年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

横浜ゴムの平均年収

2021年08月26日 12:14

横浜ゴムとは

横浜ゴムとは、自動車部品業を営む東京都の上場企業です。
企業名 横浜ゴム
本社所在地 港区新橋5丁目36番11号
売上高 2712億円
社員数 5574人
平均年収 606万円
推定初任給 27万円
年収偏差値 58.2
平均年齢 40.0歳
平均勤続年数 16.7年

有価証券報告書によると横浜ゴムの事業内容は次の通りです。

当社グループ(当社及び関係会社)は、当社及び子会社123社、関連会社35社で構成され、当社グループが営んでいる主な事業の内容と事業を構成している各関係会社の当該事業における位置づけは次のとおりであります。

なお、以下の3事業は「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 連結財務諸表注記」に掲げるセグメント情報におけるセグメントの区分と同一であります。

 

事業

主要製品

区分

国内

海外

タイヤ

乗用車用、トラック・バス用、小型トラック用、建設車両用、産業車両用などの各種タイヤ、チューブ、アルミホイール、自動車関連用品

主要製造販売会社

当社
愛知タイヤ工業㈱
(更生タイヤ)
ヨコハマタイヤリトレッド㈱

ヨコハマタイヤ フィリピン Inc.
杭州優科豪馬輪胎有限公司
ヨコハマタイヤ マニュファクチャリング(タイ)
蘇州優科豪馬輪胎有限公司
LLC ヨコハマ R.P.Z.
ヨコハマタイヤ マニュファクチャリングミシシッピ,LLC.
ヨコハマタイヤ ベトナム Inc.
ヨコハマタイヤ マニュファクチャリングヴァージニア LLC.
ヨコハマ・インディア Pvt.Ltd.

主要販売会社

㈱ヨコハマタイヤジャパン 他78社

ヨコハマタイヤ コーポレーション 他24社

その他

浜ゴムエンジニアリング㈱ 他3社

ヨコハマ コーポレーション オブ ノースアメリカ 他4社

MB

コンベヤベルト、各種ホース、防舷材、オイルフェンス、マリンホース、橋梁用ゴム支承、接着剤、シーリング材、コーティング材、封止材、航空部品

主要製造販売会社

当社

ヨコハマ インダストリーズ アメリカズ Inc.
ヨコハマ インダストリーズ アメリカズ オハイオ Inc.
協機工業股份有限公司
ヨコハマラバー(タイランド) カンパニー Ltd.
杭州優科豪馬橡胶制品有限公司
ヨコハマ インダストリーズ アメリカズ メキシコ S. de R.L. de C. V.
PT.ヨコハマ工業品製造インドネシア
山東横浜橡胶工業制品有限公司 他1社

主要販売会社

横浜ゴムMBジャパン㈱
ヨコハマゴム・マリン&エアロスぺース㈱

上海優科豪馬橡胶制品商貿有限公司

ヨコハマ エアロスペース アメリカ Inc. 他1社

その他

-

-

ATG

農業機械用、産業車両用、建設車両用、林業機械用などの各種タイヤ

 

アライアンス・タイヤ・グループ㈱

Alliance Tire Company Ltd.
ATC Tires Private Ltd. 他4社

その他

スポーツ用品、情報処理サービス、不動産賃貸等

 

㈱プロギア
ハマゴムエイコム㈱ 他9社

ワイ・ティー・ラバー Co., Ltd. 他1社

 

 

 

事業の系統図は、次のとおりであります。

 


(注) その他の会社は、主にグループ内におけるサービスの提供、持株会社機能等を有しております。

※画像は省略されています

横浜ゴムの平均年収は606万円

横浜ゴムの平均年収は606万円です。 去年の全国平均年収436万円より38.9%高いです。 過去のデータを見ると606万円(最低)から626万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、横浜ゴムの生涯収入はおよそ2.24億円と推定されます。
平均年収
2013 614万円
2014 616万円
2015 618万円
2016 615万円
2017 619万円
2018 626万円
2019 624万円
2020 606万円

