年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

シノケングループの平均年収

2021年10月18日 23:17

シノケングループとは

シノケングループとは、不動産業を営む福岡県の上場企業です。
企業名 シノケングループ
本社所在地 福岡市中央区天神一丁目1番1号
売上高 44.5億円
社員数 11人
平均年収 750万円
推定初任給 35万円
年収偏差値 66.4
平均年齢 38.4歳
平均勤続年数 2.7年

有価証券報告書によるとシノケングループの事業内容は次の通りです。

 当社グループは、㈱シノケングループを持株会社として、連結子会社30社及び持分法適用関連会社1社で構成されております。

 当社グループが営んでいる主な事業内容、各連結子会社の当該事業との関連は、次のとおりであります。

 また、次の事業区分は「セグメント情報」における区分と同一であります。

 

① 不動産セールス事業 ……

㈱シノケンプロデュース及び㈱シノケンハーモニーは、個人投資家及びREIT向けにアパートメントの企画・開発・販売及びマンションの企画・開発・販売等を行っております。

 

② 不動産サービス事業 ……

㈱シノケンファシリティーズは、賃貸住宅の入居者募集、家賃回収及びメンテナンス等、賃貸住宅経営を全面的にサポートする業務を行っております。

㈱バッチリ賃貸は、賃貸仲介業務を行っております。

㈱シノケンアメニティは、マンション管理及びビルメンテナンスを行っております。

㈱シノケンコミュニケーションズは、入居者様向け家賃等の債務保証を行っております。

㈱シノケンアセットマネジメントは、不動産ファンド及びREITの組み入れ資産の選定及び資産運用を行っております。

㈱REaaS Technologiesは、オーナー様向け及び入居者様向けアプリケーションの開発や、不動産のトラストDX等の不動産テクノロジー関連業務を行っております。

ジック少額短期保険㈱は、主に賃貸住宅の入居者様向けに家財保険を販売しております。

 

③ ゼネコン事業 ……………

㈱小川建設は、法人・個人・官公庁等に対し、マンション・オフィスビル・公共施設等の建築請負全般にかかる企画・設計・施工を行っております。

 

④ エネルギー事業 …………

㈱エスケーエナジー、㈱エスケーエナジー名古屋、㈱エスケーエナジー東京、㈱エスケーエナジー仙台及び㈱エスケーエナジー大阪は、主に㈱シノケンファシリティーズの賃貸管理物件等の入居者等に対して、LPガスの小売販売を行っております。また、㈱エスケーエナジーは、電力の小売販売も行っております。

 

⑤ ライフケア事業 …………

㈱シノケンウェルネスは、3棟のサービス付き高齢者向け住宅及び2ヶ所の通所介護(デイサービス)施設を保有し、運営を行っております。

㈱フレンドは、グループホーム7施設及び小規模多機能型居宅介護施設2施設を主として保有・運営を行っております。

㈱アップルケアは、訪問介護サービス及び居宅介護支援、障がい者向けサービス等を行っております。

 

⑥ その他 ……………………

海外事業において、上海、シンガポールでは不動産の賃貸・売買仲介事業、インドネシアでは建設関連事業の他、首都ジャカルタにおける不動産開発事業として「桜テラス」ブランドによる投資用アパートメント事業、不動産ファンド及び投資信託商品の企画・運用を行っております。

 

※画像は省略されています

シノケングループの平均年収は750万円

シノケングループの平均年収は750万円です。 去年の全国平均年収430万円より74.4%高いです。 過去のデータを見ると521万円(最低)から801万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、シノケングループの生涯収入はおよそ2.78億円と推定されます。
平均年収
2013 521万円
2014 569万円
2015 801万円
2016 728万円
2017 780万円
2018 731万円
2019 731万円
2020 750万円

シノケングループの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではシノケングループは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではシノケングループは695位(全4536社)で、年収偏差値は66.4でした。
シノケングループの年収ヒストグラム

シノケングループの年齢別年収

シノケングループの20代の想定平均年収は548万円、30代の想定平均年収は757万円でした。 シノケングループの初任給はおよそ35万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 455万円 35万円
25-29歳 641万円 49万円
30-34歳 732万円 56万円
35-39歳 783万円 60万円
40-44歳 833万円 64万円
45-49歳 880万円 68万円
50-54歳 929万円 71万円
55-59歳 913万円 70万円
60-64歳 725万円 56万円
シノケングループの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


