年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

ダイキン工業の平均年収

2023年07月11日 20:43

ダイキン工業とは

ダイキン工業とは、機械業, 総合電機業を営む大阪府の上場企業です。
企業名 ダイキン工業
本社所在地 大阪市北区中崎西二丁目4番12号梅田センタービル
売上高 7640億円
社員数 7618人
平均年収 748万円
推定初任給 35万円
年収偏差値 64.4
平均年齢 38.0歳
平均勤続年数 14.0年

有価証券報告書によるとダイキン工業の事業内容は次の通りです。

当企業集団(当社及び当社の関係会社)が営んでいる主な事業は、空調・冷凍機、化学、油機及び特機製品の製造(工事施工を含む)、販売であり、連結財務諸表提出会社(以下「当社」という)はそれら全事業の製造、販売を行っております。関係会社は各社が、空調・冷凍機、化学、油機及び特機製品の製造、販売の一部を行っており、その事業概要は次のとおりであります。

 

(1) 空調・冷凍機事業

イ  主な製品名

住宅用機器

:ルームエアコン、空気清浄機、ヒートポンプ式給湯機、遠赤外線暖房機、ヒートポンプ式温水床暖房

 

業務用機器

:パッケージエアコン、スポットエアコン、空気清浄機、脱臭機、遠赤外線暖房機、全熱交換器、換気扇、ウォーターチリングユニット、アンモニアブラインチリングユニット、ターボ冷凍機、スクリュー冷凍機、ファンコイルユニット、エアハンドリングユニット、ルーフトップ、低温用エアコン、フリーザー、冷凍・冷蔵ショーケース、エアフィルタ、工業用集塵装置

 

舶用機器

:海上コンテナ冷凍装置、舶用エアコン、舶用冷凍機

 

 

 

 

 

ロ  会社名
  ①国内関係会社


[連結子会社]
㈱ダイキンアプライドシステムズ、ダイキンエアテクノ㈱
ダイキンHVACソリューション東京㈱ほか販売会社10社、
オーケー器材㈱、ダイキンレクザムエレクトロニクス㈱、
ダイキントレーディング㈱、日本無機㈱ほか9社
 
[持分法適用会社]
モリタニ・ダイキン㈱ほか4社

 

 

  ②海外関係会社

[連結子会社]
大金(中国)投資有限公司、大金空調(上海)有限公司、
大金空調(蘇州)有限公司、大金機電設備(蘇州)有限公司、
深圳麦克維尓空調有限公司、麦克維尓空調制冷(武漢)有限公司
麦克維尓中央空調有限公司、
ダイキン インダストリーズ(タイランド)リミテッド、
サイアム ダイキン セールス カンパニー リミテッド、
ダイキン コンプレッサー インダストリーズ リミテッド、
ダイキン エアコンディショニング(シンガポール)ピーティーイー リミテッド、
ダイキン マレーシア センディリアン バハッド、
ダイキン マレーシア セールス アンド サービス センディリアン バハッド、

ピーティー ダイキン エアコンディショニング インドネシア、

ダイキン エアコンディショニング インディア プライベート リミテッド、
ダイキン オーストラリア プロプライアットリー リミテッド、
ダイキン エア コンディショニング(ベトナム)ジョイント ストック カンパニー、
ダイキン ヨーロッパ エヌ ブイ、

AHT クーリングシステムズ ゲーエムベーハー、
ダイキン インダストリーズ チェコ リパブリック エスアールオー、
ダイキン エアコンディショニング フランス エスエイエス、
ダイキン エアコンディショニング イタリア エスピーエイ、
ダイキン アプライド ヨーロッパ エスピーエイ、
ダイキン ウストゥマ ヴェ ソートゥマ システムレリ サナイ ティジャレット アーシェ、
ダイキン アプライド アメリカズ インク、
アメリカン エアフィルター カンパニー インク、
ダイキン コンフォート テクノロジーズ ノース アメリカ インクほか253社
 
[持分法適用会社]
珠海格力大金機電設備有限公司ほか6社

 

 

