年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

アミタホールディングスの平均年収

2022年06月17日 15:18

アミタホールディングスとは

アミタホールディングスとは、小売業を営む京都府の上場企業です。
企業名 アミタホールディングス
本社所在地 京都市中京区烏丸通押小路上ル秋野々町535番地
売上高 6.65億円
社員数 41人
平均年収 586万円
推定初任給 27万円
年収偏差値 56.8
平均年齢 38.1歳
平均勤続年数 8.9年

有価証券報告書によるとアミタホールディングスの事業内容は次の通りです。

 当社グループは連結財務諸表提出会社である当社、当社の連結子会社2社(アミタ株式会社、AMITA ENVIRONMENTAL STRATEGIC SUPPORT (MALAYSIA) SDN. BHD.)及び持分法適用関連会社1社(AMITA BERJAYA SDN. BHD.)により構成されております。当社グループは、「循環型社会システム」の提供を通じて、「持続可能社会=発展すればするほど自然資本と人間関係資本が増加する社会」の実現に貢献する未来デザイン企業を目指しております。

 当社の連結子会社であった株式会社アミタ持続可能経済研究所は、2021年11月1日付で当社の連結子会社であるアミタ株式会社を存続会社とした吸収合併により消滅しております。

 また、2021年4月5日付で適時開示いたしました「大平洋金属株式会社との資本業務提携契約の締結、主要株主及び主要株主である筆頭株主の異動並びにその他の関係会社の異動に関するお知らせ」のとおり、大平洋金属株式会社は、その他の関係会社になりました。

 なお、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当しており、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断することとなります。

 

 当社グループは、「循環型社会システム」の提供を通じて、「持続可能社会=発展すればするほど自然資本と人間関係資本が増加する社会」の実現に貢献する「未来デザイン企業」として、約45年に渡り培ったサステナビリティ分野の良質なネットワーク及び人・資源・情報のプラットフォームを活かし、“産業と暮らしのRe・デザイン”をテーマに、持続可能な企業経営・地域運営を統合的に支援する「社会デザイン事業」の開発・提供に取り組んでおります。具体的には次のとおりであります。

 

■「社会デザイン事業」の概要

 当社グループは、サステナブルな企業経営や地域運営を目指す顧客との共創によって「暮らし」と「産業」の二つの領域から、社会をRe・デザインいたします。

 

(1) 産業のRe・デザイン

 当社グループは、企業のサブシステムとなり、「Transition Strategy(移行戦略)」の立案・実践を徹底伴走いたします。顧客ごとに最適なプロフェッショナルチームを組み、以下の3点を支援いたします。

①生態系に倣った持続可能な経営スタイル(エコシステム経営)への転換

②モノ・情報・人の行動動機が循環するサーキュラーエコノミー型のビジネスモデル構築

③経済合理性を超えた、価値でつながるサプライチェーンの最適設計

 

(2) 暮らしのRe・デザイン

 当社グループは、「誰かのために力になりたい」という、儚いけれどすべての人が持つ社会的な動機性が安定的に発揮される仕組みを構築し、自立分散型のコミュニティ運営を全国の自治体に提案いたします。主な取組みとして、互助コミュニティ型の資源回収ステーションを基点に、「持続可能な地域運営」の設計・運営を支援しております。

①自治体の環境対策コスト・社会保障費・福祉費の削減

②企業の調達コストの削減・リスク低減及び消費者情報・資源情報の活用

③住民の安心できる居場所の確保とよりきれいな暮らしの提供 など

 

■「社会デザイン事業」が提供するサービス

(1) Ecosystem Style

 バリューチェーンの最適化のために必要なあらゆるサステナブル施策を、導入から実践までトータルでサポートいたします。

 具体的には、「新事業創出プログラムCyano Project」を通じて、以下のようなテーマについて統合的に支援・伴走いたします。

※Cyano Projectとは、関係性がカギとなる循環型事業の構想、プロトタイプ製作、外部パートナーを含む組織体制の構築まで、「ミッションベースド・ダイナミック・ケイパビリティ」の経営スタイルをベースとした約3年間のプログラムであります。

 

・エコシステム経営・・・・・・ESG/SDGs経営、ビジョン策定、戦略立案

・サーキュラーエコノミー・・・ビジネスモデル創出、ポストコンシューマー材の回収/資源化、原料/資源の循環調達、廃棄物の100%リサイクル、環境管理業務の適正化(AMITA Smart Eco、廃棄物管理ベストウェイ等)

