年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

INPEXの平均年収

2021年10月18日 23:17

INPEXとは

INPEXとは、エネルギー業を営む東京都の上場企業です。
企業名 INPEX
本社所在地 港区赤坂五丁目3番1号
売上高 1277億円
社員数 1364人
平均年収 908万円
推定初任給 42万円
年収偏差値 75.4
平均年齢 39.53歳
平均勤続年数 14.08年

有価証券報告書によるとINPEXの事業内容は次の通りです。

(1)当社グループの事業及び企業集団の状況

当社グループは、当社、子会社70社(うち連結子会社63社)及び関連会社28社(うち持分法適用関連会社20社)並びに関連会社の子会社2社(2020年12月31日現在)により構成されており、わが国のほか「アジア・オセアニア」、「ユーラシア(欧州・NIS諸国)」、「中東・アフリカ」、「米州」 における石油・天然ガスの探鉱、開発、生産、販売及びそれらを行う企業に対する投融資を主たる業務としております。セグメントの区分を事業系統図に示すと次のとおりであります。

 


 

(2)当社グループの埋蔵量

当社は、当社並びに当社連結子会社及び持分法適用関連会社の主要なプロジェクトを対象として、確認埋蔵量(proved reserves)の評価を自社にて行っております。
 埋蔵量評価については、確認埋蔵量は米国証券取引委員会(SEC)規則に従って評価しております。
 自社評価においては、評価・算定担当部門による評価結果を、独立性を持った検証担当部門が検証した上で機関決定することを定めた社内規程に基づいて評価を実施し、以上のプロセスを、内部監査部門が監査することにより、客観性及び正確性の維持、向上に努めております。
 なお、自社評価にあたっては、開発投資が巨額であるなど、将来の業績への影響が大きいと考えられるプロジェクトについては、予め米国の独立石油エンジニアリング会社であるDeGolyer and MacNaughtonの評価も得ております。

①2020年12月31日現在の確認埋蔵量

下記の表は、当社並びに当社連結子会社及び持分法適用関連会社の主要なプロジェクトにおける原油、コンデンセート、LPG及び天然ガスの確認埋蔵量です。確認埋蔵量の開示内容は米国財務会計基準審議会が定める規則に従っており、会計基準編纂書 932「採取活動-石油及びガス」に準拠しております。

2020年12月31日現在の当社グループの原油、コンデンセート及びLPGの確認埋蔵量は2,700百万バレル、天然ガスの確認埋蔵量は5,586十億立方フィート、合計で3,730百万BOE(原油換算量:Barrels of Oil Equivalent)となっております。

 

 

 

 

日本

アジア・

ユーラシア

中東・

米州

合計

オセアニア

アフリカ

 

原油

ガス

原油

ガス

原油

ガス

原油

ガス

原油

ガス

原油

ガス

確認埋蔵量

(MMbbls)

(Bcf)

(MMbbls)

(Bcf)

(MMbbls)

(Bcf)

(MMbbls)

(Bcf)

(MMbbls)

(Bcf)

(MMbbls)

(Bcf)

 連結対象会社分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  2019年3月31日時点

18

727

190

4,968

289

148

2,343

-

4

6

2,845

5,849

拡張及び発見

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

買収及び売却

-

-

-

-

-

-

-

-

44

25

44

25

前年度分調整

1

33

(3)

32

23

56

136

-

0

14

157

135

期中生産量

(1)

(33)

(13)

(264)

(11)

(7)

(66)

-

(2)

(17)

(94)

(320)

  2019年12月31日時点

18

728

174

4,736

301

198

2,413

-

46

27

2,952

5,688

 持分法適用関連会社分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  2019年3月31日時点

-

-

2

330

12

-

5

-

-

-

20

330

拡張及び発見

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

買収及び売却

-

-

-

-

(0)

-

-

-

-

-

(0)

-

前年度分調整

-

-

(0)