(2) 化学事業

イ  主な製品名

フルオロカーボンガス

:冷媒

 

フッ素樹脂

:四フッ化エチレン樹脂、溶融タイプ樹脂、フッ素ゴム、フッ素塗料、フッ素コーティング剤

 

化成品

:半導体用エッチング剤、撥水撥油剤、離型剤、界面活性剤、フッ化カーボン、フッ素オイル、医農薬中間体

 

 

 

ロ  会社名

 

 

  ①国内関係会社

[連結子会社]
東邦化成㈱

 

 

  ②海外関係会社

[連結子会社]
大金フッ素化学(中国)有限公司、
大金新材料(常熟)有限公司、
ダイキン ケミカル ヨーロッパ ゲーエムベーハー、
ダイキン アメリカ インクほか15社
 
[持分法適用会社]
台塑大金精密化学股份有限公司ほか1社

 

 

(3) その他事業

イ  主な製品名

 

 

(油機関連)

産業機械用油圧機器・装置

:各種ポンプ、各種バルブ、油圧装置、油冷却装置、
  インバータ制御ポンプ・モータ

 

建機・車両用油圧機器

:油圧トランスミッション、各種バルブ

 

集中潤滑機器・装置

:各種グリースポンプ、各種分配弁

(特機関連)

防衛省向け砲弾・誘導弾用部品・航空機部品、在宅酸素医療用機器、ヘルスケア用機器

(電子システム関連)

設計開発分野向けプロセス改善・ナレッジ共有システム、設備設計CAD/BIMシステム、分子シミュレーションソフト/インフォマティクス、CG/コンテンツ制作ソフト等のIT製品・ソリューション

 

 

ロ  会社名
  ①国内関係会社


[連結子会社]
ダイキン・ザウアーダンフォス㈱、
ダイキン油機エンジニアリング㈱ほか1社

 

 

  ②海外関係会社

 [連結子会社]

 

デュプロマティック エムエス エスピーエイほか17社

 

 [持分法適用会社]
デュプロマティック ミドルイースト エレクトロメカニカル エキップメント

インストレーション アンド メンテナンス エルエルシーほか1社

 

 

 

 

上記の、当企業集団の事業を概要図で示すと次頁のとおりであります。

 

 

企業集団の概要図

(当企業集団の概要図)

※画像は省略されています

ダイキン工業の平均年収は748万円

ダイキン工業の平均年収は748万円です。 去年の全国平均年収430万円より74.0%高いです。 過去のデータを見ると686万円(最低)から748万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、ダイキン工業の生涯収入はおよそ2.77億円と推定されます。
平均年収
2013 686万円
2014 698万円
2015 717万円
2016 729万円
2017 740万円
2018 741万円
2019 743万円
2020 728万円
2021 730万円
2022 748万円

ダイキン工業の平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではダイキン工業は赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではダイキン工業は882位(全4687社)で、年収偏差値は64.4でした。
ダイキン工業の年収ヒストグラム

ダイキン工業の年齢別年収

ダイキン工業の20代の想定平均年収は548万円、30代の想定平均年収は755万円でした。 ダイキン工業の初任給はおよそ35万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 455万円 35万円
25-29歳 640万円 49万円
30-34歳 730万円 56万円
35-39歳 780万円 60万円
40-44歳 831万円 64万円
45-49歳 877万円 67万円
50-54歳 926万円 71万円
55-59歳 910万円 70万円
60-64歳 723万円 56万円
ダイキン工業の年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


ダイキン工業の賞与・ボーナス

ダイキン工業の年間賞与額は100万円程度と推定されます。 なお、ダイキン工業社は有価証券報告書に賞与引当金の記載が無いため、 類似企業や年収マスターが保持しているデータから推測した値となります。
平均賞与額
2013 91万円
2014 93万円
2015 96万円
2016 97万円
2017 99万円
2018 99万円
2019 99万円
2020 97万円
2021 97万円
2022 100万円