・気候変動対策・・・・・・・・気候変動対策の戦略/戦術立案、実行支援

・プラットフォーム構想・・・・サーキュラーエコノミー・パートナーシップの構築、地域コミュニティ型資源循環プラットフォームの構築、高品質の外部リソースを提供する「コ・マルチソーシング」

・自立分散型地域創生・・・・・地域課題を統合解決するコミュニティデザイン・運営、域内資源循環・エネルギー生産システムの構築・運営、自然資本の利活用/生物多様性戦略

※「サーキュラーエコノミー」における100%リサイクルでは、アミタ㈱の国内5か所の自社製造所に加え、アミタ㈱が技術提供している協業企業ネットワークであるアミタ地上資源パートナーズでも実施しております。

 

(2) 環境認証審査サービス

 社会の持続性を高め、企業の信頼を向上する、国際的な環境認証制度に基づく環境認証審査サービスを提供いたします。

 具体的には、適切な森林経営・管理に関する認証(FSC® FM認証)及び認証木材を使用した製品管理に関する認証(FSC® CoC認証、PEFC™ CoC認証)の審査並びに監査業務を実施いたします。また、MSC認証機関として水産物の加工流通過程の管理の認証(MSC CoC認証)、ASC認証機関として養殖場の認証(ASC 養殖場認証)及び加工流通過程の管理の認証(ASC CoC認証)の認証審査業務を実施いたします。

※アミタ㈱は、日本初のFSC®森林認証審査会社/ASC養殖場認証機関であり、アジア初のMSC CoC認証機関であります。

 

(3) 海外環境業務支援サービス

 創業以来培ってきた資源循環技術と環境管理ノウハウを海外へ展開いたします。

 具体的には、マレーシアの製造所で指定廃棄物をセメント原燃料に100%リサイクルや、排出事業者から出る副産物を代替原料・燃料として利用するユーザーへとマッチングする貿易事業、その他海外での環境リスク・事業性調査など、 豊富な実績・ノウハウ・ネットワークで企業の海外展開を環境面からサポートいたします。

※「AMITA ENVIRONMENTAL STRATEGIC SUPPORT (MALAYSIA) SDN. BHD.」及び持分法適用関連会社である「AMITA BERJAYA SDN. BHD.」によって、海外マレーシアにおける100%リサイクルを実施しております。

※画像は省略されています

アミタホールディングスの平均年収は586万円

アミタホールディングスの平均年収は586万円です。 去年の全国平均年収430万円より36.2%高いです。 過去のデータを見ると447万円(最低)から586万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、アミタホールディングスの生涯収入はおよそ2.17億円と推定されます。
平均年収
2013 482万円
2014 482万円
2015 456万円
2016 457万円
2017 483万円
2018 447万円
2019 502万円
2020 531万円
2021 586万円

アミタホールディングスの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではアミタホールディングスは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではアミタホールディングスは2309位(全4608社)で、年収偏差値は56.8でした。
アミタホールディングスの年収ヒストグラム

アミタホールディングスの年齢別年収

アミタホールディングスの20代の想定平均年収は427万円、30代の想定平均年収は591万円でした。 アミタホールディングスの初任給はおよそ27万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 354万円 27万円
25-29歳 500万円 38万円
30-34歳 571万円 44万円
35-39歳 611万円 47万円
40-44歳 651万円 50万円
45-49歳 688万円 53万円
50-54歳 726万円 56万円
55-59歳 713万円 55万円
60-64歳 566万円 44万円
アミタホールディングスの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


アミタホールディングスの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、アミタホールディングスの 平均年間賞与額は55万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2013 27万円
2014 17万円
2015 12万円
2016 46万円
2017 42万円
2018 30万円
2019 60万円
2020 50万円
2021 55万円


アミタホールディングスの業種・地域

アミタホールディングスの本社所在地は京都府です。京都府を含む近畿地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 近畿地方内での年収ランキングは385位(全753社)でした。
※こちらは、実際の企業数とは大きく異なる点に注意してください。多くの企業が本社所在地を東京にしているため、それ以外の地域では企業数が少なくなります。
アミタホールディングスの年収ヒストグラム(近畿地方内)
アミタホールディングスは、業種カテゴリとしては 小売業に属します。 小売業内での年収ランキングは 61位(全242社) でした。

