年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

スポーツフィールドの平均年収

2022年04月12日 17:01

スポーツフィールドとは

スポーツフィールドとは、人材派遣業, スポーツ業を営む東京都の上場企業です。
企業名 スポーツフィールド
本社所在地 新宿区市谷本村町3番29号 FORECAST市ヶ谷4F
売上高 21.2億円
社員数 265人
平均年収 430万円
推定初任給 21万円
年収偏差値 48.0
平均年齢 28.9歳
平均勤続年数 3.3年

有価証券報告書によるとスポーツフィールドの事業内容は次の通りです。

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び連結子会社1社(株式会社エスエフプラス)の計2社で構成(2021年12月末時点)されており、主としてスポーツ人財(※注1)採用支援事業を展開しており、子会社では営業支援事業、採用アウトソーシング事業も併せて展開しております。

当社が行っているスポーツ人財採用支援事業は、事業セグメントは単一ですが、新卒者向けと既卒者向けの事業とに区分できます。前者は主に現役体育会学生(※注2)を中心としたスポーツ・競技経験者、後者は過去にスポーツ・競技経験のある社会人経験者や引退したプロ・アマチュアアスリートを対象としております。また、事業は大きく下記の3つに分類(※注3)され、これらの事業を通じて、スポーツ人財と、スポーツ人財を採用したい企業とをマッチングさせております。

(1)新卒者向けの「イベント事業」

(2)新卒者向けの「人財紹介事業」

(3)既卒者向けの「人財紹介事業」

※注1:スポ―ツに打ち込んだ経験を通じて社会・企業が求める高い価値を身につけた人財を指します。新卒者においては、現役体育会学生、大学スポーツサークル・高校部活・クラブチーム等での競技経験者、既卒者においては、体育会出身者及び現役アスリートも含めたスポーツに打ち込んだ経験を持つ社会人を対象としております。また、当社は体育会学生や既卒社会人等の求職者、自社の役職員を、人材(Human Resource)ではなく、人財(Human Capital)であると考えております。時期を問わずスポーツに打ち込んだ経験を持つ人財は優れたポテンシャルを持つ投資対象であり、社会にとって、お取引先の顧客企業様にとって、また当社にとって財(たから)であるという想いを込めて、当社における正式な表記とさせていただいておりますことから、対外的に発信する情報の中でも、同表記を統一的に用いております。

 ※注2:大学が公認している運動部に所属する学生を指します。
 ※注3:事業系統図は以下となります。

 


 

■当社ブランドの紹介

スポーツ人財採用支援事業が展開するブランド(※注4)として、当社の主要ブランドである現役体育会学生専門の「スポナビ」と既卒者向けの「スポナビキャリア」の他に、体育会学生だけでなく時期を問わずスポーツに打ち込んだ経験を持つ人財に向けた「スポチャレ」、現役アスリートのキャリア形成支援を行う「スポナビアスリート」、スポーツ関連企業への就職・転職を目指す人財に向けた「スポジョバ」があります。
 ※注4:当社ブランドの位置付けは以下のとおりであります。

 


 

■3事業に共通する当社の価値観・考え方

当社は経営理念に掲げる「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時にスポーツが持つ可能性を様々なフィールドで発揮し個人、法人、地域社会そして日本の発展に貢献すること」の実現を目指しております。理念実現のために3事業全てにおいて、スポーツ人財とスポーツ人財を採用したい求人企業を引き合わせ、内定承諾・入社までを様々な方法でサポートいたします。
当社は、スポーツ人財に対しては就職・転職アドバイザーとして①スポーツ・競技で学んだことを仕事の強みとして活かせるように引き出し整理するなど、スポーツ人財に特化した就職・転職のアドバイスをするとともに、②スポーツ・競技で燃え尽きることなく、就職・転職活動を通じて人生の新しい目的・目標を見つけるサポートをいたします。また、求人企業に対しては、人事コンサルタントとして①スポーツ人財の強みや成長可能性を理解してもらうとともに、②企業が求めている人財を紹介して入社するまでサポートをいたします。
 
また、当社の3つの事業の大きな特長として、以下の2点が挙げられます。
 A)スポーツ人財に特化していること
 B)人財一人ひとりへのきめ細やかな対応による信頼関係
 
