年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

インティメート・マージャーの平均年収

2022年04月12日 17:01

インティメート・マージャーとは

インティメート・マージャーとは、インターネット業, 広告業を営む東京都の上場企業です。
企業名 インティメート・マージャー
本社所在地 港区六本木三丁目5番27号 六本木山田ビル4階
売上高 20.2億円
社員数 41人
平均年収 526万円
推定初任給 25万円
年収偏差値 53.4
平均年齢 31.0歳
平均勤続年数 2.2年

有価証券報告書によるとインティメート・マージャーの事業内容は次の通りです。

 インターネットの普及とともに、スマートフォン、タブレット等の様々なオンライン端末が利用されるようになり、インターネット広告技術が発展したことで、企業のマーケティングにおける選択肢は拡大致しました。一方で、インターネット上を流通する情報量は急速に増大し、マーケティングを行う企業が膨大なデータの中から自社商品に真に関心を抱くユーザー群を見つけることがより大きな課題になってきております。

 当社グループは、当社及び関係会社(子会社1社及びその他の関係会社1社)から構成されており、その主な事業内容は、創業以来蓄積してきたオーディエンスデータ(閲覧履歴などの来訪するブラウザが保有する情報全般)(注1)により構成される当社グループ独自のデータマネジメントプラットフォーム(Data Management Platform)(注1)である「IM-DMP」を用いて、データの活用によりクライアント企業(広告主)のオンライン、オフライン双方のマーケティングを支援する事業を行っております。オーディエンスデータとデータ分析結果を一覧できるダッシュボードの両方を具えるIM-DMPを用いる事で、マーケティングを行う企業に対し、IM-DMPで保有する膨大なデータの中からより広告効果が高いと見込まれる消費者を抽出、ターゲティングする事が可能となります。

 データマネジメントプラットフォーム(Data Management Platform)はDMPと略され、デジタルマーケティングの領域におけるDSP、SSP、アドネットワーク等(注2)の延長線上にあるいわゆる「アドテクノロジー」の1つとして説明されることがありますが、当社グループが提供するIM-DMPはデジタルマーケティングの分野に限定されるものではありません。Webサイトへの来訪時に付与するブラウザ毎のID(当社グループでは「IM-ID」の名称で管理)をキーとすることで、インターネット上で収集したオーディエンスデータを、テレビCM、ダイレクトメール等のオフラインマーケティングにも応用が可能であり、今後は更にデータ活用分野を広げていきます。

 

 当社グループが展開する事業の特徴は以下のとおりです。なお、当社グループはDMP事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しております。

 

(1)IM-DMPについて

 当社グループが提供するIM-DMPは、インターネット利用者(ユーザー)の属性データベースとして、PC、スマートフォン、タブレット等で利用されるWebブラウザ(注3)から得られる情報によって構築されております。1つのWebブラウザに1つのID(IM-ID)を割り当て、Webブラウザを最小構成単位としてインターネット利用者に関するデータベースを構築しています。IM-IDにデモグラフィックデータ(性別、年齢、職業等)、ジオグラフィックデータ(居住地域等)、サイコグラフィックデータ(趣味、嗜好、興味、関心事項等)等の属性情報を集積することで、Webブラウザをベースとした各ユーザーの特徴(実相)を、より鮮明なものにしております。なお、当社グループが保有する属性情報に個人情報は含まれておりません。

 このように、多様な属性情報を集積したIM-IDを分析・分類し、定期的に更新することで、IM-DMPにおいては、適切なターゲットに、適切なタイミングで、適切なマーケティング手法によりアプローチする提案を行うことができるものであります。

 

(2)IM-DMPの特徴

 当社グループが提供するIM-DMPには、パブリックDMP(注1)として、主に以下の2種類のデータベースが具わっております。

 

①インターネット利用者の属性データベース

 当社グループは、1つのWebブラウザに1つのIM-IDを割り当てており、そのIM-IDに様々な属性情報を集積しております。IM-IDに集積される情報は以下の2種類に分類されます。

 

a.確定情報

 インターネットリサーチ会社(注4)から購入するデモグラフィックデータ(性別、年齢、職業等)、データプロバイダーから購入するジオグラフィックデータ(居住地域等)が該当します。