横浜ゴムの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上では横浜ゴムは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングでは横浜ゴムは1936位(全4524社)で、年収偏差値は58.2でした。
横浜ゴムの年収ヒストグラム

横浜ゴムの年齢別年収

横浜ゴムの20代の想定平均年収は429万円、30代の想定平均年収は603万円でした。 横浜ゴムの初任給はおよそ27万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 352万円 27万円
25-29歳 507万円 39万円
30-34歳 582万円 45万円
35-39歳 624万円 48万円
40-44歳 666万円 51万円
45-49歳 705万円 54万円
50-54歳 745万円 57万円
55-59歳 732万円 56万円
60-64歳 576万円 44万円
横浜ゴムの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


横浜ゴムの賞与・ボーナス

横浜ゴムの年間賞与額は81万円程度と推定されます。 なお、横浜ゴム社は有価証券報告書に賞与引当金の記載が無いため、 類似企業や年収マスターが保持しているデータから推測した値となります。
平均賞与額
2013 82万円
2014 82万円
2015 82万円
2016 82万円
2017 82万円
2018 83万円
2019 83万円
2020 81万円


横浜ゴムの業種・地域

横浜ゴムの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは1336位(全2723社)でした。
横浜ゴムの年収ヒストグラム(関東地方内)
横浜ゴムは、業種カテゴリとしては 自動車部品業に属します。 自動車部品業内での年収ランキングは 55位(全158社) でした。

自動車部品業内での年収ランキング
横浜ゴムの年収ヒストグラム(自動車部品業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

横浜ゴムの従業員数は5574人

横浜ゴムの従業員数は5574人でした。
従業員数
2013 5336人
2014 5316人
2015 5263人
2016 5242人
2017 5245人
2018 5473人
2019 5543人
2020 5574人
横浜ゴムの従業員数

横浜ゴムの売上、純利益

横浜ゴムの最新の売上高は2712億円(売上ランキング284位)でした。 従業員一人当たりの売上高は4866万円(一人当たり売上ランキング2159位)です。
横浜ゴムの売上高
横浜ゴムの最新の純利益は291億円(純利益ランキング178位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約522万円(一人当たり純利益ランキング1202位)です。
横浜ゴムの純利益

横浜ゴムに転職するには?