 上記の当社の特長2点を踏まえ、当社は以下のように考えて、就職・転職支援又は採用支援を行っております。人生における大きな時間を割き、人生の在り方に大きな影響を与える就職・転職活動において、個々の人財・企業の立場から考えると、大手競合のようなマスでのアプローチよりも、求職者(新卒者・既卒者含む)個々人や個社を深く理解した就職・転職アドバイザー・人事コンサルタントが介在した「One to One」のサービスに対するニーズは存在します。当社の、大学や部室までも何度となく足を運びながらあらゆる相談に乗っていく、アナログながらも丁寧なスタイルはそれらのニーズとの親和性が高いと考えており、人財・企業から当社へのロイヤリティを獲得しています。このことは、当社の規模が拡大して従業員数が増えても、一人あたりが担当する人財数を大きく変えないことなどにより、就職・転職支援サービスの質を落とさず当社の優位性・差別化を保つ源泉としています。
 また、人財と密に構築した関係は、ただ単に人財を企業へ紹介しやすくなるだけでなく、就職・転職支援サービスを通じて人財の成長を促すことが可能になります。当社は、単に希少価値の高いスポーツ人財・体育会学生を右から左へと流す卸売ではなく、人財がビジネスにおいても十分に活躍できるようにスポーツを通じて培った自身の強みを客観的に認識してもらったうえで、求人企業とのマッチングを実現できる「人財メーカー」であると自負しています。
 単に部活と就職活動や仕事と転職活動のスケジュール調整や、就職・転職活動の知識・ノウハウの提供だけでなく、自社オフィス・就職イベント会場・部室・大学の講座内など様々な場所でのキャリアセミナーの提供や、人財一人ひとりに対して就職・転職支援のみに留まらない面談を何回も繰り返すことなどを行っています。また、当社社員や元プロスポーツ選手や社外専門家などが講師を務める就職勉強会(通称、スポ勉)を主催し体育会学生に提供することで、体育会やスポーツに打ち込んだ経験を就職後の会社・組織でどのように強みとして転用できるかの啓蒙活動を行っております。そして、当社の従業員の大多数がスポーツ人財であり、自らが求職者にとってのセカンドキャリアのロールモデルとなるように努めています。このような活動を通じて、世間一般に持たれがちな「体育会=根性・ガッツ」などの固定観念に捕らわれることなく、スポーツを通じて学んだ目標設定・実行力、他者との連携、組織内へのモチベーションマネジメント、組織外との折衝力など様々な要素を、個々人のスポーツ人財の経験と照らし合わせながら、いかにそれらが社会で応用できるかを、スポーツ人財本人に考えてもらいます。これらの活動により、スポーツを通じて学んだことを次の人生にも応用して活かせる人財を輩出できていると考えております。

 

 

■各種事業の説明

(1)新卒者向けイベント事業:該当ブランド「スポナビ」「スポチャレ」

いわゆる就職フェアと呼ばれるマッチングイベントを開催し、スポーツ人財と企業とが出会う場を創出しております。イベントの種類は大規模から中小規模、開催形態は来場型からオンライン型と様々なラインナップを用意しております。
 新卒の就職活動において、学生個人での情報収集は体育会活動と大学授業の限られた時間の中で限界があるため、当社のような就職支援サービスを通じて、企業・業界に関する情報を幅広く収集することは重要です。スポーツ人財の採用に興味がある様々な業界の企業とスポーツ人財が一堂に会し、採用活動の最初の接点を持つ事ができるイベントを開催することで、スポーツ人財に機会を提供しています。
 また、企業にとっても採用活動において、学生との直接的な接点となる就職イベントにおいて、必要母集団の形成を行う事も重要ですが、それ以上に母集団におけるターゲット人財の含有率が論点になります。その中で、当社が提供する特化型就職イベントと呼ばれる特定の学生のみが参加する就職イベントにおいては、体育会学生をはじめとするスポーツ人財を採用したい、戦略的思考・目標設定・達成力などの能力を持つ学生を採用したいという企業にとって、ピンポイントでターゲット人財と接点を持つことが可能になります。

 

