年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

まぐまぐの平均年収

2022年04月12日 17:01

まぐまぐとは

まぐまぐとは、ソフトウェア業を営む東京都の上場企業です。
企業名 まぐまぐ
本社所在地 東京都品川区西五反田3−12−14 西五反田プレイス8階
売上高 6.66億円
社員数 29人
平均年収 527万円
推定初任給 25万円
年収偏差値 53.5
平均年齢 36.2歳
平均勤続年数 3.5年

有価証券報告書によるとまぐまぐの事業内容は次の通りです。

当社は、「伝えたいことを、知りたい人に。」というビジョンのもと、ユーザーひとりひとりにとって価値のある最適なコンテンツを継続的に届けることを使命としております。当社は、人によっては価値を感じられない情報でも、世界の誰かにとっては大切な情報がまだ眠っていると考えており、大切な情報を伝えたいと考える人の思いを掘り起こし、知りたいと考える人に素早く・確実につなげるプラットフォームの運営を目指しております。

具体的な事業展開としては、メールマガジン配信プラットフォームを中心とした「プラットフォーム事業」、4つのメディアMAG2 NEWS(まぐまぐニュース)・ MONEY VOICE(マネーボイス)・ TRiP EDiTOR(トリップエディター) ・by them(バイゼム)から構成される「メディア広告事業」およびイベント企画運営する「その他事業」を展開しております。

 

(1) プラットフォーム事業

当社の創業以来の中核事業であり、メールマガジンを中心としたテキストコンテンツ配信プラットフォーム「まぐまぐ!」および記事販売プラットフォーム「mine」が属しております。特に「まぐまぐ!」は1999年からメールマガジン配信業者として20年以上に渡り安定的にメールマガジン(以下「メルマガ」)が配信できる仕組みを提供し続けております。当事業年度末でメルマガ発行総数は約7,000誌(有料メルマガ約1,200誌・無料メルマガ約5,800誌)・メルマガ会員約750万人の発行総数と会員数を有しております。

 

当社のプラットフォーム事業の主要なサービスの内容は以下のとおりであります。

 

① 有料メルマガサービス

有料メルマガサービスは、有料メルマガの発行を希望するクリエイターが、「まぐまぐ!」のプラットフォームを利用することで有料のメルマガの配信を行うことができるサービスであります。

クリエイターは定期的にメルマガの執筆・発行を行い、当該クリエイターの有料メルマガセールスページに訪れた読者がメルマガを購読すると、メルマガ購読のサービス対価として毎月継続的に購読料が課金されることとなります。当該購読料をクリエイターと当社で分配することで、当社は収益を得ております。

当社はプラットフォーマーとして、メルマガの販売支援やクリエイターの活動の支援、クリエイター同士の交流支援等を実施しております。また、クリエイターは当社「まぐまぐ!」のプラットフォームを利用するにあたり、イニシャルコストがかかることはなく、ランニングコスト(年会費、決済手数料、システム運営費、回線使用料、人件費など)も当社で全て負担することから、クリエイターがメルマガ発行にあたりコストを負担することはありません。他にも、当社が運営するWebメディアに記事を掲載することにより有料メルマガへの送客が可能となるなど、読者増加のために当社が構築したサポート体制を利用することができます。

以上のことから、クリエイターの活動の中でより効果的かつ効率的に届けたい情報の配信が可能となります。

当社のメルマガサービスは、毎日平均約1,000万通のメール送信を10年以上実施しており、大量配信を安定かつ継続的に行っております。また、クリエイターへのサポートを行うノウハウが蓄積されていること等から、新たなクリエイターにとって参入障壁が比較的低く、年々順調にクリエイター数を拡大してまいりました。有料メルマガの発行数も当事業年度末で約1,200誌となり、当社の基幹サービスに成長しております 。

 

② 無料メルマガサービス

「まぐまぐ!」のプラットフォームを利用して、無料メルマガの発行を行うクリエイターに対して付加サービスを提供することでサービス課金収益をあげる事業であります。具体的には以下のサービスによって構成されております。

 