シノケングループの賞与・ボーナス

シノケングループの年間賞与額は100万円程度と推定されます。 なお、シノケングループ社は有価証券報告書に賞与引当金の記載が無いため、 類似企業や年収マスターが保持しているデータから推測した値となります。
平均賞与額
2013 69万円
2014 76万円
2015 107万円
2016 97万円
2017 104万円
2018 97万円
2019 98万円
2020 100万円


シノケングループの業種・地域

シノケングループの本社所在地は福岡県です。福岡県を含む九州地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 九州地方内での年収ランキングは16位(全184社)でした。
※こちらは、実際の企業数とは大きく異なる点に注意してください。多くの企業が本社所在地を東京にしているため、それ以外の地域では企業数が少なくなります。
シノケングループの年収ヒストグラム(九州地方内)
シノケングループは、業種カテゴリとしては 不動産業に属します。 不動産業内での年収ランキングは 49位(全235社) でした。

不動産業内での年収ランキング
シノケングループの年収ヒストグラム(不動産業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

シノケングループの従業員数は11人

シノケングループの従業員数は11人でした。
従業員数
2013 22人
2014 3人
2015 2人
2016 7人
2017 7人
2018 10人
2019 11人
2020 11人
シノケングループの従業員数

シノケングループの売上、純利益

シノケングループの最新の売上高は44.5億円(売上ランキング3262位)でした。 従業員一人当たりの売上高は4.04億円(一人当たり売上ランキング140位)です。
シノケングループの売上高
シノケングループの最新の純利益は36.8億円(純利益ランキング894位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約3.34億円(一人当たり純利益ランキング38位)です。
シノケングループの純利益

シノケングループに転職するには?

シノケングループに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

シノケングループの歴史

シノケングループの歴史について年表形式でご紹介します。
1990年6月 福岡市中央区に㈱シノハラ建設システム設立、アパート販売事業及び不動産賃貸管理事業を開始
1991年1月 資産運用型アパートの初ブランド誕生「コンパートメントハウス」シリーズ発売開始
1995年1月 新ブランド誕生、鉄骨造の「ネオ・コンパートメントハウス」シリーズ発売開始
1999年1月 アパート販売における地盤保証開始。独自に開発し全てのアパート販売物件に付加
2001年1月 東京進出、東京都港区にオフィスを開設、首都圏への事業拡大
2004年1月 名古屋進出、名古屋市中区にオフィスを開設
2005年1月 札幌進出、札幌市中央区にオフィスを開設
2006年4月 仙台進出、仙台市青葉区にオフィスを開設
2007年1月 海外進出第1号、中国上海に希諾建房地産諮詢有限公司を設立
2008年8月 不動産賃貸管理を専業で行う、現㈱シノケンファシリティーズを設立
2011年5月 アパート販売事業の企画及びマーケティング事業を行うことを目的として、㈱シノケンプロデュースを設立
2012年12月 ライフケア事業の統括を行うことを目的として、㈱シノケンウェルネスを設立
2017年4月 電力の小売事業への参入、「シノケンでんき」の販売を開始
2019年3月 インドネシア「桜テラス」1棟目竣工、サービスアパートメントとして運用開始

シノケングループの子会社

シノケングループの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
㈱シノケンプロデュース 不動産セールス事業
㈱シノケンハーモニー 不動産セールス事業
㈱シノケンファシリティーズ 不動産サービス事業
㈱シノケンコミュニケーションズ 不動産サービス事業
㈱小川建設 ゼネコン事業
㈱エスケーエナジー エネルギー事業
㈱シノケンウェルネス ライフケア事業
㈱プロパスト その他

シノケングループの類似企業

シノケングループを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
KONOIKE Co. 395万円 46人
LeTech 986万円 157人
大東建託 783万円 8345人
ASIAN STAR 498万円 44人
イントランス 623万円 16人
トーセイ 705万円 195人
ジェイ・エス・ビー 508万円 216人
毎日コムネット 553万円 148人
明豊エンタープライズ 469万円 31人
グッドライフカンパニー 396万円 49人

シノケングループと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
ファーストコーポレーション 689万円
LeTech 986万円
ナイス 658万円
コスモスイニシア 694万円
ラ・アトレ 710万円
ユニゾHD 667万円
ムゲンエステート 672万円
ロードスターキャピタル 952万円
ダイビル 984万円
東急 763万円

シノケングループと売上高が近い企業

企業名 売上高
ホウライ 47.2億円
交換できるくん 47.2億円
永谷園HD 44.9億円
玉井商船 44.7億円
三共生興 44.5億円
名古屋競馬 43.0億円
エアトリ 45.7億円
SKIYAKI 46.3億円
テラプローブ 47.1億円
協立情報通信 44.0億円