年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

FRONTEOの平均年収

2022年04月12日 17:01

FRONTEOとは

FRONTEOとは、ソフトウェア業を営む東京都の上場企業です。
企業名 FRONTEO
本社所在地 港区港南二丁目12番23号
売上高 47.3億円
社員数 176人
平均年収 706万円
推定初任給 33万円
年収偏差値 63.7
平均年齢 37.7歳
平均勤続年数 3.2年

有価証券報告書によるとFRONTEOの事業内容は次の通りです。

当社グループは株式会社FRONTEO及び連結子会社7社(2021年3月31日現在)で構成され、事業部門をAIソリューション事業とリーガルテックAI事業の2つに大別し展開しております。各事業の内容は次のとおりであります。

 

(1) AIソリューション事業

① ライフサイエンスAI

自然言語解析AIエンジン「Concept Encoder(コンセプトエンコーダー)」を活用し、医療分野のDXを少子高齢化や感染症、医療過疎、医療格差などの社会課題に注目しながら事業展開を迅速に進めております。現在、Medical Device領域、Medical Intelligence領域の2つの領域があり、その下に5つの注力分野を設定しております。

Medical Device領域には、医療機器クラスⅡまたはⅢに該当するプログラムの提供を目指す医療機器分野と民生品としてのプログラムを提供する医療ソフトウェア分野があります。医療機器分野では、承認されれば世界初の言語系AI医療機器となる「会話型 認知症診断支援AIプログラム」の開発を進めております。

Medical Intelligence領域では、AIによる創薬・開発・販売推進を行う創薬支援分野、電子カルテなどの医療ビッグデータを活用した新たなソリューションの提供を目指す医療情報分野、医療用医薬品販売情報提供活動ガイドラインに対応するソリューションや製薬企業の業務効率化支援を行う規制対応支援分野の3つの分野へ事業を展開しております。

 

 ② ビジネスインテリジェンス

ビジネスインテリジェンス分野においては、独自の自然言語解析AIエンジン「KIBIT(キビット)」を活用した各種ソフトウェア、ビジネスデータ分析支援システム「Knowledge Probe 20(ナレッジプローブ トゥエンティ)」メール&チャット監査システム「KIBIT Communication Meter(キビットコミュニケーションメーター)」、特許調査支援システム「Patent Explorer 19(パテントエクスプローラ ワンナイン)」、Q&Aシステム「匠KIBIT(タクミキビット)」 、顧客の業務システムへの組み込みや他サービスとの連携を可能にする「KIBIT - Connect(キビットコネクト)」等の販売、KIBITエンジンと連携したシステムの受託開発、AI導入コンサル、運営サポートをはじめ、企業内データ解析を様々な角度から行っております。

 

(2)リーガルテックAI事業

① eディスカバリサービス

ディスカバリは米国民事訴訟で被告・原告の双方が審理前に証拠を開示する制度です。特に、電子データを取り扱う作業はeディスカバリと呼ばれます。当社は、アジアにおけるeディスカバリ総合支援企業のパイオニアとして、証拠となりうる電子データの特定、証拠保全からデータの処理、ドキュメントレビュー、提出データ作成にいたるまでワンストップでサービスを提供しております。さらに、2019年3月にはAIレビューツール「KIBIT Automator」をリリースし、AIを活用した文書レビューの提案活動を日米において強力に推進しております。

 

② フォレンジックサービス

フォレンジックサービスとは、情報漏洩や内部不正等の問題が生じた際に、顧客からの依頼を受けて提供されたパソコン等を、いつ、誰が、どのようなことをしたのか不正調査の観点から調査し、調査結果を顧客へ提供するサービスです。昨今では年々増加傾向にある第三者委員会への協力案件も増えております。また、当社グループは日本発のデジタルフォレンジックソフトウェアとして独自の人工知能「KIBIT」を搭載した「Lit i View XAMINER(リットアイビューエグザミナー)」の販売を行っております。

 

[事業系統図]
※画像は省略されています

FRONTEOの平均年収は706万円

FRONTEOの平均年収は706万円です。 去年の全国平均年収430万円より64.1%高いです。 過去のデータを見ると619万円(最低)から706万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、FRONTEOの生涯収入はおよそ2.61億円と推定されます。
平均年収
2013 625万円
2014 665万円
2015 691万円
2016 665万円
2017 705万円
2018 619万円
2019 661万円
2020 706万円

