年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

メドレーの平均年収

2021年10月18日 23:17

メドレーとは

メドレーとは、ソフトウェア業を営む東京都の上場企業です。
企業名 メドレー
本社所在地 港区六本木三丁目2番1号
売上高 67.2億円
社員数 474人
平均年収 511万円
推定初任給 24万円
年収偏差値 52.8
平均年齢 31.4歳
平均勤続年数 2.1年

有価証券報告書によるとメドレーの事業内容は次の通りです。

当社グループは、当社及び連結子会社(完全子会社)の株式会社NaClメディカル、MEDS株式会社、株式会社オーティーオーの4社で構成されております。

当社グループは「医療ヘルスケアの未来をつくる」というミッションのもと、医療ヘルスケア領域において各種インターネットサービスを開発・提供しております。医療ヘルスケア領域においては、医療技術は日々進歩しているものの、法規制の存在やテクノロジー活用の遅れ等の要因により、万人が技術の恩恵を受けられる状況に至るまでには多くの課題が存在しております。そのような中で、医療ヘルスケア領域における様々なステークホルダーと連携しながらインターネットテクノロジーによって課題をひとつひとつ解決していくことが、結果的に患者と医療従事者の双方にとって「納得できる医療」の実現につながると考え、当社グループは社会の実需に対応した課題解決型のサービスを提供しております。

 

現在は、医療ヘルスケア領域における人材の不足や地域偏在という課題を解決する人材プラットフォーム事業として「ジョブメドレー」を、医療機関の業務効率の改善や患者の医療アクセスの向上等を実現するための医療プラットフォーム事業として「CLINICS」、「Pharms」及び「MEDLEY」を展開しております。また介護施設を探す方のための介護施設検索サイト「介護のほんね」等の新規開発サービスにも、中長期的な成長の準備として取り組んでおります。当社グループの詳細な事業の内容は以下のとおりです。

 

(1) 人材プラットフォーム事業

高齢化の進む日本において、医療ヘルスケア領域でのサービス提供の担い手不足は深刻な課題です。実際に、医療ヘルスケア領域における有効求人倍率は全産業平均と比べて数倍高い水準で推移しています。しかしながら、病院・診療所等の医療機関や介護・保育等の事業所には中小規模の事業所も多く、採用にリソースを割くことが難しい場合や高単価の人材紹介サービスを利用することが難しい場合もあり、多くの事業所が採用に課題を抱えています。このような課題を解決するべく、当社グループは人材プラットフォーム事業として、医療ヘルスケア領域の事業所向けに成果報酬型の人材採用システム「ジョブメドレー」を運営・提供しております。

ジョブメドレーは、各々の事業所による積極的な採用活動を通して求人事業所と求職者のマッチング数を最大化することを目指しており、その実現のため以下のような特長を備えております。

 

① 採用成功時の成果報酬を低単価に設定

ジョブメドレーは、求人事業所に求職者が実際に入職した時点で費用が発生する成果報酬型のビジネスモデルとなっています。医療ヘルスケア領域での人材採用に一般的に利用されている人材紹介サービスを手がける競合他社も、採用時の成果報酬型という点では同一ですが、人材紹介サービスではまず紹介事業者が求職者と電話又は対面によりヒアリングをした上で様々な求人事業所を紹介し、事業所との面接設定や、内定時の採用条件調整といった業務を行うことが一般的です。これに対してジョブメドレーでは、求職者側が自ら絞り込んだ条件のもと求人情報を閲覧し、関心のある求人事業所に直接応募した後に面接に向けたコミュニケーションを取ることができるよう設計しており、人材紹介サービス企業が行う上述のような業務を、求人事業所と求職者がジョブメドレーのサイト上で完結できるようになっております。

このように人的コストを省き、インターネット上で採用を完結させられるという低コスト構造を実現することで、ジョブメドレーでは採用成功時の成果報酬を低単価に抑えることができております。医療ヘルスケア領域の人材採用における一般的なビジネスモデルである人材紹介サービスでは、入職者の年収の20~35%(注1)を採用時の成果報酬として設定していることが多い中、ジョブメドレーにおける採用時の成果報酬は、入職者の年収対比で2~13%(注2)という水準となっております。

