年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

いい生活の平均年収

2022年12月09日 13:57

いい生活とは

いい生活とは、ソフトウェア業を営む東京都の上場企業です。
企業名 いい生活
本社所在地 港区南麻布5丁目2番32号 興和広尾ビル
売上高 24.3億円
社員数 166人
平均年収 557万円
推定初任給 27万円
年収偏差値 54.9
平均年齢 34.5歳
平均勤続年数 6.9年

有価証券報告書によるといい生活の事業内容は次の通りです。

 当社グループ(当社及び当社の子会社)は、「ITで不動産市場をより良いものに」というミッションの実現に向け、「不動産市場になくてはならない情報インフラになる」というビジョンを掲げ、不動産業並びに不動産市場におけるさまざまな課題を解決するシステム・アプリケーションを企画・開発し、利用期間に応じて料金をお支払いいただく(サブスクリプション、継続課金モデル)クラウドサービス(SaaS:Software as a Service)として提供することで、不動産業並びに不動産市場のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援するクラウドソリューション事業を展開しております。

 

(事業系統図)

クラウドソリューション事業の系統図は以下のとおりです。

 

 

(1)クラウドソリューション事業の構成区分

1.サブスクリプションサービス

 不動産市場に必要とされる業務支援システム・アプリケーションをクラウド・SaaSで提供するサービスであり、当社グループの主力サービスであります。当該サービスは、ソフトウェアをユーザにパッケージとして納品するのではなく、インターネットを通じてアプリケーションを提供するクラウド・SaaSの提供形式をとっており、主要な顧客である不動産企業からは主にサービスの月額利用料(サブスクリプション)の形で対価を得ております。

 上記のようなビジネスモデルにより、顧客にとっては次のようなメリットがあります。

  ・業務支援システムの導入/維持/管理等に係るコスト削減

  ・オンラインで提供されるアップデートプログラムによりシステムが常時進化

  ・法令改正等への対応にはスピーディにアップデートプログラムが提供されリスク低減

  ・自社でハードウェア設備等を保有する必要がなく、初期投資が僅少

  ・インターネットがあればどこでも業務ができ、万全のセキュリティが確保され、リモートワーク等に最適

 

サブスクリプションサービスにおける主なサービスのラインアップは下記のとおりです。

カテゴリ

顧客ニーズ

当社のソリューション

サービス名称

物件管理・
付加価値向上(PM)

入居者・物件オーナーとの精算・決済の電子化

スマートフォンアプリによる
電子決済・口座振替

pocketpost pay
(ポケットポスト ペイ)

入居者・物件オーナー
とのコミュニケーション

スマートフォンアプリによる
チャット・コミュニケーション

pocketpost home
(ポケットポスト ホーム)
pocketpost owner
(ポケットポスト オーナー)

不動産物件データ・
顧客データの一元的管理

賃貸管理・
プロパティマネジメント

ESいい物件One賃貸管理

業者間(BtoB)
プラットフォーム

入居申込の電子化

スマートフォンアプリでの
内見予約・入居申込

Sumai Entry
(スマイ エントリー)

企業間取引対応

不動産会社間の空室情報流通

ES-B2B賃貸
ES-B2B call
いい物件Square(スクウェア)

デジタルデータ
マーケティング

自社ホームページ構築・
運用

インターネットでの物件検索

ESいい物件OneウェブサイトFlex(フレックス)

入居者向けの付帯
サービスの取次・紹介

電力・ガス等各種
ライフラインサービスの
取次・紹介支援

ES Bizサポート

データマルチユース

各種不動産ポータル
サイト向けの広告データ変換・一括入稿

スマートOneコンバート

入居者募集・
営業支援(CRM)

重要事項説明のIT化

WEB接客・IT重説対応
WEB会議クラウド

ES × MeetingPlaza

不動産物件データ・
顧客データの一元的管理

営業支援機能
顧客管理機能

ESいい物件One賃貸
ESいい物件One売買
いい物件賃貸

いい物件営業支援

 

2.ソリューションサービス

 「ソリューションサービス」の区分には、主に次のようなサービスが含まれます。

  ・当社クラウド・SaaSの初期設定

  ・当社クラウド・SaaS導入/運用の支援(BPO)