FRONTEOの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではFRONTEOは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではFRONTEOは1001位(全4596社)で、年収偏差値は63.7でした。
FRONTEOの年収ヒストグラム

FRONTEOの年齢別年収

FRONTEOの20代の想定平均年収は517万円、30代の想定平均年収は712万円でした。 FRONTEOの初任給はおよそ33万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 430万円 33万円
25-29歳 604万円 46万円
30-34歳 689万円 53万円
35-39歳 736万円 57万円
40-44歳 783万円 60万円
45-49歳 827万円 64万円
50-54歳 873万円 67万円
55-59歳 858万円 66万円
60-64歳 682万円 52万円
FRONTEOの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


FRONTEOの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、FRONTEOの 平均年間賞与額は65万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2013 53万円
2014 77万円
2015 77万円
2016 93万円
2017 94万円
2018 83万円
2019 58万円
2020 65万円


FRONTEOの業種・地域

FRONTEOの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは724位(全2778社)でした。
FRONTEOの年収ヒストグラム(関東地方内)
FRONTEOは、業種カテゴリとしては ソフトウェア業に属します。 ソフトウェア業内での年収ランキングは 51位(全253社) でした。

ソフトウェア業内での年収ランキング
FRONTEOの年収ヒストグラム(ソフトウェア業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

FRONTEOの従業員数は176人

FRONTEOの従業員数は176人でした。
従業員数
2013 96人
2014 98人
2015 122人
2016 145人
2017 162人
2018 176人
2019 181人
2020 176人
FRONTEOの従業員数

FRONTEOの売上、純利益

FRONTEOの最新の売上高は47.3億円(売上ランキング3240位)でした。 従業員一人当たりの売上高は2686万円(一人当たり売上ランキング3353位)です。
FRONTEOの売上高
FRONTEOの最新の純利益は3.98億円(純利益ランキング2567位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約226万円(一人当たり純利益ランキング2201位)です。
FRONTEOの純利益

FRONTEOに転職するには?

FRONTEOに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

FRONTEOの歴史

FRONTEOの歴史について年表形式でご紹介します。
2003年8月東京都港区赤坂において株式会社Universal Business Incubatorsを資本金1,000千円で設立
2007年6月東京証券取引所マザーズへ上場
2007年12月UBIC North America,Inc.を設立
2010年8月クレジットカードの不正調査に特化したPayment Card Forensics株式会社を設立
2011年4月株式会社UBICリスクコンサルティングを設立
2011年10月UBIC Taiwan, Inc.を設立
2011年12月UBIC Korea, Inc.を設立
2012年6月株式会社UBICパテントパートナーズを設立
2013年5月米国ナスダック市場へ上場
2015年4月株式会社UBIC MEDICAL(のちに連結子会社、株式会社FRONTEOヘルスケアに商号変更)を設立
2015年9月デジタルマーケティング事業のRappa株式会社を設立
2016年7月EvD, Inc.を存続会社として、UBIC North America, Inc.を吸収合併し、FRONTEO USA, Inc.を設立
2020年2月米国ナスダック市場上場廃止

FRONTEOの子会社

FRONTEOの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
FRONTEO USA, Inc. eディスカバリ関連事業
P.C.F.FRONTEO株式会社 カードフォレンジック調査事業
FRONTEO Korea,Inc. eディスカバリ関連事業
FRONTEO Taiwan,Inc. eディスカバリ関連事業

FRONTEOの類似企業

FRONTEOを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
ブロードバンドタワー 620万円 147人
ユーザーローカル 556万円 76人
ALBERT 682万円 174人
データセクション 531万円 34人
ニーズウェル 492万円 552人
ネクストウェア 468万円 184人
TDSE 563万円 111人
SREHD 697万円 102人
HEROZ 668万円 55人
AI inside 776万円 102人

FRONTEOと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
ソケッツ 673万円
トヨクモ 743万円
ポールトゥウィン・ピットクルーHD 750万円
ウチダエスコ 633万円
ニューラルポケット 752万円
PCIHD 647万円
イルグルム 633万円
サイバートラスト 683万円
アイリッジ 664万円
フューチャー 794万円

FRONTEOと売上高が近い企業

企業名 売上高
パラマウントベッドHD 49.0億円
トラスト 50.2億円
北川精機 46.3億円
エックスネット 50.4億円
セーラー広告 47.6億円
ソフトマックス 44.9億円
高砂鐵工 46.4億円
ダイドーグループHD 47.5億円
インターアクション 45.7億円
アトラエ 44.6億円