年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

日本石油輸送の平均年収

2023年07月11日 20:43

日本石油輸送とは

日本石油輸送とは、運送業, エネルギー業を営む東京都の上場企業です。
企業名 日本石油輸送
本社所在地 品川区大崎一丁目11番1号
売上高 297億円
社員数 159人
平均年収 662万円
推定初任給 30万円
年収偏差値 59.9
平均年齢 41.7歳
平均勤続年数 15.5年

有価証券報告書によると日本石油輸送の事業内容は次の通りです。

 当社グループは、当社、子会社7社(うち連結子会社4社)、持分法適用関連会社1社およびその他の関係会社1社で構成され、石油製品や高圧ガスおよび石油化学製品の輸送、輸送用コンテナのリース、レンタルを主な内容として、事業活動を展開しております。

 当社グループの事業の内容および事業に係る位置付けは、次のとおりです。

 以下の区分は「第5 経理の状況 1.(1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に掲げるセグメントの区分と同一であります。

 

(1)石油輸送事業

 石油製品(ガソリン・灯油等)の鉄道タンク車輸送・貨物自動車輸送

(会社名)

 日本石油輸送㈱

 ㈱エネックス、近畿石油輸送㈱、㈱JKトランス

 

(2)高圧ガス輸送事業

 高圧ガス(液化天然ガス等)の鉄道コンテナ輸送・貨物自動車輸送、および複合一貫輸送

(会社名)

 日本石油輸送㈱

 ㈱エネックス、近畿石油輸送㈱、㈱ニュージェイズ

 

(3)化成品・コンテナ輸送事業

 石油化学製品等の鉄道コンテナ輸送・貨物自動車輸送ならびに国内および国際複合一貫輸送、各種コンテナ(ISOタンクコンテナ、冷蔵・冷凍コンテナ等)のリース・レンタル

(会社名)

 日本石油輸送㈱

 ㈱エネックス、㈱ニュージェイズ、㈱JKトランス

 

(4)資産運用事業

 不動産賃貸・太陽光発電

(会社名)

 日本石油輸送㈱、㈱エネックス

 

 当社および連結子会社は、非連結子会社㈱ニチユから、自動車燃料および機材等を購入しております。

 連結子会社は、非連結子会社関東オートメンテナンス㈱に自動車整備を委託しております。

 当社は、持分法適用関連会社日本オイルターミナル㈱に石油製品用の鉄道タンク車のリースを行っております。

 

 

 

 事業の系統図は次のとおりです。

 

 

(注) 矢印は各社が提供する役務等の主な流れを示しております。

※画像は省略されています

日本石油輸送の平均年収は662万円

日本石油輸送の平均年収は662万円です。 去年の全国平均年収430万円より54.0%高いです。 過去のデータを見ると569万円(最低)から662万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、日本石油輸送の生涯収入はおよそ2.45億円と推定されます。
平均年収
2013 588万円
2014 592万円
2015 605万円
2016 569万円
2017 578万円
2018 616万円
2019 603万円
2020 625万円
2021 643万円
2022 662万円

日本石油輸送の平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上では日本石油輸送は赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングでは日本石油輸送は1622位(全4687社)で、年収偏差値は59.9でした。
日本石油輸送の年収ヒストグラム

日本石油輸送の年齢別年収

日本石油輸送の20代の想定平均年収は473万円、30代の想定平均年収は669万円でした。 日本石油輸送の初任給はおよそ30万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 385万円 30万円
25-29歳 560万円 43万円
30-34歳 645万円 50万円
35-39歳 693万円 53万円
40-44歳 740万円 57万円
45-49歳 785万円 60万円
50-54歳 830万円 64万円
55-59歳 815万円 63万円
60-64歳 639万円 49万円
日本石油輸送の年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


日本石油輸送の賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、日本石油輸送の 平均年間賞与額は116万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2013 90万円
2014 86万円
2015 91万円
2016 99万円
2017 101万円
2018 95万円
2019 94万円
2020 95万円
2021 109万円
2022 116万円


日本石油輸送の業種・地域

日本石油輸送の本社所在地は東京都です。東京都を含む関東地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 関東地方内での年収ランキングは1145位(全2845社)でした。
日本石油輸送の年収ヒストグラム(関東地方内)
日本石油輸送は、業種カテゴリとしては 運送業, エネルギー業に属します。 運送業内での年収ランキングは 17位(全59社) 、 エネルギー業内での年収ランキングは 48位(全81社) でした。

