」サービス

「はてなブログMedia」サービスとは、オウンドメディアを所有したい企業向けに記事コンテンツの管理やSEO対策(検索エンジン最適化対策)が手軽にできるCMS(Content Management System:コンテンツ管理システム)です。具体的には、当社の「はてなブログ」や写真共有サービス「はてなフォトライフ」のシステムを利用して、当社にてクライアント企業のコンテンツデータをホスティング(注5)して管理するものであります。「はてなブログ」システムを利用したSaaS(注6)型提供であるため、アクセス負荷対策や脆弱性対策といったシステム管理に頭を悩ませることなく、コンテンツ作りに専念できると好評です。当社は、ホスティングする各クライアントのオウンドメディアに対してコンテンツ企画・編成支援なども実施しており、「はてなブログ」を利用するブロガーに寄稿を斡旋するなど、独自性の高いサービスも提供しております。当社は、「はてなブログMedia」ライセンスフィー・運用料、カスタマイズ開発料及びコンテンツ企画・支援料等を受け取っております。

 

b. 広告サービス

当社は、「はてなブログMedia」サービス利用顧客や他のクライアント企業(広告主)のコンテンツや商品等を当社UGCサービスのユーザー向けに告知するための、広告サービスを提供しております。広告代理店やメディアレップ(注7)による間接販売にて提供することもあります。広告サービスは以下のような構成で売上高に計上しております。

 

 

① ネイティブ広告

クライアント企業(広告主)が自社サイトのコンテンツや記事を持っておりその読者を増やしたい場合、当社UGCサービスと親和性の高いページから、ページ内コンテンツと同じデザインの誘導枠を利用して告知することができる広告商品です。広告であることを明示しながらも、媒体になじんだ適切な情報配置を行うことができる(ネイティブ)ことが特徴で、ネイティブ広告と分類されております。当社は、広告掲載期間やインプレッション数(注8)、広告掲載サイズなどに応じて、広告掲載料を受け取っております。

 

② タイアップ広告

クライアント企業(広告主)が告知したい商品やサービスを取材して記事コンテンツを制作します。登録ユーザーに効果的に伝達しUGCサービスを介して適切にソーシャルメディアに情報拡散されるよう、独自企画を用意するプレミアムな商品であります。当社は、広告掲載期間や制作費用等に応じて、広告掲載料を受け取っております。

 

③ 純広告

バナー広告・テキスト広告を中心とした広告商品です。ウェブサイト上の画像やテキストにリンクをはることにより、画像やテキストをクリックするとクライアント企業(広告主)のウェブサイト等を表示するものであります。当社は、広告掲載場所、インプレッション数、広告掲載サイズ等に応じて、広告掲載料を受け取っております。

 

(2)コンテンツプラットフォームサービス

コンテンツプラットフォームサービスとは、当社が企画・開発・運営するUGCサービスであり、ユーザーが文章や画像などのコンテンツを発信・拡散することができるプラットフォームとして見立てたものであります。当社は、スマートフォンなどのデバイスの普及や進化に対応して、より便利で使いやすくコンテンツを発信しやすいような機能を開発して提供していくことで、登録ユーザーがより魅力的なコンテンツを発信・拡散することでより多くの読者を惹きつけ、それがさらに登録ユーザーにとってコンテンツ発信のモチベーションとなるように努めております。

当社は機能開発を進めて、登録ユーザーに、UGCサービス内で無料で使える機能の他に、利便性の高い機能を備えたサービス利用プランを有料で提供しております。また、クライアント企業(広告主)がUGCサービスの読者に商品やサービスを告知することができるようにしております。当社は以下のような構成で収入として売上高に計上しております。

 

a. 課金収入

当社で提供するUGCサービスは全て無料で利用できますが、各サービスにおいて登録ユーザー向けに、より利便性の高い上位プランを有料で提供しております。例えば、はてなブログでは有料プランのはてなブログProに加入すると、独自ドメインを利用したり当社指定のヘッダ・フッタ表示を外してページデザインの自由度を上げたりすることができます。

