年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

フジ・コーポレーションの平均年収

2022年04月12日 17:01

フジ・コーポレーションとは

フジ・コーポレーションとは、自動車部品業を営む宮城県の上場企業です。
企業名 フジ・コーポレーション
本社所在地 富谷市成田一丁目7番1号
売上高 388億円
社員数 477人
平均年収 428万円
推定初任給 20万円
年収偏差値 47.9
平均年齢 34.0歳
平均勤続年数 8.1年

有価証券報告書によるとフジ・コーポレーションの事業内容は次の通りです。

当社は、カー用品のタイヤ・ホイールに的を絞り、店舗販売、通信販売、業者販売により販売しております。
 一般的なカー用品等小売店は、タイヤ・ホイールだけではなく、カーオーディオ、ナビゲーション、エンジンオイル、バッテリー、アクセサリー等々、様々な種類の商品を販売しておりますが、当社は、取り扱い品目をタイヤ・ホイールに限定することで、店舗規模がコンパクトになり、店舗に従事する従業員を少なくすることが可能となり、さらには、取り扱い品目が少ないことで社員の商品知識が容易に上げられるなどのメリットがあります。また、お客様からみた場合には、店舗に展示してある商品の殆どが豊富な種類のホイールとタイヤになっているため、様々な商品を実際にご覧頂き、納得したうえで購入することができます。

当社の販売形態は、店舗販売、通信販売及び業者販売の3つに分かれております。まず、店舗販売は郊外型の店舗で、幹線道路沿いに多く出店しております。出店形態は3つあり、1つ目は、輸入車、高級車にターゲットを合わせたスペシャルブランド店で、高額所得層が多い地域に出店しております。2つ目は、タイヤ&ホイール館で、店舗規模はスペシャルブランド店と同等で、地方都市への出店に多い形態で、一般の顧客が入り易いような雰囲気にしております。3つ目は、ファイブデイズで、店舗規模を他の形態の店舗の半分程度にして、既存のスペシャルブランド店やタイヤ&ホイール館のサテライト的な店舗として近くに出店しております。展示する商品は、タイヤ&ホイール館と同等で、地域のドミナント化を図る目的があります。

通信販売は、インターネット上の自社ホームページやネット上のショッピングモールに販売サイトを出店し、日本国内外に向けた販売をしております。以前は、自動車雑誌に広告を載せ、電話にて販売をしておりましたが、最近は殆どがこのネットからの注文となっております。

業者販売は、同業者であるカー用品等小売店、カーディーラーやホームセンター、ガソリンスタンド等に直接販売するほか、卸売業者経由で販売しております。最近は、当社の店舗周辺のカーディーラーやガソリンスタンド等への販売が、店舗数が増加するに従い順調に増えております。

取扱商品のホイールには、ナショナルブランドとプライベートブランドがあり、それぞれ国内外から直接仕入れ、当社の店舗販売、通信販売、業者販売により販売しております。プライベートブランドは、当社と提携していただいているホイールメーカーと共同開発(売れ筋のデザインやサイズ情報を当社からホイールメーカーに提供して、メーカーに金型を制作していただくとともに、生産に入る前にJWL(国土交通省の定める「軽合金製ディスクホイールの技術基準」)指定の強度検査を行っており、高品質のものを低価格で販売しております。

タイヤに関しましては、ヨコハマ、ダンロップ、ブリヂストン等の国内一流品のタイヤをはじめ、ミシュラン、ピレリ等の輸入高級タイヤを取り扱っております。また、お客様の中には最近のニーズとして価格重視の声が多くなっており、国内メーカー品と比べ低価格で販売できる中国をはじめとする、東南アジア製のタイヤの中でも特に品質の良いタイヤを仕入れ、お客様のニーズに対応しております。

なお、当社はカー用品等販売事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

※画像は省略されています

フジ・コーポレーションの平均年収は428万円

フジ・コーポレーションの平均年収は428万円です。 去年の全国平均年収430万円より-0.4%低いです。 過去のデータを見ると378万円(最低)から428万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、フジ・コーポレーションの生涯収入はおよそ1.58億円と推定されます。
平均年収
2013 378万円
2014 401万円
2015 385万円
2016 390万円
2017 395万円
2018 419万円
2019 418万円
2020 428万円

フジ・コーポレーションの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではフジ・コーポレーションは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではフジ・コーポレーションは4073位(全4596社)で、年収偏差値は47.9でした。
フジ・コーポレーションの年収ヒストグラム