ダイキン工業の業種・地域

ダイキン工業の本社所在地は大阪府です。大阪府を含む近畿地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 近畿地方内での年収ランキングは137位(全761社)でした。
※こちらは、実際の企業数とは大きく異なる点に注意してください。多くの企業が本社所在地を東京にしているため、それ以外の地域では企業数が少なくなります。
ダイキン工業の年収ヒストグラム(近畿地方内)
ダイキン工業は、業種カテゴリとしては 機械業, 総合電機業に属します。 機械業内での年収ランキングは 52位(全307社) 、 総合電機業内での年収ランキングは 24位(全69社) でした。

機械業内での年収ランキング
ダイキン工業の年収ヒストグラム(機械業内)
総合電機業内での年収ランキング
ダイキン工業の年収ヒストグラム(総合電機業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

ダイキン工業の従業員数は7618人

ダイキン工業の従業員数は7618人でした。
従業員数
2013 6733人
2014 6845人
2015 6870人
2016 6891人
2017 7036人
2018 7254人
2019 7499人
2020 7732人
2021 7652人
2022 7618人
ダイキン工業の従業員数

ダイキン工業の売上、純利益

ダイキン工業の最新の売上高は7640億円(売上ランキング116位)でした。 従業員一人当たりの売上高は1.00億円(一人当たり売上ランキング1066位)です。
ダイキン工業の売上高
ダイキン工業の最新の純利益は1428億円(純利益ランキング72位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約1874万円(一人当たり純利益ランキング610位)です。
ダイキン工業の純利益

ダイキン工業に転職するには?

ダイキン工業に転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

ダイキン工業の歴史

ダイキン工業の歴史について年表形式でご紹介します。
1934年2月大阪金属工業株式会社設立、内燃機関・精密機械・航空機用部品等の生産開始
1949年5月大阪証券取引所に上場
1957年6月東京証券取引所に上場
1969年9月空調・冷凍・冷蔵機器の販売・工事施工子会社「ダイキンプラント株式会社(現 株式会社ダイキンアプライドシステムズ)」を設立
1972年3月ベルギー王国にヨーロッパの製造・販売拠点として「ダイキン ヨーロッパ エヌ ブイ」を設立
1972年11月東京・大阪に空調機器販売会社を各1社設立、その後各地に同様子会社を設立
1990年2月タイ王国に空調機器の生産子会社として「ダイキン インダストリーズ(タイランド)リミテッド」を設立
1991年1月アメリカ合衆国にフッ素化学製品の製造販売子会社として「ダイキン アメリカ インク」を設立
1995年11月中華人民共和国に空調機器の製造販売子会社として「上海大金協昌空調有限公司(現 大金空調(上海)有限公司)」を上海協昌ミシン総公司との合弁で設立
1996年8月中華人民共和国に空調機器用圧縮機の製造販売子会社として「西安大金慶安圧縮機有限公司(現 大金機電設備(西安)有限公司)」を慶安集団有限公司との合弁で設立
2000年4月研究部門と間接部門(人事・総務、経理)を分社化し、子会社5社を設立
2001年4月中華人民共和国にフッ素化学製品の製造販売子会社として「大金フッ素化学(中国)有限公司」を設立
2001年9月中華人民共和国における生産販売拠点を統括する機能を有した統括会社「大金(中国)投資有限公司」を設立
2001年10月ザウアーダンフォス インク(現 ダンフォス パワー ソリューションズ インク)と建機油圧事業分野において、製造合弁会社「ダイキン・ザウアーダンフォス・マニュファクチャリング株式会社(現 ダイキン・ザウアーダンフォス株式会社)」及び販売合弁会社「ザウアーダンフォス・ダイキン株式会社」を設立
2005年11月アメリカ合衆国に販売会社ダイキン エアコンディショニング アメリカズ インク(旧ダイキン ユーエス コーポレーションより社名変更)の持株会社として「ダイキン ホールディングス (ユーエスエー) インク」を設立
2011年12月中華人民共和国に空調機器の製造販売子会社として「大金空調(蘇州)有限公司」を設立

