年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

東京一番フーズの平均年収

2022年06月17日 15:18

東京一番フーズとは

東京一番フーズとは、飲食業を営む東京都の上場企業です。
企業名 東京一番フーズ
本社所在地 新宿区新宿5−6−1新宿やわらぎビル4階
売上高 15.4億円
社員数 147人
平均年収 380万円
推定初任給 18万円
年収偏差値 45.2
平均年齢 31.0歳
平均勤続年数 6.0年

有価証券報告書によると東京一番フーズの事業内容は次の通りです。

当社グループは、飲食事業を起点に、卸売事業、養殖事業、加工事業を垂直的に展開する6次産業化を推進しております。その目指すところは、水産物のSCM(サプライ・チェーン・マネジメント)力のある総合水産企業の展開です。目的は、グループ飲食店舗のお客様、外販のお客様(飲食業、小売業、卸売業等)と直接的に情報共有することで、すべての事業においてお客様視点による生産・物流等の業務改善、イノベーションの推進による新しい価値を創造していくことにあります。

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社3社及び持分法適用関連会社1社により構成されており、飲食事業と外販事業を主たる事業としております。また、当社及び当社の関係会社の事業の位置付け及びセグメントとの関連は次のとおりであります。

 

① 飲食事業

当事業は、株式会社東京一番フーズにおいて「泳ぎとらふぐ料理専門店とらふぐ亭」、「おいしい寿司と活魚料理魚の飯」、「うまい寿司と魚料理魚王KUNI」等のブランドを直営及びフランチャイズにて展開しております。米国ニューヨークには、日本の水産物販売のアンテナショップとして「WOKUNI」ブランドでシーフードレストランを展開し、令和2年6月に譲り受けた株式会社寿し常において、「寿し常」ブランドで職人がいる寿司業態を展開しております。これらの自社の飲食事業に対して、株式会社長崎ファームにおいて主要食材である「とらふぐ」と「本まぐろ」の養殖事業からの調達と水産品等食材全般の仕入を行っております。当社グループ全体として、垂直的統合型の優位性を活かした商品と情報価値が一体化した品質やサービスにより付加価値を高め、顧客満足度を高める仕組みを追求しております。

当事業の具体的な特徴の第一は、自社養殖魚を活用することにより「6次産業化」モデルの一環として全てにおいて当社のこだわりが詰まった安全安心の商品を直接お客様に届けられる点にあります。また、中間流通コストを削減することで、お客様に高品質の商品をお値打ち価格で提供することができ、顧客満足度を高めることができております。

特徴の第二は、「素材の良さ」「プロの味」にこだわり、全ての料理を店内で調理する店舗づくりを行っている点にあります。「泳ぎとらふぐ料理専門店とらふぐ亭」では、水槽で泳いでいるふぐを店舗で捌いて提供するという新鮮さに高級国産とらふぐの品質の良さが相まって、通常期は、多くのお客様にご来店いただいております。「おいしい寿司と活魚料理魚の飯」「うまい寿司と魚料理魚王KUNI」においては、活きた魚介類を店内で調理するなど、最高の鮮度で商品提供できることに加え、季節に応じて旬の食材を使用した鮮魚料理を提供することで、食材の活きの良さや瑞々しさを味わっていただくことを追求しております。

特徴の第三は、ふぐ調理師免許を保有する職人を多数抱えている点にあります。第二の特徴で挙げたプロの味を重視するため、当社では職人を多数抱えることで、高品質の料理をすべての店舗で提供できる仕組みを追求しております。特に、ふぐ調理師免許がなければ「活きたとらふぐ」を店内で捌くことができないため、当社のふぐ調理師免許の保有者数は競合他社との差別化要因となっております。

食材・空間すべてにおいてこだわりを持ち、高コストパフォーマンスでお客様にご満足いただくことが、事業ポリシーであります。

また、上記の他社との差別化できる3つの特徴は、「寿し常」においても既に浸透しており、グループ全体としてシナジー効果がさらに高まっております。

(主な関係会社)当社、㈱長崎ファーム、Ichiban Foods Inc.、㈱寿し常、㈱Fun&Co.