有料配信メニュー:

当社は無料メルマガの配信にあたっては、通常、「まぐまぐからのお知らせ」等の広告を挿入し運営しております。しかし、無料メルマガの発行者が「有料配信メニュー」サービスを利用する場合は、当社は発行者から付加サービス利用料を得る代わりに、メルマガへの広告挿入を停止します。そのため、「非営利団体」や「官公庁」等の発行者にとっては、広告の入らないメルマガを読者へ届けることができます。

 

 

 

代理登録機能  :

クリエイターが講演会などで自身のメルマガを紹介した場合等に、メルマガの読者登録をすることについて、クリエイターが明示的な承諾を受けて収集したメールアドレスを承諾者に代わって読者登録するサービスです。

 

 

③ ライブ配信サービス

ライブ配信サービス「まぐまぐ!Live」は、テレビの生中継のようにスマートフォンアプリやWebブラウザ上で映像や音声をリアルタイムに配信できるサービスであります。メルマガサービス「まぐまぐ!」のクリエイターは「まぐまぐ!Live」を通じて、視聴者へリアルタイムに情報を届けることができ、また視聴者はLive配信中にコメント機能等を活用し、クリエイターとコミュニケーションを取ることが可能となっております。クリエイターは「まぐまぐ!Live」アプリをダウンロードし、ログインすることで、スマートフォンでの撮影とライブ配信が可能となります。また、視聴者はWebブラウザや「まぐまぐ!Live」アプリを通じ、配信中のライブの視聴やクリエイターとコミュニケーションを取ることができます。クリエイターが「まぐまぐ!Live」サービスを利用するにあたっては、定期的なライブ配信を必要とせず、クリエイターが伝えたい情報を伝えたいタイミングで自由に発信することができる仕様となっております。

 

④ mine

様々な分野のクリエイターが「記事単位の作品」を届けられるコンテンツプラットフォームであります。クリエイターが書きたかったこと、勢いで書いてみたこと、書かなければいけなかったこと等、どうしても伝えたいメッセージを最小単位の「作品」に仕上げて、読者にいち早く届けるサービスであります。

有料メルマガと比較して、読者側では定期継続課金ではなく、購読を希望する記事単位で購入するサービスとなっております。またクリエイター側では、定期的な発行を必要としないという特徴を持っております。

 

(2) メディア広告事業

メディア広告事業はWebメディアの「MAG2 NEWS」・「MONEY VOICE」・「TRiP EDiTOR」・「by them」の運営および「Webメディアコンテンツ」・「メルマガコンテンツ」の広告枠販売サービスが属しております。「伝えたいことを、知りたい人に。」というビジョン実現のための表現方法の拡充、メルマガコンテンツの有効利用を目的として、2014年に「MAG2 NEWS」を立ち上げたことを皮切りとして、現在で4つのWebメディアを運営しております。

本事業は当社が運営しているWebメディア・オフィシャルメルマガ(注1)に対して設置している広告枠を利用し、広告サービスを顧客企業へ提供をすることで、当該顧客企業から支払われる掲載料を広告収入として得ております。具体的には純広告(注2)・アフィリエイト広告(注3)・アドネットワーク広告(注4)によって広告収入を得ております。

メディア広告事業が関連するインターネット広告市場につきましては、以下のように公表されております。

「2020年の世界的な新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)拡大の影響により、日本の総広告費は6兆1,594億円(前年比88.8%)となり、秋以降に回復の兆しが見られたものの前年を大きく下回る結果となりました。このような状況下で、「インターネット広告費」は新型コロナの影響を受けたものの成長を続け、「マスコミ四媒体広告費」に匹敵する2.2兆円規模、総広告費全体の36.2%の市場となりました。また、「インターネット広告費」からから「インターネット広告制作費」および「物販系ECプラットフォーム広告費」を除いた「インターネット広告媒体費」は、運用型広告のさらなる拡大や巣ごもり需要によるソーシャル広告や動画広告の増加により広告費1兆7,567億円(前年比105.6%)となりました。」(※1)