 クッキーシンク(Cookie Sync)と呼ばれるIDを名寄せする技術を用いることで、インターネットリサーチ会社やデータプロバイダーから取得した情報をIM-IDと紐付け、同一ユーザー(厳密には同一Webブラウザ)として認識することが可能になります。デモグラフィックデータについては、インターネットリサーチ会社にパネル(注4)として登録している調査対象者とIM-IDを対応させることで、年齢、性別等の情報を付加しています。また、ジオグラフィックデータについては、IPアドレスとIM-IDを対応させることで、Webサイトのアクセス元の地域情報等の情報を付加しています。

 

b.類推情報

 当社グループが提携するポータルサイト、ニュースサイト、まとめサイト等のWebメディアから取得するWebメディアへの接触情報(=インターネット上の行動履歴)をもとに、「このユーザー(厳密にはWebブラウザ)は何に興味がありそうか」を類推し、サイコグラフィックデータ(趣味、嗜好、興味、関心事項等)を抽出します。抽出するサイコグラフィックデータは、対象となるWebページの特徴を、例えば「旅行」「転職」等のキーワードに読み替えたもので、これがIM-IDに集積・更新されていきます。なお、当社グループが提携するWebメディアから取得する情報は、インターネット利用者が閲覧したWebサイトそのものを特定する情報ではなく、あくまで、閲覧したWebサイトに記載されている内容(語句)を抽出したものです。

 

②IM-IDを異なるIDに変換するためのデータベース

a.IM-IDを異なるIDに変換

 IM-DMPには、IM-IDをアドネットワークやDSP等の様々なデジタル広告の配信ツールで利用されているIDに変換するデータベースが具わっています。このデータベースを用いることで、IM-IDが付与されたユーザー群へのアプローチ方法に様々な手法を選択することが可能になります。

 デジタルマーケティングの領域においては、WebブラウザのCookie(注5)を利用した対象顧客の行動履歴をもとにターゲットを絞って行う「ターゲティング広告」と呼ばれるインターネット広告手法が広く利用されております。当社グループのデータベースを用いることで、ターゲティングの精度を高く保ちつつ、クライアント企業が望む適当な広告配信ツールを利用することが可能です。

 広告配信ツール以外にもIM-IDを活用することで、Googleアナリティクス、Adobeアナリティクス等のWebサイト分析ツール、サイト来訪者が訪れるWebサイトページの改善を行うLPOツール(Landing Page Optimization:ランディングページの最適化)等に連携することが可能です。

 

b.IM-IDに付加された属性情報を異なるデータベースに付加

 会員情報を有するクライアント企業が、自社の会員情報とIM-IDを紐付けることで、会員情報にサイコグラフィックデータ(趣味、嗜好、興味、関心事項等)を付加することが可能になります。この手法を用いれば、例えば、全ての会員ではなく、特定の商品に興味を抱いている会員にだけダイレクトメールを送付することが可能になります。

 

(3)当社グループの提供するサービスの内容

 当社グループは、クライアント企業自身でデータを分析し、活用することが可能な場合には、IM-DMPが搭載するデータのみ提供しております。

 しかしながら、IM-DMPを継続的に有効活用するには、高度なデータ分析力とデータ活用先であるマーケティングツールに関する知識が必要です。このため、当社グループでは、クライアント企業自身が持つデータ(1st Party Data)とIM-DMPのデータ(3rd Party Data)を統合し、後述するフィルタリングやターゲティング等広告配信を効率的・効果的に行うために、高度な分析を提供するコンサルティングサービスを提供しております。これにより、クライアント企業は、マーケティング専門人材を自社内に置かなくとも、効率的且つ多様なマーケティング手法を採用することが可能になります。

 また、抽出されたデータは、オフラインマーケティングや効果測定等への活用や、リードジェネレーションへの活用、リスク管理といったデジタルマーケティング以外のデータ活用への展開も始めており、様々なソリューションを提供しております。

 

①データマネジメント・アナリティクスサービス

 IM-DMPをデジタルマーケティングに活用することで、リターゲティング(過去に広告主Webサイトを訪れたことのあるユーザーに対して再度広告を表示させる手法)の効率化や、今までアプローチできていなかった新規顧客向けのターゲティングを行うことができます。