横浜ゴムに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

横浜ゴムの歴史

横浜ゴムの歴史について年表形式でご紹介します。
1917年10月横濱電線製造株式会社〔現古河電気工業株式会社〕とBFグッドリッチ社との折半出資により、タイヤ及び工業品の輸入販売等を事業目的とした「横濱護謨製造株式会社」)を設立。
1950年4月東京証券取引所及び大阪証券取引所市場第一部に株式を上場。
1961年10月名古屋証券取引所市場第一部に株式を上場。
1969年11月米国にタイヤ販売会社「ヨコハマタイヤ コーポレーション」(現連結子会社)を設立。
1973年7月ホース関係の金属部門を分離してエイロクイップ社(米国)との合弁により、「横浜エイロクイップ株式会社」[横浜ハイデックス株式会社に社名変更後、2004年に当社と合併]を設立。
1983年11月スポーツ用品製造販売会社「株式会社スポーツコンプレックス」[現株式会社プロギア(現連結子会社)]を設立。
1996年6月川鉄商事株式会社〔現JFE商事株式会社〕との合弁により、タイヤ製造販売会社「ヨコハマタイヤ フィリピン Inc.」(フィリピン、現連結子会社)を設立。
1996年7月自動車用ウインド・シールド・シーラントの製造、高圧ホースと継手の組立てをする製造販売会社「ヨコハマ ラバー(タイランド)カンパニー Ltd.」を設立。
2001年12月ユーハット社、杭州ゴム集団公司との合弁により、タイヤ製造販売会社「杭州横浜輪胎有限公司〔現杭州優科豪馬輪胎有限公司〕」を設立。
2002年4月コンチネンタル社との合弁により「ヨコハマコンチネンタルタイヤ株式会社」を設立。
2004年1月ティー サイアム コマーシャル社との合弁により、タイヤ製造販売会社「ヨコハマタイヤ マニュファクチャリング」を設立。
2005年11月事業統括会社「横浜橡胶有限公司〔現優科豪馬橡胶有限公司〕」を設立。
2006年1月山東躍馬胶帯有限公司と横浜橡胶有限公司〔現優科豪馬橡胶有限公司〕との合弁により、コンベヤベルト製造販売会社「山東横浜橡胶工業制品有限公司」を設立。
2006年4月横浜橡胶有限公司〔現優科豪馬橡胶有限公司〕の全額出資により、トラック・バス用スチールラジアルタイヤの製造販売会社「蘇州横浜輪胎有限公司〔現蘇州優科豪馬輪胎有限公司〕」を設立。
2007年1月タイヤ製造販売会社「ヨコハマ・インディア Pvt. Ltd.」を設立。
2008年8月タイヤ販売、原材料の調達等を行う「ヨコハマ アジア」を設立。
2008年12月タイヤ製造販売会社「LLC ヨコハマ R.P.Z.」を設立。
2009年7月国内市販用タイヤ販売会社等19社を合併し、「株式会社ヨコハマタイヤジャパン」を設立。
2010年10月全国の工業品販売会社8社と横浜ゴム本社の工業品販売部門の一部機能を統合し、新たに「横浜ゴムMBジャパン株式会社」を設立。
2011年12月障がい者雇用のための特例子会社「ヨコハマピアサポート株式会社」を設立。
2013年4月定年退職者のための機能子会社「ヨコハマビジネスアソシエーション株式会社」及びモータースポーツタイヤ事業会社「ヨコハマ・モータースポーツ・インターナショナル株式会社」を設立。
2013年5月タイヤ製造販売会社「ヨコハマタイヤ マニュファクチャリングミシシッピ,LLC.」を設立。
2014年1月ヨコハマタイヤ東日本リトレッド株式会社及び山陽リトレッド株式会社を統合し、更生タイヤ製造販売会社「ヨコハマタイヤリトレッド株式会社」を設立。タイヤ製造販売会社「ヨコハマタイヤ マニュファクチャリングヴァージニア LLC.」を設立。
2014年4月米国の工業品製造販売子会社の「サスラバーカンパニー」を「YHアメリカ Inc.」の傘下に入れ、「サスラバーカンパニー」は、「ヨコハマ インダストリーズ アメリカズ オハイオ Inc.」に、「YHアメリカ Inc.」は、「ヨコハマ インダストリーズ アメリカズ Inc.」にそれぞれ社名を変更。海洋商品製造販売会社「PT.ヨコハマ工業品製造インドネシア」を設立。
2015年4月タイヤ・工業製品用原材料の調達販売会社「ヨコハマラバー シンガポール PTE. Ltd.」を設立。
2016年9月米国ノースカロライナ州にタイヤ開発研究センターを設立。
2017年6月2013年4月に設立したモータースポーツタイヤ事業会社「ヨコハマ・モータースポーツ・インターナショナル株式会社」を解散。
2017年12月子会社の株式の所有を目的とする「アライアンス・タイヤ・グループ株式会社」を設立。

