年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

LITALICOパートナーズの平均年収

2024年02月10日 12:38

LITALICOパートナーズとは

LITALICOパートナーズとは、教育業を営む東京都の企業です。
企業名 LITALICOパートナーズ
本社所在地 目黒区上目黒2−1−1
売上高 149億円
社員数 1965人
平均年収 409万円
推定初任給 20万円
年収偏差値 46.5
平均年齢 33.3歳
平均勤続年数 3.9年

有価証券報告書によるとLITALICOパートナーズの事業内容は次の通りです。

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当連結会計年度末日時点において、当社、子会社3社及び関連会社1社により構成されており、「障害のない社会をつくる」というビジョンのもとで社会課題を解決するための事業を、基幹事業として運営しております。

当社グループでは、現在全国230拠点以上で就労や学びを支援するサービスを提供しております。加えて、プログラミング等一般教育分野への展開も進めております。さらに、これらの施設運営で培ってきたノウハウを活用し、障害福祉領域におけるインターネットプラットフォーム事業等を行っています。これら、自社運営の施設サービスとインターネットプラットフォーム事業を組み合わせることで、より高品質のサービスをより多くの方々へ提供し、ビジョンの実現を目指しております。

当社グループは個人向けサービスとしてLITALICOワークス事業、LITALICOジュニア事業、LITALICOワンダー事業、LITALICOライフ事業の4事業を、また施設や従事者向けのインターネットプラットフォーム事業としてLITALICO発達ナビ事業、LITALICO仕事ナビ事業、LITALICOキャリア事業の3事業を運営しております。

 

内閣府「障害者白書」(2019年)によると、日本における障害者数は、身体障害者436万人(人口千人当たり34人)、知的障害者108.2万人(同9人)、精神障害(※用語解説①)者419.3万人(同33人)であり、およそ国民の7.6%が何らかの障害を有していることになります。

また、文部科学省「通級による指導実施状況調査結果について」(2019年)によると、通級による指導(※用語解説②)を受けている児童生徒数の推移は、1993年度12,259人から2019年度134,185人に増加しております。

このような状況をうけ、一人ひとりの可能性が最大化され、生きづらさを解消するための問題解決を、以下の事業を通じて実現しています。

 

 

当社グループのセグメント区分と事業・サービスは下記のとおりです。

セグメント区分

主な顧客

事業

概要

LITALICO
ワークス事業

精神障害を中心とした障害のある方

就労移行支援事業(公費)

就職するための訓練・就職活動支援の実施。

就労定着支援事業(公費)

就職後の定着支援の実施。

特定相談支援事業(公費)

障害福祉サービスを利用するための利用計画の作成、利用計画に基づくモニタリングの実施。

LITALICO

ジュニア事業

発達障害児を中心とした未就学児・小学生・中高生

児童発達支援事業(公費)

行政(市区町村)によってサービス受給者証(※用語解説③)を発行された未就学児を対象に、学習面・行動面・コミュニケーション面等の指導の実施。

放課後等デイサービス事業(公費)

行政(市区町村)によってサービス受給者証を発行された学齢期の児童を対象に、学習面・行動面・コミュニケーション面等の指導の実施。

保育所等訪問支援事業(公費)

行政(市区町村)によってサービス受給者証を発行された未就学児・小学生・中高生を対象に、その児童が通う保育所等へ訪問し、学習面・行動面・コミュニケーション面等の指導の実施。

学習教室事業

サービス受給者証を発行されていない未就学児・小学生・中高生も対象に、学習面・行動面・コミュニケーション面等の指導の実施。

LITALICOプラットフォーム事業

発達障害児のご家族

LITALICO発達ナビ事業

発達障害(※用語解説④)児や発達が気になる子どもを持つご家族を対象とするポータルサイト。障害児を対象とした障害福祉サービスの事業所(児童発達支援、放課後等デイサービス)に向けた支援サービスの提供。

就労を目指す障害のある方

LITALICO仕事ナビ事業

働くことに障害のある方を対象とする就職情報ポータルサイト。障害者の就労を支援する障害福祉サービスの事業所(就労継続支援A/B型、就労移行支援)に向けた支援サービスの提供。