フジ・コーポレーションの年齢別年収

フジ・コーポレーションの20代の想定平均年収は317万円、30代の想定平均年収は432万円でした。 フジ・コーポレーションの初任給はおよそ20万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 266万円 20万円
25-29歳 368万円 28万円
30-34歳 418万円 32万円
35-39歳 446万円 34万円
40-44歳 474万円 36万円
45-49歳 500万円 38万円
50-54歳 527万円 41万円
55-59歳 518万円 40万円
60-64歳 414万円 32万円
フジ・コーポレーションの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


フジ・コーポレーションの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、フジ・コーポレーションの 平均年間賞与額は15万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2013 14万円
2014 14万円
2015 14万円
2016 14万円
2017 15万円
2018 16万円
2019 15万円
2020 15万円


フジ・コーポレーションの業種・地域

フジ・コーポレーションの本社所在地は宮城県です。宮城県を含む東北地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 東北地方内での年収ランキングは50位(全72社)でした。
※こちらは、実際の企業数とは大きく異なる点に注意してください。多くの企業が本社所在地を東京にしているため、それ以外の地域では企業数が少なくなります。
フジ・コーポレーションの年収ヒストグラム(東北地方内)
フジ・コーポレーションは、業種カテゴリとしては 自動車部品業に属します。 自動車部品業内での年収ランキングは 155位(全158社) でした。

自動車部品業内での年収ランキング
フジ・コーポレーションの年収ヒストグラム(自動車部品業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

フジ・コーポレーションの従業員数は477人

フジ・コーポレーションの従業員数は477人でした。
従業員数
2013 418人
2014 447人
2015 464人
2016 475人
2017 471人
2018 453人
2019 465人
2020 477人
フジ・コーポレーションの従業員数

フジ・コーポレーションの売上、純利益

フジ・コーポレーションの最新の売上高は388億円(売上ランキング1290位)でした。 従業員一人当たりの売上高は8144万円(一人当たり売上ランキング1243位)です。
フジ・コーポレーションの売上高
フジ・コーポレーションの最新の純利益は28.6億円(純利益ランキング1052位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約600万円(一人当たり純利益ランキング1161位)です。
フジ・コーポレーションの純利益

フジ・コーポレーションに転職するには?

フジ・コーポレーションに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

フジ・コーポレーションの歴史

フジ・コーポレーションの歴史について年表形式でご紹介します。
1971年11月有限会社不二タイヤ商会を設立。
1982年11月有限会社不二タイヤ商会を組織変更し、株式会社不二タイヤ商会を設立。
1988年7月現社名株式会社フジ・コーポレーションに商号変更。自動車関連誌への掲載による通信販売を開始。
1993年10月本社を仙台市宮城野区岩切に移転。当社の基本店舗形態となる「タイヤ&ホイール館フジ」出店開始。
2001年11月店舗の規模を既存店の1/3にした新形態サテライト店舗「フジファイブデイズ」出店開始。
2003年10月商品構成を高額商品、中でも輸入車や国産の高級セダンに適合する商品を中心に揃える、専門性を突き詰めた新形態の店舗「Special Brand」出店開始。
2004年12月株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場。
2005年12月株式会社ジャスダック証券取引所における当社株式の売買単位を1,000株から100株に変更。
2010年4月ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)に上場。
2010年10月大阪証券取引所(JASDAQ市場、ヘラクレス市場及びNEO市場)の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場。
2013年7月大阪証券取引所現物市場の東京証券取引所への統合に伴い、東京証券取引所JASDAQに上場。
2016年1月東京証券取引所市場第二部に市場変更。
2016年10月東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。

フジ・コーポレーションの類似企業

フジ・コーポレーションを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
スーパーバリュー 525万円 420人
コメ兵HD 545万円 16人
鳥貴族HD 572万円 48人
ホットマン 364万円 968人
アクシアル リテイリング 730万円 16人
セキド 401万円 75人
ウイルプラスHD 487万円 45人
横浜ゴム 631万円 5257人
イエローハット 696万円 163人
セキチュー 475万円 315人

フジ・コーポレーションと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
MICS化学 484万円
岡野バルブ製造 536万円
ヨロズ 528万円
藤倉コンポジット 524万円
ムラキ 394万円
アテクト 484万円
太平洋工業 538万円
サンデン 538万円
中日本鋳工 478万円
技研HD 498万円

フジ・コーポレーションと売上高が近い企業

企業名 売上高
日本システムウエア 376億円
東邦化学工業 377億円
北陸瓦斯 405億円
三菱総合研究所 385億円
ヤマト 382億円
アリアケジャパン 386億円
英和 371億円
近物レックス 390億円
ジェイ・エム・エス 409億円
ニチバン 400億円