 (注)1. 一般的な人材紹介サービスの成果報酬額については、ジョブメドレーが取り扱う50以上の職種の中で、看護師、保育士、理学療法士、歯科医師、介護職等の職種についての人材紹介業の報酬として多くみられる一般的な額を記載したものです(上記とは異なる報酬額設定方法を採用する人材紹介サービスも存在します。)。

    2. 当社の成果報酬の年収比は厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」より算出しています(各分野から代表的な職種を抽出した年収額は、概数で看護師480万円、保育士358万円、理学療法士408万円、歯科医師849万円、介護職340万円)。

 

 

② 医療ヘルスケア領域における幅広い職種の従事者会員を有する

日本における約870万人の医療ヘルスケア領域の労働従事者のうち、約25%が医師・看護師・薬剤師となっており、従来からこれらの職種については多くの人材紹介サービスを手がける企業が市場に参入し、競合企業が多く存在しています。一方で、医師・看護師・薬剤師以外の残り約75%の人数を占める職種(注3)については大規模な企業による参入が多くなかったため、ジョブメドレーではこれら職種も含めての幅広く求人を取扱うことにより、多数の顧客事業所を獲得することに成功しております。また、その結果としてジョブメドレーでは、医療ヘルスケア領域において幅広い職種の従事者が登録する会員基盤を構築できており、サービス提供開始以降の累計登録会員数は2020年12月末時点で85.9万人に達しております。

 (注)3. 医療事務、保育士、歯科助手・歯科衛生士、介護職・ヘルパー、看護助手、管理栄養士等。これらの職種においては人材紹介サービスを提供する競合企業があまり存在せず、ハローワークや掲載課金型のタウン誌等で求人が行われることが多くなっております。

 

③ ダイレクトリクルーティングの機能

医療ヘルスケア領域における人材の地域偏在が課題となっている昨今、当社グループでは、全国的な採用活動を行うことが難しい中小規模の事業所が人材を確保するためには、事業者自らが積極的に「求める人材を探し出し、魅力を伝え、採用する」という採用手法(ダイレクトリクルーティング)が有効であると考えています。ジョブメドレーでは、顧客である事業所がその知名度や地域にかかわらず、必要な人材を採用できる手法を提供するために、求職者向けスカウトメッセージの送信機能を充実させています。この結果として、2020年12月期第4四半期会計期間においてジョブメドレー上で送信されたスカウト通数は60.6万件に上っております。

上記の特長を活かし、ジョブメドレーの顧客事業所数は堅調に増加しており、現在では、医療ヘルスケア領域の事業所全体の110.6万事業所(注4)のうち約20%に相当する21.6万事業所(注5)がジョブメドレーの顧客となっております。また、これらの顧客事業所のうち約半数が掲載事業所(顧客事業所のうち、ジョブメドレーに求人案件を掲載している事業所をいう。以下同じ。)となっており、21.5万件以上(注5)の求人案件がジョブメドレー上に掲載されております。また、求職者にとってはより多くの求人情報が掲載されていることが利便性につながるため、ジョブメドレーでは顧客事業所のうち求人案件を掲載している掲載事業所を増やし、また掲載されている求人案件の数も増やすための利用促進の取り組みにも注力しております。これに加えて、サイト上での事業所インタビュー記事やバナー広告掲載等のオプションプラン提供にも取り組んでおります。ジョブメドレーの顧客事業所数及び顧客事業所当たり売上額は下表のとおりです。

該当四半期

顧客事業所数(件)

顧客事業所当たり売上額(円)

2018年12月期第1四半期末

124,243

3,493

2018年12月期第2四半期末

132,857

7,280

2018年12月期第3四半期末

140,944

4,395

2018年12月期期末

148,263

4,090

2019年12月期第1四半期末

156,122

4,842

2019年12月期第2四半期末

165,252

9,300

2019年12月期第3四半期末

174,662

5,631

2019年12月期期末

182,220

5,174

2020年12月期第1四半期末

192,378

5,789

2020年12月期第2四半期末

197,819

9,870

2020年12月期第3四半期末

207,062

6,761

2020年12月期期末

216,044

6,012

 

