年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

ファーストコーポレーションの平均年収

2022年01月25日 10:43

ファーストコーポレーションとは

ファーストコーポレーションとは、不動産業を営む東京都の上場企業です。
企業名 ファーストコーポレーション
本社所在地 杉並区荻窪四丁目30番16号
売上高 209億円
社員数 148人
平均年収 689万円
推定初任給 31万円
年収偏差値 62.9
平均年齢 41.9歳
平均勤続年数 4.8年

有価証券報告書によるとファーストコーポレーションの事業内容は次の通りです。

当社は、分譲マンション建設工事の施工を中心に、マンション・デベロッパーへの事業化提案も行う「分譲マンション建設事業」を行っております。当該事業を行うにあたっては、「建設業法」に基づく建設業許可、さらに「建築士法」「建築基準法」に基づく一級建築士事務所としての登録ほか、マンション・デベロッパーへの事業化提案の過程で生じる不動産の仲介、売買等に必要な「宅地建物取引業法」に基づく宅地建物取引業の登録を行い事業を行っております。事業の内容は次のとおりであります。

 

「分譲マンション建設事業」

当社は、施工するマンションの品質確保を最優先に、業務に取組んでおります。

その方策として、建物の強度を保つ根幹となる躯体部分については、特に厳格な品質管理を実施しております。構造検査については、法令に則った所定の検査に加え、当社安全品質管理室によるダブルチェックを追加実施する等の検査・運用基準を実践しております。また、重要な躯体部分の三項目である杭、配筋、生コンクリートの品質について、施主が第三者機関の検査を実施しない場合、当社で検査を導入する取り組みを実施しており、安全・安心・堅実なマンションの供給に万全を尽くしております。

当社事業の特徴を紹介いたしますと、一つには、主たる事業エリアを東京圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)と九州及び周辺エリアとしていることであります。事業エリアを人口増加が見込まれる当該エリアに集中することにより、土地情報の迅速な入手、コストパフォーマンスに優れた案件情報及び協力業者を確保することが可能であると考えているからであります。

二つ目の特徴としましては、施工するマンションの工法を鉄筋コンクリート(RC)工法に特化しているという点があります。これにより、施工品質の均一化や施工工程の効率化が図られることになります。そして、建設工事において重要な役割である施工管理について、当社は経験豊富な技術者により、安定した施工を実践しております。

そして、三つ目の特徴としましては、「造注方式」というビジネスモデルを導入している点であります。当社は、「分譲マンション建設事業」について、以下の二つのモデルに分類しております。

以下に、その内容を説明いたします。

 

①施主からのマンション建設工事の引合いによる「入札方式」

「入札方式」におきましては、マンション・デベロッパーが選択した複数の建設会社に対し、決められた仕様に基づき、相見積りを実施し、マンション・デベロッパーが発注先を選定します。そのため、マンション・デベロッパーに最も有利な条件を提示した建設会社が選定されることになります。

 

[「入札方式」による事業系統図]


 

 

②マンション用地確保による「造注方式」

「造注方式」とは、当社が土地情報の収集を行い、マンション用地を確保し、その土地に建設するマンションを一体とした事業企画を造り、その企画を複数のマンション・デベロッパーに提案します。その結果、建設工事を特命で受注するというビジネスモデルです。 

「造注方式」によるマンション・デベロッパーとの取引形態については、マンション用地を当社が紹介、仲介、地位譲渡及び売買し、当該土地にかかる建設工事を受注するケースのほか、当社が、土地を取得し、その土地に建物を建設後に土地と建物を一体でマンション・デベロッパーに売却する方法等があります。

「造注方式」を当社が重点戦略として導入しましたのは、マンション・デベロッパーと対等の立場での条件交渉が可能となり、「入札方式」と比べて高い利益の確保が見込まれるためであります。

 

[「造注方式」による事業系統図の例]