小売業内での年収ランキング
アミタホールディングスの年収ヒストグラム(小売業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

アミタホールディングスの従業員数は41人

アミタホールディングスの従業員数は41人でした。
従業員数
2013 35人
2014 31人
2015 39人
2016 40人
2017 33人
2018 36人
2019 23人
2020 32人
2021 41人
アミタホールディングスの従業員数

アミタホールディングスの売上、純利益

アミタホールディングスの最新の売上高は6.65億円(売上ランキング4294位)でした。 従業員一人当たりの売上高は1622万円(一人当たり売上ランキング4100位)です。
アミタホールディングスの売上高
アミタホールディングスの最新の純利益は6.92億円(純利益ランキング2169位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約1689万円(一人当たり純利益ランキング533位)です。
アミタホールディングスの純利益

アミタホールディングスに転職するには?

アミタホールディングスに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

アミタホールディングスの歴史

アミタホールディングスの歴史について年表形式でご紹介します。
2010年1月 アミタ株式会社の単独株式移転により持株会社アミタホールディングス株式会社を設立し、大阪証券取引所ヘラクレス)に新規上場
2010年4月 アミタ株式会社において、株式会社アミタ環境認証研究所、アミタプロパティーズ株式会社を新設分割設立
2010年4月 アミタ株式会社は、川崎市川崎区に川崎循環資源製造所を開設
2010年6月 アミタ株式会社は、北九州市若松区に北九州循環資源製造所を開設
2013年7月 大阪証券取引所と東京証券取引所の市場統合に伴い、東京証券取引所JASDAQに上場
2015年10月 アミタ株式会社は、宮城県本吉郡南三陸町に南三陸BIOを開設
2015年12月 KUB-BERJYAYA ENERGY SDN. BHD.との共同出資により、マレーシアにAMITA KUB-BERJYAYA KITAR SDN. BHD.を設立
2016年3月 台灣阿米達股份有限公司は、台湾彰化県に台湾循環資源製造所を開設
1977年4月 亜鉛・鉛の問屋業務と鉄鋼ダストの物流管理業務を行う目的で、兵庫県姫路市にスミエイト興産株式会社を設立
1994年6月 日立化成グループとの共同出資により、茨城県下館市に日化スミエイト株式会社を設立
2000年4月 アミタ株式会社に社名変更 姫路工場をスミエイト株式会社として分社設立
2005年8月 京都府京丹後市に新エネルギー・産業技術総合開発機構の「新エネルギー等地域集中実証研究」を行う施設として京丹後循環資源製造所を開設
2006年6月 株式会社大阪証券取引所ニッポン・ニュー・マーケット―に上場
2009年2月 株式会社アミタ持続可能経済研究所、アミタエコブレーン株式会社、株式会社トビムシを新設分割設立

アミタホールディングスの子会社

アミタホールディングスの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
アミタ㈱ 社会デザイン事業(Ecosystem Style:エコシステム経営、サーキュラーエコノミー、気候変動対策、プラットフォーム構想、自律分散型地域創生、環境認証審査サービス、海外でのサービス展開)
AMITA ENVIRONMENTAL STRATEGIC SUPPORT (MALAYSIA) SDN. BHD. 100%リサイクル
AMITA BERJAYA SDN. BHD. 100%リサイクル
大平洋金属㈱ フェロニッケルの製錬及びスラグ製品の製造

アミタホールディングスの類似企業

アミタホールディングスを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
ダイセキ 686万円 710人
タケエイ 591万円 624人
イボキン 450万円 132人
ダイトーケミックス 615万円 199人
リバーHD 723万円 42人
三菱マテリアル 657万円 6153人
エンビプロ・HD 733万円 47人
要興業 559万円 393人
フジコー 499万円 88人
ダイセキ環境ソリューション 661万円 166人

アミタホールディングスと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
ユニーグループ・HD 648万円
東急 763万円
しまむら 646万円
カワチ薬品 541万円
髙島屋 687万円
タカノ 530万円
コマニー 566万円
マミーマート 556万円
J.フロント リテイリング 709万円
ハンズマン 549万円

アミタホールディングスと売上高が近い企業