  ・システム・アプリケーションの受託開発

  ・他社サービスの紹介/代理店販売

 「当社クラウド・SaaS導入/運用の支援(BPO)」につきまして、こちらは当社クラウド・SaaSを導入・運用するにあたり顧客側に人的リソースが不足している場合などに、当社グループから有償で導入・運用支援サービスを提供するものであります。このシステム導入・運用支援サービスについては、子会社「株式会社リアルテック・コンサルティング」が主にサービスを提供しております。

 「システム・アプリケーションの受託開発」につきまして、これはいわゆる一般的なソフトウェアの受託開発ではなく、当社のクラウド上での提供を前提としたものであり、顧客側の他のシステムとの連携機能等、当社クラウド・SaaSをより効果的にご活用いただくための付加的サービスとして提供しております。

 「他社サービスの紹介/代理店販売」は、主に他社クラウド・SaaSの販売手数料・紹介手数料等であります。電子契約ソリューション・VRソリューション等の業界特化型でないBtoBクラウド・SaaSベンダーが主たる提携の相手先であり、顧客にとっては当社の不動産市場特化型クラウド・SaaSとの併用が効果的であります。そのためこれら提携先の提供するサービス群についても多くの商談機会が継続的に発生しており、販売手数料・紹介手数料等が当社グループの収益に安定的に寄与しております。

 以上のとおり、「ソリューションサービス」に区分される各サービスにつきましては、当社グループの収益の柱である不動産市場特化型クラウド・SaaSソリューションのラインアップを補完するとともに、より幅広い顧客ニーズにも応えていくためのサービス群であります。

 主力である当社クラウド・SaaSについて引き続き機能開発・ラインアップ拡充を進め、より幅広い顧客に対して課題解決を訴求していく一方で、ソリューションサービスに区分される各サービスにつきましても、引き続き旺盛な市場の需要が存在しております。従いまして、今後も当該サービス群は当社の収益に安定的に寄与していくと考えております。

 

(2)サービスの主な特徴

① 不動産市場に特化-市場特化型クラウド・SaaSの提供

 当社グループのサービスは不動産市場を主なターゲットとしており、不動産業務や業界に特有なデータ特性等の業務知識をノウハウとして蓄積し、開発工程にもフィードバックしていくことで、参入障壁の高い市場特化型クラウドソリューションを志向しております。開発・セールススタッフ共に不動産業界の業務ノウハウに精通することで、顧客企業と密接かつ継続的な関係を構築・維持し、受注率及び継続率の向上を図っております。また、経営資源を集中投下することで市場における知名度の確立及び競争力の維持・向上を目指しております。

当社グループが不動産市場に特化する主な理由は、以下のとおりであります。

 ・不動産市場は国内最大級産業であり、市場規模が大きい

 ・不動産業界には中小規模の会社が圧倒的に多く、投資を必要としない「使う」システムが最適

 ・不動産会社は全国各地に分散しており、クラウド・SaaSモデルに最適な市場特性

 ・不動産会社の業務フローは各社類似しており、共通のシステムツールへのニーズが高い

 ・消費者の検索ニーズや業者間取引に対応できる物件情報データベースを構築・管理するシステムが不可欠

 ・インターネットを通じた自動機能アップデートにより、規制や法改正等への対応が容易

当社グループが推進するクラウド・SaaSモデルは、これら要因・特性を持つ不動産市場において、特に大きな付加価値を生むモデルであると考えております。以上のような背景から、当社グループは不動産領域に特化し、垂直型のクラウド・SaaS事業展開を行っております。

② 安定性・堅牢性・可用性に優れたシステム基盤をベースにしたクラウド・SaaS

 当社グループは、企業ユーザー向けの保証・サポートのあるハードウェア・ソフトウェア製品を採用し、安定性・堅牢性・可用性の高いシステム基盤上でサービスを提供しております。顧客企業は、一社のみで実現するには高コストとなる優れたシステム基盤・プラットフォームを、クラウド・SaaSの形態で共同で利用することができるため、自社保有の場合と比較して以下のような点でメリットがあります。

 ・短期間でのシステム導入

 ・導入に係る初期費用及び保守・運用の月次費用の低コスト化

 ・面倒なシステムメンテナンスから開放され、顧客本来のビジネスに集中できる

 ・自社で本当に必要とする機能のみを組み合わせて利用することが可能

 ・システムの導入・利用に柔軟性が持てるため、低コストで成果をあげることが期待できる

 ・大切なデータをクラウド上で保管することでBCP(事業継続計画)としても最適

 一方、当社グループにとってもクラウド上で顧客企業向けシステム・アプリケーションを運用することで、継続的なシステム利用料収入が見込め、開発完了・納品で途切れることのない顧客との関係構築が容易になり、機能拡張や新機能の追加等、新たな顧客ニーズを掴むことが可能になります。