 

 

当社グループにおける店舗展開の状況は、以下のとおりであります。

年度別出退店状況

 

 

増加

減少(FC化を含む)

期末店舗数

第15期
(平成25年9月期)

46

第16期
(平成26年9月期)

45

第17期
(平成27年9月期)

47

第18期
(平成28年9月期)

47

第19期
(平成29年9月期)

47

第20期
(平成30年9月期)

47

第21期
(令和元年9月期)

48

第22期
(令和2年9月期)

26

73

第23期
(令和3年9月期)

70

 

(注) 1.第16期(平成26年9月期)の減少2店舗は「泳ぎとらふぐ料理専門店 とらふぐ亭」吉祥寺店及び「魚王KUNI」吉祥寺のテナントビル取り壊しに伴う退店であります。

2.第17期(平成27年9月期)の減少1店舗は「泳ぎとらふぐ料理専門店 とらふぐ亭」南千住店のFC化に伴う減少であります。

3.第20期(平成30年9月期)の増加1店舗は「WOKUNI」レストランを米国ニューヨークに出店した事に伴う増加であります。

4.第20期(平成30年9月期)の減少1店舗は「ふぐよし」の閉店に伴う減少であります。

5.第21期(令和元年9月期)の増加2店舗は「泳ぎとらふぐ料理専門店 とらふぐ亭」浦和店及び大森店の出店に伴う増加であり、減少1店舗は「泳ぎとらふぐ料理専門店 とらふぐ亭」所沢店の閉店に伴う減少であります。

6.第22期(令和2年9月期)の増加26店舗は子会社である株式会社寿し常が寿司店舗チェーン「寿し常」等を事業譲渡により譲り受けた事による増加であります。

7.第22期(令和2年9月期)の減少1店舗は「亀戸ふぐよし総本店」の閉店に伴う減少であります。

8.第23期(令和3年9月期)の減少3店舗は「泳ぎとらふぐ料理専門店とらふぐ亭」関内店、「大阪てっちり鈴木」下北沢店、及び「立喰い寿し寿し常」アトレ上野パークアベニュー店の閉店に伴う減少であります。

 

地域別出店状況

(令和3年9月30日現在)

エリア

大型店
(101席以上)

中型店
(60席以上100席以下)

小型店
(59席以下)

合計

東京都(店舗数)

19

22

47

神奈川県(店舗数)

10

13

埼玉県(店舗数)

千葉県(店舗数)

海外

合計(店舗数)

27

37

70

 

 

 

② 外販事業

当社グループは外販事業セグメントとして株式会社長崎ファームにおいて自社養殖魚などの活魚・鮮魚を法人・個人向けに販売しております。当社グループは「6次産業化」の一環として生産から物流・加工までの一貫した体制を整えることで、物流コスト・鮮度・品質などの課題を解決していく最適なソリューションを構築しております。

具体的には平成23年に長崎県平戸市において海面養殖の権利を取得し、第1次産業としてとらふぐ・クロマグロ・ヒラマサ等の養殖を開始致しました。また、第2次産業として平成24年に東京都江東区に鮮魚加工場を設置し、主に身欠きふぐ(除毒済みのふぐ)の加工・販売を開始致しました。平成28年には身欠きの海外販売も見据えて、ふぐに関するHACCP商標使用許可を取得しております。

当社グループは、外食企業として初めてクロマグロの養殖を行って「平戸本まぐろ 極海一番(きわみいちばん)」という名称でブランド化し、飲食事業における店舗等で主に販売しております。当社グループは、自社養殖場を持つ強みを活かして鮮度・品質の一貫したトレーサビリティを構築し、お客様に安全安心な食材の提供を可能としております。また、水揚げをコントロールすることにより新鮮かつ品質の高い商品をタイムリーに供給できるという強みがあります。

平成29年10月より、「平戸本まぐろ 極海一番」及び九州産の鮮魚等を、当社グループが運営するニューヨークの和食鮮魚レストラン「WOKUNI」(Ichiban Foods Inc.直営店)に提供を行っております。

(主な関係会社)㈱長崎ファーム

 

[事業系統図]
※画像は省略されています

東京一番フーズの平均年収は380万円

東京一番フーズの平均年収は380万円です。 去年の全国平均年収430万円より-11.5%低いです。 過去のデータを見ると380万円(最低)から412万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、東京一番フーズの生涯収入はおよそ1.41億円と推定されます。
平均年収
2013 387万円
2014 394万円
2015 400万円
2016 383万円
2017 406万円
2018 412万円
2019 412万円
2020 380万円

東京一番フーズの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上では東京一番フーズは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングでは東京一番フーズは4382位(全4608社)で、年収偏差値は45.2でした。
東京一番フーズの年収ヒストグラム