 (注)4. 厚生労働省、総務省、内閣府及び一般社団法人全国訪問看護事業協会提供の各事業所数の統計数値の合算値。

    5. 顧客事業所数及び求人案件数はいずれも2020年12月末日現在。顧客事業所数の内訳は医科1.9万、薬局4.4万、歯科1.4万、介護8.8万、その他4.9万。

 

 

(2) 医療プラットフォーム事業

日本の医療においては、診察・会計・処方箋交付までの待ち時間が長いこと、疾患情報へのアクセスが十分でないこと、及び疾患の治療に関わる情報を患者自身で管理することが難しいこと等、患者の通院体験における様々な課題が存在しています。このような課題に対処するため、当社グループの医療プラットフォーム事業では、患者の通院体験の向上を目指した事業を展開しています。当社グループでは、オンライン診療にまつわる規制緩和に歩みを合わせる形で、2016年2月よりオンライン診療システム「CLINICSオンライン診療」を医療機関向けに開発・提供してきました。その後、クラウド型電子カルテ「CLINICSカルテ」や予約管理システム「CLINICS予約」の機能拡張を行い、医療機関が予約、診療、会計までを一貫して1つのシステムで管理できるようにすることで、医療機関の診療効率の改善に寄与するとともに、患者の通院体験も向上させるSaaS(注1)として、医療機関からシステム利用料を徴収するビジネスモデルでクラウド診療支援システム「CLINICS」を開発・提供しています。

また、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(以下「薬機法」という。)の改正に伴い、2020年9月より、全国的にオンライン服薬指導が可能になったことを受け、同月に調剤薬局窓口支援システム「Pharms」の提供を開始しています。「Pharms」により、調剤薬局はオンライン服薬指導の予約受付、オンライン服薬指導、処方薬の代金決済までを一括管理することができ、患者は「CLINICSオンライン診療」と組み合わせることで、診療から服薬指導まで、一気通貫でのオンライン医療体験が可能となります。

さらに、患者やその家族が適切な医療情報にアクセスすることが難しく、医師との間に医療情報の非対称性が存在している、という課題に取り組むために医療情報提供サービス「MEDLEY」をメディアとして提供しており、医療プラットフォーム事業全体として、医療機関の診療業務を効率化するだけでなく、患者が医療と向き合っていくための助力となるための事業を展開しております。

 (注)1. SaaS(Software as a Service)とは、サービス提供者側で稼働しているソフトウェアをインターネット等のネットワーク経由で利用者向けに提供する方式を指します。

 

当社グループが医療プラットフォーム事業として提供するシステム及びサービスの特長は以下のとおりです。

① CLINICSオンライン診療、CLINICS予約

CLINICSオンライン診療は、医療機関がオンライン診療を実施する際に必要な診察予約管理、ビデオチャット、会計及び薬の処方等の機能を提供するオンライン診療システムです。2015年8月に発行された厚生労働省からの通達(2015年8月10日 厚生労働省医政局長 事務連絡)で、オンライン診療の実施はへき地・離島に限られず、また特定の慢性疾患以外の一般の疾患にも利用可能であることが明らかにされたことを受け、当社グループでは2016年2月よりオンライン診療システムの提供を開始しました。2020年4月10日には、初診患者にもオンライン診療を時限的に認める事務連絡が発出され、同年9月に菅政権が発足し、デジタル化推進策の1つとして、オンライン診療に関する時限的措置の恒久化も検討されております。当社グループではこのような規制環境下において、学会や行政等と連携しながら、CLINICSを用いたオンライン診療の拡大に取り組んでおります。

CLINICSオンライン診療を導入している医療機関を受診する場合、患者はスマートフォンやパソコンを用いて、自宅や会社にいながらオンライン診療を受けることができます。オンライン診療の終了後、医療機関は、診察費を患者がCLINICS上に登録したクレジットカードに請求し、必要に応じて患者に医薬品や処方箋を送付します。CLINICSオンライン診療は、医療過疎地域から都市部まで、また診療所から大学病院まで幅広く様々な診療科において活用されております。CLINICSオンライン診療では、医療機関の業務フローの中にオンライン診療を取り入れるための導入支援や、豊富な活用事例に根ざした導入後の活用促進サポートに注力しております。