障害福祉分野の求職者

LITALICOキャリア事業

障害福祉分野に特化した就職・転職支援サービス。求人情報の掲載に加えて、障害福祉分野の様々な職種に関する情報等の提供。

その他

未就学児(主に年長)・小学生・中高生全般

LITALICOワンダー事業

プログラミング、ロボット、3Dプリンターを活用したデジタルファブリケーション等、最先端のデジタルものづくりを通じた教育の提供。

障害児のご家族

LITALICOライフプランニング事業

ライフプランの作成支援サービス。作成の中で財務シミュレーションと家計の見直しも行い、必要に応じて保険の見直し販売を実施。

 

(注) 1.上記セグメント区分は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に掲げるセグメントの区分と同一であります。

2.当社グループにおいて、国民健康保険団体連合会等の行政から報酬を得る事業を公費事業(公費)と定めております。その他の事業は国民健康保険団体連合等の行政から報酬を得ない私費事業となります。

3.当連結会計年度より、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」をご参照ください。

 

 

当社グループの拠点数の推移は下記のとおりです。

 

LITALICOワークス事業

LITALICOジュニア事業

その他

拠点数

合計

(拠点)

就労移行

支援事業

特定相談

支援事業

児童発達

支援事業

放課後等

デイサービス事業

学習教室

事業

2015年3月末

44

30

16

2

92

2016年3月末

53

2

39

3

17

4

118

2017年3月末

59

2

45

15

16

5

142

2018年3月末

66

6

54

30

14

9

179

2019年3月末

74

4

55

31

14

12

190

2020年3月末

82

3

62

31

18

17

213

2021年3月末

92

3

69

31

22

18

235

 

(注) 1.地域別では、2021年3月末時点、北海道地方4拠点、東北地方3拠点、関東地方155拠点、中部地方15拠点、近畿地方46拠点、中国地方5拠点、九州地方7拠点となっております。

   2.LITALICOプラットフォーム事業は、拠点を持たないため上記の表に含めておりません。

 

(1) LITALICOワークス事業

LITALICOワークス事業は、就労移行支援事業、就労定着支援事業、特定相談支援事業の3つの事業から構成されております。

① 就労移行支援事業

当事業は、当社グループの運営する就労移行支援事業所において、行政(市区町村)によって障害福祉サービス受給者証を発行された65歳未満の障害者に対して、就労移行支援を行う事業です。

当社グループの運営する就労移行支援のサービス内容は、就労を目指す65歳未満の障害者(以下、顧客という)を対象にしたコミュニケーション訓練、PCスキルを向上するための訓練、職場実習等の職業訓練等であり、これらを実施することで、顧客の適性と希望職種のマッチング、応募先企業の開拓や選定時のサポートを行います。また、企業を選定した後には、模擬面接等の面接訓練も行い、さらに就労後6ヶ月間まで定着の支援を行います。当連結会計年度における当社グループの運営する就労移行支援事業所からの就職者の58.9%は精神障害のある方となっております。

就労移行支援事業所には、障害者総合支援法により一定数のサービス管理責任者や職業指導員等の人員配置が定められております。

当社グループの運営する就労移行支援事業所のサービスの流れは以下のとおりです。

 


 

 

就労移行支援事業の特徴は以下のとおりです。

a.就職実績

積極的な求人開拓と書類添削や模擬面接、面接同行などの就活支援を実施してLITALICOワークス事業を利用した方々の就職先は1,000社以上にのぼり、創業以来、当連結会計年度末時点において就職者数は8,703名になります。また、当連結会計年度末時点の就職6ヶ月後の定着率は89.7%となりました。

b.長く働くための充実したカリキュラム

電話応対、ビジネスコミュニケーション、ストレス対処法など豊富な実践的プログラムやPC訓練にとどまらず、「長く安心して働き続けたい。」顧客のそんな気持ちに応える就労支援サービスを提供しております。自分にあった就職をすることと、ひとりで抱え込まないことなど、「どう働きたいか」「自分らしく働く」を大切に、カリキュラムを構成しています。

c.顧客に即した支援サービスを提供するための採用と育成体制

入社時に知識として、「就労移行支援の理解」「障害に関する知識の習得」「支援方法の理解」を学びます。その後の6ヶ月間、事業所での実践を踏まえて、知識がスキルとして定着するようフォローアップ研修を行っていきます。研修は単なる座学の提供にとどまらず、テストによる理解度確認や、ロールプレイを通して実践的な理解を促進するなど、支援で求められる知識とスキルを身につけられる内容になっています。