横浜ゴムの子会社

横浜ゴムの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
㈱ヨコハマタイヤジャパン タイヤ
茨城ヨコハマタイヤ販売㈱
新潟ヨコハマタイヤ㈱
鹿児島ヨコハマタイヤ㈱
沖縄ヨコハマタイヤ㈱
札樽ヨコハマタイヤ㈱
㈱ワイエフシー
ヨコハマタイヤリトレッド㈱
亀山ビード㈱
愛知タイヤ工業㈱
横浜ゴムMBジャパン㈱ MB
ヨコハマタイヤコーポレーション タイヤ
ヨコハマタイヤ(カナダ)Inc.
ヨコハマタイヤオーストラリアPty.,Ltd.
ヨコハマ コーポレーションオブ アメリカ
ヨコハマ コーポレーションオブ ノースアメリカ
フレンドタイヤカンパニー
ヨコハマタイヤマニュファクチャリングミシシッピ, LLC.
ヨコハマタイヤマニュファクチャリングヴァージニア LLC.
ヨコハマタイヤ メキシコS. de R.L. de C.V.
ヨコハマライフェンGmbH
ヨコハマヨーロッパGmbH
ヨコハマ スイス S.A.
ヨコハマスカンジナビア AB
ヨコハマ デンマーク A/S
N.V. ヨコハマベルギー S.A. タイヤ
ヨコハマ H.P.T. Ltd.
ヨコハマ イベリア S.A.
ヨコハマタイヤセールス フィリピンInc.
ヨコハマタイヤセールス タイランド Co.,Ltd.
ヨコハマタイヤフィリピンInc.
台灣横濱輪胎股份有限公司
杭州優科豪馬輪胎有限公司
蘇州優科豪馬輪胎有限公司
ヨコハマタイヤマニュファクチャリング(タイ)
優科豪馬橡胶有限公司
上海優科豪馬輪胎銷售有限公司
ヨコハマ ロシア LLC.
LLC ヨコハマ R.P.Z.
ヨコハマタイヤベトナム Inc.
ヨコハマ・インディアPvt.Ltd.
ヨコハマ アジア Co.,Ltd.
ヨコハマ フランス S.A.S
ヨコハマタイヤコリア Co.,Ltd.
アライアンス・タイヤ・グループ㈱ ATG
Alliance Tire Company Ltd.
ATC Tires Private Ltd.
Alliance Tire Europe B.V.
Alliance Tire AmericasInc.
ATC Tires AP PrivateLtd.
ヨコハマ インダストリーズアメリカズ Inc. MB
ヨコハマ インダストリーズアメリカズ オハイオ Inc.
協機工業股份有限公司
ヨコハマラバー(タイランド)カンパニーLtd.
山東横浜橡胶工業制品有限公司
ヨコハマ エアロスペース アメリカ Inc.
上海優科豪馬橡胶制品商貿有限公司
ヨコハマ工業品アジアパシフィックPte.Ltd.
杭州優科豪馬橡胶制品有限公司
PT.ヨコハマ工業品製造インドネシア
ヨコハマ インダストリーズアメリカズ メキシコS. de R.L. de C. V.
ヨコハマゴム・マリン&エアロスペース㈱
ハマゴムエイコム㈱ その他
浜ゴムエンジニアリング㈱ タイヤ
㈱プロギア その他
ヨコハマゴム・ファイナンス㈱
浜ゴム物流㈱ タイヤ
ワイ・ティー・ラバーCo.,Ltd. その他
ヨコハマモールド㈱ タイヤ
ヨコハマラバーシンガポール Pte. Ltd.

横浜ゴムの類似企業

横浜ゴムを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
住友理工 659万円 3381人
TOYO TIRE 585万円 3725人
ブリヂストン 686万円 14858人
フジ・コーポレーション 418万円 465人
パーカーコーポレーション 716万円 236人
トピー工業 594万円 1854人
クリヤマHD 711万円 28人
コメ兵HD 545万円 16人
ソフト99コーポレーション 658万円 214人
国際計測器 590万円 147人

横浜ゴムと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
テイ・エス テック 680万円
アルパイン 694万円
レック 589万円
ビーピー・カストロール 743万円
ミクニ 546万円
IJTT 562万円
図研 721万円
ヤナセ 645万円
TOYO TIRE 585万円
SHOEI 600万円

横浜ゴムと売上高が近い企業

企業名 売上高
NECネッツエスアイ 2676億円
イオン九州 3301億円
アサツーディ・ケイ 3144億円
日本調剤 2336億円
クレディセゾン 2513億円
TDK 3293億円
パナホーム 2512億円
協和エクシオ 2983億円
小糸製作所 3122億円
住友林業 3177億円