また、CLINICS予約は、オンライン診療だけでなく、対面診療の予約管理にも対応していることから、医療機関がオンライン診療と対面診療を負担なく組み合わせて予約管理を効率化できるシステムとなっております。

 

② CLINICSカルテ

CLINICSカルテは、医療機関が患者と「つながる」ことをコンセプトとしたクラウド型電子カルテであり、当社グループは2018年4月より医療機関向けにシステム提供を開始しております。CLINICSカルテはCLINICSオンライン診療と連携しており、診療データや疾患情報等を医療機関がアプリ経由で患者に共有したり、患者が事前に記入した問診票をカルテ上に反映したりすることが可能になっています。従来のオンプレミス型電子カルテ(注2)では実現できなかった患者への通院サポートや、診察待ちの時間を短縮することによる診療業務の効率化等のメリットを備えた新しいコンセプトのクラウド型電子カルテとして、利用医療機関数を拡大してきております。

 

また、CLINICSカルテは、利用医療機関が効率的な診療を実現するための特長として、国内有数の市場シェアを持つ日本医師会標準レセプトソフト(注3)であるORCAを内包しております。これにより、利用医療機関はレセプトソフトを別途操作する必要がなく、患者受付・診察・会計・レセプト処理まで全ての業務を統一されたユーザーインターフェースで操作することができるため、業務効率を大幅に向上させることができます。

(注)2. オンプレミス型とは、システム利用拠点に用意されたサーバーにソフトウェアをインストールしてシステムを利用する形態を指し、サーバーがクラウド上に存在するクラウド型と対比される形態です。

3. レセプトソフトとは、医療機関がレセプト(診療報酬明細書)を支払基金や国民健康保険団体連合会に提出するための診療報酬計算を行う医事会計ソフトウェアを指します。

 

③ 調剤薬局向け窓口支援システム「Pharms」

Pharmsは、オンライン服薬指導、処方箋ネット受付、キャッシュレス決済等の機能を提供し、調剤薬局における業務の効率化や「かかりつけ薬局」への転換を支援するシステムです。薬機法の改正に伴い、2020年9月より全国的にオンライン服薬指導が可能になったことを受け、同月に調剤薬局向けのサービスとして運営・提供を開始しました。

Pharmsを導入している調剤薬局を利用する場合、患者はCLINICSオンライン診療を利用する際と同様に、スマートフォンやパソコンを用いて、自宅にいながらオンライン服薬指導を受けることができます。オンライン服薬指導の終了後、調剤薬局は、患者がCLINICS上に登録したクレジットカードに調剤報酬を請求し、患者の自宅に薬剤を送付します。Pharmsは、デジタル活用の関心の高い調剤薬局業界において、大手・準大手チェーンを中心に導入が進んでいます。

また、2020年12月には、株式会社オーティーオーを連結子会社化(完全子会社化)し、調剤薬局向け窓口支援システムの機能拡張や新たなプロダクトの開発を目的とした実証実験拠点として調剤薬局を運営しています。

医療プラットフォーム事業において、当社グループではクラウド診療支援システム「CLINICS」及び調剤薬局窓口支援システム「Pharms」等の当社システムの利用医療機関数を重要指標に設定しています。サービス開始以降の利用医療機関数(注4)の推移は下表のとおりであり、2020年12月期期末における利用医療機関数の5,614件は、日本の医療機関全体の約3%(注5)を占めています。

該当四半期

利用医療機関数(件)

2018年12月期第1四半期末

798

2018年12月期第2四半期末

803

2018年12月期第3四半期末

882

2018年12月期期末

972

2019年12月期第1四半期末

1,032

2019年12月期第2四半期末

1,087

2019年12月期第3四半期末

1,176

2019年12月期期末

1,187

2020年12月期第1四半期末

1,271

2020年12月期第2四半期末

2,173

2020年12月期第3四半期末

4,396

2020年12月期期末

5,614

 

