年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

技研ホールディングスの平均年収

2022年04月12日 17:01

技研ホールディングスとは

技研ホールディングスとは、自動車部品業, 機械業, 人材派遣業を営む東京都の上場企業です。
企業名 技研ホールディングス
本社所在地 千代田区神田東松下町17番地
売上高 1.22億円
社員数 1人
平均年収 498万円
推定初任給 19万円
年収偏差値 51.9
平均年齢 50.0歳
平均勤続年数 26.0年

有価証券報告書によると技研ホールディングスの事業内容は次の通りです。

 当社グループは、当社及び子会社4社により構成されており、土木・建築関連の工事の請負、消波根固ブロック製造用鋼製型枠の貸与、コンクリート二次製品及び建設資機材の販売等を主たる業務としております。

 なお、当社は特定上場会社等に該当し、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準のうち、上場会社の規模との

対比で定められる数値基準については連結ベースの計数に基づいて判断することとなります。

 当社グループの事業に係わる位置づけ及びセグメントとの関連は次のとおりであり、セグメントと同一の区分であ

ります。

 なお、2020年6月に株式会社アゼモトメディカル当社子会社といたしましたが、現時点の重要性が乏しいため、連結の範囲に含めておりません。

 この結果、当社グループの連結子会社は3社、非連結子会社は1社となりました。

 

[土木関連事業]

法面保護・急傾斜対策工事等の土木工事の設計・施工を技研興業株式会社が請負っております。

[建築関連事業]

放射線・電磁波・磁気・音響・防音施設・電波吸収及び電磁波環境対策等のトータルエンジニアリングを技研興業株

式会社が請負うほか、関連する建築工事用資材を販売しております。連結子会社川崎建鉄株式会社は、鋼製建具等の製造及び販売を行っております。

[型枠貸与関連事業]

消波根固用コンクリートブロックを製造するための鋼製型枠を技研興業株式会社が賃貸しているほか、環境や景観に配慮したコンクリート二次製品及び関連する建設資材等の販売を行っております。連結子会社日動技研株式会社は、円形型枠等の建設資材のレンタル及び販売を行っております。

[その他]

海外事業、事務所用テナントビル等の賃貸収入、太陽光等による発電及び売電事業等を行っております。

※画像は省略されています

技研ホールディングスの平均年収は498万円

技研ホールディングスの平均年収は498万円です。 去年の全国平均年収430万円より15.8%高いです。 過去のデータを見ると479万円(最低)から738万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、技研ホールディングスの生涯収入はおよそ1.84億円と推定されます。
平均年収
2017 738万円
2018 658万円
2019 479万円
2020 498万円

技研ホールディングスの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上では技研ホールディングスは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングでは技研ホールディングスは3423位(全4596社)で、年収偏差値は51.9でした。
技研ホールディングスの年収ヒストグラム

技研ホールディングスの年齢別年収

技研ホールディングスの20代の想定平均年収は326万円、30代の想定平均年収は504万円でした。 技研ホールディングスの初任給はおよそ19万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 246万円 19万円
25-29歳 405万円 31万円
30-34歳 483万円 37万円
35-39歳 526万円 40万円
40-44歳 569万円 44万円
45-49歳 610万円 47万円
50-54歳 651万円 50万円
55-59歳 637万円 49万円
60-64歳 476万円 37万円
技研ホールディングスの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


技研ホールディングスの賞与・ボーナス

技研ホールディングスの年間賞与額は66万円程度と推定されます。 なお、技研ホールディングス社は有価証券報告書に賞与引当金の記載が無いため、 類似企業や年収マスターが保持しているデータから推測した値となります。
平均賞与額
2017 98万円
2018 88万円
2019 64万円
2020 66万円