また、スキルアップとして社内で設けている等級制度に則り、スキルアップしていくための研修を実施しています。障害のある方に対しての支援スキルのみならず、雇用側の企業に対してのアプローチ方法や、各種社会資源と連携しながら地域での支援をコーディネートしていくソーシャルワークなど、就労支援における一連の業務を正しく理解、実践していることを、知識の埋め込みだけでなくプレゼンやロールプレイ、さらには実地でのスーパーバイズも交え、実践を重視した研修を行っています。

d.職場定着支援

就職者と就職先企業双方へアプローチを行い、就職者の継続的な就労を6ヶ月間まで支援しております。具体的には、企業と就職者との三者面談や企業との二者面談、就職者との二者面談を行い、就職先での活躍と定着を支援しております。

 

② 就労定着支援事業

当事業は、行政(市区町村)によって障害福祉サービス受給者証を発行された65歳未満の就労者に対して、定着支援を行う事業です。就労後6ヶ月以降から最大3年間利用可能で、月に1回の就職者との面談等を行います。就労定着支援事業所には、障害者総合支援法により一定数のサービス管理責任者や就労定着支援員等の人員配置が定められております。

 

③ 特定相談支援事業

当事業は、当社グループの運営する相談支援センターにおいて基本相談支援と計画相談支援を行うサービスです。障害福祉サービスを利用する前に、障害のある方に適した「サービス等利用計画」を作成し、利用計画を作成した後も定期的に障害福祉サービスの利用状況などをモニタリングして、変更が必要な場合には利用計画の改善を行う事業です。相談支援センターには、障害者総合支援法により一定数の相談支援専門員等の人員配置が定められております。

 

(2) LITALICOジュニア事業

LITALICOジュニア事業は、児童発達支援事業、放課後等デイサービス事業、保育所等訪問支援事業、学習教室事業の4つの事業から構成されております。全事業ともに以下の特徴を有しております。

a.個別最適で多様性を持つ教育

児童一人ひとりの発達段階に沿った指導計画を用いることで、児童が持つ多様な可能性を拡げる個別最適な指導の実践しております。小さな成功体験を繰り返し積むことで、児童が徐々に目標に到達できるように指導計画を工夫しております。

 

b.保護者・地域社会とのコミュニケーションの充実

児童に対する教育は、教室の中だけではなく家庭においても重要でありますので、保護者が教室内での授業を、外からモニタで見学できるITシステムを導入し、保護者に対して授業内容のフィードバックや教育ノウハウの個別アドバイスも実施しております。また、家庭だけではなく児童が生活する地域社会への働きかけも重視しており、保育園や幼稚園、医療機関と連携した指導計画の策定を行っております。このように、児童とその家庭だけではなく、地域社会そのものへの働きかけを行うことも特徴の一つです。

c.教室スタッフの専門性

教室スタッフには、健常児だけの教室や、障害児だけの教室のスタッフにはない教育スキルや、保護者とのコミュニケーション能力が必要となりますので、それを可能とする教室スタッフの採用や育成に注力しております。採用においては、実務経験の有無だけでなく、高度なコミュニケーション能力を備えているか、児童の成長により良い影響を与えられる人材であるか、といった側面も重視して選考しております。育成においては専門の研修部門を設立しており、新入スタッフは入社時に1ヶ月間の研修を受けております。また研修部門では、既存スタッフの能力練磨も担っており、人事制度と連携させることでスタッフの成長意欲を亢進させております。研修部門の講師には国内外から有識者、経験者を集り、体系的な学問に基づく独自の教育体系を構築しております。

d.教室の内装と立地

児童や保護者が教室に通うことへの抵抗感を減らし、楽しんで通いたくなる教室を目指して、所謂「施設」のイメージではなく遊び心のあるポップな家具や内装にしております。教室の出店は沿線・地域に沿ってドミナント展開することで、保護者間の口コミや関係機関との信頼構築にも有利に働いており、新規出店時の顧客獲得も容易となるなど、新規出店後数ヶ月を待たずに定員に達する傾向にあります。

