年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

日本エンタープライズの平均年収

2022年06月17日 15:18

日本エンタープライズとは

日本エンタープライズとは、SI・SES業を営む東京都の上場企業です。
企業名 日本エンタープライズ
本社所在地 渋谷区渋谷一丁目17番8号
売上高 18.4億円
社員数 58人
平均年収 629万円
推定初任給 29万円
年収偏差値 59.2
平均年齢 38.4歳
平均勤続年数 6.5年

有価証券報告書によると日本エンタープライズの事業内容は次の通りです。

 当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(日本エンタープライズ株式会社)及び連結子会社8社ならび

  に非連結子会社1社により構成され、クリエーション事業及びソリューション事業を展開しております。

 なお、以下の二つの事業は「第5[経理の状況]1[連結財務諸表等](1)[連結財務諸表] [注記事項]」に掲げるセグメントの区分と同一であります。

   (1)クリエーション事業

 スマートフォンによるアプリサービスを中心とした一般消費者向け「コンテンツサービス」、キッティング支援、調達支援、教育支援、交通情報サービス、音声テクノロジーサービス、エスクローサービス等法人向け「ビジネスサポートサービス」、太陽光発電の「その他」等、自社で保有する権利や資産を活用する自社サービスの提供を通じて、新しいライフスタイル、ビジネススタイルを創造する事業であります。

 主なクリエーション事業の内訳は、以下のとおりであります。

内  訳

内  容

 コンテンツサービス

一般消費者向けのスマートフォンによるアプリサービス。主要サービスは、『ATIS交通情報サービス』、『ちょこっとゲーム』、『ラッキーステーション』等。その他、一般消費者向け鮮魚eコマース『いなせり市場』

 ビジネスサポートサービス

キッティング支援、交通情報サービス、音声テクノロジーサービス、エスクローサービス、調達支援、教育支援等の法人向けサービス

 その他

太陽光発電

 

   (2)ソリューション事業

 アプリ開発、WEB構築、サーバ構築、システム運用・監視、デバッグ、ユーザーサポートなどクリエーション事業で培ったノウハウを活かした受託開発や業務支援サービスである「システム開発・運用サービス」等、ITソリューションを通じ、顧客に新しい価値を提案する事業であります。

 主なソリューション事業の内訳は、以下のとおりであります。

内  訳

内  容

 システム開発・運用サービス

アプリ開発、WEB構築、サーバ構築、システム開発・運用・監視、デバッグ、ユーザーサポート、業務支援サービス、中古端末買取販売、新型コロナ対策商材等

 

 

当社グループの事業系統図は概ね次のとおりであります。

 (注)1.上記の他に、非連結子会社1社(NE銀潤株式会社)があります。

    2.交通情報サービス株式会社は、2021年6月1日を効力発生日として、同社を消滅会社、当社を存続会社とす

      る吸収合併を行いました。

※画像は省略されています

日本エンタープライズの平均年収は629万円

日本エンタープライズの平均年収は629万円です。 去年の全国平均年収430万円より46.2%高いです。 過去のデータを見ると548万円(最低)から629万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、日本エンタープライズの生涯収入はおよそ2.33億円と推定されます。
平均年収
2013 565万円
2014 589万円
2015 562万円
2016 548万円
2017 556万円
2018 564万円
2019 605万円
2020 629万円

日本エンタープライズの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上では日本エンタープライズは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングでは日本エンタープライズは1739位(全4608社)で、年収偏差値は59.2でした。
日本エンタープライズの年収ヒストグラム

日本エンタープライズの年齢別年収

日本エンタープライズの20代の想定平均年収は458万円、30代の想定平均年収は635万円でした。 日本エンタープライズの初任給はおよそ29万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 379万円 29万円
25-29歳 537万円 41万円
30-34歳 613万円 47万円
35-39歳 656万円 50万円
40-44歳 699万円 54万円
45-49歳 739万円 57万円
50-54歳 780万円 60万円
55-59歳 766万円 59万円
60-64歳 607万円 47万円
日本エンタープライズの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


日本エンタープライズの賞与・ボーナス

日本エンタープライズの年間賞与額は84万円程度と推定されます。 なお、日本エンタープライズ社は有価証券報告書に賞与引当金の記載が無いため、 類似企業や年収マスターが保持しているデータから推測した値となります。
平均賞与額
2013 75万円
2014 78万円
2015 75万円
2016 73万円
2017 74万円
2018 75万円
2019 81万円
2020 84万円