東京一番フーズの年齢別年収

東京一番フーズの20代の想定平均年収は282万円、30代の想定平均年収は384万円でした。 東京一番フーズの初任給はおよそ18万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 236万円 18万円
25-29歳 327万円 25万円
30-34歳 372万円 29万円
35-39歳 396万円 30万円
40-44歳 421万円 32万円
45-49歳 444万円 34万円
50-54歳 468万円 36万円
55-59歳 460万円 35万円
60-64歳 368万円 28万円
東京一番フーズの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


東京一番フーズの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、東京一番フーズの 平均年間賞与額は5万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2013 10万円
2014 9万円
2015 5万円
2016 5万円
2017 6万円
2018 5万円
2019 5万円
2020 5万円


東京一番フーズの業種・地域

東京一番フーズの本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは2697位(全2790社)でした。
東京一番フーズの年収ヒストグラム(関東地方内)
東京一番フーズは、業種カテゴリとしては 飲食業に属します。 飲食業内での年収ランキングは 112位(全123社) でした。

飲食業内での年収ランキング
東京一番フーズの年収ヒストグラム(飲食業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

東京一番フーズの従業員数は147人

東京一番フーズの従業員数は147人でした。
従業員数
2013 170人
2014 172人
2015 197人
2016 186人
2017 182人
2018 162人
2019 144人
2020 147人
東京一番フーズの従業員数

東京一番フーズの売上、純利益

東京一番フーズの最新の売上高は15.4億円(売上ランキング3994位)でした。 従業員一人当たりの売上高は1050万円(一人当たり売上ランキング4399位)です。
東京一番フーズの売上高
東京一番フーズの最新の純利益は-1382万円(純利益ランキング3717位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約-9万円(一人当たり純利益ランキング3716位)です。
東京一番フーズの純利益

東京一番フーズに転職するには?

東京一番フーズに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

Foods Labo

Foods Labo」は飲食・食品業界に特化した転職サイトです。 業界特化型であるため、エージェントもこの業界に特化した知識を有するスタッフが対応してくれます。


また、飲食業界の企業も信頼の置けるFoods Laboにしか求人を出していないケースがあり、 飲食業界の中でも高給高待遇な企業はFoods Laboに求人が集まっています。 飲食業界で転職先を探している方は登録必須と言えるサイトだと思います。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

東京一番フーズの歴史

東京一番フーズの歴史について年表形式でご紹介します。
平成10年10月東京都新宿区に㈲東京一番フーズを設立
平成13年12月魚類卸会社としてとらふぐ等を仕入れることを目的に㈲新宿活魚(現  連結子会社㈱長崎ファーム)を設立
平成18年12月東京証券取引所マザーズに上場
平成22年10月中食拡大を目的として、お取り寄せ商品の販売を開始
平成24年12月中食拡大を目的として、全店にてお持ち帰りの販売を開始
平成27年5月東京証券取引所市場第一部に市場変更
平成28年11月米国ニューヨークに全額出資の子会社Ichiban Foods Inc.を設立

東京一番フーズの子会社

東京一番フーズの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
株式会社長崎ファーム 飲食事業及び
外販事業
Ichiban Foods Inc. 飲食事業
株式会社寿し常 飲食事業
株式会社Fun&Co. 飲食事業

東京一番フーズの類似企業

東京一番フーズを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
ハークスレイ 590万円 198人
大庄 400万円 1638人
魚力 595万円 497人
チムニー 412万円 671人
カルラ 305万円 261人
フジオフードグループ本社 588万円 33人
すかいらーくHD 663万円 541人
関門海 394万円 28人
鳥貴族HD 572万円 48人
JMHD 496万円 48人

東京一番フーズと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
ユナイテッド&コレクティブ 409万円
フライングガーデン 382万円
梅の花 426万円
エスエルディー 371万円
元気寿司 470万円
銀座ルノアール 449万円
銚子丸 461万円
魚喜 430万円
マルシェ 410万円
ロック・フィールド 442万円

東京一番フーズと売上高が近い企業

企業名 売上高
グルメ杵屋 14.7億円
手間いらず 16.1億円
島原鉄道 13.9億円
リグア 16.0億円
マーキュリーリアルテックイノベーター 13.7億円
インサイト 15.6億円
ROBOT PAYMENT 13.9億円
アマガサ 15.7億円
ベルテクスコーポレーション 16.7億円
ダイナックHD 16.3億円