年収マスター 転職に役立つ年収データの分析サイト

サンゲツの平均年収

2022年01月25日 10:43

サンゲツとは

サンゲツとは、住宅設備・インテリア業を営む愛知県の上場企業です。
企業名 サンゲツ
本社所在地 名古屋市西区幅下一丁目4番1号
売上高 1113億円
社員数 1185人
平均年収 656万円
推定初任給 31万円
年収偏差値 61.0
平均年齢 37.0歳
平均勤続年数 15.8年

有価証券報告書によるとサンゲツの事業内容は次の通りです。

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社22社及び関連会社4社で構成され、その主な事業内容と当社及び関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。

<インテリアセグメント>

インテリアセグメントについては、当社は住宅から非住宅分野まで幅広く利用される壁装材、床材、カーテン・椅子生地などを主力商材とし、主に国内での販売を行っております。また、各子会社では地域や顧客、専門分野に特化した事業活動を行い、株式会社サンゲツ沖縄では、沖縄地区において壁装材、床材、カーテン等の販売を行っております。また、株式会社サンゲツヴォーヌでは、専門知識が求められるカーテン分野に特化した販売活動を行っています。

なお、当社は2021年3月31日をもって、ウェーブロックホールディングス株式会社より株式会社ウェーブロックインテリアの株式51.0%を取得し、同社を子会社化しております。あわせて、第4四半期連結会計期間においてウェーブロックホールディングス株式会社との資本業務提携を解消し、株式を一部売却したことに伴い、同社を持分法適用関連会社から除外いたしました。

<エクステリアセグメント>

エクステリアセグメントについては、株式会社サングリーンが門扉、フェンス、テラス等のエクステリア商品の国内販売、施工を行っております。

<海外セグメント>

中国の現地法人山月堂(上海)装飾有限公司では、中国向けの商品ラインアップで在庫を整備し、中国国内で主に壁紙を中心とした販売を行っております。米国の子会社Koroseal Interior Products Holdings,Inc.では、米国で壁紙を製造し、他社製造の壁装材と併せて販売しております。さらに、シンガポールの子会社Goodrich Global Holdings Pte., Ltd.では、東南アジアを中心に壁紙・ファブリック・カーペット等のインテリア商材を販売しています。

なお、当社グループは2021年1月15日にGoodrich Global Holdings Pte., Ltd.の株式を追加取得し、完全子会社化することで、東南アジアでの経営体制の強化を図りました。海外セグメントにおいては、今後も継続的に環太平洋地域における事業強化を推進してまいります。

<スペースクリエーションセグメント>

スペースクリエーションセグメントについては、フェアトーン株式会社が、オフィスや施設を中心とした新築・リニューアル・リノベーション等に係る内装施工を行っています。また、当社のスペースクリエーション事業部においては、これまでのインテリア事業で培ったリソースを活かし、デザインから施工まで空間づくり全体に携わる、より専門性の高い事業活動を行っています。

 

当連結会計年度より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。

※画像は省略されています

サンゲツの平均年収は656万円

サンゲツの平均年収は656万円です。 去年の全国平均年収430万円より52.5%高いです。 過去のデータを見ると588万円(最低)から656万円(最高)の範囲で推移しています。 この平均収入は賞与を含んだ金額です(一部例外を除く)。
生涯収入の全国平均である約1.9億円に対し、サンゲツの生涯収入はおよそ2.43億円と推定されます。
平均年収
2013 588万円
2014 611万円
2015 608万円
2016 623万円
2017 634万円
2018 632万円
2019 644万円
2020 656万円

サンゲツの平均年収



平均年収と社数のヒストグラム上ではサンゲツは赤色の箇所に位置しています。 年収ランキングではサンゲツは1415位(全4544社)で、年収偏差値は61.0でした。
サンゲツの年収ヒストグラム

サンゲツの年齢別年収

サンゲツの20代の想定平均年収は483万円、30代の想定平均年収は662万円でした。 サンゲツの初任給はおよそ31万円と推定されます。
年齢 想定平均年収 月額給与
20-24歳 403万円 31万円
25-29歳 563万円 43万円
30-34歳 640万円 49万円
35-39歳 684万円 53万円
40-44歳 727万円 56万円
45-49歳 768万円 59万円
50-54歳 810万円 62万円
55-59歳 796万円 61万円
60-64歳 634万円 49万円
サンゲツの年齢別平均年収
※国税庁の民間給与実態統計調査を元にした推測値です


サンゲツの賞与・ボーナス

有価証券報告書の賞与引当金によると、サンゲツの 平均年間賞与額は114万円でした。前述の平均年収にはこの賞与額が含まれます。
平均賞与額
2013 80万円
2014 107万円
2015 113万円
2016 107万円
2017 95万円
2018 102万円
2019 137万円
2020 114万円


サンゲツの業種・地域

サンゲツの本社所在地は愛知県です。愛知県を含む中部地方内での年収ヒストグラムがこちらです。 中部地方内での年収ランキングは102位(全564社)でした。
※こちらは、実際の企業数とは大きく異なる点に注意してください。多くの企業が本社所在地を東京にしているため、それ以外の地域では企業数が少なくなります。
サンゲツの年収ヒストグラム(中部地方内)
サンゲツは、業種カテゴリとしては 住宅設備・インテリア業に属します。 住宅設備・インテリア業内での年収ランキングは 38位(全152社) でした。

