年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

セキュアの平均年収

2022年07月19日 22:22

セキュアとは

セキュアとは、インターネット業を営む東京都の上場企業です。
企業名 セキュア
本社所在地 新宿区西新宿2丁目6番1号 新宿住友ビル20階
売上高 33.8億円
社員数 94人
平均年収 555万円
推定初任給 26万円
年収偏差値 54.8
平均年齢 38.1歳
平均勤続年数 3.2年

有価証券報告書によるとセキュアの事業内容は次の通りです。

当社グループは、2010年10月に入退室管理システム及び監視カメラシステムの本格販売を開始して以降、入退室管理システム、監視カメラシステムを中心としたセキュリティシステム構築における最適化を柱に着実に事業規模を拡大してまいりました。

一昔前の企業におけるセキュリティの定義とは「生命と財産の保全」でした。しかしながら、2010年以降、SNSの普及によって企業は新たに「信用や評判」なども守らなければならない重要な要素となるとともに、IT人材の不足や基幹システムの老朽化に対処するためのDX(デジタルトランスフォーメーション)への取組みが、喫緊の経営課題となってまいりました。さらに新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって「従業員の健康管理」も企業にとって重要なセキュリティ要素として付け加わりました。これらを踏まえ、セキュリティはあらゆる企業にとって、これまで以上に必要不可欠なものとなっております。

一方、「これらのリスクから如何に守るのか?」という経営課題への対応は、企業毎に組織や物理的ロケーション、取り扱う商品・サービスや技術、重要な情報などがそれぞれ異なるので、対策すべき領域やレベルもそれぞれに異なります。過去において、セキュリティシステムは導入すること自体で犯罪に対する抑止効果を得られ、一定程度の効果を発揮してきましたが、昨今における新たな脅威(リスク)から企業を守るとともにDXを追求していくためには、そのセキュリティシステムの運用を強化することが求められており、そのため企業からのニーズも一層多様なものとなってきております。そうしたニーズに対応できるセキュリティシステムは非常に複雑なものとなっておりシステム導入の主な課題として、様々なデバイスで構成されるセキュリティシステムの互換性をどのように担保すればよいのか、膨大なデータ量が流れるネットワークシステムの安定性とコストをどのように両立させるのか、顔認証などのAI(画像認識)をどのようにセキュリティシステムに実装するのがよいかといった課題があります。

そうした中で、当社グループでは「SECURE AC(=Access Control:入退室管理システム)」「SECURE VS(=Video Surveillance:監視カメラシステム)」「SECURE Analytics(画像解析サービス)」という3つのサービスを各社のニーズに合ったデバイスとソフトウェアを組み合わせてワンストップで提供することで中小企業から大企業まで幅広い顧客(2021年12月末時点で6,754社)へ販売しております。また入退室管理システムにおける顔認証システムや、監視カメラシステムの一部サービスにはAI(画像認識)の技術を使用しており、当社グループではデバイスとの組み合わせで最適なAIアルゴリズムを外部から調達しAIの実装を含めたシステム構築、導入・施工、アフターフォローまでの一気通貫したソリューションを提供しております。また当社グループでは、2010年にBtoB事業に転換した時からAI(画像認識)技術を監視カメラ等の物理セキュリティシステムに実装し最適化して提供する研究開発を行っており、システム構築の最適化と掛け合わされることでAI(画像認識)の運用効果を高め、より付加価値の高いサービスとして提供することが可能となっております。

例えば、顔認証や人物の行動分析などを行うことにより、犯罪の早期発見や予知などに役立てることが可能となるように、こうしたAI(画像認識)技術を実装した物理セキュリティシステムは、防犯の高度化を追求する一方で、単なる防犯という意味のセキュリティのみならず、業務の分析やマーケティングリサーチ、店舗におけるレジ等の省力化、イベント会場等での本人確認など、セキュリティ以外の様々な分野に応用が可能であり、当社グループでは、こうした顧客の多様なニーズに合わせて最適化したソリューションとして提供しております。

また、物理セキュリティシステム導入にかかる一連のソリューションを一気通貫で提供できることが大きな強みであり、多くのエンドユーザーやパートナー企業の皆さまより信認を得ているものと考えております。今後も、従来からの当社グループの強みである前述のサービスに顔認証、人の行動分析、人検出、群衆解析のテクノロジーを付加し、物理セキュリティシステムとAI(画像認識)技術を掛け合わせた「安心」「安全」とプラスアルファの価値を提供することにより、顧客企業におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の取組みを積極的にサポートすることを通じて、広く社会に貢献してまいります。


 