広告媒体別構成比で分析するとインターネット広告費が広告市場全体に占める割合が36.2%となり、これは旧来型のメディアである新聞・雑誌・ラジオを合計した9.7%(それぞれ6.0%・2.0%・1.7%)を大きく上回り、そして2018年度まで最も高いシェアを占めていた地上波テレビの割合の25.0%を超える規模に成長しており、広告市場全体における重要性も年々増していると分析しております。(※2)

 

 

インターネット広告媒体費総額の推移(予測)

 

 

 

 

 

 

 

(単位:億円)

 

2015年度

2016年度

2017年度

2018年度

2019年度

2020年度

2021年度予測

インターネット

広告媒体費

9,194

10,378

12,206

14,480

16,630

17,567

18,912

 

出典:広告費データは、株式会社電通『2020年 日本の広告費』および株式会社サイバー・コミュニケーションズ、株式会社D2C、株式会社電通、株式会社電通デジタル『2020年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析』より引用

 

上記データよりインターネット広告市場は、今後も継続的な成長が見込まれる市場であり、メルマガコンテンツとのシナジー効果を生む重要な事業であると位置づけております。当社の大きな資産であるメルマガコンテンツを利用、かつプラットフォーム事業で長年培った資産(人・情報)を活用することで、現在では本事業をスタートした第17期と比較して約11倍の年間UU(注5)を獲得する等、継続的に成長しております(第17期年間UU/8,756千UU→第23期年間UU/97,235千UU)。

※1 株式会社サイバー・コミュニケーションズ、株式会社D2C、株式会社電通、株式会社電通デジタル『2020年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析』より引用

※2 広告費データは、株式会社電通『2020年 日本の広告費』および株式会社サイバー・コミュニケーションズ、株式会社D2C、株式会社電通、株式会社電通デジタル『2020年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析』より引用

 

① 運営Webメディアコンテンツ

当事業年度末時点で4つのWebメディアコンテンツを運営しております。各メディアジャンルに特化した情報(ニュース・金融・旅行・恋愛記事)をインターネットを通じて提供しております。運営メディアは下記のメディアとなります。

 

・MAG2 NEWS(まぐまぐニュース) アクセスデータ 年間 44,990千UU(当事業年度末時点)

「まぐまぐ!」から発行されるメルマガを編集して、ニュース記事としてWebで紹介する総合ニュースメディアであります。政治・経済・ビジネス・芸能・科学などの各分野の専門家による記事を提供し、様々な分野のコンテンツを掲載しております。

 

・MONEY VOICE(マネーボイス) アクセスデータ 年間 9,834千UU(当事業年度末時点)

MAG2 NEWSと同様にメルマガプラットフォーム「まぐまぐ!」のマネー系メルマガからピックアップした情報のニュース記事ならびに書き下ろしのオリジナル記事を織り交ぜ紹介する、金融系Webマガジン(Webサイト)であります。最新の経済・金融ニュースの解説を中心に株式・為替・債券・先物・不動産など投資家に役立つ情報をお届けし、投資の初中級者に向けた総合金融情報サイトとして運営をしております。

 

・TRiP EDiTOR(トリップエディター) アクセスデータ 年間 22,611千UU(当事業年度末時点)

「旅も人生も、もっと楽しく編集できる」をキャッチフレーズとして、メルマガ「まぐまぐ!」で活躍する知識豊富なクリエイターたちが35歳以上のビジネスパーソンをメインターゲットに「旅をすること、いきること」の新たな魅力を再提案する旅行メディアとして運営をしております。

 

・by them(バイゼム) アクセスデータ 年間 19,800千UU(当事業年度末時点)

これまでのWebメディア運営のノウハウを活かし、新たに「恋愛」をテーマとしたメディアとして2019年8月に運営開始しております。性別・人種・考え方を問わず普遍的な悩みである「恋愛」の悩みに、メルマガ「まぐまぐ!」で活躍するクリエイターたちが多角的な視点で答えていくメディアであります。個人の多様性を受け入れ、女性のみならず元来のターゲット層である35歳以上の男性を含む幅広いユーザー層をターゲットとしております。恋をはじめとする人間関係に悩む人々が一歩前へ進む手助けを行う、ポジティブで多様性を持つ恋愛メディアとして運営しております。