運送業内での年収ランキング
日本石油輸送の年収ヒストグラム(運送業内)
エネルギー業内での年収ランキング
日本石油輸送の年収ヒストグラム(エネルギー業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

日本石油輸送の従業員数は159人

日本石油輸送の従業員数は159人でした。
従業員数
2013 162人
2014 166人
2015 163人
2016 161人
2017 161人
2018 159人
2019 163人
2020 166人
2021 159人
2022 159人
日本石油輸送の従業員数

日本石油輸送の売上、純利益

日本石油輸送の最新の売上高は297億円(売上ランキング1640位)でした。 従業員一人当たりの売上高は1.87億円(一人当たり売上ランキング477位)です。
日本石油輸送の売上高
日本石油輸送の最新の純利益は10.0億円(純利益ランキング2069位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約630万円(一人当たり純利益ランキング1359位)です。
日本石油輸送の純利益

日本石油輸送に転職するには?

日本石油輸送に転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

日本石油輸送の歴史

日本石油輸送の歴史について年表形式でご紹介します。
1946年3月 東京都淀橋区角筈2丁目93番地に資本金500万円をもって、国産原油の輸送を主たる業務とする「日本原油輸送株式会社」設立。
1946年4月 北海道、新潟、秋田に出張所を設置。
1949年2月 大阪出張所を設置。
1949年4月 名古屋出張所を設置。
1952年4月 横浜出張所を設置。
1957年11月 有限会社丸の内保険代理店を設立。
1958年6月 化成品の鉄道タンク車輸送を開始。
1964年4月 仙台出張所を設置。 京浜・中京・阪神地区の自動車輸送事業を関東石油輸送株式会社、関西石油輸送株式会社としてそれぞれ分離。
1967年4月 東京証券取引所市場第二部へ株式上場。福岡出張所を設置。
1968年2月 化成品部を設置。
1972年10月 川崎洗浄基地を設置。
1978年3月 成田空港向けジェット燃料輸送開始。
1978年9月 東京証券取引所市場第一部へ株式上場。
1984年3月 コンテナ部を設置。
1985年3月 レンタルコンテナの営業を開始。
2000年3月 日本初のLNGコンテナの鉄道輸送を開始。
2004年4月 共栄企業株式会社を当社100%子会社化。 グループ環境安全室を設置。
2008年4月 内部監査室、LNG部を設置。
2013年4月 海外事業室を設置。
2013年10月 日本、中国、韓国、台湾の4カ国間にてISOタンクコンテナの国際Oneway輸送を開始。

日本石油輸送の子会社

日本石油輸送の子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
㈱エネックス 石油製品・高圧ガス・石油化学製品等の自動車輸送および油槽所管理
近畿石油輸送㈱ 石油製品・高圧ガスの自動車輸送
㈱ニュージェイズ 高圧ガス・石油化学製品等の自動車輸送および自動車整備
㈱JKトランス 石油製品・石油化学製品等の自動車輸送
日本オイルターミナル㈱ 石油製品の輸送および油槽所管理
ENEOSホールディングス㈱ エネルギー事業、石油・天然ガス開発事業、金属事業を行う子会社およびグループ会社の経営管理ならびにこれに付帯する業務

日本石油輸送の類似企業

日本石油輸送を見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
内外トランスライン 686万円 226人
東海運 617万円 587人
エーアイテイー 620万円 274人
丸運 677万円 356人
岡山県貨物運送 425万円 2037人
名鉄運輸 442万円 2832人
日本コンセプト 656万円 103人
日ノ丸自動車 359万円 307人
ゼロ 555万円 510人
ニヤクコーポレーション 495万円 1817人

日本石油輸送と平均年収が近い企業

企業名 平均年収
京葉瓦斯 593万円
ENECHANGE 560万円
丸運 677万円
アルプス物流 603万円
JALUX 701万円
大阪瓦斯 685万円
高速 534万円
中部瓦斯 634万円
宮崎瓦斯 532万円
リニューアブル・ジャパン 705万円

日本石油輸送と売上高が近い企業

企業名 売上高
大真空 307億円
ファーストコーポレーション 302億円
ティーケーピー 299億円
SECカーボン 300億円
川本産業 287億円
西川計測 295億円
旭ダイヤモンド工業 307億円
ダイニック 297億円
アイコム 287億円
キッコーマン 304億円