 クライアント企業のホームページ、キャンペーンサイト等にJavaScriptタグ(注6)を設置し、来訪者のCookieを取得します。来訪者のCookieに保存されているIM-IDを、当社グループのデータベースに保存されているIM-IDと照合することで、来訪者の属性情報を視覚的に分析することが可能になります。当社グループでは、来訪者の属性分析を行った後、主に以下の2つの技術を用いてデータマネジメント・アナリティクスサービスを提供しております。

 

a.フィルタリング

 クライアント企業のWebサイトへの来訪者の中には、競合企業の社員、自社の社員、ボット(注7)等、コンバージョン(注8)しない(ECサイトであれば商品を購入しない)可能性が非常に高いユーザー群が一定割合存在します。IM-DMPを活用することで、このようなユーザーを特定し、無駄な広告配信費用を削減することで、広告配信効率を改善しています。

b.ターゲティング

 IM-DMPを活用することで、コンバージョンが発生したユーザーがどのような属性情報をもっているかを分析することが可能になります。この分析結果をもとに、IM-DMPのデータから広告配信のターゲットとなるオーディエンスリスト(注9)を抽出します。このオーディエンスリストをデジタル広告の配信ツールに連携することで、広告効果の高いユーザー群へ効率的な広告配信を実現しています。

 

②マーケティング支援サービス

 IM-DMPで保有しているデータを使った以下のマーケティング施策のサービス提供を行っております。

 

(ⅰ)データ活用広告配信サービス

 IM-DMPを利用したいクライアント企業に対し、効果的な広告配信を行うためのコンサルティングに加え、IM-DMPで保有しているデータを使った広告配信までワンストップでのサービス提供も行っております。より効果的な広告配信を行うためには、配信された広告を見た消費者が実際にコンバージョンに至ったかどうか確認し、その結果を踏まえて更にターゲットを選別するといった継続的な広告の運用が鍵となります。当社グループがIM-DMPを用いて潜在顧客の特定を行い、広告配信・運用まで担うことで、配信結果を踏まえた更なる潜在顧客の絞り込みが可能となり、より精度の高い広告配信へと繋がります。

 

(ⅱ)オフラインマーケティングサービス

 IM-DMPをオフラインマーケティングに活用することで、オフライン施策に、インターネット上のリアルタイムな行動データや対象ユーザーの様々な属性情報を利用することが可能になります。

 クライアント企業のホームページ、キャンペーンサイト等の来訪者のCookieに保存されているIM-IDを郵便番号への変換データベースと照合し、IM-IDと郵便番号データを紐付けることができます。オフライン施策においては、ターゲット選定の前提となるユーザー情報がリアルタイム情報ではないことが多く、情報が古い、あるいは粒度が粗い等の課題があります。IM-DMPを活用することで、インターネット上で取得できるデータを用いたリアルタイムのユーザーニーズを考慮できるようになるため、一定期間内に特定の商品に興味を示したユーザーを対象に、新聞の折り込みチラシやポスティングを実施する等、効率的なオフラインマーケティング施策を行うことが可能になります。

 

③企業リスト生成サービス「Select DMP」

 IM-DMPにて保有しているオーディエンスデータを用いて、顧客企業の商品購入ニーズの高いキーワードを持つ企業群を抽出し、リアルタイムで購入ニーズの高い企業リストを提供しております。これによりクライアント企業は、自社商品に興味がある顧客を効率的に見つけ出し、的確なタイミングでアプローチすることが可能となります。また、クライアント企業の競合商品のキーワードを持つ企業群を抽出することで、自社商品の解約防止にも役立てることが可能です。

 

④成果報酬型ディスプレイ広告運用サービス「Performance DMP」

 IM-DMPのフィルタリング技術を用いて、クライアント企業の商品に関するディスプレイ広告をコンバージョンし易いと推定されるユーザーを抽出、クリックや購買行動などの成果獲得を行うサービスです。成果指標の獲得件数に応じて課金されるサービスであるため、ダイレクトレスポンス領域(広告接触者から購買に繋がるレスポンスを得ることを目的とする広告でありブランディング広告と対になる手法)における顧客獲得単価改善施策の一つとして活用することが可能です。

〔用語説明〕

(注1) オーディエンスデータ、データマネジメントプラットフォーム(Data Management Platform)