 

b. アフィリエイト広告収入

当社はUGCサービスを広告媒体として、アフィリエイト広告を提供しております。具体的には、読者がUGCサービス上に掲載するバナーをクリックすることで、ECサイト(注9)等に誘導し、商品購入に至った場合に当該ECサイト等より手数料収入を得る、成果報酬型の広告商品であります。

 

(3)テクノロジーソリューションサービス

当社は、テクノロジーソリューションサービスとして、UGCサービス企画・開発・運営にて培ってきたサービス開発力やITインフラ構築力、保有する大規模データとその分析力を活かして、クライアント企業のビジネスを支援するためにユーザーによるコンテンツ投稿を促すネットサービスの企画・開発・運用を受託したり、UGCサービスに蓄積してきた膨大なコンテンツに関する分析データを用いたりして、クライアント企業にソリューションを提供しております。サービス内容としては、下記のとおりであります。

 

a. 受託サービス

クライアント企業の要望に応じて、オウンドメディア構築のためのコンテンツマーケティングサービスとは別に、独自のネットサービスの企画・開発・運用を受託するサービスであります。当社は主にゲーム業界、出版業界などコンテンツ産業に属する企業にそのユーザー同士が文章や画像を投稿してゲームについてコミュニケーションしたり、自作の小説やマンガを投稿して他のユーザーや読者に見て貰ったりするようなネットサービスを企画・開発・運用するサービスを提供しております。

 当社は、ユーザーによる投稿や閲覧行動をクライアント企業のビジネスに活かすサービスを構想し、実装に落とし込めるものとする企画力、拡張性のある設計を素早く実装できる開発力を有しております。また、サービスの規模が拡大しても表示速度を低下させず、かつ設備を無駄に使わずローコストな状態を保てるITインフラの設計・構築・運営力に強みを持っております。当社は、クライアント企業より受託開発料及び保守・運用料等を受け取っております。

 

b. ビッグデータサービス

ビッグデータサービスとは、当社が保有する大量のデータ、所謂ビッグデータを処理・分析し、クライアント企業に有用な情報を提供したり、データ量の推移を可視化できるツールを提供したりすることで、クライアント企業へソリューションをもたらすSaaS型のサービスです。当社が保有する大量のデータとは、UGCサービスに投稿されるコンテンツやその閲覧データ、またそれらUGCサービスを提供する中で収集する、サーバーなどの各種ハードウエア機器やアプリケーションソフトウエアの性能(パフォーマンス)データです。

 クラウド支援サービス

ウェブサイトを運用するインフラとして、従来のデータセンターサービスに加えて、Amazon Web Servicesなどのクラウドサービスがこの数年で急速に普及しております。初期費用を抑えられ、またアクセスの負荷状況にあわせて容量を短期間で増設できることを利点と捉え、特にウェブ業界においてクラウドサービスを採用する会社が増えてきています。当社は、このクラウドサービスにて稼働するサーバーやアプリケーションサービスをSaaS型で監視する「Mackerel(マカレル)」をクラウド支援サービスとして、2014年より提供しております。「Mackerel(マカレル)」では、サーバーやアプリケーションサービスの稼働状況を、異なるクラウドサービスやデータセンターサービスであっても統一的に監視することができます。また、大規模サービスであるUGCサービスの監視・運用経験を踏まえ、監視専用に多機能かつ洗練された見やすい管理画面を備えており、監視業務品質の向上に役立てることができます。一定の条件下(例えば、対象とするサーバー数の制限)では無料で利用可能なようにしてあり、ウェブサイト管理者が試しやすく使い始めやすいようなサービス形態としております。

当社は、ウェブサイト管理者より、主にサーバー数に応じた利用料、カスタマイズ導入料等を受け取っております。

以上より、当社の収入についてまとめると下記のとおりとなります。

 

