年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

串カツ田中ホールディングスの平均年収

2022年06月17日 15:18

串カツ田中ホールディングスとは

串カツ田中ホールディングスとは、飲食業を営む東京都の上場企業です。
企業名 串カツ田中ホールディングス
本社所在地 品川区東五反田一丁目7番6号
売上高 14.6億円
社員数 31人
平均年収 489万円
推定初任給 21万円
年収偏差値 51.3
平均年齢 44.0歳
平均勤続年数 3.7年

有価証券報告書によると串カツ田中ホールディングスの事業内容は次の通りです。

当社グループは、全国1,000店舗体制を構築し、串カツ田中の串カツを日本を代表とする食文化にすることを目標とし、主に「串カツ田中」の単一ブランドで関東圏を中心に全国規模で飲食事業を展開しております。

私たちは、企業理念に従い社会に役立つ会社になることを、使命として活動しています。

1.お客様の笑顔

ご来店いただくお客様を笑顔にすることを第一に考えます。お客様の笑顔とともにお店は繁栄します。

2.スタッフの笑顔

スタッフが笑顔で安心して働け、かつ、やりがいのある会社を作ります。

3.取引先やすべてのステークホルダーの笑顔

関わる皆さんの笑顔を生みます。

 

串カツは、大阪の伝統的なB級グルメです。大阪の下町で昔から愛されてきた串カツは、それぞれの家庭や店が秘伝の味を守ってきました。当社グループの味は、当社取締役田中洋江が父親の田中勇吉(故人)から受け継いだ田中家の味を大阪の西成から東京に持ってきたものです。串カツのルールである「ソースの二度づけ禁止」をはじめ、大阪伝統の味、大阪の食文化を提供しています。串カツ田中の目標は、全国1,000店舗体制を構築することです。ブームに影響されない店、永くお客様に愛される店を作り、串カツ田中の串カツを日本を代表する食文化とすることを目指しております。

※「B級グルメ」:庶民的な価格でありながら、おいしいと評判の料理のこと

 

(1) 串カツ田中ブランドの特徴

① 商品の特徴

串カツ田中は、大阪の下町で生まれた大衆食である串カツの専門店です。提供する串カツメニューは常時30品以上で、価格帯は1本100円から330円、その中でも150円以下の串カツメニューが半数以上を占めています。

串カツの他、かすうどん、牛すじ土手、肉吸い、ちりとり鍋、たこ焼き、ガリ酎、冷しあめなどの大阪名物を中心としたサイドメニューやドリンクも提供しています。

串カツの味は、各社独自に工夫しており、当社グループの串カツのレシピは社外秘としております。当社グループはレシピ流出を防止するため、串カツの核となるソース、揚げ油、衣については、仕入先との間で他社には同じ製品を卸さない旨の契約を締結したうえで、当社グループ独自の材料として使用しております。

串カツの調理工程は材料に衣をつけて油で揚げるだけと一見単純ですが、当社グループでは、材料、調理の方法、味のバランス及び機材にこだわることにより、他店の串カツとの差別化を図っております。

また、より多くのお客様にご来店いただき、毎日でも気軽に立ち寄れる大衆的な店を目指し、客単価が2,700円程度になるよう価格設定しております。

 

② 接客の特徴 

串カツ田中は、ご来店いただいたお客様に笑顔・元気・活気・楽しさを提供できる店を目指しております。串カツを中心としたメニューを単に提供するだけでなく、チンチロリンハイボール、子供じゃんけんドリンク、お子様アイス、自分で作るたこ焼き等、サービスと組み合わせて商品を提供することで老若男女、お子様までも楽しんでいただけるよう工夫し、お客様との接点を増やすよう努めております。接客は、お客様を笑顔にするための最も重要な要素と考え、理念の浸透・教育等に取り組んでおります。

 

③ 店舗の特徴

大阪市下町の常連客しか入りづらい老舗の串カツ店とは対照的に、串カツ田中は、老若男女、お子様にも受け入れられるよう、活気があり誰もが入りやすい大衆食堂(酒場)の雰囲気を醸し出すことを意識した店舗づくりを特徴としております。具体的には、遠くからでも店舗が一目でわかるように白いテントに「串カツ田中」と書かれたテント看板を掲げております。また、店舗は原則として一階の路面に出店し、間口を広くし、ガラス越しに、店内の活気や賑やかな様子が外にも伝わるよう設計しております。内装も、基本的には個室や席ごとの間仕切りを設置せず、装飾をシンプルにし、大阪下町の雰囲気を表現しております。

 また、当社グループは、お客様にお子様連れのご家族も多いことや、世界的に受動喫煙防止対策の動きもあることから2018年6月より、全店を禁煙化しております。

 

