年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

川田テクノロジーズの平均年収

2022年04月12日 17:01

川田テクノロジーズとは

川田テクノロジーズとは、建設業, 素材業を営む富山県の上場企業です。
企業名 川田テクノロジーズ
本社所在地 南砺市苗島4610番地
売上高 20.5億円
社員数 80人
平均年収 704万円
推定初任給 32万円
年収偏差値 63.5
平均年齢 40.2歳
平均勤続年数 13.8年

有価証券報告書によると川田テクノロジーズの事業内容は次の通りです。

 当社グループは、当社、子会社15社、関連会社12社で構成され、鉄構セグメント、土木セグメント、建築セグメント及びその他事業を主な事業の内容とし、更に各事業に関連する研究やサービス等の事業活動を展開しています。

 当社は川田工業株式会社の純粋持株会社として2009年2月27日付で設立され、当社グループ全体の経営計画管理、グループ企業の調整・指導及び各事業に関する研究開発等の業務を行います。また、当社は特定上場会社等に該当し、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準のうち、上場会社の規模との対比で定められる数値基準については、連結ベースの数値に基づいて判断することとなります。

 なお、当社グループの事業に係る位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりであり、セグメントと同一の区分であります。

セグメントの名称

主な事業内容

主要な会社名

鉄構

鋼製橋梁及び建築鉄骨の設計・製作・架設据付、鋼材製品の販売

川田工業㈱、富士前鋼業㈱

土木

PC橋梁、プレビーム橋梁の設計・製作・架設据付及び橋梁保全工事請負

川田建設㈱

建築

一般建築及びシステム建築の設計・工事請負

川田工業㈱

その他

次世代型産業用ロボット等の製造及び販売

カワダロボティクス㈱

各種機械装置、コンピューターシステム、ソフトウエアの開発・設計・販売及びコンサルティング

カワダロボティクス㈱

ソフトウエアの開発・販売及びシステム機器の販売、橋梁等の構造解析及び設計・製図

川田テクノシステム㈱

橋梁付属物の販売

㈱橋梁メンテナンス

航空機使用事業

東邦航空㈱、新中央航空㈱

建設工事の請負並びに企画、設計、監理及びコンサルティング

佐藤工業㈱

※画像は省略されています

川田テクノロジーズの平均年収は704万円

川田テクノロジーズの平均年収は704万円です。 去年の全国平均年収430万円より63.6%高いです。 過去のデータを見ると562万円(最低)から704万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、川田テクノロジーズの生涯収入はおよそ2.60億円と推定されます。
平均年収
2013 562万円
2014 578万円
2015 592万円
2016 648万円
2017 662万円
2018 639万円
2019 683万円
2020 704万円

川田テクノロジーズの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上では川田テクノロジーズは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングでは川田テクノロジーズは1013位(全4596社)で、年収偏差値は63.5でした。
川田テクノロジーズの年収ヒストグラム

川田テクノロジーズの年齢別年収

川田テクノロジーズの20代の想定平均年収は508万円、30代の想定平均年収は711万円でした。 川田テクノロジーズの初任給はおよそ32万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 418万円 32万円
25-29歳 598万円 46万円
30-34歳 686万円 53万円
35-39歳 735万円 57万円
40-44歳 784万円 60万円
45-49歳 830万円 64万円
50-54歳 877万円 67万円
55-59歳 861万円 66万円
60-64歳 679万円 52万円
川田テクノロジーズの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


川田テクノロジーズの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、川田テクノロジーズの 平均年間賞与額は92万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2013 55万円
2014 65万円
2015 88万円
2016 111万円
2017 91万円
2018 106万円
2019 85万円
2020 92万円


川田テクノロジーズの業種・地域

川田テクノロジーズの本社所在地は富山県です。富山県を含む中部地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 中部地方内での年収ランキングは68位(全565社)でした。
※こちらは、実際の企業数とは大きく異なる点に注意してください。多くの企業が本社所在地を東京にしているため、それ以外の地域では企業数が少なくなります。
川田テクノロジーズの年収ヒストグラム(中部地方内)
川田テクノロジーズは、業種カテゴリとしては 建設業, 素材業に属します。 建設業内での年収ランキングは 60位(全121社) 、 素材業内での年収ランキングは 46位(全267社) でした。