11

4

-

1

-

0

0

5

11

期中生産量

-

-

(0)

(17)

(2)

-

(1)

-

(0)

(0)

(3)

(17)

  2019年12月31日時点

-

-

2

324

15

-

5

-

-

-

22

324

確認埋蔵量
 2019年12月31日時点

18

728

176

5,060

315

198

2,419

-

46

27

2,974

6,012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 連結対象会社分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  2019年12月31日時点

18

728

174

4,736

301

198

2,413

-

46

27

2,952

5,688

拡張及び発見

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

買収及び売却

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

前年度分調整

(1)

(41)

(6)

(6)

30

26

(170)

-

(4)

2

(151)

(19)

期中生産量

(1)

(40)

(16)

(371)

(17)

(9)

(81)

-

(3)

(19)

(118)

(440)

  2020年12月31日時点

16

646

152

4,359

314

215

2,162

-

39

10

2,684

5,229

 持分法適用関連会社分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  2019年12月31日時点

-

-

2

324

15

-

5

-

-

-

22

324

拡張及び発見

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

買収及び売却

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

前年度分調整

-

-

(0)

56

(2)

-

0

-

-

-

(2)

56

期中生産量

-

-

(0)

(23)

(2)

-

(2)

-

-

-

(4)

(23)

  2020年12月31日時点

-

-

2

357

11

-

4

-

-

-

16

357

確認埋蔵量
 2020年12月31日時点

16

646

154

4,715

324

215

2,166

-

39

10

2,700

5,586

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確認開発埋蔵量

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 連結対象会社分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  2020年12月31日時点

16

646

129

3,037

260

215

1,513

-

3

2

1,920

3,900

 持分法適用関連会社分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  2020年12月31日時点

-

-

1

169

9

-

1

-

-

-

11

169

確認未開発埋蔵量

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 連結対象会社分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  2020年12月31日時点

-

-

24

1,321

54

-

649

-

36

8

763

1,330

 持分法適用関連会社分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  2020年12月31日時点

-

-

0

188

2

-

3

-

-

-

5

188

 

 

(注) 1 当社はSEC開示基準に基づき、当社確認埋蔵量の15%以上を占める国における当社の確認埋蔵量を開示しています。2020年12月31日時点で、当社がオーストラリアに保有する確認埋蔵量は、原油が約145百万バレル、天然ガスが約4,170十億立方フィート、合計で約919百万BOE(原油換算:Barrels of Oil Equivalent)となっています。

2 以下の鉱区および油田の確認埋蔵量(2020年12月31日時点)には、非支配株主に帰属する数量が含まれています。

ユーラシア  ACG油田(49%)、カシャガン油田(49%)

中東・アフリカ  アブダビ陸上鉱区(49%)

3 MMbbls:百万バレル

4 Bcf:十億立方フィート

5 原油には、コンデンセート及びLPGを含みます。

6 埋蔵量の値は、単位未満を四捨五入しています。

 

②確認埋蔵量に関する標準化された測定方法による将来の純キャッシュ・フローの割引現在価値及び当期における変動

確認埋蔵量に関する標準化された測定方法による将来の純キャッシュ・フローの割引現在価値及び当期における変動についての開示内容は米国財務会計基準審議会が定める規則に従っており、会計基準編纂書 932「採取活動-石油及びガス」に準拠しております。

将来キャッシュ・インフローの算定は、確認埋蔵量から算定される将来生産量及び期中の月初油・ガス価平均価格を使用しております。将来の開発費は一定の油価、及び現在の経済、操業、規制状況が継続することを前提としております。将来の法人税は、将来の税引前キャッシュ・フローに対し既存の法令に基づいた税金を条件として算定されております。年間割引率は10%を使用しております。