 (注)4. 利用医療機関数とは、当社システム(CLINICS、Pharms等)の利用を開始し、解約又は中断せず利用を続けている医療機関の数であり、複数システムを利用している場合は1としてカウントしています。

   5. 全国の病院数、一般診療所数及び調剤薬局数の合計を約18万件として計算。出典:厚生労働省「医療施設調査・病院報告の結果の概要」、「衛生行政報告例の概要」

 

④ 医療情報提供サービス「MEDLEY」

当社グループは、患者やその家族に向けて疾患、処方薬及び医療機関等の医療情報を提供するメディアサービスとして、「MEDLEY」を2015年より運営・提供しています。MEDLEYは、患者やその家族が適切な医療情報を取得し、医師との間の情報の非対称性を解消することで自ら医療と向き合う力を持つことをサポートすることを目指しております。MEDLEYは、当社グループ所属の医師や約800名の外部の協力医師により、日進月歩の医療情報を最新の情報に更新し、1,400以上の病気、3万以上の医薬品、16万以上の医療機関の情報をインターネット上で無償公開しています。MEDLEYのコンテンツは、他社が提供する電子カルテサービスや携帯キャリアが運営するヘルスケア関連サービスにも、当社グループからのデータ提供を通じて導入されている他、医師が患者に病気を説明する際の補足資料としても利用されており、医療ヘルスケア領域の様々な場面で活用されています。またMEDLEYでは、既存事業で培った知見や新たに開発したアルゴリズムを活かし、一般ユーザーが入力した症状候補の組み合わせから罹患可能性の高い疾患を絞り込む「症状チェッカー」機能も提供しております。

 

⑤ 株式会社NaClメディカル

当社グループは、2019年3月に株式会社NaClメディカルを株式取得により完全子会社化いたしました。同社は、日本医師会標準レセプトソフト「ORCA」(医事会計ソフトウェア)の開発を長年担ってきた株式会社ネットワーク応用通信研究所の医療システム開発チームを、会社分割により関連する事業とともに承継することで2019年2月に設立された新設会社です。同社の事業は、日本医師会ORCA管理機構株式会社からのORCAソフトウェア開発案件の受託事業と、同社の所在地周辺に拠点を有する診療所に向けてORCAの活用・保守を提供するサポート事業の2つから構成されております。当社グループでは、同社が有するレセプトソフト開発ノウハウを活用し、これに当社グループが従前から有していたインターネット技術をかけあわせることで、高い付加価値を持ったプロダクト開発に取り組んでおります。

 

(3) 新規開発サービス

当社グループでは、当社グループの中長期的な成長に向けた新規事業の開発を継続的に行っております。

かかる新規開発サービスの1つである「介護のほんね」は、10万件以上の介護施設情報を掲載するサービスです。介護のほんねでは、介護施設の基本情報、設備、写真、費用、施設評価等の幅広い情報をサイト上に掲載しており、介護施設への入居を検討する方やそのご家族が入居先の介護施設を検討し、入居可否の問い合わせ等を行うことをサポートしています。また、介護のほんねでは、医療機関を退院した患者が介護施設に入居するに当たって重要視することの多い、各種疾患を持った患者の医療ケア受け入れ体制についての情報を充実させていることが特長です。

なお、,

介護のほんねの主な収益形態は顧客である介護施設への入居者紹介の成果報酬が主な収益形態となっておりますが、新規事業であることから、将来的に変更される可能性があります。

 

[事業系統図]


(注)1. 新規開発サービス(介護のほんね)については、様々な収益形態を模索しておりますが、現時点で実施している事業形態を記載しております。

2. 株式会社オーティーオーは、2020年12月に当社が全株式を取得し、完全子会社(連結子会社)といたしました。

※画像は省略されています

メドレーの平均年収は511万円

メドレーの平均年収は511万円です。 去年の全国平均年収430万円より18.8%高いです。 過去のデータを見ると462万円(最低)から511万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、メドレーの生涯収入はおよそ1.89億円と推定されます。
平均年収
2018 462万円
2019 463万円
2020 511万円

メドレーの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではメドレーは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではメドレーは3161位(全4536社)で、年収偏差値は52.8でした。
メドレーの年収ヒストグラム