日本エンタープライズの業種・地域

日本エンタープライズの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは1206位(全2790社)でした。
日本エンタープライズの年収ヒストグラム(関東地方内)
日本エンタープライズは、業種カテゴリとしては SI・SES業に属します。 SI・SES業内での年収ランキングは 46位(全103社) でした。

SI・SES業内での年収ランキング
日本エンタープライズの年収ヒストグラム(SI・SES業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

日本エンタープライズの従業員数は58人

日本エンタープライズの従業員数は58人でした。
従業員数
2013 71人
2014 78人
2015 83人
2016 68人
2017 61人
2018 48人
2019 53人
2020 58人
日本エンタープライズの従業員数

日本エンタープライズの売上、純利益

日本エンタープライズの最新の売上高は18.4億円(売上ランキング3914位)でした。 従業員一人当たりの売上高は3164万円(一人当たり売上ランキング3074位)です。
日本エンタープライズの売上高
日本エンタープライズの最新の純利益は-1470万円(純利益ランキング3719位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約-25万円(一人当たり純利益ランキング3753位)です。
日本エンタープライズの純利益

日本エンタープライズに転職するには?

日本エンタープライズに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

日本エンタープライズの歴史

日本エンタープライズの歴史について年表形式でご紹介します。
1989年5月 パーソナルコンピューターのハードウェアの販売並びにソフトウェアの開発・販売を目的として、愛知県豊田市に「日本エンタープライズ株式会社」を設立
1997年7月 営業を開始
1997年11月 携帯電話・PHS等の移動体機器等の販売開始音声コンテンツ サービス開始
1998年9月 「株式会社ワールドインフォ」を設立
1999年4月 文字コンテンツ サービス開始
2000年6月 ソリューション 開始
2001年2月 大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場に株式を上場
2002年6月 中国北京市に現地法人「北京エンタープライズモバイルテクノロジー有限公司」を設立
2003年2月 「株式会社ダイブ」を設立
2005年4月 中国北京市に現地法人「因特瑞思信息科技有限公司」を設立
2007年6月 中国北京市に現地法人「瑞思豊通信息科技有限公司信息科技有限公司)」を設立
2007年7月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
2007年8月 音楽レーベル「@LOUNGE RECORDS」設立、CD販売開始
2008年7月 レーベルビジネス部の分社化により、「アットザラウンジ株式会社」を設立

日本エンタープライズの子会社

日本エンタープライズの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
株式会社ダイブ クリエーション事業 ソリューション事業
交通情報サービス 株式会社 クリエーション事業 ソリューション事業
株式会社 フォー・クオリア クリエーション事業 ソリューション事業
株式会社 and One クリエーション事業
株式会社会津ラボ クリエーション事業 ソリューション事業
株式会社プロモート クリエーション事業 ソリューション事業
いなせり株式会社 クリエーション事業 ソリューション事業
株式会社スマート・コミュニティ・サポート クリエーション事業

日本エンタープライズの類似企業

日本エンタープライズを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
エムティーアイ 632万円 757人
PCIHD 647万円 21人
システムズ・デザイン 542万円 368人
アイエックス・ナレッジ 535万円 1231人
テクノ・セブン 365万円 214人
ユナイテッド 597万円 57人
THE WHY HOW DO COMPANY 554万円 34人
デジタルハーツHD 640万円 82人
アエリア 700万円 11人
CIJ 540万円 843人

日本エンタープライズと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
サイオス 636万円
SCSK 753万円
オービック 933万円
日本システムウエア 581万円
システムサポート 524万円
富士電機 750万円
菱友システムズ 640万円
日鉄ソリューションズ 855万円
セゾン情報システムズ 723万円
東計電算 574万円

日本エンタープライズと売上高が近い企業

企業名 売上高
エムケイシステム 19.3億円
北國フィナンシャルHD 19.4億円
メディア工房 18.5億円
ファルコHD 19.1億円
OCHIHD 18.5億円
GRCS 17.6億円
千葉カントリー倶楽部 18.7億円
メディカルネット 18.6億円
OUGHD 16.7億円
ジェイテック 17.2億円