2019年12月31日及び2020年12月31日時点の為替レートはそれぞれ期末公示仲値の1米ドル109.55円、103.52円を使用しております。

なお、本情報は米国財務会計基準審議会が定める規則に従って算定されており、経済的な価値が潜在的な埋蔵量を考慮していないこと、一律で設定される割引率10%を使用していること、油価は常時変化することから、原油、コンデンセート及びLPG・天然ガス埋蔵量の時価もしくはキャッシュ・フローの現在価値の当社としての見通しを示すものではありません。

2019年12月31日時点

(単位)百万円

連結対象会社分

合計

日本

アジア・

ユーラシア

中東・

米州

オセアニア

アフリカ

将来キャッシュ・インフロー

24,132,722

1,132,190

3,354,557

1,912,255

17,447,487

286,233

将来の産出原価及び開発費

(8,733,617)

(334,782)

(1,341,047)

(706,959)

(6,162,938)

(187,891)

将来の法人税

(11,042,289)

(253,444)

(248,020)

(234,518)

(10,295,017)

(11,290)

割引前の将来純キャッシュ・フロー

4,356,817

543,964

1,765,491

970,779

989,532

87,052

年間割引率10%

(2,166,114)

(298,301)

(686,627)

(509,475)

(625,989)

(45,723)

標準化された測定方法による将来の

2,190,703

245,664

1,078,864

461,304

363,543

41,329

純キャッシュ・フローの割引現在価値

 

 

 

 

 

 

持分法適用関連会社分

 

 

 

 

 

 

将来キャッシュ・インフロー

455,408

-

314,808

104,199

36,401

-

将来の産出原価及び開発費

(156,912)

-

(111,093)

(17,722)

(28,096)

-

将来の法人税

(118,401)

-

(76,387)

(38,745)

(3,269)

-

割引前の将来純キャッシュ・フロー

180,095

-

127,328

47,732

5,035

-

年間割引率10%

(75,027)

-

(62,093)

(12,184)

(749)

-

標準化された測定方法による将来の

105,069

-

65,235

35,548

4,286

-

純キャッシュ・フローの割引現在価値

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標準化された測定方法による将来の
純キャッシュ・フローの割引現在価値合計

2,295,772

245,664

1,144,099

496,852

367,829

41,329

 

(注) 1 以下の鉱区および油田には、非支配株主に帰属する金額が含まれています。

ユーラシア  ACG油田(49%)、カシャガン油田(49%)

中東・アフリカ  アブダビ陸上鉱区(49%)

2 上表の金額は、単位未満を四捨五入しています。

 

 

 

2020年12月31日時点

(単位)百万円

連結対象会社分

合計

日本

アジア・

ユーラシア

中東・

米州

オセアニア

アフリカ

将来キャッシュ・インフロー

13,620,229

789,800

2,157,411

1,190,377

9,328,481

154,159

将来の産出原価及び開発費

(6,358,718)

(254,531)

(1,129,013)

(622,464)

(4,207,125)

(145,587)

将来の法人税

(4,941,757)

(174,850)

(74,682)

(108,183)

(4,583,545)

(498)

割引前の将来純キャッシュ・フロー

2,319,754

360,420

953,717

459,730

537,812

8,075

年間割引率10%

(1,128,715)

(190,828)

(359,024)

(236,386)

(332,935)

(9,542)

標準化された測定方法による将来の

1,191,039

169,591

594,693

223,344

204,877

(1,466)

純キャッシュ・フローの割引現在価値

 

 

 

 

 

 

持分法適用関連会社分

 

 

 

 

 

 

将来キャッシュ・インフロー

300,851

-

234,251

48,972

17,627

-

将来の産出原価及び開発費

(127,026)

-

(92,956)

(16,355)

(17,715)

-

将来の法人税

(65,795)

-

(46,641)

(18,375)

(778)

-

割引前の将来純キャッシュ・フロー

108,030

-

94,654

14,242

(867)

-

年間割引率10%

(44,506)

-

(41,547)

(3,165)

206

-

標準化された測定方法による将来の

63,523

-

53,107

11,077

(661)