(2) 店舗展開の特徴

① 立地の特徴

店舗の立地は、出店可能な選択肢が豊富なことを特徴としております。

出店当初は、ターミナル駅やビジネス街に出店するよりも、競合店が少なく、また店舗の賃料を低く抑えることが可能であったため、近隣住民が日常的に使用する生活道路に近い住宅街に出店しておりました。

近年では、フランチャイズ展開拡大に向けて串カツ田中の知名度を向上させるため、ターミナル駅、ビジネス街、繁華街及び商業ビル内への出店を進めるとともに、今後の全国展開を見据え、地方ロードサイドへのファミレス型店舗の出店も実施しております。

このように様々な立地に出店が可能である理由は、串カツ田中の利用客層と来店動機の幅が広いことに起因しております。ビジネス街ではお仕事帰りの方や学生の方に居酒屋として、住宅街ではお子様連れのご家族の方に食堂として、様々な客層の方にご利用いただいております。

※「地方ロードサイドへのファミレス型店舗」:店舗立地が幹線道路沿いであり、広い駐車スペースを確保し、店舗の内装をより家族利用向けにアレンジした店舗

② 多店舗展開について

当社グループは、串カツ田中の串カツを日本を代表する食文化として世界中に広めていくという目標を掲げております。その手段として、直営店での出店とフランチャイズ方式による多店舗展開を行っております。

串カツ田中の多店舗展開が可能となっている理由は、数値と作業の標準化、串カツ業態としての専門化及び調理工程の単純化、の三点をパッケージ化したことです。

直営店の成功事例を分析することで、原価率、人件費率、賃料比率等の店舗の目指すべき経営数値を明確化し、調理、接客、衛生管理等店舗運営方法を標準化したこと、メニューを串カツに専門化したこと、味のベースとなるソース、揚げ油、衣につき、店舗内での配合等が不要な当社グループ独自の材料を仕入れることで調理工程を単純化しております。

多店舗展開の際には、串カツ田中ブランドの品質を維持することが重要となりますが、当社グループでは、直営店とフランチャイズ店が同水準の品質を維持できるよう、両者が同じレシピ、同じ店舗運営マニュアルを遵守するとともに、定期的に全店舗に対するマネージャー又はスーパーバイザーによる臨店検査と指導、外部機関の覆面調査を実施しております。さらに、年に一度、「串カツ田中総会」を開催して、フランチャイズ店のオーナー及び従業員と、串カツ田中の理念や目標を共有しております。

また、店舗造作についても極力シンプルにし、出店時の投下資本を抑制することで、投下資本の回収期間を短期化していることも、直営店及びフランチャイズ店の多店舗展開に寄与しております。

※串カツ田中総会とは、年始にフランチャイズ店を含む全店、アルバイトを含む全社員が参加する、前年度の総括と今年度目標を確認するためのイベントです。同時に、業績のみならず、クリンリネスの順位をトップから最下位まで発表します。なお、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、第19期及び第20期の開催を見送っています。

 

 

店舗数の推移(2021年11月30日現在)

(単位:店舗)

 

関東圏

関東圏以外

全国計

2017年11月期

直営店

60

11

71

FC店

75

20

95

小計

135

31

166

2018年11月期

直営店

73

25

98

FC店

84

36

120

小計

157

61

218

2019年11月期

直営店

93

30

123

FC店

91

59

150

小計

184

89

273

2020年11月期

直営店

92

34

126

FC店

84

66

150

小計

176

100

276

2021年11月30日現在

直営店

110

50

160

FC店

81

68

149

小計

191

118

309

 

(注) 1.関東圏とは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、茨城県、栃木県であります。

2.FC店とは、フランチャイズ店であります。

※画像は省略されています

串カツ田中ホールディングスの平均年収は489万円

串カツ田中ホールディングスの平均年収は489万円です。 去年の全国平均年収430万円より13.6%高いです。 過去のデータを見ると343万円(最低)から489万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、串カツ田中ホールディングスの生涯収入はおよそ1.81億円と推定されます。
平均年収
2014 343万円
2015 379万円
2016 386万円
2017 424万円
2018 466万円
2019 472万円
2020 489万円

串カツ田中ホールディングスの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上では串カツ田中ホールディングスは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングでは串カツ田中ホールディングスは3531位(全4608社)で、年収偏差値は51.3でした。
串カツ田中ホールディングスの年収ヒストグラム

串カツ田中ホールディングスの年齢別年収

串カツ田中ホールディングスの20代の想定平均年収は337万円、30代の想定平均年収は494万円でした。 串カツ田中ホールディングスの初任給はおよそ21万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 267万円 21万円
25-29歳 407万円 31万円
30-34歳 475万円 37万円
35-39歳 513万円 39万円
40-44歳 551万円 42万円
45-49歳 586万円 45万円
50-54歳 623万円 48万円
55-59歳 611万円 47万円
60-64歳 470万円 36万円
串カツ田中ホールディングスの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