 

事業

サービス

収入

対象

収入概要

UGCサービス事業

コンテンツマーケティングサービス

受託収入

法人

「はてなブログMedia」ライセンスフィー・運用料、カスタマイズ開発料及びコンテンツ企画・支援料等

 

広告収入

法人

(広告主)

広告商品(ネイティブ広告、タイアップ広告、純広告)の広告掲載料

コンテンツプラットフォームサービス

課金収入

個人

(ユーザー)

有料プラン(利便性の高い上位プラン)の月額利用料

アフィリエイト広告収入

法人

(広告主)

アフィリエイト広告商品の広告掲載料等

テクノロジーソリューションサービス

受託収入

法人

受託開発料及び保守・運用料等

ビッグデータサービス収入

法人

(ウェブサイト管理者)

サーバーやアプリケーションサービスを監視・管理できるサービス「Mackerel」の利用料(サーバー数に応じた利用料、カスタマイズ導入料等)

文中における用語の説明は(注)1~9のとおりであります。

(注)1. UGC(User Generated Content)サービス

インターネット上で利用者自身がテキストや画像、映像などのコンテンツを発信することができる場を提供するサービスであります。ブログサービスの他、クチコミサイトやSNS、動画共有サービスなどがあります。

2. SNS

ソーシャルネットワーキングサービスの略称であり、インターネット上において、人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型のウェブサイトのことであります。

3.ユニークブラウザ数

ある一定期間内にWEBサイトにアクセスした、重複のないブラウザ数のことであります。

 

4. ソーシャルメディア

インターネット上において誰もが参加でき、情報発信が出来るメディアであります。UGCサービスの中でも他の人との交流に重きを置いており、交流を通じて広がっていくように設計されています。

5. ホスティング

インターネットサービス提供者が、自社で管理する設備に設置された情報発信用のコンピュータ(サーバー)及びそのアプリケーションソフトウエアの機能を、遠隔から顧客に利用させるサービスのことであります。

6. SaaS

Software as a Serviceの略称で、必要な機能を必要な分だけサービスとして利用できるようにしたソフトウエア(主にアプリケーションソフトウエア)もしくはその提供形態のことであります。

7. メディアレップ

インターネット広告の一次代理店。広告代理店を二次代理店として媒体社の広告商品を販売する事業者であります。

8. インプレッション数

ウェブサイト等に掲載された広告が表示された回数のことであります。

9. ECサイト

電子商取引(eコマース)を行うウェブサイトのことであります。

※画像は省略されています

はてなの平均年収は600万円

はてなの平均年収は600万円です。 去年の全国平均年収430万円より39.5%高いです。 過去のデータを見ると508万円(最低)から600万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、はてなの生涯収入はおよそ2.22億円と推定されます。
平均年収
2014 508万円
2015 524万円
2016 543万円
2017 557万円
2018 565万円
2019 573万円
2020 600万円

はてなの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上でははてなは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングでははてなは2226位(全4662社)で、年収偏差値は57.3でした。
はてなの年収ヒストグラム

はてなの年齢別年収

はてなの20代の想定平均年収は444万円、30代の想定平均年収は606万円でした。 はてなの初任給はおよそ29万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 373万円 29万円
25-29歳 516万円 40万円
30-34歳 586万円 45万円
35-39歳 625万円 48万円
40-44歳 664万円 51万円
45-49歳 700万円 54万円
50-54歳 738万円 57万円
55-59歳 726万円 56万円
60-64歳 580万円 45万円
はてなの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


はてなの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、はてなの 平均年間賞与額は80万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2014 9万円
2015 70万円
2016 72万円
2017 74万円
2018 75万円
2019 76万円
2020 80万円