ダイキン工業の子会社

ダイキン工業の子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
㈱ダイキンアプライドシステムズ 空調・冷凍機事業
ダイキンHVACソリューション東京㈱
ダイキンHVACソリューション近畿㈱
ダイキンHVACソリューション東海㈱
ダイキン・コンシューマ・マーケティング㈱
ダイキンエアテクノ㈱
オーケー器材㈱
ダイキントレーディング㈱
東邦化成㈱ 化学事業
ダイキン・ザウアーダンフォス㈱ その他事業
ダイキン油機エンジニアリング㈱
ダイキン ヨーロッパ エヌ ブイ 空調・冷凍機事業
ダイキン ヨーロッパ コーディネーション センター エヌ ブイ
ダイキン エアコンディショニング フランス エスエイエス
フランダース ホールディングス エルエルシー
ダイキン インダストリーズ チェコ リパブリック エスアールオー
ダイキン エアコンディショニング イタリア エスピーエイ
AHT クーリング システムズ ゲーエムベーハー
ダイキン ミドルイースト アンド アフリカ エフゼットイー
ダイキン ウストゥマ ヴェ ソートゥマ システムレリ サナイ ティジャレット アーシェ 空調・冷凍機事業
ダイキン オーストラリア プロプライアットリー リミテッド
ダイキン エアコンディショニング(シンガポール)ピーティーイー リミテッド
大金空調(上海)有限公司
大金機電設備(蘇州)有限公司
大金電器機械(蘇州)有限公司
大金空調(蘇州)有限公司
ダイキン インダストリーズ (タイランド) リミテッド
ダイキン コンプレッサーインダストリーズ リミテッド
サイアム ダイキン セールス カンパニー リミテッド
ダイキン エア コンディショニング (ベトナム) ジョイント ストック カンパニー
ピーティー ダイキン エアコンディショニング インドネシア
ダイキン エアコンディショニング インディア プライベート リミテッド
ダイキン デバイス チェコ リパブリック エスアールオー
大金(中国)投資有限公司
ダイキン アプライド アメリカズ インク
アメリカン エアフィルター カンパニー インク
ダイキン アプライド ヨーロッパ エスピーエイ
ダイキン マレーシア センディリアン バハッド 空調・冷凍機事業
深圳麦克維尓空調有限公司
麦克維尓空調制冷(武漢)有限公司
麦克維尓中央空調有限公司
ダイキン マレーシア セールス アンド サービス センディリアン バハッド
ダイキン ホールディングス アメリカ インク
ダイキン コンフォート テクノロジーズ ノース アメリカ インク
ダイキン マニュファクチャリング メキシコ エス デ アールエル デ シーブイ
ダイキン エアコンディショニング ブラジル エルティーディーエイ
ダイキン アメリカ インク 化学事業
大金フッ素化学(中国)有限公司
ダイキン ケミカル ヨーロッパ ゲーエム ベーハー
大金新材料(常熟)有限公司
珠海格力大金機電設備有限公司 空調・冷凍機事業

ダイキン工業の類似企業

ダイキン工業を見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
木村工機 622万円 364人
パーカーコーポレーション 732万円 228人
テクノ菱和 781万円 775人
島津製作所 859万円 3541人
萬世電機 597万円 179人
油研工業 624万円 362人
新晃工業 648万円 671人
協立エアテック 518万円 316人
住友電設 816万円 1707人
三菱化工機 729万円 625人

ダイキン工業と平均年収が近い企業

企業名 平均年収
フランスベッドHD 728万円
カシオ計算機 816万円
東洋エンジニアリング 855万円
レオン自動機 722万円
明電舎 743万円
DMG森精機 835万円
サトーHD 843万円
太陽HD 829万円
古河機械金属 797万円
沖電気工業 729万円

ダイキン工業と売上高が近い企業

企業名 売上高
西日本高速道路 9533億円
NTTデータ 1兆1532億円
東邦瓦斯 5631億円
三井不動産 8315億円
日本酒類販売 5236億円
AGC 6318億円
ライフコーポレーション 7652億円
ダイハツ工業 1兆0254億円
日本通運 9387億円
ブリヂストン 9817億円