オーディエンスデータは、ブラウザ毎に割り振られたID及びIDに付加される情報全般を言います。

データマネジメントプラットフォーム(Data Management Platform)はDMPと略され、DMPにはプライベートDMP及びパブリックDMPの2種類があります。プライベートDMPは1st Party Data(広告主が保有するオーディエンスデータ)を利用し、パブリックDMPは3rd Party Data(第三者が持つオーディエンスデータ)を利用します。

例えば、英会話教材を販売するクライアント企業の場合、「Webサイトにアクセスしたものの、購入までに至らなかった、年収1,000万円以上の女性」というユーザー群に商品の購入を促したいという場合、1st Party Dataは「Webサイトにアクセスした」「購入までに至らなかった」が該当し、3rd Party Dataは「年収1,000万円以上」「女性」が該当します。1st Party Dataはクライアント企業が自社のWebサイトの情報を分析して収集しますが、3rd Party Dataは外部から取得する必要があります。

既にクライアント企業の商品に興味のあるユーザー群を対象にマーケティングを行う場合はプライベートDMPの活用が有効ですが、パブリックDMPを利用することでプライベートDMPではリーチしづらい新規顧客を発掘することが可能になります。パブリックDMPとプライベートDMPの双方の強みをうまく活用することが、DMPを活用したマーケティングのポイントです。

 

(注2) DSP、SSP、アドネットワーク

①DSP(Demand Side Platform):広告主の広告配信効果を最適化するための広告買付プラットフォーム。媒体側の広告収益の最大化を支援するプラットフォームであるSSP(Supply Side Platform)と対になる仕組みであり、両者はRTB(Real Time Bidding)を通して、広告枠の売買をリアルタイムに行っています。

②SSP(Supply Side Platform):媒体社側から見た広告収益の最大化を支援するプラットフォーム。RTBの技術を活用して、DSPに対してユーザーの1インプレッション毎に広告枠のオークションを行うことで媒体側の広告収益最大化を支援します。

③アドネットワーク:複数の媒体の広告枠を束ねて広告配信ネットワークを形成し、これらの媒体に広告をまとめて配信することにより、広告配信を効率化させる仕組み。

 

(注3) Webブラウザ

ウェブ-ページを表示するための閲覧用ソフトウエア。主なWebブラウザの種類としては、Internet Explorer、Google Chrome、Firefox、Safari、Opera等があります。

 

(注4) インターネットリサーチ会社、パネル

インターネットリサーチ会社とは、顧客企業のリサーチニーズを反映した調査票をインターネット上で再現した後に、パネルへアンケートを依頼して回答を収集する事業者のことです。パネルとは、質問票に対する回答者予備群として会員登録されている様々な属性の調査対象者のことです。

 

(注5) Cookie

Cookieとは、ユーザー情報をWebブラウザに一時的に記録したり参照したりする機能のこと。Cookieの記録として書き込まれる情報の中には、ホームページに訪れた訪問回数や、ユーザーID、パスワード等の会員情報が挙げられます。

 

(注6) JavaScriptタグ

コンピュータで扱う文書(テキストデータ)中に埋め込む特殊な記号や文字列のこと。デザイン、レイアウト、論理構造、意味を記述します。主にHTMLやXMLといったマークアップ言語で用いられます。

 

(注7) ボット

インターネット上で情報収集を行うため複数のWebサイトを巡回するプログラムのこと。人ではなく機械であるため、コンバージョンの対象とはなり得ません。

 

(注8) コンバージョン

購入、会員登録、資料請求等、サイト毎に目標とされる成果が達成されること。

 

(注9) オーディエンスリスト

デジタルマーケティングの対象者を、年齢、職業、居住地等、抽出したい特定の条件によってグループ分けしたユーザー群のこと。

 

 

 事業系統図は以下のとおりでありますが、関係会社2社については重要性が乏しいため記載を省略しております。

※画像は省略されています

インティメート・マージャーの平均年収は526万円

インティメート・マージャーの平均年収は526万円です。 去年の全国平均年収430万円より22.2%高いです。 過去のデータを見ると480万円(最低)から633万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、インティメート・マージャーの生涯収入はおよそ1.94億円と推定されます。
平均年収
2017 563万円
2018 480万円
2019 633万円
2020 526万円