住宅設備・インテリア業内での年収ランキング
サンゲツの年収ヒストグラム(住宅設備・インテリア業内)
※有価証券報告書を開示している企業のみが対象のため、図中の企業数と実際の企業数とは異なります。

サンゲツの従業員数は1185人

サンゲツの従業員数は1185人でした。
従業員数
2013 1145人
2014 1167人
2015 1196人
2016 1190人
2017 1205人
2018 1167人
2019 1161人
2020 1185人
サンゲツの従業員数

サンゲツの売上、純利益

サンゲツの最新の売上高は1113億円(売上ランキング598位)でした。 従業員一人当たりの売上高は9389万円(一人当たり売上ランキング1052位)です。
サンゲツの売上高
サンゲツの最新の純利益は50.5億円(純利益ランキング735位)でした。 従業員一人当たりの純利益は約426万円(一人当たり純利益ランキング1429位)です。
サンゲツの純利益

サンゲツに転職するには?

サンゲツに転職したり、年収アップを考えるなら、まず転職サイトへの登録が第一です。 転職サイトではエージェントに相談することはもちろん、適正年収のシミュレーションができるので、まずは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトはサイトごとに特色があり、2〜3サイトを登録してそれぞれの良い部分を利用するのが賢い利用方法です。年収マスターイチオシのサイトを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント」はハイクラスな転職案件を多数持っており、市場価値の高い応募者におすすめのサイトです。 内資系の高額案件はもちろん、JACリクルートメントはイギリスやシンガポールでも展開しており、そのつながりを活かした外資系案件も多数あります。


他の転職サイトでは一気に大量の案件を提示されることがありどれを選べばわからないということが起こりますが、JACリクルートメントではそのようなことはありません。 ひとりの応募者につき複数のエージェントが担当し、選りすぐりの案件を紹介してくれるためマッチ度が高い仕事に出会えます。


ハイクラス案件をメインで扱うJACリクルートメントのみでしか得られない案件情報も多数あります。 上昇志向があり、現在のポジションからステップアップしてよりハイキャリアを目指す方にはイチオシのサイトです。


ランスタッド

ランスタッド」は敏腕コンサルタントが専任で案件紹介をしてくれる転職サイトです。 ランスタッドのエージェントは評判が良く、最近人気が大きく伸びてきてきています。 よくある転職サイトはエージェントが十分なヒアリングも無くノルマ達成のためにたくさんの案件を紹介してきますが、 ランスタッドはそのようなことはありません。


ランスタッドは少数精鋭のコンサルタントで運営されており、現状のスキルや今後構築したいキャリアなどを入念にヒアリングした上で案件紹介をしてくれます。 特に20代後半から30代の転職に力を入れており、応募者にマッチした案件を紹介してくれます。


そのため案件の質も高く、JACリクルートメントと同様に高年収案件に強い印象です。800万円や1200万円を超える案件も多数あり、 ハイキャリアを目指す方には心強いパートナーです。ランスタッドのみでしか公開されてない案件もかなり多いので、 一度無料登録して相談してみることをオススメします。


参考書籍

サンゲツの歴史

サンゲツの歴史について年表形式でご紹介します。
1953年4月 個人商店を株式会社に改組して設立
1979年12月 クッションフロアの販売を開始
1980年11月 名古屋証券取引所市場第二部に上場
1981年1月 カーテンの販売を開始
1982年4月 カーペットの販売を開始
1986年1月 フロアタイルの販売を開始
1988年1月 カーペットタイルの販売を開始
1989年9月 名古屋証券取引所市場第一部銘柄に指定
1994年10月 椅子生地の販売を開始
1996年10月 米国にSangetsu America,Inc.を設立
2016年4月 中国に現地法人山月堂装飾有限公司を設立
2020年3月 ベトナムに現地法人Sangetsu Goodrich Vietnam Co., Ltd.を設立

サンゲツの子会社

サンゲツの子会社や、資本関係等の関連企業はこちらです。
名称 事業内容
(連結子会社) ㈱サングリーン エクステリア
フェアトーン㈱ スペース クリエーション
㈱サンゲツヴォーヌ インテリア
㈱サンゲツ沖縄 インテリア
㈱ウェーブロックインテリア インテリア
Koroseal Interior Products Holdings,Inc. 海外
Goodrich Global Holdings Pte., Ltd. 海外
山月堂(上海)装飾有限公司 海外

サンゲツの類似企業

サンゲツを見ている人は他にこのような企業を見ています。
企業名 平均年収 従業員数
住江織物 522万円 253人
東リ 564万円 883人
杉田エース 538万円 511人
サンワカンパニー 489万円 186人
グランディハウス 530万円 443人
初穂商事 468万円 249人
ビーアンドピー 444万円 183人
リリカラ 501万円 514人
ウッドワン 449万円 1270人
南海プライウッド 449万円 412人

サンゲツと平均年収が近い企業

企業名 平均年収
ホーチキ 712万円
ジューテックHD 591万円
泉州電業 582万円
KVK 558万円
ERIHD 614万円
アスクル 785万円
長府製作所 573万円
北興化学工業 658万円
アイナボHD 887万円
ニチハ 680万円

サンゲツと売上高が近い企業

企業名 売上高
東光電気工事 1003億円
ブルボン 1156億円
文化シヤッター 1168億円
エア・ウォーター 1207億円
飛島建設 1077億円
アース製薬 1242億円
東宝 1048億円
イオン東北 1014億円
タダノ 1192億円
ヒロセ電機 1059億円