はてなの業種・地域

はてなの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは1541位(全2826社)でした。
はてなの年収ヒストグラム(関東地方内)
はてなは、業種カテゴリとしては ソフトウェア業に属します。 ソフトウェア業内での年収ランキングは 138位(全261社) でした。

ソフトウェア業内での年収ランキング
はてなの年収ヒストグラム(ソフトウェア業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

はてなの従業員数は167人

はてなの従業員数は167人でした。
従業員数
2014 89人
2015 104人
2016 117人
2017 127人
2018 144人
2019 161人
2020 167人
はてなの従業員数

はてなの売上、純利益

はてなの最新の売上高は26.2億円(売上ランキング3718位)でした。 従業員一人当たりの売上高は1570万円(一人当たり売上ランキング4210位)です。
はてなの売上高
はてなの最新の純利益は1.73億円(純利益ランキング3326位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約103万円(一人当たり純利益ランキング3200位)です。
はてなの純利益

はてなに転職するには?

はてなに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

はてなの歴史

はてなの歴史について年表形式でご紹介します。
2001年7月 インターネットによる情報提供サービスを事業目的として、京都府京都市下京区にて有限会社はてな設立。
2001年7月 質問やアンケートを投稿して疑問や悩みを解決するQ&Aサイト「人力検索サイトはてな」 サービス開始。
2003年3月 ブログサービス「はてなダイアリー」 サービス開始。
2005年1月 写真・動画共有サービス「はてなフォトライフ」 サービス開始。
2005年8月 新しい情報体験を提供する、ソーシャルブックマークサービス1.)「はてなブックマーク」 サービス開始。
2007年7月 ブログにワンクリックで☆2.)が付けられるサービス「はてなスター」 サービス開始。
2009年3月 カラースターショップ3.)にて販売されている、はてなスターの色違いバージョン「カラースター」 サービス開始。
2013年1月 「はてなダイアリー」をフルリニューアルしたブログサービス「はてなブログ」 サービス開始。
2014年3月 企業向けオウンドメディア4.)支援サービス「はてなブログ Media」 サービス開始。
2014年9月 クラウド支援サービス5.)「Mackerel」 サービス開始。
2016年2月 東京証券取引所マザーズ市場に株式を上場。
2016年2月 株式会社KADOKAWAとの小説投稿サイト「カクヨム」共同開発・運用開始。
2017年1月 マンガビューワ「GigaViewer」提供開始。
2017年7月 任天堂株式会社とのゲーム連動サービス「イカリング2」共同開発・運用開始。
2019年4月 任天堂株式会社とのゲーム連動サービス「スマプラス」共同開発・運用開始。
2020年9月 スモールビジネス向けの新ブログプラン「はてなブログBusiness」の提供を開始。
2021年4月 株式会社集英社とマンガ家のための作品投稿・販売プラットフォーム「マンガノ」を開始。新たなマンガ投稿サービスで協業。

はてなの類似企業

はてなを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
エムアップHD 451万円 64人
Link−U 599万円 74人
フェイス 619万円 101人
INCLUSIVE 497万円 58人
エムティーアイ 632万円 757人
Orchestra Holdings 632万円 12人
ドリコム 715万円 251人
ZUU 616万円 114人
GMOメディア 608万円 114人
アエリア 700万円 11人

はてなと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
ロコガイド 627万円
キャピタル・アセット・プランニング 580万円
PCIHD 647万円
かっこ 642万円
コムチュア 600万円
TDCソフト 631万円
Link−U 599万円
モルフォ 614万円
Sansan 621万円
ソフトフロントHD 567万円

はてなと売上高が近い企業

企業名 売上高
明智ゴルフ倶楽部 26.0億円
テンダ 28.0億円
ユナイテッド&コレクティブ 27.2億円
リーダー電子 24.7億円
松屋アールアンドディ 24.5億円
CDS 26.5億円
アディッシュ 27.7億円
イルグルム 25.3億円
シベール 26.7億円
ブロードエンタープライズ 25.0億円