① 児童発達支援事業

当事業は、当社グループの運営する教室において、行政(市区町村)によってサービス受給者証を発行された発達障害がある未就学児を中心に、日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練等を提供する事業です。児童発達支援事業には、児童福祉法により一定数の児童発達支援管理責任者や指導員等の人員配置が定められております。

 

② 放課後等デイサービス事業

当事業は、当社グループの運営する教室において、行政(市区町村)によってサービス受給者証を発行された発達障害がある学齢期の児童を中心に、授業の終了後又は休業日に、生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流の促進その他の便宜を提供する事業です。放課後等デイサービス事業には、児童福祉法により一定数の児童発達支援管理責任者や指導員等の人員配置が定められております。

 

③ 保育所等訪問支援事業

当事業は、行政(市区町村)によってサービス受給者証を発行された発達障害児に対し、その児童が通う保育所、幼稚園、小学校等の施設へ指導員が訪問し、集団生活への適応訓練等を提供する事業です。保育所等訪問支援事業には、児童福祉法により一定数の児童発達支援管理責任者や訪問支援員等の人員配置が定められております。

 

④ 学習教室事業

当事業は、公費事業である児童発達支援事業又は、放課後等デイサービス事業の対象外(サービス受給者証未発行者)となる発達障害がある、もしくは、発達障害の可能性がある児童を中心に、生活に必要な力となる身辺自立やコミュニケーションスキルの体得、基礎的な力となる読み書きや、集団行動スキルの体得支援等の教育サービスを提供しております。学習教室事業は、法律に基づく公費サービスではないため、人員配置の定めはございません。

 

 

(3) LITALICOプラットフォーム事業

LITALICOプラットフォーム事業の事業成長と共に重要性が増したことから、当連結会計年度より「LITALICOプラットフォーム事業」を報告セグメントとしております。

当セグメントの事業領域は、LITALICO発達ナビ事業、LITALICO仕事ナビ事業、LITALICOキャリア事業です。

① LITALICO発達ナビ事業

当事業は、発達障害児や発達が気になる子どもを持つご家族を対象とするポータルサイト『LITALICO発達ナビ』を通して、サイトユーザーに向けてユーザー同士が質問し合えるSNS機能や、地域の施設情報の口コミ情報、療育事例、その他発達障害児の子育てに関する情報を提供しております。

また、障害児を対象とした障害福祉サービスの事業所(児童発達支援、放課後等デイサービス)に向けて、『LITALICO発達ナビ』上に施設情報を掲出し、サイトユーザーからの問い合わせが獲得できるサービスと、手軽にオンライン上で研修を受けたり、利用したい教材を検索しダウンロードできる研修・教材サービス、そして事務作業を一元管理できる運営支援サービスを提供しております。

 

② LITALICO仕事ナビ事業

当事業は、働くことに障害のある方を対象とする就職情報ポータルサイト『LITALICO仕事ナビ』を通して、サイトユーザーに向けて地域の就労支援施設が検索できる機能や、就職に関する情報を提供しております。

また、障害者の就労を支援する障害福祉サービスの事業所(就労継続支援A/B型、就労移行支援)に向けて、『LITALICO仕事ナビ』上に施設情報を掲出し、サイトユーザーからの問い合わせが獲得できるサービスを提供しております。

 

③ LITALICOキャリア事業

当事業は、障害福祉分野に特化した就職・転職支援サービス『LITALICOキャリア』を通じて、求人情報の掲載だけでなく、障害福祉分野の様々な職種等の情報を提供しております。

 

  (4) その他

① LITALICOワンダー事業

当事業は、未就学児(主に年長)から高校生まで幅広い年代の子どもたちを対象に、プログラミングやロボット、3Dプリンターを活用したデジタルファブリケーション、デザインなど、最先端のデジタルものづくりを通じた教育を提供する事業です。

当事業の特徴は、プログラミング・ロボット開発など「IT×ものづくり」を通して、子どもの興味・関心をベースとした自主的な学びを引き出し、子どもたちの考える力、作る力、伝える力を育みます。

 