串カツ田中ホールディングスの賞与・ボーナス

串カツ田中ホールディングスの年間賞与額は65万円程度と推定されます。 なお、串カツ田中ホールディングス社は有価証券報告書に賞与引当金の記載が無いため、 類似企業や年収マスターが保持しているデータから推測した値となります。
平均賞与額
2014 46万円
2015 51万円
2016 51万円
2017 56万円
2018 62万円
2019 63万円
2020 65万円


串カツ田中ホールディングスの業種・地域

串カツ田中ホールディングスの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは2283位(全2790社)でした。
串カツ田中ホールディングスの年収ヒストグラム(関東地方内)
串カツ田中ホールディングスは、業種カテゴリとしては 飲食業に属します。 飲食業内での年収ランキングは 63位(全123社) でした。

飲食業内での年収ランキング
串カツ田中ホールディングスの年収ヒストグラム(飲食業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

串カツ田中ホールディングスの従業員数は31人

串カツ田中ホールディングスの従業員数は31人でした。
従業員数
2014 110人
2015 119人
2016 178人
2017 24人
2018 17人
2019 20人
2020 31人
串カツ田中ホールディングスの従業員数

串カツ田中ホールディングスの売上、純利益

串カツ田中ホールディングスの最新の売上高は14.6億円(売上ランキング4006位)でした。 従業員一人当たりの売上高は4716万円(一人当たり売上ランキング2279位)です。
串カツ田中ホールディングスの売上高
串カツ田中ホールディングスの最新の純利益は-2.30億円(純利益ランキング3969位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約-744万円(一人当たり純利益ランキング4293位)です。
串カツ田中ホールディングスの純利益

串カツ田中ホールディングスに転職するには?

串カツ田中ホールディングスに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

Foods Labo

Foods Labo」は飲食・食品業界に特化した転職サイトです。 業界特化型であるため、エージェントもこの業界に特化した知識を有するスタッフが対応してくれます。


また、飲食業界の企業も信頼の置けるFoods Laboにしか求人を出していないケースがあり、 飲食業界の中でも高給高待遇な企業はFoods Laboに求人が集まっています。 飲食業界で転職先を探している方は登録必須と言えるサイトだと思います。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

串カツ田中ホールディングスの歴史

串カツ田中ホールディングスの歴史について年表形式でご紹介します。
2002年3月大阪府大阪市西区に飲食業を目的に個人事業の法人化によってケージーグラッシーズ有限会社(資本金3,000千円)を設立
2011年12月「串カツ田中方南町店」をフランチャイズ化し、フランチャイズ展開を開始
2013年10月米国カリフォルニア州ロサンゼルス市に子会社NOTE INC.を設立
2016年9月東京証券取引所マザーズ市場に上場
2017年12月100%子会社の株式会社串カツ田中分割準備会社設立
2019年6月東京証券取引所市場第一部へ市場変更
2020年3月100%子会社の株式会社セカンドアロー設立
2021年4月冷凍串カツのインターネット販売開始
2021年10月株式会社インフォマートと業務提携及び合弁会社「株式会社Restartz」の設立

串カツ田中ホールディングスの子会社

串カツ田中ホールディングスの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
株式会社串カツ田中 飲食事業
株式会社セカンドアロー 飲食事業
株式会社Restartz システムの企画・開発・販売

串カツ田中ホールディングスの類似企業

串カツ田中ホールディングスを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
スーパーバリュー 520万円 413人
鳥貴族HD 572万円 48人
海帆 384万円 72人
ギフトHD 613万円 54人
ヨシックスHD 499万円 12人
NATTY SWANKYHD 390万円 248人
ブロンコビリー 448万円 533人
コメダHD 957万円 8人
フジオフードグループ本社 588万円 33人
プレナス 599万円 1178人

串カツ田中ホールディングスと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
ワタミ 408万円
ホリイフードサービス 419万円
小僧寿し 390万円
カネ美食品 537万円
ジョイフル 504万円
出前館 527万円
あさくま 420万円
オリジン東秀 581万円
アトム 448万円
やまや 406万円

串カツ田中ホールディングスと売上高が近い企業

企業名 売上高
相模原ゴルフクラブ 13.5億円
全宅住宅ローン 13.7億円
メディアファイブ 13.7億円
Photosynth 16.0億円
UbicomHD 14.5億円
ステムリム 14.0億円
マーキュリーリアルテックイノベーター 13.7億円
RPAHD 15.9億円
トビラシステムズ 14.2億円
大和自動車交通 15.4億円