(2)新卒者向け人財紹介事業:該当ブランド「スポナビ」「スポチャレ」

当社の新卒者向けサービスであるWebサイト「スポナビ20XX」「スポチャレ」に登録いただいた体育会学生をはじめとする新卒者に対して当社就職アドバイザーが就職カウンセリングを行う一方で、求人企業側の採用したい人財像を当社人事コンサルタントが理解し、双方のニーズがマッチングする就職先を紹介しております。
 当社の特長として、基本的に一人の社員が就職アドバイザーと人事コンサルタントを兼ねており、また、企業については特定の業界・業種に絞ることなく、幅広く様々な企業を一人の社員が担当しています。それにより、人財との就職カウンセリングにおいて、①特定の業界・企業に偏って紹介することなく、当社から人財の将来の選択肢・可能性を限定することが無いようにしています。②人財の状況や考え・価値観などに合わせて、多角的なアドバイスを行うことが可能です。また、豊富な選択肢から最適な紹介先を選定し、人財・企業双方に十分に説明を尽くして理解を助け、入社後もコミュニケーションを取ってギャップの解消に努めることが肝要と考えており、そのために人財に対して複数回に渡る面談を就職活動スタート時から内定が出た後まで行い、一人の人財に対して多くの時間をかけております。

 

(3)既卒者向け人財紹介事業:該当ブランド「スポナビキャリア」「スポチャレ転職」

既卒者向けの人財紹介事業の内容は(2)新卒者向け:人財紹介事業と大きく変わりません。しかし、既卒者向けの人財紹介事業独自の特長として、以下の点が挙げられます。
 新卒者向けの就職アドバイザーと比較し、一時期に担当するスポーツ人財の人数が限られることもあり、新卒者向けの人財紹介事業にも増して、転職アドバイザー(既卒者向けの人財担当)はスポーツ人財一人ひとりへの面談回数や時間を多く割いています。スポーツ人財を企業に紹介するにあたり、必ず事前に面談を行うことで、当社から紹介する人財の質を担保しております。
 対企業においても、当社の人事コンサルタントとの密な信頼関係から、採用の一部工程を任されるような場合があります。新卒採用と異なり、中途採用については体系立った採用フローがない企業も少なくありません。電話やチャットなどでやり取りを完結してしまう人財会社もある中、当社の転職アドバイザーはスポーツ人財と原則相対で面談を行っていることから、紹介先企業におけるスクリーニングの役割を代行できているものとして、当社からの紹介を以て1次選考を省略いただいている企業も数多くあり、付加価値となっております。

 
 (4)その他の事業:「スポジョバ」「スポナビアスリート」ほか
 「スポジョバ」ではナビサイト事業として、新卒者・既卒者向けの就職Webサイトを運用し、当該サイトに顧客企業の求人広告を掲載しております。また、「スポジョバ」の特徴として、スポーツ人財と様々な企業ではなく、スポーツ関連企業と様々な人財を結びつけるサポートをしております。
 「スポナビアスリート」では人財派遣事業として、現役アスリートのデュアルキャリア、つまりスポーツを続けながら仕事も同時に行うための支援をしております。具体的には、スポーツ団体又はアスリート個人を当社社員として雇用し、当社の顧客企業へ当該人財を派遣しております。アスリート本人にとっては、スポーツを引退してから新しい仕事を探す、いわゆるセカンドキャリア以外の選択肢を増やせることとなり、現役アスリートとして活躍しながら今後の自身のキャリアプランを形成する機会とすることが可能です。

 

■当社の提供エリア

2014年1月からは社名をスポーツフィールドに変更し、新卒者・既卒者向けのスポーツ人財採用支援事業を軸に、「スポナビ」ブランドを確立させてきました。2021年12月末現在で事業を展開するエリアは開設数ベースで全国に常駐オフィス11拠点(東京、札幌、仙台、千葉、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、福岡)、サテライトオフィス7拠点(大宮、浜松、金沢、姫路、岡山、小倉、熊本)に渡ります。

※画像は省略されています

スポーツフィールドの平均年収は430万円

スポーツフィールドの平均年収は430万円です。 去年の全国平均年収430万円より0.1%高いです。 過去のデータを見ると430万円(最低)から440万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、スポーツフィールドの生涯収入はおよそ1.59億円と推定されます。
平均年収
2018 440万円
2019 431万円
2020 430万円
2021 430万円

スポーツフィールドの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではスポーツフィールドは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではスポーツフィールドは4061位(全4596社)で、年収偏差値は48.0でした。
スポーツフィールドの年収ヒストグラム

スポーツフィールドの年齢別年収

スポーツフィールドの20代の想定平均年収は319万円、30代の想定平均年収は434万円でした。 スポーツフィールドの初任給はおよそ21万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 267万円 21万円
25-29歳 370万円 28万円
30-34歳 420万円 32万円
35-39歳 448万円 34万円
40-44歳 476万円 37万円
45-49歳 502万円 39万円
50-54歳 529万円 41万円
55-59歳 520万円 40万円
60-64歳 416万円 32万円
スポーツフィールドの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