② LITALICOライフプランニング事業

当事業は、障害児を持つご家族を対象に、ライフプランの作成を支援するサービスです。障害分野の専門性を活かして、障害児の特性を考慮した進路、就労等の相談に乗りながらライフプランの作成を支援します。また、ファイナンスの専門性を活かして、プラン実現のための財務シミュレーションや家計の見直しをサポート、必要がある場合は保険の見直し販売を行います。

 

当社グループの事業系統図は以下のとおりになります。

<店舗サービス 公費事業>

 


 

※1 報酬の計算方法は以下のとおりです。

顧客人数(注1)×単価(注2)=報酬額

(注1) 顧客人数は上限となる定員数が定められております。

(注2) 当社における標準的な単価は以下のとおりです。

(基本報酬単価+各種加算)×(1+処遇改善加算)×地区単位

※2 顧客当人の自己負担分は10%となっております。ただし、所得水準に応じて支払(自己負担)を免除される顧客(保護者)が存在し、当社のLITALICOワークス事業における実績では、9割以上の方に自己負担なくご利用いただいております。

 

<店舗サービス 私費事業>

 


 

※ 料金は全額自己負担(保護者負担)となっており、コンビニエンスストア決済もしくは銀行口座引き落としとなります。

 

 

<LITALICO発達ナビ事業/LITALICO仕事ナビ事業/LITALICOキャリア事業>


 

<LITALICOライフプランニング事業>

 


 

 

<用語解説>

番号

用語

意味・内容

精神障害

統合失調症、精神作用物質による急性中毒又はその依存症、精神病質その他の精神疾患等を有する者をいう。

通級による指導

小学校、中学校及び高等学校の通常の学級に在籍している障害のある児童生徒を対象として、その障害の状態に応じ個別指導を中心とした特別の指導を通級指導教室という特別な指導の場で行うもの。

サービス受給者証

正式名称は障害福祉サービス受給者証。障害福祉サービスを利用する際、必要になる証明書。住所のある市区町村に申請して交付を受ける。

発達障害

発達障害とは先天的な様々な要因によって、主に乳児期から幼児期にかけてその特性が現れる発達遅延であり、自閉症スペクトラム(ASD)や学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)等の種類がある。

 

 

 

<当社グループに関連する主な法律>

年度

法律

関連する事業

2006年度

障害者自立支援法(施行)

生活支援の分野においては、就労支援の強化や地域移行の推進を図ることを目指して、2006年に「障害者自立支援法」が施行され、福祉サービス体系の再編など、障害のある人が地域で安心して暮らせるよう、福祉サービス提供体制の強化等を図り、同法の施行後、法の定着を図るため、激変緩和のために累次の対策を講じ、利用者負担の軽減や事業者の経営基盤の強化などを行った。

LITALICO
ワークス事業

2007年度

学校教育法等一部改正等(改正)

教育・育成の分野においては、障害のある幼児児童生徒の一人一人の教育的ニーズに柔軟に対応し、適切な指導及び支援を行うため、従来の盲・聾・養護学校の制度を特別支援学校の制度に転換すること等を内容とする「学校教育法等の一部を改正する法律」が2006年6月に成立し、2007年4月から施行された。2006年12月には、「教育基本法」が全面的に改正され、同月から施行され障害のある幼児児童生徒についても、その障害の状態に応じ十分な教育を受けられるよう、必要な支援を国及び地方公共団体が講じなければならない旨が、「教育の機会均等」に関する規定に新たに明記された。

LITALICO
ジュニア事業

2008年度

障害者雇用促進法(改正)

雇用・就業の分野においては、障害のある人の社会参加に伴いその就業に対するニーズが高まっており、障害のある人の就業機会の拡大による職業的自立を図ることが必要なことから、中小企業における障害者雇用の一層の促進、短時間労働に対応した雇用率制度の見直し等を内容とする「障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律」が2008年12月に成立し、2009年4月から順次施行されている。

LITALICO
ワークス事業

2012年度

障害者自立支援法に定められた障害福祉サービスの報酬改定において、

一般就労への移行後の就労定着実績がない事業所に対する減算が創設された。

利用者の企業実習や就職活動への同行支援に対する加算が創設された。

LITALICO
ワークス事業

2012年度

児童福祉法(改正)