(1)当社グループが提供するサービスの内容

当社グループが提供する具体的なサービスの内容は以下の通りとなります。

種類

 商品・サービス

主な特徴

SECURE AC

入退室管理システム

オンプレミス型

入退室管理システム

IP(※)ベースのオンプレ型入退室管理システム。カード認証又はAI(画像認識)を活用した顔認証・指紋認証等のID認証リーダーとサーバーのみの構成で拡張性に優れ、小規模から大規模まで対応が可能。

クラウド型

入退室管理システム

SECURE AI Office Base

オフィスのフリーアドレス化やサテライトオフィスの活用等、新しいワークスタイルを実現するクラウド型入退室管理システム。AI(画像認識)を活用して事前登録を行った社員の入退室管理の他、測温による健康管理や勤怠管理、オフィスの稼働状況、混雑度、勤怠状況、勤務時の表情等様々な分析が可能。

のぞき見防止ソフト

顔認証覗き見ブロッカー

パソコンのぞき見(ショルダーハッキング)による情報漏えいをブロックするAI顔認証ソリューション。登録者以外の顔を検知すると画面をロックし操作中の情報の機密性を担保する。パソコンへのアクセスをコントロールするという概念から、SECURE ACとして分類。

SECURE VS

監視カメラシステム

オンプレミス型

監視カメラシステム

幅広い製品群からクライアントの課題を解決するオンプレミス型監視カメラシステム。アナログカメラ、IPカメラ、レコーダーなど多種多様なラインナップを揃えており、異なる規格のカメラであっても統合して運用することが可能。カメラ4台から10万台を超える大規模システムまで構築運用が可能。監視カメラの映像を分析する専用デバイスも提供。

クラウド型

監視カメラシステム

SECURE VSaaS

初期導入費用を抑え、必要に応じて拡張が可能な小規模向けクラウド型監視カメラシステム。モバイルやPCで高画質な映像を確認することができ、7日間から90日間の録画プランを提供。防犯としての活用方法以外にも各店舗・事業所の業務遂行状況を本社で確認する等、一括管理も可能。

顔認証システム

Face Tracker

 

AI顔認証技術を採用した監視カメラ用顔認証ソリューション。登録人物、非登録人物を識別し、外部への通知と顔情報を管理する。顔認証によるログ検知によって勤怠管理にも応用可能。

SECURE Analytics

画像解析サービス

客数情報解析アプリケーション

VEMCOUNT

AI(画像認識)専用ステレオカメラで施設の入退場者、滞留人数を正確に計測するサービス。ダッシュボードによる多拠点一括管理が可能。領域制限やアラート出力も可能。

混雑見える化ソリューション

混雑カウント

AI(画像認識)専用ステレオカメラによって人数を計測し、5段階のアイコン表示で混雑具合を見える化するサービス。一般利用者向けにWebサイトにて各種施設(温泉・商業施設等)の混雑具合を表示させたり、従業員向けに社内ポータルサイト等にてカフェ・食堂等の混雑度をリアルタイムで表示することが可能。運営開始後は蓄積した混雑度のデータを解析し、1週間の混雑度予測も可能。

 

※IP:インターネットプロトコルの略であり、インターネット上で情報のやり取りをする際の通信方式

 

 

(2)当社グループの事業の特徴

①優れた研究開発力

当社グループでは「Security System Lab」と「SECURE AI STORE LAB」という2つのラボ(研究開発施設)と、韓国京畿道城南市に「SECURE KOREA, Inc.」を保有し、AI(画像認識)技術と物理セキュリティを掛け合わせたシステムの価値を向上させるための研究開発を行なっております。

 

a 「Security System Lab」(最適化に向けたシステム研究)

物理セキュリティシステムは、それぞれメーカーの違う多数のセキュリティデバイスやソフトウェア・サーバー・ネットワーク機器を用いて構成される非常に複雑なシステムです。また、設置するためにはITネットワークの設計だけでなく、建築・施工のノウハウも必要となります。さらに、物理セキュリティシステムを導入する際に適したデバイスの選定やシステムへのAI(画像認識)の実装方法は、非常に幅広い分野のテクニカルスキル・ノウハウを要し、デバイスの設置位置や設定方法ひとつで認証精度は大きく変化します。

当社グループの「Security System Lab」では、無数にある物理セキュリティシステムの構築パターンから、顧客が求めるパフォーマンス・安定性・コストなどを考慮の上で最適化されたシステムの研究に取組んでおります。これらの研究開発の成果を最大限に発揮できるデバイスと組み合わせることにより、多様な顧客ニーズに対応可能な最適化されたセキュリティシステムの構築が可能となっております。AI(画像認識)を活用するサービス(顔認証による入退室管理システム及びVSの一部サービス)においては、顧客のニーズに合ったAIアルゴリズムの性能・コスト・安定性を考慮・研究・評価し、それを搭載するのに最適なデバイスを選定した上でこれらを調達⇒AIを実装したアプリケーション開発を行っております。また同時に、こうした最適化されたセキュリティシステムを物理セキュリティシステム導入にかかる一連のソリューションとして提案できる専門人材の育成についても本Labにて実施しております。