-

純キャッシュ・フローの割引現在価値

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標準化された測定方法による将来の
純キャッシュ・フローの割引現在価値合計

1,254,562

169,591

647,800

234,421

204,216

(1,466)

 

(注) 1 以下の鉱区および油田には、非支配株主に帰属する金額が含まれています。

ユーラシア  ACG油田(49%)、カシャガン油田(49%)

中東・アフリカ  アブダビ陸上鉱区(49%)

2 上表の金額は、単位未満を四捨五入しています。

 

(単位)百万円

 

合計

日本

アジア・

ユーラシア

中東・

米州

持分法適用
関連会社分

オセアニア

アフリカ

期首割引現在価値(2020年1月1日)

2,295,772

245,664

1,078,864

461,304

363,543

41,329

105,069

変動要因:

 

 

 

 

 

 

 

産出された油・ガスの販売または移転

(824,730)

(52,518)

(244,641)

(79,890)

(398,024)

(20,471)

(29,186)

油ガス価及び生産単価の純増減

(2,357,943)

(63,926)

(416,848)

(282,659)

(1,485,853)

(42,227)

(66,431)

発生した開発費

170,496

555

75,118

23,598

43,279

19,045

8,901

将来の開発費の変動

(30,077)

(1,029)

(33,563)

(9,719)

4,883

15,739

(6,389)

埋蔵量の変動

(282,884)

183

(23,789)

48,572

(305,127)

(20,713)

17,991

時間の経過による増加

194,215

19,618

92,296

38,499

31,216

3,771

8,815

法人税の変動

2,216,081

34,568

126,641

49,031

1,970,969

4,335

30,537

拡張及び発見、産出技術の改良

-

-

-

-

-

-

-

その他

(126,367)

(13,522)

(59,384)

(25,392)

(20,011)

(2,275)

(5,783)

期末割引現在価値(2020年12月31日)

1,254,562

169,591

594,693

223,344

204,877

(1,466)

63,523

 

(注)1 以下の鉱区および油田には、非支配株主に帰属する金額が含まれています。

ユーラシア  ACG油田(49%)、カシャガン油田(49%)

中東・アフリカ  アブダビ陸上鉱区(49%)

 2 上表の金額は、単位未満を四捨五入しています。

※画像は省略されています

INPEXの平均年収は908万円

INPEXの平均年収は908万円です。 去年の全国平均年収430万円より111.2%高いです。 過去のデータを見ると908万円(最低)から940万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、INPEXの生涯収入はおよそ3.36億円と推定されます。
平均年収
2013 930万円
2014 940万円
2015 933万円
2016 920万円
2017 923万円
2018 915万円
2019 922万円
2020 908万円

INPEXの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではINPEXは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではINPEXは191位(全4536社)で、年収偏差値は75.4でした。
INPEXの年収ヒストグラム

INPEXの年齢別年収

INPEXの20代の想定平均年収は662万円、30代の想定平均年収は917万円でした。 INPEXの初任給はおよそ42万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 548万円 42万円
25-29歳 775万円 60万円
30-34歳 886万円 68万円
35-39歳 948万円 73万円
40-44歳 1010万円 78万円
45-49歳 1067万円 82万円
50-54歳 1127万円 87万円
55-59歳 1107万円 85万円
60-64歳 877万円 67万円
INPEXの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


INPEXの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、INPEXの 平均年間賞与額は88万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2013 124万円
2014 125万円
2015 124万円
2016 123万円
2017 123万円
2018 122万円
2019 95万円
2020 88万円


INPEXの業種・地域

INPEXの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは150位(全2729社)でした。
INPEXの年収ヒストグラム(関東地方内)
INPEXは、業種カテゴリとしては エネルギー業に属します。 エネルギー業内での年収ランキングは 5位(全77社) でした。

エネルギー業内での年収ランキング
INPEXの年収ヒストグラム(エネルギー業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

INPEXの従業員数は1364人

INPEXの従業員数は1364人でした。
従業員数
2013 1482人
2014 1494人
2015 1542人
2016 1323人
2017 1231人
2018 1194人
2019 1209人
2020 1364人
INPEXの従業員数

INPEXの売上、純利益

INPEXの最新の売上高は1277億円(売上ランキング541位)でした。 従業員一人当たりの売上高は9360万円(一人当たり売上ランキング1052位)です。
INPEXの売上高
INPEXの最新の純利益は-1307億円(純利益ランキング4529位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約-9579万円(一人当たり純利益ランキング4486位)です。
INPEXの純利益

INPEXに転職するには?