インティメート・マージャーの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではインティメート・マージャーは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではインティメート・マージャーは3078位(全4596社)で、年収偏差値は53.4でした。
インティメート・マージャーの年収ヒストグラム

インティメート・マージャーの年齢別年収

インティメート・マージャーの20代の想定平均年収は389万円、30代の想定平均年収は530万円でした。 インティメート・マージャーの初任給はおよそ25万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 326万円 25万円
25-29歳 452万円 35万円
30-34歳 513万円 39万円
35-39歳 547万円 42万円
40-44歳 582万円 45万円
45-49歳 613万円 47万円
50-54歳 646万円 50万円
55-59歳 635万円 49万円
60-64歳 508万円 39万円
インティメート・マージャーの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


インティメート・マージャーの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、インティメート・マージャーの 平均年間賞与額は56万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2017 28万円
2018 50万円
2019 37万円
2020 56万円


インティメート・マージャーの業種・地域

インティメート・マージャーの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは2038位(全2778社)でした。
インティメート・マージャーの年収ヒストグラム(関東地方内)
インティメート・マージャーは、業種カテゴリとしては インターネット業, 広告業に属します。 インターネット業内での年収ランキングは 118位(全195社) 、 広告業内での年収ランキングは 42位(全65社) でした。

インターネット業内での年収ランキング
インティメート・マージャーの年収ヒストグラム(インターネット業内)
広告業内での年収ランキング
インティメート・マージャーの年収ヒストグラム(広告業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

インティメート・マージャーの従業員数は41人

インティメート・マージャーの従業員数は41人でした。
従業員数
2017 37人
2018 42人
2019 40人
2020 41人
インティメート・マージャーの従業員数

インティメート・マージャーの売上、純利益

インティメート・マージャーの最新の売上高は20.2億円(売上ランキング3845位)でした。 従業員一人当たりの売上高は4933万円(一人当たり売上ランキング2167位)です。
インティメート・マージャーの売上高
インティメート・マージャーの最新の純利益は2776万円(純利益ランキング3514位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約68万円(一人当たり純利益ランキング3212位)です。
インティメート・マージャーの純利益

インティメート・マージャーに転職するには?

インティメート・マージャーに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

インティメート・マージャーの歴史

インティメート・マージャーの歴史について年表形式でご紹介します。
2013年6月 株式会社フリークアウトと株式会社Preferred Infrastructureの合弁にて株式会社インティメート・マージャーを設立
2015年3月 Googleの運営するDSPサービスと連携を開始
2018年7月 B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
2019年1月 成果報酬型ディスプレイ広告運用サービス「Performance DMP」の提供を開始
2019年10月 東京証券取引所マザーズに上場
2020年3月 株式会社ベクトルとの合弁にてPriv Tech株式会社を設立
2020年3月 株式会社新生銀行との共同事業を行うクレジットスコア株式会社を設立

インティメート・マージャーの子会社

インティメート・マージャーの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
(連結子会社) クレジットスコア株式会社 金融業界向けデータソリューションの開発

インティメート・マージャーの類似企業

インティメート・マージャーを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
Macbee Planet 601万円 44人
フィードフォースグループ 584万円 85人
Orchestra Holdings 632万円 12人
ピアラ 572万円 141人
SMN 585万円 170人
フリークアウト・HD 828万円 45人
イーエムネットジャパン 521万円 115人
ジーニー 625万円 224人
ブレインパッド 721万円 427人
マクロミル 547万円 1088人

インティメート・マージャーと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
アイレップ 509万円
ダイレクトマーケティングミックス 516万円
ビリングシステム 556万円
ピアラ 572万円
CS−C 507万円
Eストアー 516万円
イー・ガーディアン 514万円
イオレ 502万円
GMOアドパートナーズ 522万円
ビーマップ 582万円

インティメート・マージャーと売上高が近い企業

企業名 売上高
ピーバンドットコム 19.9億円
エスプール 18.9億円
フジコー 20.3億円
すららネット 19.5億円
アニコム HD 18.8億円
小泉産業 21.4億円
オウケイウェイヴ 21.5億円
コラボス 21.0億円
光・彩 21.2億円
エコモット 19.8億円