当社が土地を売買し、建設工事を受注するケースを下記に例示します。

※画像は省略されています

ファーストコーポレーションの平均年収は689万円

ファーストコーポレーションの平均年収は689万円です。 去年の全国平均年収430万円より60.2%高いです。 過去のデータを見ると447万円(最低)から689万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、ファーストコーポレーションの生涯収入はおよそ2.55億円と推定されます。
平均年収
2014 447万円
2015 522万円
2016 639万円
2017 583万円
2018 660万円
2019 684万円
2020 689万円

ファーストコーポレーションの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではファーストコーポレーションは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではファーストコーポレーションは1112位(全4544社)で、年収偏差値は62.9でした。
ファーストコーポレーションの年収ヒストグラム

ファーストコーポレーションの年齢別年収

ファーストコーポレーションの20代の想定平均年収は492万円、30代の想定平均年収は696万円でした。 ファーストコーポレーションの初任給はおよそ31万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 401万円 31万円
25-29歳 583万円 45万円
30-34歳 671万円 52万円
35-39歳 721万円 55万円
40-44歳 770万円 59万円
45-49歳 816万円 63万円
50-54歳 864万円 66万円
55-59歳 848万円 65万円
60-64歳 664万円 51万円
ファーストコーポレーションの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


ファーストコーポレーションの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、ファーストコーポレーションの 平均年間賞与額は2万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2014 60万円
2015 5万円
2016 32万円
2017 6万円
2018 23万円
2019 3万円
2020 2万円


ファーストコーポレーションの業種・地域

ファーストコーポレーションの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは802位(全2736社)でした。
ファーストコーポレーションの年収ヒストグラム(関東地方内)
ファーストコーポレーションは、業種カテゴリとしては 不動産業に属します。 不動産業内での年収ランキングは 76位(全235社) でした。

不動産業内での年収ランキング
ファーストコーポレーションの年収ヒストグラム(不動産業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

ファーストコーポレーションの従業員数は148人

ファーストコーポレーションの従業員数は148人でした。
従業員数
2014 90人
2015 104人
2016 119人
2017 129人
2018 138人
2019 138人
2020 148人
ファーストコーポレーションの従業員数

ファーストコーポレーションの売上、純利益

ファーストコーポレーションの最新の売上高は209億円(売上ランキング1850位)でした。 従業員一人当たりの売上高は1.41億円(一人当たり売上ランキング584位)です。
ファーストコーポレーションの売上高
ファーストコーポレーションの最新の純利益は11.3億円(純利益ランキング1684位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約760万円(一人当たり純利益ランキング929位)です。
ファーストコーポレーションの純利益

ファーストコーポレーションに転職するには?

ファーストコーポレーションに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

ファーストコーポレーションの歴史

ファーストコーポレーションの歴史について年表形式でご紹介します。
2011年6月東京都西東京市に建設工事設計施工等を目的とした総合建設業として、ファーストコーポレーション株式会社(資本金40,000千円)を設立
2012年3月営業開発部門を新設
2015年3月東京証券取引所マザーズ市場に株式を上場
2016年12月東京証券取引所市場第一部へ市場変更
2018年4月九州支店を福岡県福岡市中央区に開設

ファーストコーポレーションの類似企業

ファーストコーポレーションを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
エスリード 905万円 220人
FJネクストHD 768万円 335人
大英産業 496万円 238人
コーセーアールイー 496万円 77人
サンウッド 758万円 57人
明豊エンタープライズ 469万円 31人
メルディアDC 563万円 173人
アーバネットコーポレーション 845万円 41人
セントラル総合開発 733万円 88人
プレサンスコーポレーション 749万円 321人

ファーストコーポレーションと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
日本エスコン 632万円
プレサンスコーポレーション 749万円
シノケングループ 750万円
コスモスイニシア 694万円
ハウスドゥ 578万円
ニューリアルプロパティ 828万円
住友林業 870万円
空港施設 719万円
リベレステ 622万円
コア 592万円

ファーストコーポレーションと売上高が近い企業