 

③ 不動産業務を網羅する、フルラインアップのサービスポートフォリオ

 当社グループの提供するクラウド・SaaSは、「物件探し~契約~入居~退去」という一般的な住まい探しのプロセスにおいて、あらゆる場面でシームレスに利用されるサービスとなることを目指しております。

 ・賃貸物件の管理/付加価値向上(PM:プロパティ・マネジメント)

 ・不動産管理会社/賃貸仲介会社/家賃債務保証会社等、関連事業者間の物件情報/顧客情報の流通

 ・入居申し込み受付の電子化

 ・インターネットを活用したマーケティング(不動産ポータルへの広告掲載・自社ウェブサイト運営、等)

 ・入居者募集/営業活動(CRM:カスタマー・リレイションシップ・マネジメント)

 ・入居者/オーナーとのコミュニケーション(設備修繕・災害対応・保険対応・退去精算、等)

 以上のとおり不動産業における業務領域は多岐にわたりますが、当社グループは全領域を網羅した統合型不動産業務支援クラウド・SaaSを提供する唯一のベンダーとして、各業務領域で活用される物件情報データ・顧客情報データの「一元的管理」をその付加価値の源泉とし、業務のプロセスを全体として最適化しシームレスに統合するソリューションの提供を指向し、事業展開しております。

 当社グループは、「ITで不動産市場をより良いものに」というミッションの実現に向け、「不動産市場になくてはならない情報インフラになる」というビジョンを掲げ、不動産に関するあらゆるデータが集まるクラウド上のデータ・プラットフォームを築くため、引き続きクラウド・SaaSの機能開発・ラインアップ拡充、及び新規顧客獲得の営業展開を進めてまいります。

 

(用語の注釈)

1.デジタルトランスフォーメーション(DX)

 企業が、顧客・市場の変化に対応しつつ、組織・文化・従業員の変革を牽引しながら、クラウド・モビリティ・ビッグデータアナリティクス・ソーシャル等の新しいデジタル技術を利用して、新しい製品やサービス、新しいビジネス・モデルを通して、ネットとリアルの両面での顧客エクスペリエンスの変革を図ることで価値を創出し、競争上の優位性を確立すること。

 

2.システム基盤

 アプリケーションとオペレーティングシステムとの中間に位置し、特定の機能やサービスを提供する情報システム全体の中核をなすミドルウェアの総称。つまり、アプリケーションが円滑に動くように支えているシステムの土台部分のことをいう。

 

3.ソリューション

 業務上の問題点の解決や要求の実現を行なうための情報システム。専門の業者が顧客の要望に応じてシステムの設計を行ない、必要となるあらゆる要素(ハードウェア、ソフトウェア、通信回線、サポート人員など)を組み合わせて提供することをいう。

 

4. クラウド

 情報処理システムをどのように構築・運用するかを「利用者」の視点で表した用語で、ネットワーク、特にインターネットを介して利用者がサービスの提供を受けるインフラのことを指す。

 

5.SaaS(Software as a Serviceの略)

 パッケージソフトウェアを顧客に直接販売せず、賃貸契約でアプリケーションの使用を提供するサービス形態をいう。また、ソフトウェアの機能のうち、ユーザーが必要とするものだけをサービスとして配布し利用できるようにしたソフトウェアの配布形態をいう。

 

6.PM(プロパティ・マネジメント)

 Property Managementの略。不動産の付加価値を高めるため、不動産オーナーに代わり、専門家が賃貸用不動産の管理を代行すること。

 

7.CRM(カスタマー・リレイションシップ・マネジメント)

 Customer Relationship Managementの略。顧客情報を集積・分析し、営業活動を効率化する手法のこと。

※画像は省略されています

いい生活の平均年収は557万円

いい生活の平均年収は557万円です。 去年の全国平均年収430万円より29.6%高いです。 過去のデータを見ると538万円(最低)から560万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、いい生活の生涯収入はおよそ2.06億円と推定されます。
平均年収
2013 560万円
2014 553万円
2015 538万円
2016 547万円
2017 560万円
2018 546万円
2019 558万円
2020 554万円
2021 557万円