建設業内での年収ランキング
川田テクノロジーズの年収ヒストグラム(建設業内)
素材業内での年収ランキング
川田テクノロジーズの年収ヒストグラム(素材業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

川田テクノロジーズの従業員数は80人

川田テクノロジーズの従業員数は80人でした。
従業員数
2013 47人
2014 52人
2015 50人
2016 53人
2017 67人
2018 65人
2019 79人
2020 80人
川田テクノロジーズの従業員数

川田テクノロジーズの売上、純利益

川田テクノロジーズの最新の売上高は20.5億円(売上ランキング3831位)でした。 従業員一人当たりの売上高は2565万円(一人当たり売上ランキング3435位)です。
川田テクノロジーズの売上高
川田テクノロジーズの最新の純利益は10.8億円(純利益ランキング1772位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約1352万円(一人当たり純利益ランキング618位)です。
川田テクノロジーズの純利益

川田テクノロジーズに転職するには?

川田テクノロジーズに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

川田テクノロジーズの歴史

川田テクノロジーズの歴史について年表形式でご紹介します。
2008年11月7日 川田工業株式会社の取締役会において、株主総会の承認を前提として、2009年2月27日付で株式移転による完全親会社を設立し、純粋持株会社体制へ移行することを決議しました。
2008年11月27日 川田工業株式会社の臨時株主総会において、株式移転により完全親会社を設立することを承認、可決しました。
2009年2月27日 株式移転により当社を設立しました。 当社の普通株式を、株式会社東京証券取引所、株式会社大阪証券取引所に上場しました。
2013年4月1日 川田工業株式会社がカワダロボティクス株式会社を設立しました。
1967年11月 川田工業株式会社が東京証券取引所へ上場しました。
1970年1月 川田テクノシステム株式会社の母体、株式会社システムエンジニアリングを設立しました。
1970年9月 川田工業株式会社が大阪証券取引所へ上場しました。
1971年11月 川田工業株式会社の工事部より分離独立し、橋梁工事の架設を主体とした現地施工業務を目的として川田建設株式会社の母体、玖洋建設株式会社を設立しました。
1972年8月 川田工業株式会社が東京・大阪各証券取引所の市場第一部へ指定となりました。
1986年4月 橋梁補修工事の施工等を目的として株式会社橋梁メンテナンスの母体、株式会社綜合メンテナンス、株式会社中京メンテナンスを設立しました。
1986年7月 富士前鋼業株式会社を設立しました。

川田テクノロジーズの子会社

川田テクノロジーズの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
川田工業㈱ 鉄構、建築
川田建設㈱ 土木
川田テクノシステム㈱ その他
㈱橋梁メンテナンス その他
富士前鋼業㈱ 鉄構
東邦航空㈱ その他
新中央航空㈱ その他
カワダロボティクス㈱ その他
佐藤工業㈱ その他

川田テクノロジーズの類似企業

川田テクノロジーズを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
巴コーポレーション 627万円 370人
ビーアールHD 759万円 11人
日本車輌製造 624万円 2155人
OSJBHD 951万円 27人
瀧上工業 522万円 282人
佐藤鉄工 526万円 307人
駒井ハルテック 592万円 497人
横河ブリッジHD 751万円 38人
宮地エンジニアリンググループ 840万円 18人
高田機工 634万円 291人

川田テクノロジーズと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
図研 721万円
田中建設工業 656万円
スペースバリューHD 759万円
日東紡績 678万円
日本特殊塗料 646万円
ダブル・スコープ 663万円
旭化成 751万円
三東工業社 670万円
トヨタ紡織 672万円
ニチバン 656万円

川田テクノロジーズと売上高が近い企業

企業名 売上高
アートグリーン 20.7億円
アトラグループ 20.5億円
スポーツフィールド 21.2億円
BlueMeme 19.6億円
テスク 19.8億円
ガイアックス 20.3億円
ファルコHD 19.1億円
SDエンターテイメント 20.2億円
ピクセラ 21.7億円
五洋食品産業 21.6億円