技研ホールディングスの業種・地域

技研ホールディングスの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは2222位(全2778社)でした。
技研ホールディングスの年収ヒストグラム(関東地方内)
技研ホールディングスは、業種カテゴリとしては 自動車部品業, 機械業, 人材派遣業に属します。 自動車部品業内での年収ランキングは 127位(全158社) 、 機械業内での年収ランキングは 259位(全305社) 、 人材派遣業内での年収ランキングは 54位(全96社) でした。

自動車部品業内での年収ランキング
技研ホールディングスの年収ヒストグラム(自動車部品業内)
機械業内での年収ランキング
技研ホールディングスの年収ヒストグラム(機械業内)
人材派遣業内での年収ランキング
技研ホールディングスの年収ヒストグラム(人材派遣業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

技研ホールディングスの従業員数は1人

技研ホールディングスの従業員数は1人でした。
従業員数
2017 2人
2018 1人
2019 1人
2020 1人
技研ホールディングスの従業員数

技研ホールディングスの売上、純利益

技研ホールディングスの最新の売上高は1.22億円(売上ランキング4530位)でした。 従業員一人当たりの売上高は1.22億円(一人当たり売上ランキング740位)です。
技研ホールディングスの売上高
技研ホールディングスの最新の純利益は5307万円(純利益ランキング3436位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約5307万円(一人当たり純利益ランキング205位)です。
技研ホールディングスの純利益

技研ホールディングスに転職するには?

技研ホールディングスに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

技研ホールディングスの歴史

技研ホールディングスの歴史について年表形式でご紹介します。
1958年7月 技研興業株式会社を徳島県徳島市に設立し、六脚ブロックによる護岸工事の施工及び型枠貸与事業を開始。
1962年9月 東京証券取引所市場第二部に上場。
1962年9月 放射線防護等特殊建築工事の設計・施工事業を開始。
1968年10月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。
1968年11月 大阪証券取引所市場第一部に上場。
1970年2月 会社更生手続開始申立。
1970年5月 会社更生手続開始決定。東京、大阪証券取引所市場第一部において上場廃止。
1973年4月 急傾斜地等における法面保護工事の設計・施工事業を開始。
1983年11月 東京証券取引所市場第二部に上場。
1984年12月 子会社株式会社ゼックスを設立。
1987年4月 環境保全用各種コンクリートブロックの製造・販売事業を開始。
1992年10月 法面緑化用基盤材等の製造販売事業を開始。
2003年10月 連結子会社ゴールドテック株式会社を設立。
2006年2月 戸建住宅の販売、住宅リフォーム事業を開始。

技研ホールディングスの子会社

技研ホールディングスの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
技研興業株式会社 土木、建築工事及び消波ブロックの製造用型枠の貸与並びに販売
日動技研株式会社 建築資材のレンタル及び販売
川崎建鉄式会社 鋼製建具等の製造及び販売
フリージア・マクロス株式会社 土木試験機等の製造・販売
夢みつけ隊株式会社 カタログ通信 販売

技研ホールディングスの類似企業

技研ホールディングスを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
麻生 570万円 1961人
キタック 499万円 181人
大本組 828万円 808人
守谷商会 610万円 319人
ヤマックス 457万円 490人
丸藤シートパイル 608万円 383人
藤井産業 676万円 668人
大盛工業 695万円 66人
コーアツ工業 511万円 247人
太洋基礎工業 572万円 228人

技研ホールディングスと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
タチエス 526万円
エンシュウ 520万円
ニチダイ 512万円
竹内製作所 489万円
カナモト 518万円
石井表記 473万円
キャリアデザインセンター 503万円
インソース 473万円
ナ・デックス 511万円
ソーバル 503万円

技研ホールディングスと売上高が近い企業

企業名 売上高
キャンバス 1.09億円
ペルセウスプロテオミクス 6795万円
セルシード 1.62億円
T&Cメディカルサイエンス 1.07億円
みらい證券 6483万円
バーチャレクス・HD 2.20億円
多治見クラシック 1.13億円
KYCOMHD 1.58億円
サンバイオ 5636万円
ストライダーズ 1.73億円