スポーツフィールドの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、スポーツフィールドの 平均年間賞与額は16万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2018 59万円
2019 16万円
2020 17万円
2021 16万円


スポーツフィールドの業種・地域

スポーツフィールドの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは2541位(全2778社)でした。
スポーツフィールドの年収ヒストグラム(関東地方内)
スポーツフィールドは、業種カテゴリとしては 人材派遣業, スポーツ業に属します。 人材派遣業内での年収ランキングは 79位(全96社) 、 スポーツ業内での年収ランキングは 29位(全31社) でした。

人材派遣業内での年収ランキング
スポーツフィールドの年収ヒストグラム(人材派遣業内)
スポーツ業内での年収ランキング
スポーツフィールドの年収ヒストグラム(スポーツ業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

スポーツフィールドの従業員数は265人

スポーツフィールドの従業員数は265人でした。
従業員数
2018 195人
2019 198人
2020 230人
2021 265人
スポーツフィールドの従業員数

スポーツフィールドの売上、純利益

スポーツフィールドの最新の売上高は21.2億円(売上ランキング3811位)でした。 従業員一人当たりの売上高は801万円(一人当たり売上ランキング4473位)です。
スポーツフィールドの売上高
スポーツフィールドの最新の純利益は-7947万円(純利益ランキング3776位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約-30万円(一人当たり純利益ランキング3724位)です。
スポーツフィールドの純利益

スポーツフィールドに転職するには?

スポーツフィールドに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

スポーツフィールドの歴史

スポーツフィールドの歴史について年表形式でご紹介します。
2010年1月東京都渋谷区に人材採用関連商品の企画・販売、人材紹介、労働者派遣業務を事業目的とした、株式会社スポーツリンク埼玉を設立
2013年10月体育会学生の総合就職支援サービス「スポナビ」を開始
2014年1月関西エリアで初となる大阪オフィスを開設
2014年1月東海エリアで初となる東海オフィスを開設
2014年1月九州エリアで初となる九州オフィスを開設
2014年5月転職支援サービス「スポナビキャリア」を開始
2016年5月東京都新宿区に子会社、株式会社エスエフプラスを設立
2016年7月東北エリアで初となる仙台オフィスを開設
2016年7月北海道エリアで初となる札幌オフィスを開設
2017年7月中国エリアで初となる広島オフィスを開設
2018年10月株式会社エスエフプラスにて「エスナビ」を開始
2018年10月現役アスリートのデュアルキャリア支援として派遣・紹介予定派遣事業を開始
2019年12月東京証券取引所マザーズ市場に株式を上場
2020年1月東京都新宿区に子会社、株式会社スポーツフィールドイノベーションズを設立
2020年9月スポーツ経験者のための新卒者向け就職支援サービス「スポチャレ」を開始
2021年3月スポーツ経験者のための既卒者向け就職支援サービス「スポチャレ転職」を開始

スポーツフィールドの子会社

スポーツフィールドの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
株式会社エスエフプラス 営業支援事業、採用アウトソーシング事業

スポーツフィールドの類似企業

スポーツフィールドを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
セレスポ 507万円 427人
ジェイエイシーリクルートメント 800万円 1007人
美津濃 618万円 1743人
クイック 566万円 845人
キャリアデザインセンター 503万円 662人
クックビズ 531万円 106人
ジェイック 413万円 212人
キャリアバンク 362万円 332人
アクセスグループ・HD 525万円 16人
毎日コムネット 553万円 148人

スポーツフィールドと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
インソース 473万円
MRT 532万円
アルトナー 403万円
コプロ・HD 418万円
NFCHD 461万円
ベステラ 461万円
アウトソーシング 347万円
キャリアデザインセンター 503万円
日総工産 440万円
グレイステクノロジー 515万円

スポーツフィールドと売上高が近い企業

企業名 売上高
スパイダープラス 22.1億円
バリューデザイン 21.7億円
ソノコム 19.8億円
GFA 20.2億円
アジアクエスト 20.9億円
カナミックネットワーク 20.8億円
eBASE 20.4億円
プロパティデータバンク 21.7億円
三光マーケティングフーズ 21.0億円
識学 22.2億円