身近な地域で支援が受けられるよう、施設、事業所が発達障害の子どもの状態等に応じて柔軟に対応できるようになった。

通所については、量的拡大を図る観点から、できる限り規制緩和するとともに、地域の実情に応じて整備された。

児童福祉法に基づいて「児童発達支援」と「放課後等デイサービス(児童デイサービス)」に分けられた。

LITALICO
ジュニア事業

2013年度

障害者総合支援法(施行)

障害者総合支援法は、地域社会における共生の実現に向けて、障害福祉サービスの充実等障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するため、新たな障害保健福祉施策を講ずることを主旨として、障害者自立支援法を改正する形で創設された。

LITALICO
ワークス事業

2013年度

障害者法定雇用率が改定され1.8%から2.0%へ増加された。

LITALICO
ワークス事業

2015年度

障害者総合支援法に定められた障害福祉サービスの報酬改定において、

利用者の就労定着期間に着目した加算が創設された。

一般就労への移行後の就労定着実績がない事業所に対する減算が強化された。

LITALICO
ワークス事業

2015年度

児童福祉法に定められた障害児通所支援事業等の報酬改定において、

経験者や有資格者(総じて「児童指導員」)の配置に対する評価の加算が創設された。

関係機関との連携、相談援助支援に関する評価の加算が創設された。

LITALICO
ジュニア事業

2018年度

障害者総合支援法における障害福祉サービスの報酬改定において、

新しい障害福祉サービスとして、定着支援事業が創設された。

LITALICO
ワークス事業

2018年度

障害者法定雇用率が改定され2.0%から2.2%へ増加された。

LITALICO
ワークス事業

2018年度

児童福祉法に定められた障害児通所支援事業等の報酬改定において、

放課後等デイサービスの基本報酬が一律引き下げとなった。

理学療法士等の有資格者の追加配置に対する評価の加算が強化された。

保育所等訪問支援事業の報酬が引き上げとなった。

LITALICO
ジュニア事業

 

 

 

年度

法律

関連する事業

2020年度

障害者法定雇用率が改定され2.0%から2.3%へ増加された。

LITALICO
ワークス事業

2021年度

障害者総合支援法に定められた障害福祉サービスの報酬改定において、一般就労への高い移行実績を実現する事業所について、報酬単価がさらに評価されるように改定が行われる。また、一般就労へ移行後の就労定着実績(就労定着率)に応じた報酬単価の設定がこれまで以上に明確になされた。

支援計画会議実施加算等が創設される。

LITALICO
ワークス事業

2021年度

児童福祉法に定められた障害児通所支援事業等の報酬改定において、

「児童指導員」の配置に対する評価の加算について、見直しが行われた。

個別サポート加算等が創設される。

保育所等訪問支援事業の報酬が引き上げとなった。

LITALICO
ジュニア事業

 

※画像は省略されています

LITALICOパートナーズの平均年収は409万円

LITALICOパートナーズの平均年収は409万円です。 去年の全国平均年収430万円より-4.9%低いです。 過去のデータを見ると364万円(最低)から409万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、LITALICOパートナーズの生涯収入はおよそ1.51億円と推定されます。
平均年収
2014 364万円
2015 379万円
2016 385万円
2017 389万円
2018 391万円
2019 400万円
2020 409万円

LITALICOパートナーズの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではLITALICOパートナーズは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではLITALICOパートナーズは4351位(全4687社)で、年収偏差値は46.5でした。
LITALICOパートナーズの年収ヒストグラム

LITALICOパートナーズの年齢別年収

LITALICOパートナーズの20代の想定平均年収は303万円、30代の想定平均年収は413万円でした。 LITALICOパートナーズの初任給はおよそ20万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 254万円 20万円
25-29歳 352万円 27万円
30-34歳 399万円 31万円
35-39歳 426万円 33万円
40-44歳 453万円 35万円
45-49歳 477万円 37万円
50-54歳 503万円 39万円
55-59歳 494万円 38万円
60-64歳 395万円 30万円
LITALICOパートナーズの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


LITALICOパートナーズの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、LITALICOパートナーズの 平均年間賞与額は30万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2014 49万円
2015 51万円
2016 51万円
2017 52万円
2018 52万円
2019 53万円
2020 30万円