いい生活の平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではいい生活は赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではいい生活は2774位(全4661社)で、年収偏差値は54.9でした。
いい生活の年収ヒストグラム

いい生活の年齢別年収

いい生活の20代の想定平均年収は413万円、30代の想定平均年収は562万円でした。 いい生活の初任給はおよそ27万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 346万円 27万円
25-29歳 480万円 37万円
30-34歳 544万円 42万円
35-39歳 581万円 45万円
40-44歳 617万円 47万円
45-49歳 651万円 50万円
50-54歳 686万円 53万円
55-59歳 674万円 52万円
60-64歳 539万円 41万円
いい生活の年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


いい生活の賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、いい生活の 平均年間賞与額は26万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2013 24万円
2014 23万円
2015 23万円
2016 26万円
2017 26万円
2018 24万円
2019 25万円
2020 25万円
2021 26万円


いい生活の業種・地域

いい生活の本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは1869位(全2825社)でした。
いい生活の年収ヒストグラム(関東地方内)
いい生活は、業種カテゴリとしては ソフトウェア業に属します。 ソフトウェア業内での年収ランキングは 181位(全261社) でした。

ソフトウェア業内での年収ランキング
いい生活の年収ヒストグラム(ソフトウェア業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

いい生活の従業員数は166人

いい生活の従業員数は166人でした。
従業員数
2013 133人
2014 131人
2015 127人
2016 134人
2017 148人
2018 149人
2019 144人
2020 159人
2021 166人
いい生活の従業員数

いい生活の売上、純利益

いい生活の最新の売上高は24.3億円(売上ランキング3772位)でした。 従業員一人当たりの売上高は1466万円(一人当たり売上ランキング4281位)です。
いい生活の売上高
いい生活の最新の純利益は6075万円(純利益ランキング3655位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約37万円(一人当たり純利益ランキング3699位)です。
いい生活の純利益

いい生活に転職するには?

いい生活に転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

いい生活の歴史

いい生活の歴史について年表形式でご紹介します。
2000年1月 インターネット上でクラウドによるシステム・アプリケーションの提供を行うことを目的として、株式会社いい生活を資本金6,200万円をもって設立
2000年8月 クラウドサービス提供ノウハウ蓄積のため生活総合サイトの運用を開始
2006年2月 東京証券取引所マザーズに株式を上場
2012年4月 当社クラウドサービスの各サービス及び各種オプションをワンパッケージ化した不動産会社の基本業務全域をカバーする「ESいい物件One」をリリース開始
2013年9月 不動産賃貸管理に係る基幹業務を体系的に支援する「ESいい物件One賃貸管理」をリリース開始
2016年8月 東京証券取引所市場第二部へ市場変更
2018年4月 不動産管理会社と入居者を繋ぐコミュニケーション・プラットフォームとなるアプリケーション「pocketpost(ポケットポスト)」シリーズをリリース開始
2018年6月 ITを活用した重要事項説明に係る新サービス「ES × MeetingPlaza」の提供を開始
2018年9月 不動産会社に当社システムを導入及び運用する際の支援を行う目的でクラウドソリューション事業を行う株式会社リアルテック・コンサルティングを東京都港区に設立
2019年12月 入居希望者が手書きで記入していた「入居申込書」をデジタル化し、一般消費者の利便性向上と不動産会社の業務効率化を支援する「Sumai Entry(スマイ エントリー)」をリリース開始
2021年6月 「ESいい物件One賃貸管理」において賃貸住宅管理業法への対応を開始
2021年10月 「ESいい物件One」と電子契約サービス「電子印鑑GMOサイン」がシステム連携開始
2022年4月 東京証券取引所の市場区分見直しに伴い、東京証券取引所スタンダード市場に移行

いい生活の子会社

いい生活の子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
㈱リアルテック・コンサルティング クラウドソリューション事業

いい生活の類似企業

いい生活を見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
テラスカイ 622万円 430人
プロパティデータバンク 710万円 55人
スマートバリュー 417万円 194人
電算 691万円 668人
ナレッジスイート 461万円 117人
テクマトリックス 783万円 511人
SIGグループ 662万円 32人
日本情報クリエイト 462万円 242人
サイバーリンクス 510万円 506人
AGS 594万円 772人

いい生活と平均年収が近い企業

いい生活と売上高が近い企業