その結果、当社グループでは、AIアルゴリズムの調達からAIの実装を含めたシステム設計、導入・施工、アフターフォローまでの一気通貫で提供することを可能としており、多くのエンドユーザーやパートナー企業の皆さまより信認を得ているものと考えております。

 


 

b 「SECURE AI STORE LAB(無人店舗)」(さらなるAI(画像認識)活用方法の研究)

「SECURE AI STORE LAB」では、当社グループの入退室管理システムと監視カメラシステムを応用することで、顔認証によって手ぶらで買物ができる次世代型無人化店舗の実験運用を行っております。

当該AIの開発にあたっては、無人化店舗が実際に利用されるロケーションにて獲得されたデータを基に学習させる必要があります。

当社グループの「SECURE AI STORE LAB」では、実験運用を行うことで獲得するデータ等を基に実際のリテールのシーンで活用可能なAIの開発のみならず、リテール企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)のための商品開発にも取組んでおります。

 

 


         AI STORE LABの全景

 

c 「SECURE KOREA, Inc.」(新たなサービスの開発)

「SECURE KOREA, Inc.」は、当社グループの技術を活用した新たなサービスの開発を行うため、韓国京畿道城南市に2020年3月に設立した子会社です。

グローバルな視点における顔認証技術に関する最先端かつ高度な知識と経験を有する技術者を配置して、当社グループの技術を活用した新たなサービスの開発に取組んでおり、直近の研究開発内容としては「SECURE AI Office Base」が挙げられます。

この「SECURE AI Office Base」は、AI(画像認識)を活用したクラウド型の入退室管理システムであり、既存のオンプレミス型入退室管理システムにはなかったリモートによるオフィスの入退室状況・混雑状況の把握や従業員の出退勤及び在籍管理・健康管理(体温・表情等)までを一元的に管理できる新システムで、2020年9月よりサービスの提供を開始いたしました。

 

②顔認証などのAI(画像認識)技術の最適化

当社グループでは、AI(画像認識)の代表的な技術である顔認証技術をカメラ等の多数の物理的なデバイスにおいて最適化することで、特定の人物の特徴を分析して映像から顔を検出し、属性の分析を行い、その結果をリアルタイムに通知することで様々なソリューションを提供しております。なお、当社グループで取り扱っている顔認証のソリューションは、ビジュアルベース(2D認証)とIRベース(3D認証)の2つの方式を採用しています。

<ビジュアルベース(2D認証)>

・撮影した画像から「輪郭」や「目・鼻・口」といったパーツの位置関係を計測

・計測した顔をテンプレート化して、それを基に登録されている個人かどうかを特定する方式

<IRベース(3D認証)>

・ビジュアルベースに加え、赤外線カメラによって顔の凹凸など奥行き情報をデータ化して、登録されている人物かどうかを特定する方式

  当社グループでは、こうした顔認証に用いるアルゴリズムを外部から調達・選択し、最適化した上で物理セキュリティシステムに実装することで、より高い付加価値のあるセキュリティシステムとして提供しています。その結果、AI顔認証関連の商品はライセンス・デバイスを合わせて2021年12月末時点で5,476件(うちライセンスは約35%程度)の導入実績があり、入退室管理用途の顔認証シェアは2020年実績で51.7%、2021年見込で44.0%(数量ベース)となっております(出典:富士経済「2021セキュリティ関連市場の将来展望」)。

 

③顧客ニーズに合わせた付加価値の高いサービスの提供

当社グループでは、単一的なサービスの提供に限らず、顧客の多様なニーズに沿った付加価値の高いサービスを提供することが可能となっております。例えば、入退室管理システムの導入においては、顔認証による扉の施錠管理のみならず、扉の開閉に連動した勤怠管理や、顔認証による測温等の健康管理、監視カメラシステムと連動したオフィスの混雑度の見える化など、物理セキュリティシステムの導入に係る顧客ニーズを解決するための一連のソリューションとして提供することが可能となっているため、その結果として多くの中小企業から大企業に至るまで、幅広い顧客層から選ばれているものと考えております。

 


 

④販売パートナーとの連携

当社グループでは、当社が直接エンドユーザーに接触する直販のみならず、2021年12月末時点において211社の販売パートナー(代理店)企業を有しており、これらの販売パートナーが有する顧客基盤に対しての代理販売を展開していることも大きな特徴であり、販売パートナー経由での売上比率は約9割を占めております。