 

 

○当社が運営する各メディアの年間のUUの推移は以下のとおりであります。

 

 

 

 

 

 

(単位:千UU)

 

MAG2 NEWS

MONEY VOICE

ジモトのココロ

TRiP EDiTOR

by them

合計

第17期

7,722

747

286

8,756

第18期

14,809

4,497

1,250

20,557

第19期

21,921

7,635

1,590

31,146

第20期

32,399

9,729

911

2,014

45,053

第21期

47,439

13,176

5,720

77

66,412

第22期

43,710

14,730

11,024

3,489

72,954

第23期

44,990

9,834

22,611

19,800

97,235

 

(注) 第18期は決算期変更の影響で10ヶ月分のUUが集計されております。第20期中(2018年3月)に「ジモトのココロ」を「TRiP EDiTOR」にリニューアルしております。第21期中(2019年8月)に「by them」をリリースしております。

 

② メルマガコンテンツ

当社は1999年からメルマガ配信のプラットフォームの事業に取組んでおります。その結果として当事業年度末において約7,000誌(有料メルマガが約1,200誌・無料メルマガが約5,800誌)のメルマガが発行され、登録した読者に向けて届けられております。そのうち無料メルマガ約5,800誌に対して広告枠を設定し、顧客企業に提供することで広告収入を得ております。

また、メルマガ読者の増加獲得を希望する無料メルマガクリエイターを対象として、本広告枠を活用することで当該無料メルマガの魅力を訴求し、読者獲得をサポートする「メルマガ読者増加メニュー」サービスも展開しており、一定の課金収益を得ております。

 

その他事業においては、イベント企画等が属しております。イベント企画は有料メルマガのクリエイターの活動の支援と促進を目的としています。当社がメルマガクリエイターの活動を支援し、活性化のサポートをすることで、メルマガクリエイターの知名度と信頼性を向上させ、ブランディングに貢献しております。当事業年度中は、有料メルマガの人気クリエイターを講師に迎えた講演会・イベント等を4件開催し、それぞれの有料メルマガ読者とクリエイターのコミュニケーションの機会を創出いたしました。

 

(説明事項)

(注1) オフィシャルメルマガ

当社プラットフォームで無料メルマガを登録中の読者に対し、まぐまぐ!のWebメディア更新情報や各種新着情報を配信する公式メルマガサービス。

(注2) 純広告

当社Webメディアやメルマガの広告枠を、広告主が買い取り形式で購入する広告。

(注3) アフィリエイト広告

当社Webメディアやメルマガに掲出された広告の獲得成果に応じて成果報酬が発生する広告。

(注4) アドネットワーク広告

当社Webメディアや他社メディアを束ねた広告配信ネットワークに対し自動配信される広告。
当社は当該広告のクリック数や表示回数に応じて広告収入を得ております。

(注5) UU(ユニーク・ユーザー)

当社が運営するWebメディアの各ページに訪問したユーザーの実数を表す数値。集計期間中は同じWebメディアに同じユーザーが何度訪問した場合でも1UUとしてカウントされます。

 

 

事業系統図は以下のようになります。

 


 

(注) 1.「メルマガ」は、メールマガジンの略称です。

2.「mine」については、業績に与える影響は僅少であるため、事業系統図への記載は省略しております。

※画像は省略されています

まぐまぐの平均年収は527万円

まぐまぐの平均年収は527万円です。 去年の全国平均年収430万円より22.5%高いです。 過去のデータを見ると527万円(最低)から529万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、まぐまぐの生涯収入はおよそ1.95億円と推定されます。
平均年収
2018 529万円
2019 529万円
2020 527万円

まぐまぐの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではまぐまぐは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではまぐまぐは3061位(全4596社)で、年収偏差値は53.5でした。
まぐまぐの年収ヒストグラム