LITALICOパートナーズの業種・地域

LITALICOパートナーズの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは2703位(全2845社)でした。
LITALICOパートナーズの年収ヒストグラム(関東地方内)
LITALICOパートナーズは、業種カテゴリとしては 教育業に属します。 教育業内での年収ランキングは 47位(全52社) でした。

教育業内での年収ランキング
LITALICOパートナーズの年収ヒストグラム(教育業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

LITALICOパートナーズの従業員数は1965人

LITALICOパートナーズの従業員数は1965人でした。
従業員数
2014 980人
2015 1017人
2016 1198人
2017 1453人
2018 1709人
2019 1948人
2020 1965人
LITALICOパートナーズの従業員数

LITALICOパートナーズの売上、純利益

LITALICOパートナーズの最新の売上高は149億円(売上ランキング2286位)でした。 従業員一人当たりの売上高は757万円(一人当たり売上ランキング4593位)です。
LITALICOパートナーズの売上高
LITALICOパートナーズの最新の純利益は13.3億円(純利益ランキング1817位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約68万円(一人当たり純利益ランキング3475位)です。
LITALICOパートナーズの純利益

LITALICOパートナーズに転職するには?

LITALICOパートナーズに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

LITALICOパートナーズの歴史

LITALICOパートナーズの歴史について年表形式でご紹介します。
2005年12月障害者の就労促進を目的に宮城県仙台市宮城野区に株式会社イデアルキャリアを設立(資本金2,000万円)。
2006年7月障害者求人専門の有料職業紹介事業開始。
2008年2月就労移行支援事業を運営する100%子会社株式会社ウイングル・ヒューマンサポート設立。
2008年3月就労移行支援事業開始。
2011年6月東京都目黒区に学習塾Leaf中目黒校(現LITALICOジュニア中目黒教室)を開設し、学習教室事業を開始。
2011年10月東京都目黒区にLeafジュニア中目黒教室(現LITALICOジュニア中目黒教室)を開設し、児童発達支援事業を開始。
2013年6月特定相談支援事業開始。
2014年4月東京都渋谷区にQremo渋谷校(現LITALICOワンダー渋谷)を開設し、現LITALICOワンダー事業を開始。
2015年12月神奈川県川崎市川崎区にLeaf川崎砂子教室(現LITALICOジュニア川崎砂子教室)を開設し、放課後等デイサービス事業を開始。
2016年3月東京証券取引所マザーズに株式を上場。
2017年3月東京証券取引所市場第一部に株式を上場。
2017年12月100%子会社株式会社LITALICOライフを設立。
2020年4月100%子会社株式会社LITALICOメディア&ソリューションズを、新設分割により設立。
2021年3月グループ内組織再編に伴う、当社株式の上場廃止。
2021年4月株式会社LITALICOが、東京証券取引所市場第一部に株式をテクニカル上場し、その連結子会社となる。商号を株式会社LITALICOパートナーズへ変更。

LITALICOパートナーズの子会社

LITALICOパートナーズの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
㈱LITALICOライフ ライフプランニング事業
㈱LITALICOメディア&ソリューションズ LITALICOプラットフォーム事業
福祉ソフト㈱ LITALICOプラットフォーム事業
㈱Olive Union Olive Smart Earの開発、製造及び販売

LITALICOパートナーズの類似企業

LITALICOパートナーズを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
ウチヤマHD 455万円 31人
グローバルキッズCOMPANY 588万円 5人
シダー 445万円 1173人
ハイパー 486万円 218人
リビングプラットフォーム 557万円 52人
ランシステム 426万円 126人
ウェルビー 391万円 1227人
ケア21 425万円 4793人
SERIOHD 493万円 34人
AHCグループ 364万円 239人

LITALICOパートナーズと平均年収が近い企業

LITALICOパートナーズと売上高が近い企業

企業名 売上高
両毛システムズ 157億円
信和 141億円
カーメイト 155億円
サカイオーベックス 143億円
エヌアイデイ 152億円
静岡鉄道 155億円
丸三証券 149億円
セイコーHD 153億円
アイ・エス・ビー 147億円
JIEC 149億円