INPEXに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

INPEXの歴史

INPEXの歴史について年表形式でご紹介します。
2006年1月両社の臨時株主総会において、両社が株式移転の方法により当社を設立し、両社がその完全子会社となることを承認。
2006年4月当社設立。東京証券取引所に上場。

INPEXの子会社

INPEXの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
サウル石油㈱ 東チモール民主共和国のPSC TL-SO-T 19-12鉱区における石油・天然ガスの探鉱・開発・生産・販売
アルファ石油㈱ オーストラリア連邦WA-35-L鉱区ほかにおける石油・天然ガスの探鉱・開発・生産・販売
インペックス西豪州ブラウズ石油㈱ オーストラリア連邦WA-285-P鉱区ほかにおける石油・天然ガスの探鉱・開発・生産・販売への事業資金供給等
INPEX Holdings Australia Pty Ltd オーストラリア連邦イクシスLNGプロジェクトにおける石油・天然ガスの探鉱・開発・生産・販売・LNGプラントの建設・運営事業等への事業資金供給等
INPEX Ichthys PtyLtd オーストラリア連邦イクシスガス・コンデンセート田(WA-50-L/WA-51-L鉱区)における石油・天然ガスの探鉱・開発・生産・販売
INPEX Browse E&PPty Ltd オーストラリア連邦WA-285-P鉱区ほかにおける石油・天然ガスの探鉱
インペックスマセラアラフラ海石油㈱ インドネシア共和国アラフラ海マセラ鉱区における石油・天然ガスの探鉱・開発
インペックス南マカッサル石油㈱ インドネシア共和国南マカッサル海域セブク鉱区における石油・天然ガスの探鉱・開発・生産・販売
INPEX Oil & GasAustralia Pty Ltd オーストラリア連邦プレリュードガス田ほか(WA-44-L鉱区)における石油・天然ガスの探鉱・開発・生産・販売
インペックスババルスラル石油㈱ インドネシア共和国東部海域ババルスラル鉱区における石油・天然ガスの探鉱
帝石コンソン石油㈱ ベトナム社会主義共和国南部海上05-1b&1c鉱区における石油・天然ガスの探鉱・開発・生産・販売
インペックス南西カスピ海石油㈱ アゼルバイジャン共和国ACG油田における石油の探鉱・開発・生産・販売
インペックス北カスピ海石油㈱ カザフスタン共和国北カスピ海沖合鉱区における石油の探鉱・開発・生産・販売
ジャパン石油開発㈱ アラブ首長国連邦アブダビ沖合上部ザクム油田、サター油田及びウムアダルク油田における石油の探鉱・開発・生産・販売
JODCO Lower Zakum Limited アラブ首長国連邦アブダビ沖合下部ザクム油田における石油の探鉱・開発・生産・販売
J0DCO Onshore Limited アラブ首長国連邦アブダビ陸上ADCO鉱区における石油の探鉱・開発・生産・販売
J0DCO Exploration Limited アラブ首長国連邦アブダビ陸上ブロック4鉱区における石油の探鉱
帝石コンゴ石油㈱ コンゴ民主共和国沖合鉱区における石油の探鉱・開発・生産・販売
INPEX AngolaBlock14 Ltd. アンゴラ共和国海上ブロック14鉱区における石油の探鉱・開発・生産・販売への事業資金供給等
Teikoku Oil & Gas Venezuela, C.A. ベネズエラ・ボリバル共和国コパ・マコヤ鉱区における天然ガスの探鉱・開発・生産・販売及びグアリコオリエンタル鉱区における石油の探鉱・開発・生産・販売への事業資金供給等
INPEX Americas, Inc. アメリカ合衆国メキシコ湾ルシウス油田ほかにおける石油・天然ガスの探鉱・開発・生産・販売