まぐまぐの年齢別年収

まぐまぐの20代の想定平均年収は390万円、30代の想定平均年収は532万円でした。 まぐまぐの初任給はおよそ25万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 326万円 25万円
25-29歳 453万円 35万円
30-34歳 514万円 40万円
35-39歳 549万円 42万円
40-44歳 583万円 45万円
45-49歳 615万円 47万円
50-54歳 649万円 50万円
55-59歳 637万円 49万円
60-64歳 509万円 39万円
まぐまぐの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


まぐまぐの賞与・ボーナス

まぐまぐの年間賞与額は70万円程度と推定されます。 なお、まぐまぐ社は有価証券報告書に賞与引当金の記載が無いため、 類似企業や年収マスターが保持しているデータから推測した値となります。
平均賞与額
2018 71万円
2019 71万円
2020 70万円


まぐまぐの業種・地域

まぐまぐの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは2030位(全2778社)でした。
まぐまぐの年収ヒストグラム(関東地方内)
まぐまぐは、業種カテゴリとしては ソフトウェア業に属します。 ソフトウェア業内での年収ランキングは 195位(全253社) でした。

ソフトウェア業内での年収ランキング
まぐまぐの年収ヒストグラム(ソフトウェア業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

まぐまぐの従業員数は29人

まぐまぐの従業員数は29人でした。
従業員数
2018 32人
2019 32人
2020 29人
まぐまぐの従業員数

まぐまぐの売上、純利益

まぐまぐの最新の売上高は6.66億円(売上ランキング4283位)でした。 従業員一人当たりの売上高は2297万円(一人当たり売上ランキング3623位)です。
まぐまぐの売上高
まぐまぐの最新の純利益は8694万円(純利益ランキング3357位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約300万円(一人当たり純利益ランキング1923位)です。
まぐまぐの純利益

まぐまぐに転職するには?

まぐまぐに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

まぐまぐの歴史

まぐまぐの歴史について年表形式でご紹介します。
1999年1月メールマガジン配信サービス「まぐまぐ」運営を事業目的として京都府京都市下京区にて資本金1,000万円で当社を設立
1999年12月「まぐまぐ」の広告販売開始
2000年7月東京オフィス開設
2014年12月総合ニュースWebメディア「MAG2 NEWS」サービス開始
2015年3月金融Webメディア「MONEY VOICE」サービス開始
2015年6月地域情報Webメディア「ジモトのココロ」サービス開始
2016年9月記事販売プラットフォーム「mine」サービス開始
2018年3月「ジモトのココロ」をリニューアルし、旅行Webメディア「TRiP EDiTOR(トリップエディター)」サービス開始
2019年8月恋愛Webメディア「by them」サービス開始
2020年4月ライブ配信機能「まぐまぐ!Live」サービス開始
2020年9月東京証券取引所JASDAQに株式を上場

まぐまぐの子会社

まぐまぐの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
株式会社エアトリ オンライン旅行事業ITオフショア開発事業投資事業

まぐまぐの類似企業

まぐまぐを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
アクモス 509万円 267人
ATグループ 828万円 56人
池上通信機 620万円 715人
ミロク 516万円 16人
アイレックス 393万円 378人
ディー・ディー・エス 668万円 58人
シーシーエス 594万円 240人
ニューテック 678万円 50人
前澤工業 586万円 711人
昭和HD 802万円 6人

まぐまぐと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
アセンテック 546万円
ソフトウェア・サービス 492万円
アクモス 509万円
ウェルネット 455万円
テンダ 490万円
オロ 567万円
ジャパンシステム 552万円
システナ 488万円
レカム 554万円
TDSE 563万円

まぐまぐと売上高が近い企業

企業名 売上高
nmsHD 6.51億円
古賀ゴルフ 6.94億円
GMOアドパートナーズ 7.51億円
ヒト・コミュニケーションズ・HD 6.41億円
リプロセル 6.06億円
東松山カントリークラブ 6.72億円
ALiNKインターネット 6.11億円
THEグローバル社 6.90億円
新南愛知 6.26億円
アミタHD 6.65億円