オフィスデザイン会社・警備会社・OA機器販売会社等、企業におけるオフィス移転などの情報を瞬時に感知できる業種を中心に幅広い販売パートナー網を構築することにより、迅速かつ広範な需要の発掘と提案機会の拡大、迅速なソリューションの提案と高い競争優位性を確保することが可能となっております。

今後も、こうした販売パートナーの発掘・深耕を積極的に展開し、効率的かつ強力な営業基盤を維持・拡大し続けてまいります。

 

(3)事業系統図の概要

当社グループの事業系統図を図式化すると、下記の通りとなります。

※画像は省略されています

セキュアの平均年収は555万円

セキュアの平均年収は555万円です。 去年の全国平均年収430万円より29.1%高いです。 過去のデータを見ると555万円(最低)から555万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、セキュアの生涯収入はおよそ2.05億円と推定されます。
平均年収
2021 555万円

セキュアの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではセキュアは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではセキュアは2804位(全4662社)で、年収偏差値は54.8でした。
セキュアの年収ヒストグラム

セキュアの年齢別年収

セキュアの20代の想定平均年収は405万円、30代の想定平均年収は560万円でした。 セキュアの初任給はおよそ26万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 335万円 26万円
25-29歳 474万円 36万円
30-34歳 542万円 42万円
35-39歳 579万円 45万円
40-44歳 617万円 47万円
45-49歳 652万円 50万円
50-54歳 689万円 53万円
55-59歳 676万円 52万円
60-64歳 536万円 41万円
セキュアの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


セキュアの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、セキュアの 平均年間賞与額は33万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2021 33万円


セキュアの業種・地域

セキュアの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは1892位(全2826社)でした。
セキュアの年収ヒストグラム(関東地方内)
セキュアは、業種カテゴリとしては インターネット業に属します。 インターネット業内での年収ランキングは 111位(全206社) でした。

インターネット業内での年収ランキング
セキュアの年収ヒストグラム(インターネット業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

セキュアの従業員数は94人

セキュアの従業員数は94人でした。
従業員数
2021 94人
セキュアの従業員数

セキュアの売上、純利益

セキュアの最新の売上高は33.8億円(売上ランキング3541位)でした。 従業員一人当たりの売上高は3594万円(一人当たり売上ランキング2898位)です。
セキュアの売上高
セキュアの最新の純利益は1.39億円(純利益ランキング3421位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約148万円(一人当たり純利益ランキング2926位)です。
セキュアの純利益

セキュアに転職するには?

セキュアに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

セキュアの歴史

セキュアの歴史について年表形式でご紹介します。
2002年10月東京都台東区東上野に有限会社セキュア設立
2010年10月セキュア第2創業(BtoC ⇒ BtoBへ転換)スタートオフィス向けの入退室管理システムや監視カメラシステムの本格販売開始
2011年4月大阪営業所を大阪市中央区に開設
2012年5月福岡営業所を福岡市博多区に開設
2013年10月福島営業所を福島県郡山市に開設
2019年10月東京都多摩市に「Security System Lab」を開設
2020年3月韓国京畿道城南市に新会社SECURE KOREA, Inc.設立
2020年7月新宿住友ビルB1階に「SECURE AI STORE LAB」を開設
2021年12月東京証券取引所マザーズ市場へ新規上場

セキュアの子会社

セキュアの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
(連結子会社) SECURE KOREA, Inc. セキュリティソリューション事業

セキュアの類似企業

セキュアを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
はせがわ 484万円 746人
電気興業 609万円 590人
ニッセンHD 603万円 55人
RVH 638万円 5人
アビックス 675万円 45人
スクロール 544万円 328人
千趣会 662万円 513人
ナカヨ 473万円 605人
サクサHD 839万円 37人
ピクセルカンパニーズ 309万円 6人

セキュアと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
ライトワークス 513万円
eBASE 509万円
オイシックス・ラ・大地 579万円
ユナイトアンドグロウ 586万円
THECOO 558万円
i−plug 534万円
セカンドサイトアナリティカ 610万円
一休 574万円
フォーサイド 557万円
ZOZO 573万円

セキュアと売上高が近い企業

企業名 売上高
SBI FinTech Solutions 34.5億円
アイビー化粧品 35.3億円
Robot Home 36.8億円
マークラインズ 32.2億円
オリエンタルチエン工業 33.6億円
WDBココ 36.2億円
レオス・キャピタルワークス 32.0億円
スマレジ 33.2億円
松屋フーズHD 33.2億円
アズジェント 31.7億円