INPEX Gas BritishColumbia Ltd. カナダブリティッシュコロンビア州ホーンリバー・コルドバ・リアード地域シェールガス鉱区における天然ガスの探鉱・開発・生産・販売
INPEX Eagle Ford, LLC アメリカ合衆国テキサス州イーグルフォードシェールにおける石油の探鉱・開発・生産・販売
帝石パイプライン㈱ 当社の委託による天然ガスの輸送及びパイプラインの保守・管理
INPEX DLNGPL PTYLTD バユ・ウンダンガス・コンデンセート田からオーストラリア連邦ダーウィンLNGプラントまでの海底ガスパイプライン敷設運営事業及びLNGプラントの建設運営事業を行うDarwin LNG社への出資事業
INPEX BTC Pipeline, Ltd. アゼルバイジャン共和国バクー・ジョージア・トビリシ、トルコ共和国ジェイハンを結ぶオイルパイプラインの建設・運営事業への事業資金供給等
インペックストレーディング㈱ 原油の販売及び原油販売代理・仲介・斡旋並びに石油及び天然ガスの市場調査及び販売企画
埼玉ガス㈱ 都市ガスの供給
インペックスジオサーマルサルーラ㈱ インドネシア共和国サルーラ地熱鉱区における地熱発電事業への事業資金供給等
INPEX FINANCIAL SERVICES SINGAPORE PTE. LTD. 当社グループ内ファイナンス業務及びプロジェクトの財務業務サポート
MI Berau B.V. インドネシア共和国西パプア州ベラウ鉱区及びタングーLNGプロジェクトにおける天然ガスの探鉱・開発・生産・販売
PT Medco Geopower Sarulla インドネシア共和国サルーラ地熱鉱区における地熱発電事業への事業資金供給等
Ichthys LNG Pty Ltd オーストラリア連邦イクシスガス・コンデンセート田からダーウィンの陸上LNGプラントまでの海底ガスパイプラインの敷設運営事業並びにLNGプラントの建設運営事業及びLNG・液化石油ガス・コンデンセートの販売
日本南サハ石油㈱ ロシア連邦サパドナ・ヤラクチンスキー鉱区及びボルシェチルスキー鉱区における石油の探鉱・開発・生産・販売への事業資金供給等
Angola Block 14B.V. アンゴラ共和国海上ブロック14鉱区における石油の探鉱・開発・生産・販売

INPEXの類似企業

INPEXを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
出光興産 856万円 5192人
三井物産 1482万円 5587人
大阪瓦斯 654万円 3203人
東京瓦斯 667万円 6882人
富士石油 741万円 508人
三菱マテリアル 657万円 6153人
石油資源開発 882万円 937人
K&Oエナジーグループ 748万円 53人
日本プロセス 687万円 562人
ENEOSHD 1035万円 818人

INPEXと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
IHI 766万円
中国電力 791万円
サーラコーポレーション 652万円
ENEOSHD 1035万円
三菱瓦斯化学 847万円
九州電力 760万円
住友金属鉱山 795万円
Abalance 792万円
コスモ石油 732万円
東燃ゼネラル石油 901万円

INPEXと売上高が近い企業

企業名 売上高
バンダイナムコHD 1170億円
東京製鐵 1414億円
プレナス 1299億円
あおぞら銀行 1495億円
サントリーHD 1333億円
東京エレクトロンデバイス 1222億円
コーセー 1259億円
三菱ロジスネクスト 1352億円
日本製鋼所 1198億円
大豊建設 1223億円