メドレーの年齢別年収

メドレーの20代の想定平均年収は378万円、30代の想定平均年収は516万円でした。 メドレーの初任給はおよそ24万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 317万円 24万円
25-29歳 440万円 34万円
30-34歳 499万円 38万円
35-39歳 532万円 41万円
40-44歳 566万円 44万円
45-49歳 597万円 46万円
50-54歳 629万円 48万円
55-59歳 618万円 48万円
60-64歳 494万円 38万円
メドレーの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


メドレーの賞与・ボーナス

メドレーの年間賞与額は68万円程度と推定されます。 なお、メドレー社は有価証券報告書に賞与引当金の記載が無いため、 類似企業や年収マスターが保持しているデータから推測した値となります。
平均賞与額
2018 62万円
2019 62万円
2020 68万円


メドレーの業種・地域

メドレーの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは2068位(全2729社)でした。
メドレーの年収ヒストグラム(関東地方内)
メドレーは、業種カテゴリとしては ソフトウェア業に属します。 ソフトウェア業内での年収ランキングは 192位(全244社) でした。

ソフトウェア業内での年収ランキング
メドレーの年収ヒストグラム(ソフトウェア業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

メドレーの従業員数は474人

メドレーの従業員数は474人でした。
従業員数
2018 343人
2019 365人
2020 474人
メドレーの従業員数

メドレーの売上、純利益

メドレーの最新の売上高は67.2億円(売上ランキング2949位)でした。 従業員一人当たりの売上高は1417万円(一人当たり売上ランキング4166位)です。
メドレーの売上高
メドレーの最新の純利益は4.68億円(純利益ランキング2364位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約99万円(一人当たり純利益ランキング2857位)です。
メドレーの純利益

メドレーに転職するには?

メドレーに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

メドレーの歴史

メドレーの歴史について年表形式でご紹介します。
2009年6月東京都港区に株式会社メドレーを設立
2009年11月人材採用システム「ジョブメドレー」提供開始
2015年2月医療情報提供サービス「MEDLEY」提供開始
2016年2月オンライン診療システム「CLINICSオンライン診療」提供開始
2016年6月「日経メディカル ワークス」開始(日経BP社と共同運営、人材プラットフォーム事業)
2018年4月クラウド型電子カルテ「CLINICSカルテ」提供開始
2018年11月医療ヘルスケア分野における技術のオープン化及び情報活用を推進するために、他の企業に対して資金支援や業務支援をする「MEDLEY DRIVE」プロジェクトを開始
2019年12月東京証券取引所マザーズに株式を上場
2020年8月製薬企業及び医療機器メーカー等のデジタル活用の支援を目的としたMEDS株式会社を設立
2020年9月調剤薬局窓口支援システム「Pharms」提供開始

メドレーの子会社

メドレーの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
株式会社NaClメディカル 医療プラットフォーム事業
MEDS株式会社 医療プラットフォーム事業
株式会社オーティーオー 医療プラットフォーム事業

メドレーの類似企業

メドレーを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
Welby 672万円 45人
カナミックネットワーク 490万円 63人
ソフトウェア・サービス 468万円 1424人
メディカル・データ・ビジョン 630万円 166人
総合メディカルHD 625万円 27人
ソフトマックス 536万円 173人
オルバヘルスケアHD 610万円 39人
レオクラン 726万円 114人
ファインデックス 517万円 269人
エス・エム・エス 530万円 1949人

メドレーと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
アクモス 509万円
WACUL 541万円
キャピタル・アセット・プランニング 543万円
エヌアイデイ 566万円
クエスト 548万円
エコミック 396万円
翻訳センター 486万円
クロスキャット 521万円
GMOグローバルサイン・HD 456万円
コムチュア 562万円

メドレーと売上高が近い企業

企業名 売上高
テレビ朝日HD 67.1億円
コパ・コーポレーション 67.5億円
ストライク 69.2億円
アドベンチャー 70.7億円
コモ 65.1億円
日本坩堝 69.8億円
TSIHD 67.0億円
ジェイエスエス 64.9億円
JTP 63.1億円
メディカルシステムネットワーク 68.8億円